ぼく(2)

2017-06-17 09:45:09 | 童話
ぼくは生まれる前からいろいろな事を知っていたし、妖精とお話しをしていたんだよ。
今も妖精が見えるけれど、大人の人には見えないんだって。
お姉ちゃんやお兄ちゃんも大きくなったので、妖精は見えないと思うよ。
お父さんもお母さんもお姉ちゃんもお兄ちゃんも、小さい頃にはみんな見えていたんだけれど、見えていた事を忘れてしまっているんだ。
ぼくもみんなと同じように、大きくなると忘れてしまうのかな?
きっとそうだよね。
だからいろんなものが見えている今が一番忙しいんだ。

大人の人は、ぼくが忙しくしている事を知らないだけなんだ。
昨日は家で飼っている犬とお話しをしていたし、今日は、さっきまで遠い外国の赤ちゃんと楽しくお話しをしていたんだ。
遠い所と何も使わないでお話をする事を、大人の人はテレパシーと言っているみたいだね。

お母さんがお父さんに、新生児健診でぼくを病院へ連れて行くと言っていたけれど、他の赤ちゃんとお話しができるから楽しみだなぁ。
大人の人は僕達がお話しをしていることが分からないけれど、病院に居る時みんなとたくさんお話しをしているんだよ。

何のお話しかって?
みんな、自分のお母さんの自慢をするんだ。
『ぼくのお母さんが一番美人だよ。』
『ぼくのお母さんの方が優しいよ。』
『ぼくんちの方が、兄弟が多いよ。』
僕達は、まだしゃべることができないけれど、みんなとは目と目でお話しをしているんだ。
だからたくさんの赤ちゃんでお話しをしている時は、あっちを見たり、こっちを見たり、忙しいんだ。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼく(1) | トップ | ぼく(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

童話」カテゴリの最新記事