地球の裏からまじめな話~頑張れ日本

地球の裏から日本頑張れ!の応援BLOGです。
証券関係の話題について、証券マンとしての意見を述べていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人の問題

2005-04-10 19:59:54 | ライブドア問題
ニッポン放送の亀淵社長の退任が濃厚なようだ。
AOLによると、
『亀渕社長、6月退任へ ライブドア買収で引責
 インターネット関連企業ライブドアに発行済み株式の50%超を取得されたニッポン放送の亀渕昭信社長が、任期満了の6月下旬で退任する方向となったことが9日、分かった。フジサンケイグループ関係者が明らかにした。天井邦夫副社長も同時に退任する見通し。
 ライブドアは現在、取締役の過半数をニッポン放送に送り込む株主提案を作成中で、6月下旬の株主総会で経営権を確立する可能性が高い。亀渕社長らは、ライブドアによる敵対的買収を防衛できなかった責任を取る形となる。ライブドア側が仮に亀渕社長らの再任を求めても「辞退する見込み」(グループ幹部)。』

この問題を追いかけていて、亀淵社長のお人柄は良く知らないが、経営に関しては決してプロフェッショナルではないな、と言う印象を持っていた。同時にフジテレビの操り人形的な感じもしていた。
いったいどちらを向いて、どちらのために(どちら、とはフジテレビかニッポン放送かという意味である)経営の舵取りをしていたのがが良く見えなかった。
しかしながら「ライブドアによる敵対的買収を防衛できなかった責任」とはなんとも不思議な理由である。
ライブドアによるニッポン放送株の大量取得が明らかになった時、TOBの真っ最中であったフジテレビはTOB値段を上げずに取得株数の上限を下げる作戦に出たわけだが、これをミスとするネット上での論調は多い。
フジテレビはその時点で一歩引いた、ようにみんなには映ったわけでそれは私もそう思った。

元を正せばフジサンケイGがニッポン放送とフジテレビの資本関係逆転を放置していたところにこの一連の問題の原因がある。ようやく重い腰をあげてその逆転に取り掛かった途端のライブドアによる介入に遭遇した訳で、その敵対的買収の防衛が出来なかった責任を亀淵氏におっかぶせるのはどうか、と思う。
それであればきちんと当初の予定通り、ニッポン放送を子会社化出来なかったフジテレビ幹部にも大いに責任はあるであろう。もちろんフジはまだニッポン放送の完全子会社化を諦めていないのだから、その観点からすれば「志半ば」である、と言えるかも知れ無いが、それは亀淵氏も同様であろう。

今後マスコミはどの部分にスポットライトを当てていくのか非常に興味のあるところである。

そしてこの話。直接ライブドア問題には関係無いが、、

『CEOに野中ともよ氏、社長に井植副社長・三洋電発表
三洋電機の井植敏会長(73)は8日の記者会見で、野中ともよ氏(50)が会長兼最高経営責任者(CEO)に就任する異例の人事について「事業が足踏みしている状況で、社員にショックを与え経営を立て直す」と説明した。社長に昇格する井植敏雅副社長(42)は、経営強化の具体策を示さなかった。
 井植会長は「(野中氏は)多くのことをまとめる力を持っている。思うようにやってもらう」と話した。自身が代表取締役にとどまることについては「金融機関から、もう少し見届けろと言われた」と語り、引き続き経営にかかわることを示唆した。
野中氏は「こんな会長で大丈夫なのか、という声が多いと思う」と、経営の素人であることを認めた上で「不安に思った社員の危機感が増すことで三洋はよみがえる」と話した。』

野中氏の事は私は良く分からないので、氏のHPも拝見してみたが、やはり良く分からなかった(笑)。
氏はご存知、ニッポン放送の社外取締役の座を、久保利弁護士らと共に3月末で退任された方である。
その退任については結局はネット上では「敵前逃亡」と言われているが、いったい彼女らはニッポン放送の取締役としてなんかやったのだろうか、ってその時は思っていたが、その舌の根も乾かぬうちに三洋電機のCEOとはこれまたすごい事を井植会長も決断されたもんだ。

大体その異例の人事に対して会長自らが「社員にショックを与え経営を立て直す」ってどういう意味かわからない。この裏に隠された意味を紐解くのは極めて難しいし、いくらでも悪意に満ちた解釈が可能であると思う。
「こんな人をCEOにしちゃったぜ、まずいと思ったらお前ら危機感もって頑張れよな」
ってな解釈すら可能だと思うんですけど。

そしてご本人の弁もなんだか良く分からない。
「不安に思った社員の危機感が増す事で三洋はよみがえる」
って、いまどきは不安に思ったら優秀な社員はどんどん敵前逃亡するんじゃないかなぁ、って勘ぐってしまう。大体CEOの人選に不安を持ったら、社員としては「これ以上いくら頑張って結果出してもきちんと評価してもらえないんじゃないか」的な極めて後ろ向きな危機感ばかりが台頭する気がするんですけど。

ライブドア問題が膠着している時期だけに、みんなの目が必然的に亀淵氏やら野中氏へ集まってしまうだろう。私もツラツラ追いかけよう。
コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« フジテレビ株貸し株に対する... | トップ | 信託業法改正に関して »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
社外取締役 (luna)
2005-04-10 22:32:52
もう一つ、裏の楽屋話です。



先日のソニーの経営陣刷新に際しては、

社外取締役たちが非常に大きな役割を果たしたそうですね。



それに対して、ニッポン放送の社外取締役たちは、残念ながらあまり役にたたなかったということが明かになりました。

(もしかしたら、逆効果だったのかも?)



ニッポン放送は、従業員240人の会社なのに19人もの取締役がいるヘンな会社です。

(ソニーは162000人もの従業員がいますが、取締役は16人)



そもそもニッポン放送は、昨年6月、村上ファンドの登場で社外取締役を置くことなり、

村上さんの提案を蹴って、自ら選んだ社外取締役3人に就任していだだいたわけです。



弁護士の久保利英明氏

フリージャーナリストの野中ともよ氏

みずほ信託銀行顧問の衛藤博啓氏



この中で、今回の件で最も大きな役割を果たすべきだったのは、言うまでもなく久保利弁護士でしょう。

あのめちゃくちゃな新株予約権発行のニュースヶ発表された時、

一体、久保利弁護士はどうしたのだろうか?

というのが私にとって最大の謎でした。



さらに、裁判に関して、フジ有利かも?というマスコミの根拠としては、

M&Aの権威(?)久保利弁護士がニッポン放送にいるのだから・・・

というのがあったと思います。

また、日枝会長や亀淵社長があんなに自信たっぷりだったのも、久保利弁護士の存在が

大きかったのではないか、と想像できます。



実際は、どうだったのか?



彼は、辞任に際して、

新株予約権に関して賛成し、

貸し株に関しては、欠席していたそうです。



そして、読売新聞によれば



『ニッポン放送の社外取締役を3月31日付で辞任した久保利英明弁護士は1日、読売新聞の取材に応じ、「ライブドアはコンプライアンス(法令順守)に疑問があり、ガバナンス(企業統治)にも欠点がある。評価できない会社が支配株主になった以上、取締役を続けるわけにはいかない」と述べ、ライブドアへの強い反発が、辞任の大きな理由の一つだったことを明らかにした。



 久保利氏は「ライブドアが過去に自社株を1万分割したことは、法令順守とかをどう考えるのかという点で疑問。(ニッポン放送株を大量取得した)時間外取引も、私には違法としか思えない」などと指摘した。



 辞任のもう一つの理由として、「社外取締役が代表すべき一般株主がほとんどいなくなり、中立、独立の社外取締役として活動する基盤が消滅した」と述べた。』



ライブドアを批難するばかりで、新株予約権発行に関しての自らの責任については一言もありません。



また、法曹界では、次のような指摘がなされています。(司法ジャーナル、鷲見一雄氏のコメントより)



『ライブドア側代理人は代表の三井弁護士がそうであるように国際派が多い。一方、ニッポン放送側は中村弁護士、久保利社外取締役とも外国留学や外国法律事務所勤務経験はない。株主対策の第一人者、 M&A 、買占め防衛の専門家として評価が高いが、視野は国内にとどまる。



M&A を仕掛けたライブドア側の三井弁護士らは東京地・高裁を挟んだ法律戦争で中村正人弁護士ニッポン放送側代理人に3度勝った。ニッポン放送側の防御策、フジテレに対する新株予約権の発行は失敗に終わったということだ。ニッポン放送側の中村弁護士は「100 % 勝てる」と見立てていたという。また、猪木弁護士が辞任した際、三井氏側の戦略と思われるのに、1部のマスコミは騒ぎ、久保利氏は週刊新潮で「通常、こんなに急に辞任するのであれば、裁判所や相手の代理人に対しては、例えば ” 突然で申し訳ありませんが ” などとなどと伝えてくるものですが、今もって私のところにはそういう話はきていません」などと暢気なコメントをしていた。2人は甘かったのではないか。裁判官の判断基準が変化していたのに気付いておらず、フジテレビに対する新株発行に踏み切らせ、敗者となったのではないだろうか。

 そもそも ニッポン放送側が新株予約権の発行を防御策としようとした際、久保利社外取締役、中村顧問弁護士は裁判所が違法と判断する、可能性のあることを会社側に言って

いたのであろうか、このあるなしは「ここが問題」と指摘せざるをえない。』



久保利弁護士は、ライブドアの違法性ばかりを主張し、新株予約権に対しては自信をもっていたというのが明白になった今、

彼の責任は、あまりに大きかったと言わざるをえないでしょう。



ニッポン放送は、間違った社外取締役を選んでしまったのです。

亀淵社長の間違った経営判断をバックアップした一因に久保利弁護士の存在があったのは

もう否定できない事実です。

可愛そうな亀ちゃん・・・



そして、野中ともよ氏の三洋電機CEO就任に至っては、笑うしかありません。

まあ、世の中、ユーモアが大切ですから・・・













社外取締役について (luna)
2005-04-11 00:32:27
先日、ソニーの経営陣が刷新された際、社外取締役たちの意向が

かなり大きく反映された、というニュースがありましたね。



それにひきかえ、ニッポン放送の社外取締役たちは、

今回の問題に関して役にたたなかった、

というより、逆に、足を引っ張ってしまったのではないか

というのが明かになりつつあります。



そもそもニッポン放送は、従業員240人の会社なのに19人もの取締役がいた

会社です。(従業員162000人のソニーの取締役は16人)

そして、社外取締役が就任したのは、昨年の6月、村上ファンドの村上氏からの

株主提案がきっかけ。ニッポン放送は、村上氏の提案した人選を蹴って

自ら選んだ以下の三人の取締役の方々に就任していただいた、というわけです。



弁護士の久保利英明氏

フリージャーナリストの野中ともよ氏

みずほ信託銀行顧問の衛藤博啓氏



あのめちゃくちゃな新株予約権発行の発表があったとき、この社外取締役の方々は

反対意見をださなかったのだろうか?

特に、M&Aの権威(?)であるといわれる久保利弁護士は、どうしたのだろうか?

また、SBIへの貸し株問題に対しても賛成したのだろうか?

というのが、私にとって最大の謎でした。



日経新聞によれば

『ニッポン放送が買収防衛のため新株予約権をフジテレビ向けに発行することを決めた際、久保利氏は 取締役会で賛成票を投じている。結局この計画は東京高裁に不当と判断され差し止められた。 これについては、「微妙な適法性の判断や法廷戦略は顧問弁護士の仕事。

本件についてはあくまで企業価値が棄損されるのをいかに防ぐかという取締役としての忠実義務に 従って判断した」と説明した。』

また、貸し株問題のときは、欠席していたそうです。



さらに、読売新聞によれば、



『ニッポン放送の社外取締役を3月31日付で辞任した久保利英明弁護士は1日、読売新聞の取材に応じ、「ライブドアはコンプライアンス(法令順守)に疑問があり、ガバナンス(企業統治)にも欠点がある。評価できない会社が支配株主になった以上、取締役を続けるわけにはいかない」と述べ、ライブドアへの強い反発が、辞任の大きな理由の一つだったことを明らかにした。

久保利氏は「ライブドアが過去に自社株を1万分割したことは、法令順守とかをどう考えるのかという点で疑問。(ニッポン放送株を大量取得した)時間外取引も、私には違法としか思えない」などと指摘した。

辞任のもう一つの理由として、「社外取締役が代表すべき一般株主がほとんどいなくなり、中立、独立の社外取締役として活動する基盤が消滅した」と述べた。』



以上の報道を見ると、久保利弁護士は、あくまでライブドアの違法性を固く信じ

新株予約権の発行に関しては、賛成していたわけです。

彼の主張するコンプライアンスとは、一体何でしょう??



日枝会長や亀淵社長が、自信たっぷりだったのも、このような久保利弁護士のバックアップがあったからこそ、という見方もできますね。



司法ジャーナルでも、ライブドアの弁護団は、国際派が多く、逆にニッポン放送は

国内派であって、視野が狭かったのではないかと指摘されています。



このように見てゆくと、ニッポン放送の社外取締役たちは、うまく機能しなかった

だけでなく、その責任を認めず、任期を待たずに辞任してしまった無責任な人々だと

言ってよいのではないでしょうか?



そして、野中ともよ氏の三洋電機CEO就任のニュースを聞いたときは、

もう笑うしかありませんでした。



楽屋裏では、次のドラマの準備が始まっているようです。











ごめんなさい (luna)
2005-04-11 11:00:45
昨晩投稿したのに

全然反映されなかったので

何度かトライしたら、大変なことに!!!!



余分なものは削除してくださいね。

よろしくお願いします。



すみませ~~~ん!
Unknown (小鬼)
2005-04-11 19:23:53
Lunaさん、

ご迷惑をお掛けしました、どうもこのBLOG、アップする時にきちんと反映されないことがあるのです。。私も数日前結構な時間をかけて記事をアップしたのですが、出てきたのは真っ白な画面で私の頭の中も真っ白になりましたが、アップ時にHbikiさんへTBしていたので、氏のBLOGから見てみたらちゃんとアップされていた、と言う経緯がございます。

何度も書いてくださり、そのご努力に平に感謝致しますと共に、今後ともそれに懲りずにどうぞよろしくお願いします!(書き込まれるごとに少しずつ書かれ方が異なっていたので、全部消すのは余りにも失礼だと思いましたので、2つ(最初と最後)残させていただきました)



>。(ニッポン放送株を大量取得した)時間外取引も、私には違法としか思えない」



この久保利氏の発言、私も見ました。弁護士として「違法としか思えない」のなら、その会社の重役だったら何故もっと突っ込んだことをされなかったさ?って瞬間的に思っちゃったんですが(笑)。



>日枝会長や亀淵社長が、自信たっぷりだったのも、このような久保利弁護士のバックアップがあったからこそ、という見方もできますね。



なるほど~ですねぇ。

それでもって結局亀淵氏のみの退任って言うのはなんとも解せない話ですね。



ほんとおっしゃる通り、社外重役とは名ばかりで、上手くいけば名声アップ、そうじゃないと判断した時点でやはり敵前逃亡を図った、と見るのが妥当だと思います。

そうでなければ今後まだまだ渦中にある会社にてその存在意義を賭けたきちんとした正義を貫いていたはずだ、って思うんですよね。

その舌の根も乾かぬうちの野中氏、、マーケットは「?」を今日の株価が示したと思います。

日経平均、TOPIXともに約1%の下落に対して、三洋電機は焼く2.6%の下落でした。。
Unknown (luna)
2005-04-11 21:02:24
お心遣い、ありがとうございました。

司法ジャーナルは、コピーしていなかったので、助かりました。



そういえば、昨年、香港、深センを訪れた時、三洋電機の工場をみかけました。

三洋電機の今日の下落は、反日デモによるものかもしれませんね。

ジャーナリストは実務に弱いですから

野中さんも、就任早々大変だなあ~と同情してしまいます。

でも、三洋電機の社員や株主たちの方が

もっと大変かも??

Unknown (小鬼)
2005-04-12 05:40:53
いえいえこちらこそ本当に貴重なコメント感謝感激でございます!

そっかぁ、今日の三洋の株の下落、たった今記事をアップしてしまったのですが、中国デモ関連による下落と見るほうが的確ですね。どうも私は先入観が強くて、てっきり野中氏に対する一発目の洗礼かななんて思っちゃいましたが(笑)。

ところでLunaさんはBLOGとかお書きになっていらっしゃらないのでしょうか?もしお持ちなら是非今度教えて下さい!いえこっそりメールででも良いですよ(笑)
ライブドアのさらなる問題 (luna)
2005-04-12 21:36:45
ライブドアの株価は、ついに300円を切りましたね。

保有するニッポン放送株の含み損だけでなく

信用で買った株の追証の懸念まででてきています。

http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/rtr/050412/050412_mbiz2449681.html



また、主幹事をつとめたIPO

エフェクター細胞研究所の株価の低迷で

公募価格の設定など様々な問題が指摘されてきました。

今日は、さらにIPOに際しての「目論見書」の内容が、非常に問題のあるものだったことが取りざたされています。

ライブドア証券は「エフェクター研側の問題」と考えているようですが、

幹事証券会社なら当然適切なアドヴァイスをするべきところであって、それを怠った点に関しては、

どうしてもライブドア証券の責任は問われるでしょう。

株価への影響だけでなく、ライブドアへの信用低下を招く懸念も出てきました。



http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/369096



ライブドア、ピンチですね。



ところで、私はまだBlogを始めていないんですよ。始めようかしら?
Unknown (小鬼)
2005-04-13 01:15:16
割りましたねぇ、300円。アメリカから帰ったばかりの堀江氏は時価総額低下のインタビューに非常に不機嫌だったとか。まあ頷けます。

私もエフェクターに関してはさるさるで書きましたけれど、あの時は書いた程度の事しか頭に浮かびませんでしたが、こうなると根が深いですね。

何処の業者もデビュー戦はあるわけですから、と思っては居ましたが。。

果たしてライブドア証券にどれほど堀江氏が関わっているのか分かりませんが、とにかく「ライブドア」と名の付くものは全て=堀江氏、って感じですからね(笑)。

でも日経ビジネスもそこまで出来るのならもっと私が採りあげてる問題とかも調べて欲しいな、とちらっと思いました(笑)。あの記事に双方向性があればなぁ、と先ほど拝見していてつくずく思ったりしてました。



LUNAさん、それほどの情報をお持ちなのですから、どうか開始されてください!いの一番に教えて下さいね、お祝いのコメントカキコにはせ参じます!!

コメントを投稿

ライブドア問題」カテゴリの最新記事