木花日記

しんのすけが日々想うこと、考えなどを徒然なるままに綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

栄枯盛衰

2004-09-27 02:36:51 | 格闘技
昨日、正確には一昨日の9/25にK-1 WORLD GP2004 開幕戦が開催された。

俺のK-1観戦暦はながい。

どんだけ長いかというと、K-1がK-1という名前になる前から。。。じゃぁK-1じゃないか。。

ようするにK-1の前身から見ている。

K-1は今年で12年目になるが、そのK-1GPに全て出場している選手がいる。

それはピーターアーツ

俺的には、フィリオが出場していないときには一番応援している選手。

20世紀最強の暴君、沈まぬ太陽と言われた彼ももうピークは過ぎてかつての強さは影を潜めている。

寂しい限り。

ピーターアーツといえば俺にとってはK-1の強さの象徴だった。

ピーク時にはほとんど負けなかった。

ほとんど練習しないでK-1GPを制していたらしい。

楽勝で優勝しちゃったしK-1にでているみんながあんまりにも弱いから遊びほうけてたら、マイクベルナルドの豪腕フックにやられた。

でも、それに反省してお酒をあまり飲まないで一週間練習をしたらまた優勝しちゃった。

周りのみんなが弱いといっても、アンディーフグやホーストといったK-1の代名詞的な選手がみんな出場しているときで、競技としてのクオリティーが一番高かった時代。

そんな強すぎるアーツも一回のアクシデントで駄目になった。

シリルアビディーにボディースラムくらって腰いわした。

立ち技の競技でくらうと思ってなかったんだろう、受身もとらずに変な落ちかたしてた。

それいらい全然駄目になった。

でも、昨日は調子よかった。

最近の彼とは見違えるようによかった。

でも相手を倒しきれない。

あのランバージャックと恐れられたハイキックが全然でない。

昔であればローで下に意識をやっといてハイ一撃で相手を斬って落とした。

それがもうできない。

できるほどに調子がもどっていないのだと願いたい。

願わくば12月の東京ドームでかつての姿を見せてほしい。

エスカップのCMなんかやってる場合じゃない!!

栄枯盛衰といえば、K-1自体にもあてはまる。

世間的にはボブサップや曙で注目を集めているが、俺的には「なんか大味になっちゃってつまんねーな」といったところ。

視聴率稼ぎにはしって競技としてのクオリティーが落ちまくっている。

これはボブサップの登場から始まった。

彼がK-1に出場する前に雑誌でみたことある。

K-1を離脱したサムグレコと一緒にWCWだかなんかのプロレス団体に自分を売り込みに行っている写真だ。

俺はてっきりグレコの付き人かボディーガードだと思っていた。

それが日本でこんなに人気出ちゃうんだから凄いよな。

サップはワシントン州立大学→NFLという超エリート街道をひた走ってきたけど、怪我をして駄目になっちゃった。

そこでプロレスやK-1といった格闘技に売り込んでいるところをK-1がひろってみたら、これが日本で大人気者へと変貌した。

母国のアメリカでは未だにそんな知名度ないみたい。

たしかにあの体格であんなスピードで動けるのだから凄く魅力ある。

野獣的な戦い方でテクニックをパワーで押さえ込んじゃう。

そこがよかった。

最近のサップはへたにテクニックを使おうとする。

それでへんてこな試合をする。

良さが全くでない。

結果、日本にこなくなっちゃった。

サップみたいな人間離れしたパワーというものに味をしめたのか、谷川貞治は第二、第三のサップを入れてきた。

その最終兵器が曙のようだ。

曙も全然駄目。

横綱になったのだから格闘センスが無いわけは無いと思う。

でも、参戦してからずっと強豪続きで経験らしき経験をつめていないと思う。

K-1は曙を使い捨てするつもりなのか?

選手をそんな使い方してるから競技としてのクオリティーが落ちている。

谷川貞治はそれに気がついたのか、今回のK-1は原点回帰といっていた。

そんなこともあって昨日のK-1は期待してみたのだが、、、、そんなことなかった。

この先ど~なっちゃうのかな?昔からK-1をみてるものとして心配だ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 木花が立った | トップ | 気が触れた? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

格闘技」カテゴリの最新記事

トラックバック

K-1武道館大会結果&決勝トーナメント組み合わせ (FUKUHIROのブログ)
25日に日本武道館で行われたK-1ワールドグランプリ 開幕戦の結果を。 K-1デビュー後4戦全敗の曙は、レミー・ボンヤスキー に3R33秒、KO負けで5連敗。谷川貞治プロデューサー から休養宣告が出された。 トーナメント1回戦は、マイティ・モー、ガオグライ・