My Audio Life (趣味のオーディオ)

真空管オーディオを中心に、私のオーディオチューンアップについて書いています。最近はPCオーディオにも取り組んでいます。

PCオーディオ用USBケーブル加工、改造。

2014-12-23 16:20:58 | PCオーディオ

Belkin製のUSBケーブルを試したところで、自分で少しUSBケーブルに手を加えてみた。

目をつけた部分は、DACへのUSBケーブルの電源ライン、グランドラインからのノイズの流入。

なにせ、PCはデジタルノイズの巣窟なので、このノイズがオーディオ機器に周り込まないにする必要がある。

このノイズが廻り込むことによって、DACとかアナログ部分に何かしら影響していると思われるからだ。

 

今回改造に使ったUSBケーブルは、MUSILANDに付属されていた20cmくらいのもの。これはコレで音は悪くなかった。

被覆を剥がしてみると、信号線はきちんとクロスしてツイストペアが組まれていた。電源とグランドラインはストレート。その外側をアルミ箔?でシールドされていた。

そこで、電源ラインとグランドラインをカットして、そこにファインメット・ビーズを追加

こんな感じ。

実際に使ってみた結果は如何に?

DAC-X10のUSB端子への直接接続では、さほど変化が無かったが、MUSILANDのDDC 01USDに使ったところ変化があり、音質がよりクリヤーになった。

これは、このDDCは一応バルク転送しているので、データの比較検証しているが、USBバス駆動しているので、電源からのノイズ、そしてグランドラインからのグランド・プレーン・ノイズが、いくらか音質に影響していると思われる。

それに対して、DAC-X10は、USB電源、グランドをどこかでアイソレートしているかも知れない。

とすると、DAC-X10の場合(アシンクロナス転送の場合)は、前の投稿でも書いた様に、如何にアイパターンを位相ずれ、ジッターの無い綺麗な状態で送るかがポイントになるのであろう。


実は、XMOS Driverを入れ替えるまでは、DAC-X10のUSB入力で聴くよりも、このケーブルを使ってDDC→DAC-X10 Coaxial入力で聴いたほうが音質が良かった。

但し、XMOS Driverを入れ替えてからは、USB直接入力でも高音質なので、今はDDCを外している。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« DAC-X10 XMOS Driverの入れ替... | トップ | ヘッドフォンアンプの出力抵... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (windely)
2015-01-02 10:07:44
いつも楽しく読ませて頂いていました。
そしてついにc22+275を買ってしまいました。
真空管アンプは初めてなのでこれから先教えて下さいね
よろしくお願いします
Re. (ブログ主)
2015-01-03 00:26:01
読んで頂きありがとうございます。
私の備忘録的に書いていますが、何かのお役に立てれば幸いです。

C22、275はオリジナルですか? それとも復刻版(限定品)ですか?
Unknown (windely)
2015-01-03 18:20:55
こんばんは、私の構成は
275R(v4)
プリ管は、V1(L+R増幅)がRAYTHEONの12AX7A、V2/V5がPHILLIPSの12AX7WA(BLACK PLATE)マッチドペア、V3/V6がRCAの12AT7WAマッチドペア、V4/V7がRCAの12AT7(BLACK PLATE)マッチドペアで、全てNOS品で購入
KT88はCRYO処理したGOLD LIONのマッチドクアッド

22CE
全てテレフンケン ダイヤマーク入り (NOS品購入後、V1/V2(フォノ)とV4/V5は12AX7マッチドペア、V6/V7は12AT7のマッチドペア(評判高い65年-66年ミュンヘン工場製)、V3(L+R増幅)は12AT7

貴方の記載を読んで6550が欲しくなってきました{笑
また宜しくお願いします
Re. (ブログ主)
2015-01-03 22:35:42
そうですか。Reissue版ですね。
主にどんな音楽を聴かれますか?
KT88をSED 6550Cに換えるとびっくりしますよ。
ロックとかジャズを聴かれるのでしたら、お勧めです。
私はその手の音楽を主に聴くのでぴったりです。
ギュッとしまって、バーンと音が出てきます(笑)。力強い音がします。

日本に帰国後は、残念ながら、鳴らす様な環境(部屋)が無いために、275は押入れに眠ったままになっています。
そのため、以来は色々な真空管を試せていません。

オリジナルと球の構成が少し違う様ですが、印象に残っているのは、12AX7ではSIEMENSの3Micaがかなり良く、12AT7ではGenalexが現代管ながら、良かったと思います。

テレフンケン ダイヤ入りとは、かなり高価なものをお使いで気合が入っていますね。 Fake品にはくれぐれも注意してください(笑)。
Unknown (windely)
2015-01-05 09:52:23
ジャルは30年前はjazzがほとんどでしたが、最近ではクラッシック、もよく聞くようになって。。。
手嶌葵、今井美樹(I love a Piano)なんかもよく聞いています。テレフンケンは音からも判断して偽物ではないと確信んしていますが{汗!!!
真空管いいようなものがあったら、ご紹介ください。
よろしくお願いします
Re. (ブログ主)
2015-01-05 23:40:58
あくまでも個人的な感覚ですが、12AX7で印象に残っているものです。
1) SIEMENS E83CC 3mica これは別格ですね。
   テレフンケンよりもしっかりとクリアーでフラットな音がします。造り通りの音です。
2) TESLA ECC803S 1970年製
   エージングが進んで、かなり良くなりました。
3) 松下 12AX7 T 斜めゲッター
   NHKで使われていたものです。レンジが広くて繊細です。音の広がりが良いです。
4) Genalex ECC83 Gold Lion
現代管では優秀でバランスの良い音です。
5) Brimar CV492
ノスタルジック感を楽しむなら、こんな球もあります。

私のブログの「マッキントシュMC275」や「真空管いろいろ」のカテゴリにも書いてますので、参考にしてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

PCオーディオ」カテゴリの最新記事