木花日記

しんのすけが日々想うこと、考えなどを徒然なるままに綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジュブナイル

2005-01-31 19:08:57 | 読書
ジュブナイルとは児童読み物の事。

バッテリー(あさの あつこ〔著〕)はジュブナイルである。

俺は良く本屋を徘徊するのだが、ある日この本が目に付いて手にとって見た。

何で目に付いたかというと、作者名が気になったから。

「浅野 温子って本書いてるんだぁ。」本を手に取った。

「あの名作がついに文庫化」などとポップもついている。

俺が名前も聞いたことも無いような作品が名作であるわけがない!!

と、そんな生意気なことを考えつつ本に巻かれている帯を見てみると、本の雑誌の人が「こんな傑作を読んでこなかったのかと猛烈に反省」といったような凄く面白い作品っぽいことを言っている。

俺は椎名誠が好きであり、椎名誠は本の雑誌の編集長なのだから本雑誌の人がいうことは気になる。

「作者名が気になった+本の雑誌」という二つの要素が重なった為とりあえず買ってみることにした。

本を読んでみてまずわかったことは、作者は「浅野温子」では無く「あさの あつこ」であるという事。

同一人物ではない。

それと、ジュブナイルは馬鹿に出来ないということ。

児童読み物というのは子供向けと思って面白いとか面白くない以前にまず読もうとは思わなかった。

ただ、小学生によませるには深すぎる内容ではないか?と思う。

俺も色々と本を読んできたけど、この本は色々と考えさせられるというか心に響くものがある。

登場人物は色々いるが、それぞれの描写に手抜きが無い。

この物語は少年の成長物語であり、登場人物各々の想いが交錯し、本を読んでいると胸が熱くなり苦しくもなる。

こういう物語にはなかなか出会えない。

俺が購入したのは角川文庫なのだが、角川文庫ではまだ3巻までしか出ていない。

はやく物語の続きが読みたいのだが、3巻までの発売日を見てみるとどうやら半年に一冊だけのようだ。

この物語は既に完結していて、角川文庫でなければ物語の終わりまで読むことはできるのだが、それももったいない気がする。

まぁ、角川で買い始めたから角川文庫で買い続けよう。

。。。しかし発売が待ち遠しい。
コメント

マルセリーニョ・カリオカ

2005-01-28 11:29:02 | スポーツ
俺はブラジルが好き。

ブラジルという国がすきかといわれるとそうでもない。

何がすきかといえば、ブラジルのスポーツ選手が好き。

極真のフィリオ、PRIDEのヴァンダレイ・シウバ、サッカーのマルセリーニョ・カリオカ。

フィリオ、シウバは日本のTVでも見る機会があるが、マルセリーニョは見る機会が無い。

昔はガンバ大阪にいたんだけど、俺はJリーグをほとんどみないから日本に来ているのを知らなかった。

カレカが柏レイソルに来た時は、大屋と一緒に柏日立サッカー場まで見に行った。

マルセリーニョが来てると知っていたら見に行ったのに、、、もったいない。

マルセリーニョは現在のブラジル代表には入っていないし、日本でもそんなに活躍しなかったようだから、日本人で彼を好きな人はあまりいないんじゃないだろうか?

俺が彼を好きな理由それはFKの凄さ。

FKではミハイロビッチ、ロベルト・カルロスが有名だけど、マルセリーニョのFKは彼らを凌駕する。

以前スカパーの放送で、マルセリーニョがFKを決めたときの距離とボールがゴールに刺さったときのスピードを出していたけど、確か距離は35mくらいでスピードは98kmだった。

ロベルト・カルロスがフランスワールドカップの直前に行われた大会のプレフランスのブラジルvsフランス戦で決めたFKは物理学者の研究対象になったくらいにボールがすごい曲がり方と落ち方をしたが、マルセリーニョのFKはもっと曲がる。

なんでそんなプレーヤーが代表に入っていないかというと、それは素行の悪さ。

なんせブラジルで一番嫌われているプレーヤー。

そりゃ代表監督にも嫌われる。

ブラジルには悪童と呼ばれるプレーヤーが多い、ロマーリオ、ジャウミーニャ、エジムンド、etc...

でも、俺はそんな悪童が好き。

悪童だからこそ魅力があるんだと思う。
コメント

はまってしまった

2005-01-25 10:34:47 | 食事
昨日の夜ご飯は八宝菜だった。

八宝菜は俺もかみさんも結構好きでしばしば我が家の夕食にチョイスされる。

昨日は何を思ったか、先日購入した『TABASCO ハバネロソース【世界で最も辛い唐辛子】』を八宝菜にかけて食べることにした。

俺は酸っぱいものは何でも嫌いであり、タバスコは酸っぱいから嫌いなのだが、ハバネロソースということで購入意欲が沸々とわきあがり、買ってしまった。

あーゆービンに入った辛いソースは全部タバスコというと思ってた。

タバスコっていう種類のソースだとばかり思っていた。

実はアメリカのマキルヘニー社の登録商標で、そこ以外のあーゆーソースはタバスコではない。

ウォークマンと一緒だね。

で、ハバネロソースなんだけど通常のタバスコの2倍の辛さらしい。

タバスコって酸っぱいばかりであまり辛くない。

だから好きじゃないんだけど、2倍辛ければスッパさもあまり目立たないと思う。

実際そうだった。

八宝菜にかけたわけなんだけど、これが良くあう。

正直うまい。

白菜から出る甘みにハバネロソースの少し感じる酸味としっかりとした辛味がマッチする。

これはみんなに一度試してもらいたい。

俺がくって結構うまいと言ったので、かみさんも食べてみたところ。

かみさんもうまいといっていた。

八宝菜にタバスコをかけながら食べるという、通常みかけない夕食の風景なのだが我が家ではそれがよくみかける風景となるであろう。

やっぱり酸味はじゃまだからこんどはタバスコブランド以外のペッパーソースをかってみよう。

たしか「やまや」にいっぱいあったはず。

「やまや」が輸入している商品って現地で買うより安いものが多い。

気になってるペッパーソースは確か現地では$6くらいだけど、やまやでは¥300しなかった。

ハバネロソース使い切ったらやまやに行こう。
コメント

好きであるが故に

2005-01-14 21:08:42 | 日記
俺は白米が好き。

焼肉食べ放題なんかにいっても肉よりご飯を食べる。

肉はあまり食べずにご飯を3,4杯食べて腹いっぱいになる。

店にとっては良い客ということになる。

また焼肉の話になるが、焼肉屋で注文するとまず肉が出てくる。

これが納得行かない。

まずご飯!!

これがないと始まらない。

俺はご飯がないとおかずを食べられない。

おかずを食べても味気ない。

全てのおかずはご飯の魅力を引き立てる脇役でしかないと考えている。

それなのに焼肉屋は最初に肉を出してくる。

気に入らない。

お前らが営業してられるのもご飯様のおかげだという事を知った方が良い。

ってことで俺はご飯好き。

同僚の「のっぽのI」もご飯好き。

二人でご飯おかわり自由の店に行くと結構な量を食べる。

勤務先の近くに牛タン屋があり、そこはご飯おかわり自由だった。

おまけに浅漬けも食べ放題。

俺は漬物が嫌いだが、浅漬けは好きだ。矛盾してるけどこれが事実。

ああ、矛盾してるのは書き方が悪いのか、、、浅漬け以外の漬物が嫌いと書けば矛盾しない。

その店に行くと、おかわりしまくっていた。

あるひ俺と「ビッグI」でその店に行ったとき、いつも通りおかわりをしていた。

二人合わせて14~16杯は食べたと思う。

自分自身で覚えているだけで7杯は食べた。

そこのご飯は麦飯なのだが、何杯目かは忘れたが途中から麦が入らなくなった。

どうやら麦がきれたらしい。

そんなことはお構い無におかわりしていたら、だんだんご飯の量が少なくなってきた。

これは嫌がらせか?と思い、俺も「ガリバーI」も一口二口でご飯を食いきり、おかわりを出された15秒後くらいに次のおかわりを頼んでいた。

そんな感じで心行くまでおかわりをしたのだが、次にその店に行った時にはその店はつぶれていた。

まわりからは俺ら二人がご飯食べ過ぎて経営難に追い込み店をつぶしたといわれた。

美味しくて気に入っていたのにつぶれるなんて。

子猫を可愛がり過ぎて殺しちゃう駄目な子供みたいだなぁ。

今度からは気に入った店でも通うのは程ほどにしよう。
コメント

贅沢とは・・・

2005-01-13 18:08:43 | 日記
俺の考える贅沢。

値段の高い安いにかかわらず美味しいものを食べること。

ただ美味しいだけじゃなくて出来立てというのが一番贅沢だと思っている。

うまい焼肉等は贅沢には入らない。

金さえ出せばうまい肉は沢山ある。

炊き立てのご飯、旬の秋刀魚、焼きたてのパン。

お金を出しただけではなかなか手に入らないもの。それらが俺にとって贅沢なものになる。

特に魅かれるのは焼きたてのパン。

パン屋に入ったときの良い匂いは筆舌し難い。

あの匂いのおかげでパンを買いすぎてしまう。

でも、パン屋で購入してから食べるまでにタイムラグがあり、食べる頃には焼き立てでは無くなっている。

それでも美味しいことは美味しいが、パン屋でパンを選んでいたときに想像した様な味には程遠い。

焼きたてパンの匂いをかぎながら想像した味のパンを食べたい。

そんな魅力たっぷりな焼きたてパンを自宅で手にいられる機会に恵まれた。

かみさんが実家からホームベーカリーを借りてきたからだ。

さっそく材料を購入してかみさんに作ってもらった。

パン屋の狂気を孕んだ様なまでの良いにおいとまではいかないが、かなり良いにおいがする。

出来上がりが待ち遠しくてドキドキする。

リビングでやるとじゃまだから廊下で勝手に作らしといたんだけど、、、無視できない良いにおいがするので、匂いを満喫する為に何度か廊下に出た。

出来上がったパンは少々めが粗いと思われるが、ふんわりやわらかでおいしい。

パンの耳もおいしい。

こういうめがあらいパンは、トーストにしたらうまいだろう。

サクサクとしながらもふんわりを保ったトーストにバターを塗りつけてかぶりつく。

こりゃうまいに決まってる。

材料は、強力粉、ドライイースト、バター、スキムミルク、あと塩とかかな?

スキムミルクは木花の粉ミルクを拝借した。

強力粉1kgでだいたい3斤くらいできるようだ。

材料費を考えると、買ってくるものよりも少し高いようだが焼きたての魅力がほんの少しの出費で手に入れられるなら安いもの。

強力粉やバターが安く手に入るのであれば買ってくるものに比べて安くなるのではないかと思う。

こんど作るときはバターを規定量の5倍ほどいれてもらおうと思う。

バターをたっぷりと含んだパンをこんがり焼き上げれば絶対にうまいはず。

考えただけで腹が減ってくる。

Home Bakery まりの部屋

ここでホームベーカリーを使用したレシピが公開されている。

ここで公開されている『プーのハニー食パン』が食べたい。

作りかたは簡単で材料をブッこんでボタン押すだけ。

夢が広がるっす。

借りてきたホームベーカリーを見てみると、「TWIN BIRD ホームベーカリー」というもののようで、実勢価格としてはかなりばらつきがある。

6~9千円といったところで、イオンで5千円でうっていたとの情報もあった。

一万円かからずに焼きたてパンの魅力を手に入れられる。

俺としては安いものだと思う。

あいにく俺には朝食を採る習慣はないのだが、朝にパンを食べる習慣がある人にとっては相当良いものだと思う。

こーゆーものは面倒くさくなって結局使わなくなって箪笥の奥に・・・・というパターンが常だがこいつはタイマーが付いているのでほっといて大丈夫。

夜に仕込んでおいてタイマーでちょうど朝食の時間に焼きあがるようにセットしておく。

そうすると、焼き立てパンの香りで目覚めることが出来るのだ。

なんとも贅沢ではないか。

それに、これで作ったパンはへんてこな添加物のない自然な焼きたてパンである。

無添加のパンは買うとちょっと高いのではないかな?

そう考えると、お得なのかもしれない。

お金のことはともかく、木花には手作りの身体に安全なこういうパンを食べさせてあげたい。

作るのはかみさんだけど。。。
コメント

木花探検隊

2005-01-11 16:06:54 | 日記
木花がお座りをするようになったのは何時だっただろうか?

性格には覚えていないが、一ヶ月ほど前だったような気がする。

それが今ではハイハイ、摑まり立ち、伝い歩きを駆使していろんなところにいく。

我が家のリビングには木花立ち入り禁止区域が設けられているのだが、禁止すればするほどそこにいきたくなるようだ。

よく売っている簡易的な扉でキッチンへの立ち入りは禁止しているのだが、扉を敷設できないところにはダンボールでバリケードをはっている。

でも木花はダンボールのバリケードをよじ登って入り込む。

ダンボールをバリケードがわりにしていると困るのはダンボールを食すること。

木花は好き嫌いがなく有機物であろうが無かろうがなんでも食べてみる。

ティッシュもガムを噛むようにくちゃくちゃやって楽しそうだ。

どうやらダンボールは消化されないらしく、オムツ換えの時に発見することがしばしばある。

いやんなっちゃうなぁ。

パンパースのダンボールにカラーリングされているエメラルドグリーンの物体がうんちにまじってるんだもの。。。

ダンボールのように頭をぶつけても痛くなく、且つ食べられないものってなんかないかなぁ。

あればすぐにそれをバリケードにする。

なんで進入禁止にしているかというとそれはあたると痛そうなものがいくつかあるから。

でも、木花はおかまいなしにいこうとする。

そこに進入したのを発見できれば良いが出来なければしたたかに頭を打ち付けておお泣きすることになる。

そんな時、かみさんは「痛いの痛いの飛んでけー」ってやってるけど、「痛いの」はどこに飛んでいくのだろう。

UNIXシステムであれば/dev/nullに飛んでいくのだろうが、人間界にはそういう便利なゴミ箱は無いと思うので、うまくどこかに飛んでいって誰かが「痛いの」をひろってくれないと木花に返ってくるかもしれない。

よって俺は行き先を明確にしている。

「痛いの痛いの大屋に飛んでけー」と大屋に対して呪詛を唱えている。

これで「痛いの」が木花に返って来る事は無いだろう。

大屋が突然の頭痛に襲われてもしったこっちゃない。

木花のかわりに苦しめば良い。

突然襲ってくる頭痛はきっとだれかの「痛いの」が飛んできたんだと思う。

大屋が最近突然の頭痛が多いのであれば俺の念力も大したもんだと思う。
コメント (1)

ここだったか

2005-01-11 15:48:35 | 日記
韓国ソウルにある南大門市場。

ここには二度訪れたことがある。

一度目はかみさんの友人の結婚式出席する為に韓国に行ったとき、二度目は社員旅行の時。

かみさんといった時は、宿泊しているホテルのすぐ目の前が南大門市場だったから何回も前を通った。

通るたびになんとなくみたことあるんだよな~と思っていた。

二度目に訪れたときも思っていたが、それをどこで見たことがあるのかが思い出せなかった。

それが今日突然思い出した。

今日は故あってタクシーで出社したのだが、自宅から会社に行くまでの途中で浅草橋を通る。

浅草橋といえば問屋街。

タクシーの中から人形問屋を眺めながら木花のひな祭りはどうするかな~と考えていたら、突如「ここだ!!」という言葉があたまに降って来た。

地下鉄の入り口すぐ近くにある問屋街の通りの入り口これが南大門市場の地下道すぐ近くの市場入り口の通りに似ていた。

南大門市場のなかに入ってしまうと浅草橋の問屋街というよりアメ横なのだが、この入り口だけは似ている。

永い間解けなかった疑問がとけた。たまにはタクシーで出勤もしてみるもんだ。
コメント

はなもちならねー

2005-01-10 02:17:33 | 日記
俺の同僚にY君。。いや、君付けなんかしないで「金持ちボンボンのY」がいる。

その「金持ちボンボンのY」は最近やたらと鼻持ちなら無い。

何故最近そうなったかというと、俺や黒ちゃんが仕込んだから。

俺はそう思っている。

「金持ちボンボンのY」は別に金持ってることをキャラにはしていなかった。

あいつの家にはかったまま使っていない電化製品や2回しか使ってないシャワールームがあったりする。

そしてやつの家のソファーはそれなりの中古車なら買えてしまう値段だ。

実際に彼の家のソファーの3分の1以下の値段の中古車を大事にのっているやつを知っている。

ちょっとかわいそうになってくる。

そんな彼の生活なんかを知っている俺と黒ちゃんは事あるごとに「お前金持ってるからなー」等と言っていた。

はじめは「別にそんなに金持ってないですよ。」といっていた「金持ちボンボンのY」も最近は「俺、金もってっからさー」というようになってきた。

例えば、じゃんがららーめんで角肉とめんたいこ入りを頼むときに「ご飯食べたい」といって明太ご飯食おうというので俺が「明太子入りだから、明太ごはん頼むと明太ダブルになるじゃん。」というと、「別に良いよ。俺金持ってから。あまったら残せば良いし。」

と、こういうせりふを吐くようになった。

ここ最近ではそこに表情もついてくるようになった。

あの表情がたまらなく憎たらしい。

よくぞここまではなもちならねー野郎に成長してくれたもんだ。

仕込んだ甲斐があったね。黒ちゃん。

因みに俺と黒ちゃんは示し合わせて仕込んだわけではないので黒ちゃんも仕込んだというのは俺の勝手な意見だが、間違いなく意図的に仕込みをやっていると思う。

「金持ちボンボンのY」っていうキャラたたせようとしたでしょ?
コメント (1)

吸いまくれ!!

2005-01-10 01:39:22 | 日記
こりゃ良いもん買った。

何を買ったのかというと新しい掃除機。

何で買ったかというと、布団用ぶらしが欲しかった。

布団ブラシを見ていたのだけど、布団ブラシの売り場にはもちろん掃除機が置いてある。

というかむしろそっちが主役。

布団用ブラシは助演男優賞にもノミネートされないくらいの存在なのだから、自然と掃除機に目が行くのはしょうがないこと。

そんな感じで掃除機を見ているうちにかみさんの欲求が「布団ブラシが欲しい」から「掃除機が欲しい」にすりかわっていた。

はじめの頃は布団用ブラシ付属のやつがいいなということでみていたのでかろうじて当初の目的を見失っていなかったが、しまいには布団ブラシがついていれば良いというわけではなくなった。

目的が壁際がきっちりと掃除できることになっていた。

かみさんの気持ちはかなり出来上がっていた。

そして今日、目的にあう(布団ブラシも)掃除機が安く売っていた為に即買いした。

これ本当に壁際ちゃんとやってくれる。

掃除機のノズルって言うの?あれの先が壁にぶち当たるとガバット開いてブラシが壁際に直接あたるようになる。

そして、そのブラシが親の敵の如く回転しているからゴミをちゃんとかき出してくれる。

あと、クイックルの紙なんかを巻きつけるとフローリングワイパーになってくれる。

フローリングワイパー2つももってるけど。。。。それはそれで良い。

これでかみさんの御掃除ライフが良いものになれば安いもんだ。

これで我が家には掃除機が3台もあることに・・・・

こりゃ金貯まらないよ。
コメント (1)

そりゃありえないよなぁ

2005-01-08 17:21:13 | 映画
「ありえねー」

これは、映画『カンフーハッスル』の宣伝文句。

今日この映画をみてきた。

「そりゃありえないよなぁ」と思った。

感想はそんだけ。

映画が始まってすぐに先が読めてしまうが、まぁ面白かった。

なにが面白かったかというとそのありえなさが面白かった。

こーゆー功夫だとか武術を使う映画はまずありえない場面が次々と繰り出されるがこの映画もそんな感じ。

ちょっと漫画の拳児を思い出したが、八極拳は出てこなかった。

映画というのは大体がありえない設定のものが多いのだから「ありえねー」というのは宣伝文句にならないのじゃないか?と思う。

この映画は普通に楽しめる。

題名のカンフーハッスルのハッスルは↓のハッスルからきてるのかな?

ハッスル オフィシャル ウェブサイト
コメント (1)