地球の裏からまじめな話~頑張れ日本

地球の裏から日本頑張れ!の応援BLOGです。
証券関係の話題について、証券マンとしての意見を述べていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

素晴らしいコメントです!

2006-02-01 07:55:00 | ライブドア問題
昨日の拙BLOGのコメント欄をご覧頂きたいが、アマポーラさまのコメントである。
彼(OR彼女?)がリンクして下さった、東証のデータをプリントアウトして本日帰りの電車の中でじっくり検討させて頂いたが、それをすればするほどにこのコメントの秀逸さ及びその守備範囲の広さに舌を巻くのである。

彼は日経平均があのライブドアショックにて暴落した週の投資部門別の売買状況(東証のデータ)を示して下さり、そこにマスコミの報道とのきちんとした対比を示してくださったのである。

思い出してみよう、あのライブドアに地検の捜査が入ったのが1月16日(月)。今調べた当日の報道によれば、NHKが午後のニュースでそれを配信した。
当然日経平均はその日から大崩れ、16,17,18日の3日間のチャートを見ればいわゆる「三兵」って感じの非常に悪いチャートになっている。
13日(金)の終値から18日の終値まで1000円以上の下落となったことは記憶に新しい。
さらにその3日の間にあのマネックスが突然担保掛目をゼロにするだの、さらに東証のシステムの危脆さなんかが表ざたになって、まあ大変な3日間だったわけだ。
我々自身はこの下げはあくまでもライブドア事件がきっかけになった、っと見ていたのだが、マスコミがここぞとばかり世論を煽って、結局海外で言われていたような「一つの個別問題」として終わらなくなってしまった訳だ。

その際のマスコミ、特に証券関係者の話として散々流れたのが、
『個人は追証で大変で、さらにライブドア関連の担保掛目が一部の証券会社でゼロになったことにより、とにかく成り行きで売らざるを得なくなっている』
と書きまくった。
つまりこの下げの主体は完全に個人投資家で、特にライブドア株を売買している大半が個人投資家であるがゆえに、その狼狽売りが相場を徹底的に下げた、と言う感じの書き方であったことも記憶に新しいでしょう。

しかしながらそこへ厳然たる反証、それもあの東証のデータをきちんと引っさげて登場してくださったのが、コメント欄のアマポーラさまであるね。
実は私も今振り返れば、あの3日間は個人の狼狽売りだと思っていた(汗)。
しかしながらあの後、あのフィデりティーの話が出て、さらに軒並み証券系ファンドが「大体売った」みたいな記事を先日拙BLOGに載せたが、あの辺りから、あれあれ??と思い始めていたのだね(と言い訳をしてみる)。

さて前置き及び引っ張りすぎた感があるが、その資料、ある程度の知識のある方は是非ご覧頂きたい。一応ここで簡単に説明しよう。

1月16日~1月20日の5営業日での各投資家の売り買い状況の統計を取ったのがこの資料である。

総計で、売りが15兆3240億、買いが15兆2370億あって、差し引きで売りの方が870億円多かった。つまり売りが多かったから基本相場が下がったわけだ。
さてその総計の内訳が以下出てくる。
大きくこれは2つに分かれて、1つは「自己」、もう1つは「委託」注文である。
ここで自己、ってのはいわゆる自己勘定、証券会社の自己のお金の運用資金、委託と言うのは証券会社に注文を出してくる人たち全てを言う。
自己~売り越し5999億、委託~買い越し5129億であったのだ。
つまりこの週にもっとも売ったのは、なんと証券会社の自己売買部門であった訳だ。

さらにこの委託の中味を分けると、法人、個人、外人、証券会社、に分かれる。
法人~買い越し163億
個人~買い越し4225億
外人~買い越し521億
証券~買い越し219億
つまり委託全体では買い越しだったけれどその中でも個人が1桁多く買い越しているのだね。

またこの法人の中味を分けると、投信、事業法人、その他法人、金融機関となる。
投信~買い越し502億
事法~買い越し725億
他 ~買い越し112億
金融~売り越し1177億
法人全体では買い越しだったけど、その中で唯一売っているのがなんと金融機関、彼らの売りを投信やら事法、その他金融が買っていたように見える。
金融機関とはあなたの地元の銀行も信用金庫もみ~んな入ってるよ。

ちなみにこの金融機関の中味は、生損保、都長銀・地銀等、信託銀行、その他、に分かれるのであるが・・
生損保~買い越し30億
都長地銀~買い越し316億
信託~売り越し1747億
その他~買い越し223億
と、唯一信託銀行が大幅な売り越しとなっている。信託とはなんぞや??言わずと知れた、例えば年金であるね・・

ちなみにその前週に売り越したのも自己、そして法人、法人の中味は金融機関、そしてその中味は生損保と信託であった。

さんざんぱらあの週のマーケットの下げは個人の狼狽ってことで現在は片付いているけれど実はとんでもない!
売って売って売りまくっていたのは、自己勘定と信託銀行であったのである。
個人は基本ずっと買っていたのが現実なのである。

良いですか、これが本当の姿なのです。
いかに事実がゆがめられて伝わっているか、この件を見ただけでもぞっとしませんか?
私は正直この資料をつぶさに見るにつけ、ほんとにぞっとしました・・・

この事実をどう受け止めるかはもちろん個人の自由であるが、是非世の中にインパクトを与えられる方がここをご覧になっていらっしゃったら、世の中に本当の事実を教えてあげてください。

確かにあの週を一つの塊と見れば、ライブドアの他にあの東証システムの問題があたので、遠い将来にそこを振り返れば「いやぁ、あの時はライブドアは個別問題だったけど、やっぱり東証のシステムの問題があったからさ、ファンドマネージャーの俺としてはどうしても売らざるを得なくてさぁ」ってなコメントが出ようと思う。そしてそれは未来においてその時を検証してみれば間違いではないかもしれない。
だからこそこの我々の記憶の新しいうちに、事実をきちっと刻んでおかねばならないと思う。

考えてみれば、そして私も何度か吼えたように、東証のシステムに関する世の中の報道はどれもソフトであったよね。みんな東証を責めるよりも、東証のシステムが混乱したのもライブドアのお陰じゃ!って論調だったよね?
しっかりと覚えておこうね。

PS
アマポーラさま、重ね重ね、有難うございました!!
コメント (5)   トラックバック (6)