My Audio Life (趣味のオーディオ)

真空管オーディオを中心に、私のオーディオチューンアップについて書いています。最近はPCオーディオにも取り組んでいます。

遂に手に入れた憧れの銘球GEC KT-88。~やはりこの球は別次元だった~

2019-12-07 12:09:21 | 真空管アンプ

やっとの思いで遂にGECのKT-88を手に入れました。

この球を購入するために、手持ちのオーディオ機器をかなり断捨離して資金を捻出しました。

しかし、間違い無くそれだけの価値はありました。


GECの外箱付きです。

 

開封~、ドキドキ、、、。

内装のナミ段ボールも付いています。

この堂々とした姿。今まで使ってきたロシア製復刻版よりひと回り大きいです。

プレート形状は全く違います。

初期型の茶ベースです。後期型は黒ベースだそうです。

印字もしっかりと残っています。印字ロットからすると78~79年生産のものでしょうか。

ゲッターもまだまだ残っています。

なかなか状態が良いです。こんな状態の良いものはなかなか手に入らないと思います。

購入価格はご想像にお任せしますが、Western Electricの300Bなんかに比べれば全然お安いです(笑)。

 

ピンを綺麗にした後、マッキントッシュ MC275に挿して通電してみました。

見た目もカッコ良いです。この堂々とした姿、決まっていますね。

周りを少し暗くして全体を記念撮影。これも良い感じですね。

 

さてさて、音を聴いてみました。

おお~、これかぁ~、GECの音は。 今までは出音が全く違います。

何段階もレベルアップした音です。と言うか、次元が違います!

鳴らし込めば鳴らし込むほど、今まで聴いたことのない凄い音の世界になって行きます。

なんだぁ!この臨場感と生々しさ!

これが本来のオリジナルMC275の音なんだぁ~。半世紀以上も前にこんな音が出来ていたのですね。

こりゃぁ、凄い。やっぱりヴィンテージだぁ。

道理で皆が憧れて欲しくなるわけだ。納得!。感動して目がウルウル~。


ジャズ・ボーカルを聴くと、ボーカルは自分のほうに飛んできて、バックの演奏はしっかりと奥に配置され左右に広がっている。それ以上、音質がどうかというのは、言葉では言い表せません。

KT88類の中ではまさに””King””ですね。これ以上のものは無いでしょう!

有るとすれば、オリジナルGold Lionでしょうかね。聴いたことないですが。

(これもGECの子会社 Marconi-Osram Valveで作ったもので、管壁のライオン・マークが大きいものと小さいものが有るそうな。大きいものが良いそうです。現行の復刻Gold Lionはロシア製)


いままで他のアンプでの改造の苦労はいったい何だったんだ~。色々と弄っても、この球で一蹴されました。

この球の音に馴れてしまうと、他の球やアンプは聴けなくなるので、このアンプをリファレンスとして他のアンプの改造に取り組みたいと思います。

いかにコストを抑えて自分好みの音に仕上げるかの探求、試行錯誤するのがが私の愉しみ(趣味)なので。。。

多分、ネタは尽きることが無いでしょう。

 

 

では、本日もクリスマス・アルバムを紹介しましょう。

ちょっと変わったところで、キャロル・キング」のアルバム『クリスマス・キャロル』です。

久々にCDを引っ張り出して聴いたのですが、なかなか良い感じでキャロルの魅力的な歌声も健在、癒されます。

その年代の方は懐かしくも思えるでしょう。

クリスマス・キャロル
←クリックでAmazonに移動が出来ます。
ユニバーサル ミュージック クラシック

音質も良好です。1曲目は耳について何回も聴いてしまいます。 

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« JBL LE175用ネットワークの修... | トップ | 2019年の振り返り。~自分好... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゴールドライオンの音質について (masanari nagi)
2019-12-12 01:00:09
ブルーシールを手に入れて良かったですね。ブルーシールも艶とコクがあり、音色は良いですよ。ゴールドライオンの音色については、ブルーシールを、上品にしたような音色で少し、現代的な感じですよ。コクのある音か、上品な音かは、好みになりますね。
Re.ゴールドライオンの音質について (ブログ主)
2019-12-12 10:14:09
masanari nagiさん

コメント有難うございます。
ゴールドライオンの音色について参考になりました。
私はコクのある音が好みなので、GECで良かったです。
確か、GECはグレーシールが初期でしたよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

真空管アンプ」カテゴリの最新記事