木花日記

しんのすけが日々想うこと、考えなどを徒然なるままに綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あんぱんまん

2005-07-07 19:51:56 | 日記
最近になって、木花にたまにアニメをみせるようになった。

何がお気に入りというのはないので、適当にみせる。

アニメのないように興味を示すことは無いのだが、オープニングテーマ/エンディングテーマで踊ったりするので、HDDレコーダーにとってあるアニメの歌の部分をリピートすることになる。

踊るといっても、にこにこしながらスクワットしているようにしか見えない。
だが、にこにこしてるから楽しいんだろうと思っている。

先日、アンパンマンのオープニングテーマを何回も見せた。

詞菜月記にアンパンマンの内容は結構辛辣だと書いてあったが、内容だけでなく、オープニングテーマも辛辣だと思った。

木花が喜ぶかと思って歌を覚えたのだが、歌詞が言わんとすることを考えながら覚えていたら、どうも誰かがアンパンマンに向かって「お前は作り物なのだから俺達の為に尽くせば良いんだよ!!」といってるようにしか思えない。

俺が覚えてる歌詞:

なにが君の幸せ、なにをして喜ぶ?
わからないまま終わる・・
そんなのはイヤだ
忘れないで夢を こぼさないで涙
だから君は飛ぶんだどこまでも
そうだ、恐れないでみんなのために
愛と勇気だけがともだちさ
ああアンパンマン
やさしい君は 行けみんなの夢守るため

俺の解釈:

何が幸せかわからないままなのは嫌だ!
夢があることを忘れるな!
辛くとも涙を流すな!
お前は俺の為にどこまでも飛ばなければならない。
俺達の為に恐れることはしてはならない。
しかし、お前はアンパンであって人間ではない。
よってお前の友達はお前の脳内に存在する愛と勇気だけである。
間違っても人間様とは友達になれない。
ああ、アンパンよ。お前はやさしい。
だから俺達の夢を守るために粉骨砕身しなければならないのだ。

これは嫌な物語りだねぇ。

こんな人間のエゴ満載な物語を木花にみせてもよいのだろうか?・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« 時が来た | トップ | 育つまちだ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事