ピタットハウス浦和店 不動産屋スタッフのリレーブログ

ピタットハウス浦和店スタッフのブログです。リレー形式で日常の出来事や、私たちの想い、私たちの体験などを綴って行きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カウントダウン2014-2015年 その2

2015-03-08 21:36:52 | 日記

皆様 こんにちは 賃貸営業 中里です。

 

前回に引き続き(前回は コチラ )お正月パラオに行った事を書きます。

 

ロングビーチの後は、ジャーマンチャンネル

(旧ドイツ軍が船を内海と外海を行き来する為に作った人口の海の道)

で スノーケリングです!  運がいいとマンタウミガメに会えるスポットです

・・・

・・・  マンタ ウミガメに会えませんでした(;一_一)  小っちゃいサメがいたくらいでした。

(すみません、水中カメラボートにわすr)

 

がいいとこういうのが見れます→コチラ

その後は近くの無人島de ランチ !!

(ちゃんと頼んでおいたよ!過去の屋久島のランチ忘れ事件参照→コチラ

          

 

     

 

   Japanese "Bento"  もはや世界基準になりつつ日本の”ベントー” 

島内の日系の飲食店が仕出し弁当をだしているそうです。ふたにはちゃっかり宣伝も!

 

普通においしかったです。 海に入った後は何でもうまい?!

他の料理店やレストランもだしている模様です→コチラ

個人的にはビールも欲しかった!

 

そのあとは~くらげちゃんと泳ぐジェリーフィッシュレイクへ~

ここはなんとクラゲ(天敵がいない為、無毒)がいる(真水ではなく地下から海水が流れてます。)です。

たぶんクラゲ嫌いな人はヤバイですね。

 

こんなクラゲが自分の泳いでる周りにプカプカ浮かんでます。 

手とか脚とかに当たります。

たくさん浮いているのでキモイですw 掌にのっけた感触は・・(おおっと誰か来たようだ・・

    

 カメラがしょぼいのでプロが撮るとこんな感じ→コチラ

 

 

これを一度やってみたかった

       

クラゲとったどー

足ひれがあたるとクラゲちゃん簡単に壊れます!傷つけないよう掌にのせるだけ・・・。

そぉっとぉ~ リリース 

 

そんなクラゲちゃん達に別れを告げ、次は女子必見天然高級全身泥パックです!

 

なんと10歳も若返る!?という海水侵食された珊瑚のカケラ海中プランクトン分解され、その石灰質粒子の流れによりこのミルキーウェイに体積されました。
沈殿した石灰質の粒子がさらに太陽光に熱せられ発酵し、美容によいとされる真っ白な泥になったそうです。


ミルキーウェイの泥から作られた美肌パックの粉は、なんと日本で

 

90グラム約2万円で売られているのです。

90グラム約2万円で売られているのです。

90グラム約2万円で売られているのです。

 

 

 

 

                          ”チチバンド”落書きされました パラオ語でブラジャーの意味です

Who are you ?

 

これでリフレッシュして新年がんばるぞ~!

 

ちなみにロックアイランドに行くと(海に入る)税金がここでは課せられるのです。

 

  

Fee $100 /人(ー_ー)!! 円安時は痛い!

 

  ちなみに出国する時にかかる税金もあります!島内で使いすぎないように!

 (出国税$20/人と環境税$30/人

 

そんな感じで是非10歳若返ったであろう、自分を見に来て下さい。

 

 

それでは続きはまた次回永遠のゼロで注目され始めた『ゼロ戦』

山から滝までの『ジップロープ』ターザンな気分

をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

2015-03-08 08:30:00 | 日記

島根です。

少し前になりますが、この時期といえばアレですね。

映画ファンには外せないアレです。

第87回アカデミー賞の発表です。

 

私はそれはもう映画好き。…でした。

大学時代には週一ペースでミニシアター系の映画を見るために渋谷、新宿などへ通い詰めていました。

3年?4年??ほどシネコンで働いた経験も。

それがここ数年は、すっかり映画から遠ざかっており。

最後に映画館で観たのはアナ雪でしょうか。

観たい映画があっても、映画館へ足を運ぶのは億劫になってしまい

レンタルでいいかな~なんて思っているうちに上映が終わり

DVDが出るころには観たかったことを忘れる、という

映画あるあるにしっかりとはまっています。

 

ですが今年のアカデミー賞については触れずにいられません。

バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)

コレです。

作品賞、監督賞、脚本賞などを受賞しています。

注目すべきはアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。

菊地凛子の出世作「バベル」の監督です。

私が初めて観たこの監督の作品は「アモーレス・ペロス」というメキシコの映画で、

イニャリトゥ監督のデビュー作でした。

これがとにかく素晴らしかった!

3人の主人公がいて、それぞれのストーリーが一つの事件でリンクしているという形で、

最近はラブストーリーなんかでよくある構成かと思いますが(ラブアクチュアリーみたいな)

この映画が、おそらくハシリなんじゃないかと思います。

そして構成だけでなく、音楽も俳優も斬新でエネルギーがすごいんです。

メキシコの空気感もすごくリアル。

切なくて苦しくて胸に突き刺さる映画です。

この映画を機に、私はガエル・ガルシアのファンにもなりましたしね。

2時間半ほどありますが、一度は観るべきです。

イニャリトゥ監督の映画は「21g」「ビューティフル」など、外さずに観ていますが

どれもずっしりと重くて刺さる良作ばかりです。

 

さて、どれだけ伝わったかわかりませんがとにかく期待のこの監督の最新作。

「バードマン」でついにアカデミー賞を受賞したわけなのですが

トレーラーを見たところ、今までの作品とはちょっと様子が違います。

ブラックコメディらしいのです。

今までのものにはコメディの要素はまるでなかったので、

どんなものなのか、ちょっと想像がつきません。

ゆえに楽しみでもあるわけです。

「ファイトクラブ」などに出演しているエドワード・ノートンも出ていますよ。

4月10日公開です。

アカデミー賞を受賞したので、シネコンでもたくさん上映するはずです。

これはDVDなんて言っている場合ではなく忘れずに観に行かなければ!!!

大切なのでもう一度言いますが4月10日公開です。

 

 

 

あと、全然毛色が違いますが、コレも面白そうなので観たいと思っています。

5月23日公開です。

…忘れそうだな~。

 

 

 

 

コメント