アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4800 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

蔵のある風景0297回  南禅寺 付近

2016年11月13日 15時29分34秒 | 蔵のある風景

 

 

蔵のある風景  前回の記事  ➡  蔵のある風景山0296回  九条山 付近

 

今回の川柳

一度では納得いかぬ体重計  /梅沢

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください


まち歩き左0248  店の看板

2016年11月13日 08時54分09秒 | まち歩き

 

 

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き左0247  溝に勢いよく流れ出る水  南禅寺境内

 

 

今回の川柳

同じ方向いて干された作業服    /横内

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください


寺院左0217  南陽院  臨済宗南禅寺派

2016年11月13日 07時55分24秒 | 寺院

 

 

 

 

寺院 前回の記事  ➡  寺院左0216  金地院  臨済宗南禅寺派

 

今回の川柳

スタッフと呼ばれてもおれ作業員    /USA

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください


寺院左0216  金地院  臨済宗南禅寺派

2016年11月13日 06時00分38秒 | 寺院

楼門

 

扁額  東照宮

 

この楼門の奥にある 東照宮

 

楼門の前の道標  

東照宮 金地院  と書かれた左に

けあげ大津行電車近道  と書かれています

 

 

表門

 

臨済宗南禅寺派に属する。応永年間(1400年頃)、南禅寺68世大業徳基が北区鷹峯に開いたのが当寺の起こりであるが、江戸時代の初め、以心崇伝がこの地に移して再興した。崇伝は徳川家康の信任を受けて政治外交の顧問として活躍し、寛永4年(1627)に当寺の大改築に着手して現在の寺観を整えた。崇伝はまた僧録司となって宗教界全体の取締りに当たり、以後幕末まで当寺は僧録司の地位にあった。

方丈(重要文化財)は伏見城の遺構と伝えられ、杮葺き入母屋造り、書院造りの代表建築で、内部は狩野派諸派の襖絵で飾られている。茶室8窓席は小堀遠州の設計で三畳台目の遠州流茶席として有名である。「鶴竜の庭」と称される方丈庭園(特別名勝)もまた、小堀遠州が直接指揮して作庭した確実な証拠を有する唯一の庭園で、寛永9年(1632)に完成した名園である。境内の東照宮(重要文化財)は寛永5年(1628)の建築で、地方の東照宮の代表的なものである。このほか、寺宝として水墨画の名品など多くの文化財を蔵している。京都市

 

崇伝は天海僧正らと共に幕議に参画し、「黒衣の宰相」と呼ばれた名僧。寛永3年(1626)後水尾天皇から円照本光国師の号を特賜された崇伝は翌年「新金地院」と称する大規模な再建工事に着手。崇伝はこの大工事の費用捻出のために自らの秘蔵の古墨蹟二福を有馬玄藩頭に大判300枚で譲ったという。寛永10年(1633)、65歳で遷化した崇伝の遺骨は、金地院開山堂に眠っている。

 

 

庭園   庭園は枯山水 古来「鶴亀の庭」とよばれ、東山の数ある名園の筆頭におかれている

 

鶴亀蓬莱の庭

 

東照宮  鶴亀の庭

唐門は表門を入った左にある。明智門といい、天正年間(1573~92)明智光秀が母の菩提のために建立したものと伝わる。もと大徳寺にあったものを移築したものである。

 

方丈は寛永初年に伏見城の遺構を移築したもの

各室もとに狩野尚信筆の「松梅図」「仙人図」「群鶏図」などの華麗な装飾画によって満たされている。二条城二の丸御殿、知恩院方丈画と一脈通じるものがあり、江戸初期の障壁画としては代表的なのである。

 

小書院の襖絵「老松図」「猿猴捉月図」は長谷川等伯中期の作といわれ、桃山時代の水墨画の代表作とされている。

 

開山堂後の墓地には近代の画家 浅井忠の墓がある。

 

 

八窓席茶室

八窓席茶室は遠州好みの三畳台目の茶席で、窓が8つあったので八窓席とよばれ、曼殊院のものとともに有名。現在、6窓しかないのは明治に修繕した時、2つの窓を取り除いたからである。

関連記事  ➡   

伏見城の遺構 主な建物(京都市周辺)

伏見城に関係する建物は、廃城後にさまざまなところへ移築され、リサイクルされました。★のついているものは豊臣時代の伏見城を移築したものですが、それ以外は徳川時代の伏見城を移築したものです。

 

★  源光庵(北・鷹峯) 本堂・血天井

★ 正伝寺(北・西賀茂) 方丈・血天井(元金地院←伏見城←聚楽第)

  観音寺(上・三番町)  三門 

  ➡  観音寺 浄土宗 百叩きの門 よなき地蔵 千人堂 

 

★勝林院宝泉院(左・大原) 廊下・血天井

 大雲寺(左・岩倉) 本堂(寛永年間)

 南禅寺(左・南禅寺) 小方丈

 南禅寺・金地院(左・南禅寺) 方丈

 長楽寺(東・円山町) 本堂(元正伝寺の法堂←金地院か?)

★高台寺(東・下河原町) 表門・傘亭・時雨亭・観月台

★養源院(東・三十三間堂廻り) 客殿;血天井

  ➡  養源院  宗達寺といわれたり、血天井のお寺とも

 

  豊国神社(東・茶屋町) 唐門(元金地院にあり、聚楽第ともいう) 

  ➡  豊国神社

 

  西本願寺(下・門前町) 浪ノ間・虎ノ間・玄関

  ➡  西本願寺の総門 西本願寺  本願寺 太鼓楼  

 

  正行院(下・東塩小路町) 本堂 

  ➡  猿寺と呼ばれています。悪事災難が去る(猿) 正行寺

 

★ 妙心寺天球院(右・花園) 血天井

  二尊院(右・嵯峨二尊院門前) 総門

★ 常寂光時(右・嵯峨小倉山) 本堂

  御香宮神社(伏・御香宮門前町) 表門 

★栄春寺(伏・桃山町丹下) 観音堂・血天井

  東本願寺伏見別院(伏・大阪町) 元徳川向島屋敷か

  醍醐寺三宝院(伏・醍醐)  唐門

  平等院(宇治市) 南門・北門

★平等院浄土院(宇治市) 客殿養林書院

★興聖寺(宇治市)  本堂

★神応寺(八幡市)  書院

 

関連記事  ➡  人物006  小堀遠州 

寺院  前回の記事 ➡ 寺院山0215  永興寺

 

今回の川柳

読まぬよになのか大事なこと細字    /粟野

 

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください