木花日記

しんのすけが日々想うこと、考えなどを徒然なるままに綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

定本育児の百科

2005-10-27 18:04:28 | 読書
この本は育児書なんだけど、ほかの育児書とはぜんぜん違う。

まず写真が少ない。

写真や絵がふんだんに使われていないのでとても読みにくそう。

刊行が1967年ということで相当古い。

内容も現代に追いついてなさそう。

本自体の見た目がはっきりいって辞書っぽい。
しかもいろんな辞書や百科事典と比べてもかっこ悪い。

そして値段が高い。

普通ならこんな本買う気おきねー。

しかし、俺自身の評価としては最高の育児書

育児書は立ち読み含めて何冊か読んだけど、ここまで良い本は無いと思う。

他書籍とはベクトルが違う。

どう違うかというと、名前の通り百科である。
他書籍のような育児マニュアルではなくて百科。

誕生から就学まで年齢別に分かれていて、その年齢で経験する病気や事象が書かれているので育児と家庭医学双方で役立つ。

それだけで良い本なわけがなくて、ちゃんと理由がある。

本自身のたたずまい。これはまぁ、古臭くてマイナスポイントなんだけど、作られたのが古いということでの内容の古さはまったくない。

そして、写真や絵が少ないことでの読みにくさは微塵もない。

値段についてはこの内容なら安いと思う。

昔の人が良くこんな内容をかけるなぁ。というのが率直な感想。

男尊女卑とまではいかなくても、それにちかい風潮のある時代を生きた人であるにもかかわらず、母親の立場になって書いてあり、母親(子育てする人)にとって優しい言葉で書かれている。

この本を読んで安心した親は相当多いはず。

そこらへんで出回っている育児書には「この月例になればこれができる」とか「ご飯はこれくらい食べれる」といった内容が書いてある。

赤ちゃんだって人間なんだから個性がある。

それをわかっていながらも、育児書のそんな記載を読んで不安になってしまうもので、場合によってはうちの子「おかしい」となってしまう。

この本を読んでいればそんなことはなくなる。

ちゃんと赤ちゃんの個性を認めて書いてある。

こんな子もいればこんな子もいる。ということがちゃんと書かれている。
その内容が何通りかの赤ちゃんの例をとって書いてある。

あれはやっっちゃ駄目、これはやっちゃ駄目というのも否定してある。

もちろん駄目なものは駄目だが、他の本にかいてある禁止事項でもこの本では「それをやることで赤ちゃんがおとなしく寝るのであれば、やるほうが良い。赤ちゃんにとっても母親にとっても良い事」といったように書いてある。

これは大きいと思う。禁止に縛られて育児ノイローゼになる母親も少なくないと思う。

そんな人を救うのはこの本だと思う。

子供が病気になった場合に子供の様子を親が見て、即病院なのかとりあえず様子見でいいのか等を判断できるように書いてある。

なによりこの本が良いのは、読み物として面白いというところ。

先日、木花が突発性発疹になった際に読んだのだが、ひっかかるところがなく、内容が面白くてすらすら読んでしまった。

故に理解度も深まる。

どんな感じで書いてあるかというと、突発性発疹を例にとってみる

「高熱がでるから親はあわてて医者につれていく、でも医者は判断がつかなくてとりあえず熱さましの薬と注射をする。それでもまた高熱がでる為に親はあわてる。また医者につれていくが先日と同様の処方内容。子供はよるぐずってあまり寝ない。親も徹夜に近い状態になる為に辛い。父親はもっとよく先生にみてもらうようにと言い残して眠い目を擦りながら出社し、祖母(子供にとって)もこれはただの熱じゃないだろうといって母を混乱させる。そのうち発疹がでてくるが、医者にみせてもやっぱりどんな病気なのか判断がつかない。子育てのベテランである祖母は麻疹だといいだす。近所で評判の先生にみてもらうことにする。評判の先生というのは、あまり質の良い医者ではない医者が判断できなかった例を良く見るため、突発性発疹であるという判断ができる。評判の先生は明日には治まりますよといって簡単な薬をくれる。先生の予言通りの結果となり親は安心する。」

書いてみたらすごくながくなってしまった、、、が、こんなような内容がちゃんとした物語として書かれていて、結構笑ってしまう。

物語だけではなく、しっかりとその病気の解説もあり、この病気だと診断されてもこんな症状がでてきたら、こっちの病気を疑いなさいといった事も書いてある。

俺としてはこの本があればほかの育児書はいらない。

著者は長年小児科医をやっていたようで、育児の現場で悩む母親と本気で向き合ってきたから、このような良いものがかけたのだろう。

医者にありがちな「~だと思われる」といった書き方ではなくて、言い切りで断定されているのが良いところで、安心感を与えてくれる。

良いところを並べたが、この本、検索性はあまり良くない。

これについて調べたいと思ったら、色んなページをみかえさなければならない。

欠点といえばこれくらいかな。

良い育児書を求めている人は、値段や古臭さに後退りせずにこの本を手にとってほしい。

きっと安心が手に入れられる。
コメント

キタコレ

2005-10-24 20:56:55 | 読書
文庫版『バッテリーⅣ』12月25日発売予定との情報GET!!

まってたよ~。

3巻までの内容わすれちゃったかも。

読み直さなければ。

この情報GETしてなかったら、4巻以降はすでに発売されてるハードカバーを買うところだった。

早く12月になってほしい。
コメント (1)

おかあさんといっしょ

2005-10-24 20:17:37 | 子育て
ゆうぞうお兄さんという人がいる。

おかあさんといっしょに出演しているメインのお兄さんがゆうぞうお兄さん。

この人は何なんだろう?

ちっとも楽しそうではない。

顔面の筋肉だけで笑顔を作っているようにしか見えない。

かみさんにいうと、「そおかなぁ?」っていうけど、俺にはこの男は平気で子供の首を絞められる男に見える。

ウォーズマンやニポポ人形に似ていると思う。

あの笑顔が醸し出すなんともいえない背筋がゾクゾクするような冷血さは教育番組であることを忘れさせる。

番組の最初と最後では子供の数が違うはずだ。

今度数えてみよう。

ゆうぞうお兄さんが何かやっちゃってるはず。

このお兄さんはこの顔でどんな歌を歌うんだろう?と思った。

きっと「血染めのじゃんけんぽん」とかそんな歌をやるんじゃないかと思ってドキドキしてたら、「すずめのサンバ」だとかっていう普通の歌を間抜けな着ぐるみ着て歌ったり踊ったりしてる。。。。

でも、顔はそのまま。

番組の最後には「ス~プラッピ、ス~プラッパー」なんて歌ってやがるし。
顔はそのままで。。。

もうちょっと自分のキャラにあった仕事をしたほうが良いと思う。

まぁ、俺にいわれる筋合いは無いけどね。
コメント

かたくなってきた

2005-10-24 20:06:52 | 日記
腹筋がかたくなってきた。

別に筋トレしてるわけではない。

ただ、木花がのっかってくるだけ。

俺が寝そべってると、はらのうえにのっかってくる。

それ自体は問題ない。

問題なのはのっかりかたで、馬乗りになるのでは無く、立つ。

立ってジャンプしたり地団駄踏んだりする。

これが強烈!!

胃袋が破けるかと思ったが、人間ってのはすごいものですぐに慣れた。

副作用として腹筋がかたくなった。

最近は木花に腹筋を鍛えてもらってるという感じで、俺自身木花が乗っかってくるのを楽しみにしてる部分がある。

子供が出来ると散歩にでかけたり、延々と抱っこをしたりといろいろと運動になる。

子ともに付き合っていろいろやると健康になるだろうと思う。

教育番組の体操なんかもそうだろう。

木花がちゃんと体操できるようになったら一緒にやってみようと思う。

へんてこなダンスでも踊ってあげようと思う。

ただ、、、おとうさんスイッチだけはお断りする。

コメント

家庭の味

2005-10-24 19:34:11 | 日記
家庭の味とか、おふくろの味ってあるけど、俺にとってそれらはなんだろう?

家庭の味は、実家ではなく自宅の事だと思う。

。。。。焼きそば。

自宅でよく食べるのは焼きそばだから家庭の味は焼きそば。

おふくろの味は、実家で思い出す味の事だと思う。

やばい。木花のおふくろの味が焼きそばになってしまう。

物心がついたら、別のものを食べさせよう。

ちょっとみえをはって木花がおふくろの味は?と問われたときに、「~のブルゴーニュ風」と答えられるようにしよう。

で、俺のおふくろの味。
多分、明太子スパゲッティーだな。

ちなみに俺は母親のことを「おふくろ」とは呼ばない。

「おふくろ」って何か変な感じ。有袋類でもあるまいし。。

よくおふくろの味とか家庭の味にあげられる料理のひとつに肉じゃががある。

肉じゃがは牛肉を使っているところからすると、歴史はそんなに古くはないと思っていた。

きっと北海道のだれかが、「ジャガイモが取れすぎちゃったから牛肉と一緒に煮込んでみたら意外とおいしかった」ってレベルのもんだと思っていたらちと違うらしい。

肉じゃがの生みの親は大日本帝国海軍の「東郷平八郎」のようだ。

結構有名な話みたい。

東郷平八郎さんはイギリスに留学していたときに食べたビーフシチューが食べたくて、部下にビーフシチューをつくれと命令した。

東郷平八郎が部下に伝えたのは多分「じゃがいもとにんじんとたまねぎと牛肉がはいってる黒いような茶色いような美味しい味のやつ」とかってイジメっぽい内容だったんだと思う。

で、部下も部下で上司が留学先で食べたっていってんのに、醤油とか砂糖で味付けしちゃうんだからね。。純和風になっちゃってるよ。

こんな感じで肉じゃがが誕生したみたいなんだけど、東郷平八郎さんは怒らないでほめたのかな?

東郷平八郎さんは結構気さくな人だったらしいというのを読んだことあるから、「イギリスって言ったのに、これ和風じゃ~ん。でも結構うまいよ。グッジョブ!!」って感じだったのだろう。

美味しいものはどうにか作れるもんなんだね。

しかし、ビーフシチューから肉じゃがかぁ。

なにがどう変化するかわからない。

今度、まったくレシピをしらない料理を作ってみよう。

美味しいものが出来上がるはず。

毒見役はかみさんと木花で決定!!
コメント

木口道場

2005-10-04 11:47:43 | 格闘技
PRIDEもHEROSも修斗ばかりだった。

やっぱ軽い階級は修斗が凄いんだなぁ。

両大会で勝ち抜いた日本人は須藤元気以外は修斗出身選手。

それよりもこりゃスゲ~と思うのは、木口道場の存在。

五味が所属している道場なのだが、両大会で勝ち残って大晦日に試合をする日本人4人はみんな木口道場で教えを受けていたことがある。

木口先生みたいな人を名伯楽っていうのかな?

とにかく年末が楽しみだ。
コメント

ひさしぶりに食べた

2005-08-24 21:31:54 | 食事
先日我が家の食卓に納豆があがった。

パックの納豆を食べるのはいつ以来だろう?

数年食べていない気がする。

高校生のころ、バイトをしていなかった。

長期休みの間だけのバイトはしていたが、普段はしていなかった。

だから俺は金がなかった。

夕飯までに時間があったりするとなぜか腹が減る。

でも、お菓子やパンを買う金がなかった。

なぜなら、食欲を満たすよりも煙草を買うほうがプライオリティーが高かったから。

そんな腹ペコ高校生の空腹を満たしてくれたのが納豆だ。

実家にはパックの納豆が常備されていたので、夕方あたりに冷蔵庫をあさって納豆をみつけては食べていた。

懐かしい思い出。

で、我が家の食卓にあがった納豆は、かみさんが木花に納豆を食べさせるために買ってきた納豆。

木花が食べなかった分を食べて良いということらしい。

木花がちっとも納豆を食べなかったので俺もお相伴に預かれたのだ。

久しぶりに食べてみた納豆はうまかった。

これはびっくりした。

「糸の力」っていう納豆なのだが、なんというか糸に力がある。

そのままだな。

躍動感のある糸。これでいこう。

躍動感のある糸

そうなのだ。糸のひきかたに野性味あふれる力強さを感じるのだ。

かき混ぜてちょっとのばしてみて、口に持っていく。

そして噛んでみると、粘り気に歯ごたえを感じる。

高校生のころ食べていた納豆とは大違い。

俺はスーパーで味噌、醤油、ソース、牛乳etcをくまなくチェックするのがすきなんだけど、これからはそこに納豆も加えよう。

今、納豆はいろんな種類があるみたいで、チェックしがいがありそうだ。

たのしみがふえた。
コメント

ハムカツパラダイス

2005-08-05 18:10:49 | 食事
ハムカツは美味い。

普段の俺はとんかつが大好き。

かみさんにお願いしてとんかつを作ってもらうことが多い、しかし、ハムカツのことを考えている今はとんかつよりも好きだと思う。

配達のバイトをしているときに、昼ごはんはほとんどハムカツ弁当を食べていた。

よく、好きなものでも連続では食べられないという人がいるけど、俺は、好きなものであればかなりの回数続いても平気。

豊洲の交差点にある肉屋のハムカツ弁当うまかったなぁ。

そういえば、あそこの肉屋の向かいにあるセブンイレブンは一号店の筈だ。

まぁ、どうでもいい。今はハムカツ。

かみさんが一回だけハムカツをつくってくれたことがある。

おいしかったので何回かリクエストしたと思うが、二度目はまだ訪れていない。

そろそろ二度目をお願いしたい。

そして、二度目にあたってリクエストがある。

いろんなハムで作ってほしい。

種類がかなり多いので、3種類くらいでいいのだけど・・・

最低、生ハム・ビアソーセージ・一般的なハムはやってほしい。

俺の心のハムカツに近いのはどれかを検証したい。

心のハムカツとはこれでもかというほどチープな味である。
コメント

育つまちだ

2005-08-05 15:20:19 | 日記
はぁ。眠い眠い。

春眠暁を覚えずというかすでに季節は夏になっていて秋に向かっているところ。

俺はいつの季節でも眠い眠い。

眠いので仕事のやるきが「ぽわわわ~ん」と逃げていってしまい、サーチエンジンで適当に検索していて気がついたらアド街ック天国のホームページをみていた。

アド街ック天国ってそういえば、綾瀬の放送やったときに一位だか二位に東京武道館が選ばれてたなぁ。よく日本武道館と勘違いされるあれを上位に持ってくるなんてよっぽどネタがなかったのかしら?江戸一の方がよかったんじゃないかな?等とぼんやりと考えていたら、「町田」が目に入った。

町田。

そういえば一回も行った事ないなぁ。

どこにあるのかもしらない。

ちょいと町田のお勉強でもしようかな?ということでみてみた。

1位:「109」.。。渋谷にあるじゃん。一位がこれか。。。
2位:「仲見世商店街」仲見世って浅草???
3位:「グランベリーモール」関東最大級のショッピングモールらしい。。興味あり。
4位:「玉川学園」高校を一ヶ月もしないうちに退学になった玉川っていうクラスメートがいたことを思い出した。
5位:「宝永堂」興味なし
6位:「雷文」有名なラーメン屋。食べてみたい。
7位:「国際版画美術館」版画ねぇ。みたいか?
8位:「マルカワ」マルカワってジーンズのマルカワか。おぉ。親近感が沸いてきた。
9位:「富沢商店」しらんがな。
10位:「岡直三郎商店」。。。どうでも良い。

以降あまりにも俺にとってどうでも良いものが続いていたのだが、28位と29位にすごく興味引くものがあった。

それは、「日本一のBOOK・OFF」と「日本一のザ ダイソー」町田行きてー。
日本一のブックオフとダイソー。。。。楽しそうだぁ。

そういえば、黒ちゃんが昔町田にすんでたって言ってたような言って無かったような。。。。

ちなみにこの番組が選んだ町田のキャッチコピーは「育つまちだ」。
ろくなコピーじゃない。と思ったが柏の「ぶちあがれ」よりはましだな。とも思った。
コメント (1)

あんぱんまん

2005-07-07 19:51:56 | 日記
最近になって、木花にたまにアニメをみせるようになった。

何がお気に入りというのはないので、適当にみせる。

アニメのないように興味を示すことは無いのだが、オープニングテーマ/エンディングテーマで踊ったりするので、HDDレコーダーにとってあるアニメの歌の部分をリピートすることになる。

踊るといっても、にこにこしながらスクワットしているようにしか見えない。
だが、にこにこしてるから楽しいんだろうと思っている。

先日、アンパンマンのオープニングテーマを何回も見せた。

詞菜月記にアンパンマンの内容は結構辛辣だと書いてあったが、内容だけでなく、オープニングテーマも辛辣だと思った。

木花が喜ぶかと思って歌を覚えたのだが、歌詞が言わんとすることを考えながら覚えていたら、どうも誰かがアンパンマンに向かって「お前は作り物なのだから俺達の為に尽くせば良いんだよ!!」といってるようにしか思えない。

俺が覚えてる歌詞:

なにが君の幸せ、なにをして喜ぶ?
わからないまま終わる・・
そんなのはイヤだ
忘れないで夢を こぼさないで涙
だから君は飛ぶんだどこまでも
そうだ、恐れないでみんなのために
愛と勇気だけがともだちさ
ああアンパンマン
やさしい君は 行けみんなの夢守るため

俺の解釈:

何が幸せかわからないままなのは嫌だ!
夢があることを忘れるな!
辛くとも涙を流すな!
お前は俺の為にどこまでも飛ばなければならない。
俺達の為に恐れることはしてはならない。
しかし、お前はアンパンであって人間ではない。
よってお前の友達はお前の脳内に存在する愛と勇気だけである。
間違っても人間様とは友達になれない。
ああ、アンパンよ。お前はやさしい。
だから俺達の夢を守るために粉骨砕身しなければならないのだ。

これは嫌な物語りだねぇ。

こんな人間のエゴ満載な物語を木花にみせてもよいのだろうか?・・・
コメント