千鳥足こと博多のおいしゃんの独り言

山笠うんちく③

山笠期間(祇園期間)は胡瓜食べたらいかんて言いますね。

祇園神はもともとスサノオ・牛頭天王で神紋は
木瓜(もっこう、ボケではない)紋であり瓜に似とるばってんが
実はこれは鳥の巣が原型らしかです。

京都八坂神社の紋は「五瓜に唐花紋」

牛頭ば祭神とする津島神社ば崇敬しとった織田家も木瓜ば家紋としました。
この紋が「瓜」の切り口に似とるけん
信長配下の武将達も胡瓜は食べんかったていうお話も有ります。

当時胡瓜は甘くない瓜やったけん庶民は口にせんかったとです。
胡瓜ば野菜として食べるごとなったとは極近世に近い頃からです。

一方、京都八坂神社の紋は木瓜紋は御簾の周りにまわした布の「もこう」に
付けられた中国渡来の文様で中国唐時代の官服の文様やったげな。
五瓜は木瓜の一偏ば増やしてできた紋。
瓜の切り口ば図案化したものではないらしい。

ばってんが八坂神社の氏子は今でちゃ祇園期間は
胡瓜ば食べん人が多いらしい


※写真は「山笠ナビ」さんから拝借しました・・

当然博多の山笠も京都の祇園祭からきたもんやけん
胡瓜は食べんてなっとります。

ばってんが京都ではそげな縛りは緩うて祇園期間でちゃ
巡行の脇で冷やし胡瓜売ったりの光景も見受けられるらしかです。

一方、博多は徹底しとります。これもマスコミの影響でっしょう。
博多小学校の給食でさえ山笠期間中は胡瓜使わんけん
その分、他の校区にまわさないかんて聞いたことあります。

実際出前頼んだ寿司にカッパ巻きが入っとった
中洲で出された野菜スティックに胡瓜が入っとったら
以後、そのお店は敬遠されるほどです。
直会料理に胡瓜出そうもんならそらおおごとです。
出したごりょンさんは「しもうた~」では済まされません。
一番危なかとはサンドイッチと冷麺です・
気をつけとってください。ばってんが冷麺は胡瓜が入っとかなですもんね。

始めて芦別の山笠に参加した年、歓迎会の宴席で
胡瓜が出た時はちょっとひけました。
法被着て胡瓜ば口にするとは始めての経験やったですもんね。
あちらの山笠の紋は松がモチーフやけん胡瓜はかんけいありません。

一昔前、おいしゃんの親父たちの時代は
そげな事は有りませんやった。
おいしゃんが朝山から戻ったら親父は朝飯で胡瓜食べよったですもんね。
故三野元町総代も「千切りにして食いよるやね・・」やったですもんね。

昔は庶民の悠長なお祭りやけん神様がどうの祇園がどうのは
大した問題や無かったとです。

それがテレビ放送が始まった頃からマスコミが報道し始め
「山笠のタブー」やら大げさに書きだしたとがいけません。

日本人は「言霊」に弱かとです。
「明日乗る飛行機が落ちたら?」
「そげな縁起でも無かこと言いやんな!」
なんの因果関係も無かとぃ・・・

博多以外からつてで山笠に出るごとなった連中も
「胡瓜食べたら怪我するぞ」
「おなごと交わったら怪我するぞ」
て言われたら言霊投げつけられたようなもんですけんね・・・

胡瓜(瓜も)は特にこの時期美味しかとです。
一方、女人は年中美味しかとです。
そげな美味しかとば断ってでも精進して山に打ち込むて
言うとが本来の意味でしょう。

京都と絶対的に違うところは京都の祇園は悠長で気品があって
まず怪我やらせんです。
一方博多の祇園山笠はヘタしたら大怪我するし過去には死人も出とります。
それが理由で「山の間は胡瓜は食べん」の意識が強かとでしょうね。

おいしゃんもやっぱり山笠期間は食べません。
言霊に操られとりますけん・・・

ばってんが博多川越えたら博多やなかけんって
この時とばかり中洲で胡瓜や無かほうば食う豪傑もおりました。
誰てはいいませんばってん。

日本人は言霊に弱い民族ですね。

先の大戦でちゃ「神風」が日本ば救うてくれるからの「神風特攻隊」は
間違った言霊です。
蒙古襲来の時も日本ば守ったとは神風(低気圧)やありませんよ!
九州の武将が一生懸命戦って守ったとです。

おいしゃんも朝山で台上がりから降りる時怪我せんごと
胡瓜は千切りにして食うごとします・・・・・

タメニナルネ~チャンチャン

ランキングに参加中です。
見るたびにクリックしてつかあさい!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「山笠・博多の事」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事