手賀沼アララギ短歌会

千葉県我孫子市で開催している短歌会のブログです。一緒に短歌を楽しみませんか。

雁部貞夫先生が「島木赤彦文学賞」を受賞

2011年09月16日 | トピックス
手賀沼アララギを指導していただいている雁部貞夫先生が、第13回「島木赤彦文学賞」を受賞しました。
受賞作は歌集『ゼウスの左足』(角川書店)です。

雁部先生は日本有数の短歌結社「新アララギ」の選者であるとともに、登山家として知られています。
受賞作の『ゼウスの左足』はアフガン、パキスタンへの踏査行を体現し辺境の現在を詠い上げた雁部先生ならではの歌集です。

・戯れに誰が作りし刷り物か酒豪番付の君は大関われは小結
・ヒンドゥ・クシュの麓の町に得し一つ机上に今もバッカスの神
・蠍座に光るくれなゐの星ひとつ氷河の上のわれら導く
・重き荷にあへぎ続けしこの三日山は神さぶ氷河の果てに
・われら三人(みたり)今日より氷河に入りゆかむ磨ぎし氷斧の光鮮(あた)らし
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 2011年10月歌会のお知らせ | トップ | 会員の作品(2011年9月) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
石巻 (雁部)
2012-01-04 20:10:13
石巻の雁部です おめでとうございます
コメントありがとうございます (英山)
2012-01-10 11:53:56
石巻は雁部先生の実家のあったところで、幼少時代を過ごしたそうです。
今回の大震災の津波で大きな被害を蒙り、雁部先生のご親戚も随分亡くなられたと聞いています。
一日も早い復興を祈っています。
コメントありがとうございました。
受賞、おめでとうございます (中根 太藏)
2014-06-02 09:20:26
タイトルの通りです。アララギも島木赤彦も斯界の最高峰だとしか知らない私からもお祝いを述べさせてもらいます。先年、2003年三月で46年勤務した日本社会事業大図書館を退職し、長い労組の役員の関係での政党活動も手を引き、今はヒンドゥ思想での精進と勉強だけをしております。俳句や漢詩は多少わかるが万葉などの短歌和歌は敷居が高い。その内、墨田高校の近辺で会える機会があるといいですね。薬剤師を長男として子供たちも独立して夫婦で孫馬鹿をしています。
雁部先生に伝えます (英山)
2014-06-03 08:44:51
コメントありがとうございます。
文面からすると雁部先生を個人的に存じていらっしゃる方でしょうか?
先生にはコメント内容を伝えておきます。

コメントを投稿

トピックス」カテゴリの最新記事