千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  TB&コメントにも☆

『瞳の奥の秘密』

2010-08-15 22:25:50 | Movie
昨日のテレビ番組「嵐にしやがれ」でアニキゲストととして登場されたのが、”乙女なツインズ”のおすぎさんとピーコさんさんだった。その番組の中で、映画評論家のおすぎさんが櫻井翔君に是非観ていただきたいとお薦めしていた映画が、この『瞳の奥の秘密』である。65歳になるおすぎさんがこれまで観てきた映画は、13000本程度。その中でも本作は「ベスト50」に入る!と、オスギさんはそのつぶらな瞳から胸のふるえが伝わってくるような渾身(迫力の?)の批評を披露されていた。・・・というおすぎさんの説得からではないが、本作についてはずっと公開を待っていて日曜日というのに朝9時過ぎには映画館にかけつけていた。鑑賞の感想は期待どおり、いや期待以上の素晴らしさに私も今年度ナンバー1と太鼓判を押したいくらいの映画作品だった。

舞台はアルゼンチン。アルゼンチンと言えば、私にとっては最高のピアニストのひとりマルタ・アルゲリッチをうんだ情熱の国。幕開けは彼女のタッチとはまた違う雰囲気の深い余韻がひろがるピアノの低音の響きではじまる。男が乗った列車をひとりの女が必死に追いかけて駅のホームを走る。ガラスの窓越しに合わせたふたりの手がほんの一瞬重なったかと思うと、どんどんふたりの距離は離れてみるみる遠ざかっていく。あまりにもベタな場面ではないか。さすがアルゼンチン!とちょっと経済的には発展途上のこの国への軽んじた思いはここでわいてきたのだが、やがて物語がすすむにつれてこの作品がおすぎさんでなくても私も生涯ベスト50に入れたいくらいのレベルであることがわかってくる。

冒頭の別れの場面は、刑事裁判所を引退したベンハミン(リカルド・ダリン)が25年前の忘れがたいある事件を題材に執筆している小説のはじまりの部分で、ある理由から遠隔地に異動になった彼を、当時上司だったイレーネ(ソレダ・ビジャミル)が駅で見送るところからはじまる。ほんの1ページ書いただけでもの想いにとらわれて、書きかけの原稿を思いきって破るベンハミン。そして彼の瞳には、米国の大学を卒業して赴任してきた日の若かりし頃の輝いているイレーネの笑顔がうかんでくる。・・・あれから25年の歳月が過ぎた。ずっと忘れられなかったのは、あの残虐な事件のことだけではなかった。事件の裏に潜む不可解な謎の解決だけでなく、今でも心の引き出しにしまいこんでいるイレーネへの想いと向き合う決意をするベンハミン。

1974年、その事件への関わりは、結婚したばかりの若い銀行員の妻の殺害死体からはじまったのだが・・・。

南米コロンビアのノーベル賞作家のガルシア=マルケスの小説は、常に完璧な構図を提示していると評価されている。章の長さの正確な比率、時間の経過の均一性、そして語りの円環構造、それらのどれもが完璧な構図におさまりつつ、しかもスケールが大きいのがガボの作品の特徴である。本作も現在の進行と25年前の経過が交互にあらわれてパラレルに進行しながらも、正確に、均一に、俳優陣の演技力にも支えられて決して過去と現在が交じり合うことがなく見事に構成されている。また中盤から笑いをそそるユーモア、緊張感溢れるサスペンス、謎解きのミステリー、ワン・カットでとられたサッカー場でのアクション、男たちの友情あり、と映画の魅力の要素をすべて盛り込みながらも、最後は文字通り誇張なしの衝撃のラストを含めて、すべてはまぎれもなく愛になる。それは狂おしいほどの愛であったり、静かな包容力に満ちた愛だったり、ひそやかな秘めた愛だったり、登場人物それぞれの瞳に宿る愛である。

映画館を後にし、名作を観た高揚感のさまないまま街を歩いているうちに、だいぶ前、雑誌に掲載されていたNHKの朝の連続ドラマの撮影現場を撮った一枚の集合写真を思い出した。映画会社が力を入れて売り出し中の新人女優と、こちらも無名の若い男性俳優が夫婦役になり家業を盛り立てて行くという内容だったが、10年に一人の美貌の女優を中央に何人かの俳優たちが彼女を囲んで全員カメラを観て笑っているのだが、たったひとりその夫役の男性俳優だけが、美しく女優と呼ぶにはまだまだ未熟な彼女を見つめていた。それはイレーネの婚約パーティでのスナップ写真での、ベンハミンの表情と同じだった。今でも忘れられないその写真に、私は彼の瞳の奥の秘密を知ってしまったと思っている。

監督:ファン・ホセ・カンパネラ
2009年アルゼンチン製作

コメント (6)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« カストロとガルシア=マルケ... | トップ | 読売日響サマーフェスティバ... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2010-08-18 22:45:51
まさに目は口ほどに物を言うという諺のまんまのお話でした。
細部まで細かく複線を張り巡らし、それでいてきっちりと後半回収してゆく見事なストーリー、凝りに凝った映像、味のある役者たち。
彼らが作り上げる切ない人間ドラマを堪能できる作品でしたね。
「ブリュット・ロゼ・スパークリング (樹衣子)
2010-08-19 21:01:34
>ノラネコさまへ

コメントもありがとうございます。

アルゼンチン映画はハードなものが多そうですか。ヨーロッパ系だけでなく濃い目のアルゼンチン・ワインも味わっておいた方がよさそうですね。

>味のある役者たち

主役クラスだけでなく、ヒール役の俳優を含めてよくこれだけ粒がそろったなと感心しました。
Unknown (ペトロニウス)
2010-08-20 00:05:27
いまやっているのでしょうか。

これはぜひ行ってみたいですね。最近やっと映画を見る余裕が出てきました。
ペトロニウスさまへ (樹衣子)
2010-08-21 20:03:46
>最近やっと映画を見る余裕が

そうそう宝籤にあたって?はや二年ですね。^^
私が観に行った日比谷シャンテは14日からでしたが、新宿武蔵野館は今日からロードショーなので、まだまにあいますよ。
この映画に関して、重要な結末を書いているブログもみかけましたが、それを知ったら映画の楽しみがなくなります。謎解きがメインではありませんが、あの衝撃は映画館で味わっていただきたいですね。。。
瞳にうつる真実 (有閑マダム)
2010-08-27 12:45:57
こんにちは。
夏の間、すっかりブログ休止していましたが、ようやくまたぼちぼち書きはじめました。
この映画ついに日本公開されましたね。
見ごたえのある映画でした。
ハリウッドものでない、別の国で作られた映画には、全く違った雰囲気があり、役者さんたちに対してもこちらに先入観などがないので、いいですね。
おかえりなさい (樹衣子)
2010-08-28 09:55:23
>有閑マダムさまへ

毎年、高校野球の甲子園大会が終了すると、高い空を見上げて夏の終わりを感じておりましたが、今年の日本の夏は猛暑がまだまだ続き少々バテ気味です。そのため書きたい映画や本の感想が滞っております。

>別の国で作られた映画には、全く違った雰囲気があり

ラテン系の濃さにもひかれましたね。
ところで有閑マダムさまお薦めの『フローズン・リバー』ですが、上映中とうとう観損なってしまいDVD化を待っている状態です。。。

コメントを投稿

Movie」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、...
映画* 瞳の奥の秘密 /The secret in their eyes (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
仕事をリタイアした男性が、本を書こうと思い立つ。 自分の過去の経験を元にした物語。 冒頭のシーンですでに、書いては消し、書いては破り捨て、一向に先へ進まない。 いかにも、ありそうなことです。 ところが、彼が本の出発地点として描こうとしている場面は、...
[終末を描く物語][★★★★★星5][批評:Movie(Others)]『瞳の奥の秘密 El Secreto De Sus OJos』(2009)スペイン・アルゼンチン合... (物語三昧~できればより深く物語を楽しむために)
評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★★星5つ) ■見に行った動機・視聴後の感想~ファン・J・カンパネラ監督のエンターテイナーとしての技巧が秀逸 第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチンを代表する監督ファン・J・カンパネラの作品。マイナーな...
ファン・ホセ・カンパネラ監督の「瞳の奥の秘密」を観た! (とんとん・にっき)
ミステリーとラブ・ロマンスがないまぜになったサスペンス・ドラマ、だそうですが、僕にはこの映画、ピンときませんでした。そもそもミステリーもサスペンスも、僕は嫌いなジャンルです。ラブ・ロマンスは好きですが。アルゼンチンを代表する監督と俳優の映画、だそうで
映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にな...
瞳の奥の秘密 (映画的・絵画的・音楽的)
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼ら...
mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一....