広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2018春の陣

2018-06-12 20:50:06 | Weblog
何てこった!
2016年9月以来とは?

う〜ん、筆不精極まりなく....
でもきっとこれからもきっとそうだと思う。


突然ですが、
何が嫌いって、ウジウジすること!
自分がそこに陥った時は、とことん落ちて気が満ちてくるのを待つ。


2016そこから抜け出るために、もがいていた時期かな?

でもその後すぐ、横よさ第一回を何とか成し遂げて。
それでも試行錯誤は続いていた時期だな!



そして、2018春の陣
一応ここで一区切り!

第一弾、5/3ザよこはまパレード/ チーム合同3.4km
第二弾、5/5木更津舞尊 /チーム合同
第三弾、5/27 渋谷eggman/ K-oneGET(ジャズヒップホップチーム)
第四弾、6/1横浜開港祭 / 開港の三部作コラボレーション / 新作発表
第五弾、6/9.10 YOSAKOIソーラン祭り / 札幌 / チーム合同


体調は?
喉が最悪ですが、何とかもっています。


今年は次女の出産の年

2/26、サンフランシスコへ
到着日はすでに生まれている予定だったのが、空港に元気に迎えに来てくれて、拍子抜け!
ずっと一緒に踊りをやってきて、大学からは海の向こうへ行ってしまった次女とは、12年間で年に一度会えるか会えないかの親子関係!
今回、新たな命の誕生を共に迎えることができた貴重な時間!しかも自然分娩という私も始めての経験!

3/3・・・母子共に無事に・・・そして恐ろしく元気な子が生まれ・・・
生まれてすぐにおっぱいを飲みまくる女児!・・・そして後ろ髪引かれ・・・3/13に帰国。。。


それからというもの!
一気に!寝る間もなく!詰め詰めの日々!

どれも・・すっごく大事にしたい!

チーム合同が多いので、資料づくりや準備も山ほど。

作る作品、リニュアル作品、そして

練習会場の確保・・練習計画・・告知連絡・・そして練習練習の日々!合同練習日は分刻みの日もあった。
頭を整理し、今一番何をやるべきかを考えておかないと明日が来ない。
サポートしてくれる皆がいてくれたから、できた!
寝る時間のない日もあった。


☆ザよこはまパレードは70名の大所帯で参加!
暑さ対策、長距離演舞対策、みんなが困らない対策がまず第一。
あっという間の3.4km!楽しかたなあ〜
反省はあるけれど、次は絶対!


☆木更津舞尊
札幌に向けた演舞構成を、チャレンジできる時、
参加者は少ないけれど、次に繋がる大きな経験のできる祭り!
すごい迫力だったな!

☆ 渋谷eggman
K-oneGET若者ジャズヒップホップチームのクラブイベント!
いやあ〜良かった!
月3回の限定クラスだけど、みんなグングン伸びてる〜やってて楽しい!


☆横浜開港祭
横浜・神奈川のチームで一緒に務める大舞台!
年に一度のこの舞台のために、お正月すぎてから準備を始め・・・・
動画を作り、動きを伝え、コラボレーションは各それぞれに練習を重ねる。
懐かしいメンバーも一緒に踊れた!感動だった!

そして新作お披露目!
作品作りから約2ヶ月半でのお披露目!
それにしては、自由に思いのままに作った作品!
それだけメンバーが育ち、チームの雰囲気も良く、私の中で遠慮はしないと吹っ切った部分もあり、その他、などがうまく噛み合った。

2018「萌芽 爛漫」大事に踊っていきたい。次の演舞披露は彩夏祭!
踊り込んだ「萌芽 爛漫」をお見せできるように頑張りたい。
応援よろしくお願いしいます。(独り言)


☆YOSAKOIソーラン祭り「横浜い〜じゃん2018」
「奨励賞」受賞しました!
「SINGHAR BEER賞」FUNKY!すすきの会場賞も受賞いたしました!

合同チームは、気を使い・・周りの様子を伺い・・・そんな時期もあったけれど、そんなこと言っていては何も事は運ばない。
一緒に準備してくれる仲間が増え、リーダーたち(今回11名)がいてくれるお陰て、滞りなく準備が進んだ。

札幌まで行って、踊りたいという踊り子が、一般参加含み9チームの合同53名!

合同チームで魅せる演舞目指しチャレンジの年!
でも忙しい時期、YOSAKOIソーランに向けての実際の練習は3回のみ。
全部参加できない人もいる。
けれど良い演舞を目指す志のある面々の2日間の進化は素晴らしく!
誰もが感じる一体感があった!
合同チームならではの一体感!

ここによさこいの醍醐味を、私は感じる!


チームの数だけ目的があり、それぞれに熱い想いがあり、札幌の街にそれが渦巻いている。
その地に立ち、これまでのたくさんの苦労と楽しさを一気に爆発させる。
そんな空気の中に入れることが、私は好き!

そして、そんな熱い思いを持った人と出会い、再会できるこの地が好きです。

いいな人間!
いいな笑顔!
いいな涙!
って思えるから。


そして
6月3週目から、横よさ会場交渉が始まる。
会場部会の皆に協力をいただかなければ。

クラウドファンディング部会・グッズデザイン部会・協賛部会・後援部会・ボランティア部会どんどん動かないとです。

6/23の舞台のリハも始まる。
作品として構成していかねば。

6月も目一杯、頑張るぞ。
7月に入ったら、教え子のもんちゃんの結婚式でハワイ!
懐かしい教え子たちと次女家族が集まるので、それを楽しみに頑張れる!

普段は、孫たちの動画が送られてくるので、車移動の合間や、家に帰ったホッとした時間に、眺めてはニヤニヤし元気をもらっている。
そんなおばあちゃんです。

家族の元気!ありがたいです!





コメント

−飛び立てた日−

2016-09-20 13:53:36 | Weblog
全くの久しぶりの書き込み。。

ドラマティックなことがありすぎる日々、
最近、頭のバッテリーの容量が減ってきているのだろうナ。
時間がある時は、頭が空になってしまう。

2016秋の陣
本格的に今年の作品が仕上がってくる時期!

踊りは、素直に自分を表現できる場で、多くの人とコミュニケションできる場でもある!

何よりも大事にしたいのは、あるがままの自分たちが、日頃支え合って創り上げていく、その過程。。

では、祭りの1日は?
何かに例えるなら、日々の積み重ねが建物、その上にある煙突が祭り!演舞は煙突から出てくる「煙」!
私は目に見えないものを通じて、何かしらの元気を皆さんの心に届けられたら嬉しい。
だから目に見える煙突の高さを高くすることよりも、「煙」になって、香りや澄んだ空気が感じられるような演舞を目指したい!
(※意味が分からないですよね〜。。。よく言われるんです。)

煙突の練習はできるけれど、「煙」は、その時にいる踊り手みんなの最後のさじ加減にかかっている。
さて、観客の皆さんの心に届くけられるのだろうか?


小田原では、その過程が手に取るように感じられる1日となりました。
朝集合時のメンバー一人一人の心もち。

楽しく踊りたいと思う気持ちはあっても、自家発電しない!
祭りの日、一番自由に飛び立ちたいのに〜
滑走路にいる飛行機が、自分が飛行機だと気がつかず、走り出したら飛行機だったことに気づき慌てる。
結局、加速できずに飛び立たてない。
(※またまた、たとえ話で分かりにくくて申し訳ない。。。)

そんなこと、あり得ない!!
動流夢じゃない!

「さあ、どうする?」
「さあ、どうしたい?」
いつも自分に問いかけよう!私は誰?何者?
なぜそこにいるのか?

今日は最高の自分になる日。。。。。。



最後の演舞が終わった時に、新しいメンバーが言いました。
「全部楽しいと思っていたのけど、楽しさには種類があるんですね〜!」と、

そうです!そのとうりです!

チーム演舞で求めたいのは、「感動」にも似た楽しさです!
舞台に立った仲間同士が感じられる最高の瞬間!

見たことがなければ、見えないもの!

でも一度見えたら、それが見えるようになる。
偶然では、できないことを知る!

それは、宝物!

よさこいには、いろいろな部分で共有するという要素があり、
その共有の仕方も、いろいろあります。
私はよさこいを踊るなら、そのどの魅力も確かめたい。


今回の私たちのチャレンジの結果、受賞演舞をいう最高の機会をいただきました。
煙突から、煙が出て観客まで、何かが届いたこと。
そして、飛行機になって滑走路からギリギリ飛び立てた事!
メンバーひとり一人の力だったことを確かめられるチャンスでした。

小田原・古淵・古淵→小田原、慌ただしい怒涛の二日間!
皆で、走った町田!
小田原から会場までの最後のダッシュ!
会場で皆さんからいただいた「お帰りなさい!」の温かい言葉!
受賞演舞でのみんなの息づかい!掛け声!

皆が何がしたい?を
確かめられたことから生まれたドラマ!
ひとつ一つが宝ものとなりました!

また、空を飛ぶために、頑張りたいと思います。
コメント

今と今の積み重ねが知りたい。。

2016-03-29 12:28:34 | Weblog
頭がパンク。。。泣きたくなった。。。。


我慢しなくていいや!いま泣く。。。。
コメント

体操フェスティバル💕

2015-11-03 19:16:31 | Weblog
秋の陣、連続8週イベント第3段!
11/1(日)は、横浜体操フェスティバルでした。
私のダンス体操系指導歴の一部がここに凝縮されています。

1990年から続くこのェスティバルも26回を数え、K-oneとしても初回から参加し26回目です。
参加団体は80を超えて、大学の先生方はじめ、大先輩の地域の指導者たちの手作りイベントで、長年地域の健康づくりを支えられてこられた大先生たちが一堂に集まり、年に一回の交流の場ともなっています。

元オリンピックメダリストの先生、ラジオ体操の大御所先生ご夫婦は、他の地域の活動でも昔からお世話になっておりました。ご招待席にお座りですので、年に一度のご挨拶と演舞を見ていただきました。

デンマーク体操の先生方、デンマークの体操大学の学生さんが来日された時には、スタジオにお招きして「開花」踊って交流させていただきました。そんな貴重な機会を与えてくださった先生方です。

日本ジャズ体操指導者連盟の先生方、昔から素敵だなあ~と思いながら、ずっと発表を見続け刺激を頂いてきました。音響席で色々お話しさせていただきました。
体育協会の職員の皆様は、皆さん偉くなられて、文化体育館の館長さんはじめ、あちらこちらで重要なポストになられておられます。
とてもお世話になっていたので懐かしく、ご挨拶いたしました。
大会トップの発表は横浜市歌が素敵にアレンジされたハマっ子体操です。横浜健康体力づくり指導者(健指連)の10周年を記念して作った体操で、20年前に私含め5名の指導者で動きを作りました。ずっとこうして体操として使われ続けていてとても感動です。しっかりと横浜に根付きオープニングで行われています。

ずっとこのフェスティバルには毎年4~5団体で参加するのを常とし、運営のお手伝いには関わらず仕舞いで23年が経っていました。いつもお世話になるばかりでしたが、3年前に創始者の先生からお誘いいただき運営に関わらせていただいています。
他にもお手伝いしてくれるK-oneメンバーもいてくれるので、今は少しでも恩返しができると思ってスタッフさせていただいています。
いつも後には、ほっこりした気持ちが残る温かいフェスティバルです。
また来年も、参加させていただきます💕


コメント

ずっ~と!楽しく!踊ろう!

2015-01-25 13:07:35 | Weblog
年齢層の幅広いK-one動流夢は、以前から体にフィットし、個人にもフィットする体と動きの改善を視野に入れて、練習を行なっています。
体は不思議で、精巧な精密機械です。
人の気持ちや感情はデリケートでもろく、また強いものです。
また、人の想像力はとても豊かで、無色から虹色に変化させる可能性があります。

踊りはそんな、人の体と心で表現し、仲間と共に作り上げるとても素敵なものだと思います。
そして楽しい踊りを多くの人と共有できる事が、とても幸せな事だと感じています。
メンバーみんなには、大事に体を使っていく事を知ってもらいたいなあと思い書いてみました。


〈小学生の頃〉
疲れ知らずで、ちょっと休むと体力が戻ってまた走り回る・・・素敵な時期ですよね。
疲れるから~何て心配はいりません。
どんどんと動いて、心肺機能や体の協調性、一生の体づくりの基礎と体一つで遊べる想像力を育ってほしいです。
(この時期を逃さないように)

〈中学生の頃〉
体が大人に近づき、急に背が伸びたり横に大きくなったりと変化が激しい時期です。
ですが、体力や気持ちはまだまだ追いついていない時でもあります。
この頃は、重く大きくなった体を自由を支える筋肉や関節周りを強くしていくことが重要で、下半身の故障が多い時期です。
本人たちは、体の変化に気づきにくい時期なので、上手く動けない事が焦りに繋がってしまう事があるので、注意が必要だと思います。


〈高校生大学生の頃〉
体が大人になり、その大きさと筋力骨格に個人差が大きく現れてきます。
それは今までの運動経験ややり方の結果でもあります。
伸びしろがたくさんあり、まだまだ乱暴に体を使っても何とか壊れずにいける時期でもあるのかもしれません。
ですがそれだけではなく、動きと体と心に興味を持って取り組めたらといいなあと思います。


〈20代中盤から〉
筋肉に今までと違った感覚が生まれてくる時期だと思います。
何もしなければ老化が始まってくる時期。
乱暴に体を使ったり、ケアーをしない時とした時の体の変化を実感する時期。
それまでにケアー(ストレッチやトレーニング)方法が身に付いていれば、対応ができて問題なくどんどん動けます。
うまく対応ができないと、自分には動く事が向いてないと勘違いしてしまう時期かもしれません。

〈40才頃まで〉
30才代は、培った体力と経験をもとに、比較的安定している時期だと思います。
ですが将来のために、正しい動き(関節に負担をかけない)に心がけ筋力の柔軟性と力をバランスよく伸ばしていく事が必要な時期。
始めて運動しようという人は、チャンスがあれば是非始めてほしい時期です。

〈40才過ぎると〉
今まで動けていた人も、体のバランスの悪かった所がクローズアップされて痛みや違和感を強く感じるようになり、
スポーツや運動をしていた人で、一線から退く人が多い時期。
実際には、子育てから手が離れ運動を始めようとする人が多いと思います。
もう一度、自分の体を見直し、作り直す意識が必要な時期で、長く時間がかかり根気良く付き合いたい時期です。
体の改善にチャレンジしている人は、良い痛みと悪い痛みとを見極めて、対応する必要があります。
一つの改善は、繋がった体の他の部分へも移り変化させていくため、粘り強い意思が必要です。

〈50代〉
40代の長くキツいと感じる時期の過ごし方によって、個人差がますます広がっている時期。
正しく対応できていれば、40代で気が付いた体のバランスの悪さが改善され、前よりも動きやすい体になっている。
ですが、一応はケアーしながら動いていたけれどという位の場合は、体のバランスは改善される所まできていないので、動きの質として年相応であることが否めない状態。

以上、一般知識と自分の経験と踏まえ、また多くの人と活動して来た経験に基づいた内容です。
60代は自分自身が未経験のため、我チームメンバ-の諸先輩のみんなの話しを是非直接聞いてみてください。
いづれにしても、体は幾つになっても良い刺激で良い方向へ改善していく事ができ、
結果、自分らしさを保ち続け楽しい趣味が続けられます。
踊りを通じて、年齢と上手く付き合い方が学べると感じます。

「踊りを長く楽しむために」をまとめると、
☆子ども時期にいかに心肺機能によい刺激が与えられて、運動がおっくうでないという下地を作る事が一生使い続ける体の健康にとても大事だと思うこと。
☆”怪我をする事はスポーツをしていたら当たり前という考えは、間違っている”と、その考えを切り替える事。
☆人の動きは、筋肉と骨格と運動神経、そして想像力とチャレンジ精神を育てていく事で生まれる身体活動なので、どれも疎かにできない事。
☆一つしかない体を大切にして育て、良いパフォーマンスを求めたり、健康で自分らしくいられるための知識と経験を重ねていく事。
☆年齢と共の老化していく体にしっかりと向き合い、その時に必要な改善策をとり、努力していく事。

これからも踊りを通じて、体と向き合っていきましょう!
コメント

❤️娘たちの結婚披露パーティ

2014-07-12 23:58:17 | Weblog


今日は、長女の旦那様の親族、次女の旦那様のご両親がアメリカとベトナムから来日、そして、近藤家の親族皆が集まってくれて、2人の娘の結婚披露パーティを行ないました。

いつもの動流夢のイベント前と同じく、前夜まで娘たちのドレスの手直しをし、本人たちも手づくりパーティの準備で寝れたのは朝方でした!
結局朝寝坊したため準備が送れ、長女曰く「近藤家は何でいつもこうなの?!」と。。。

ごめんなさい。。。
手作業、予想以上に時間を取られてしまった。。。

そんな慌ただしくはじまった会でしたが、
動流夢の暖かい出迎えの踊りは、本当に嬉しかったな!

人と人とのつながりは、何よりも私の大切な宝です。
懐かしい仲間も踊ってくれました!皆忙しい中、沢山集まってくださって本当にありがとう。

人との関わりの中で、不器用にただ真っすぐなため、誤解を生じさせてしまう事があり、
それでもその場を、上手く立ち回る事ができない不器用な私なものだから、
子どもたちが、多くの皆さんに囲まれて育ってこれた事に本当に感謝です。
そしてこの祝いの席に、仲間と共に衣装でいれた事、嬉しかった。
メンバーの皆、本当にありがとうございました。

パーティは手づくり感満載の温かいパーティになり、皆が打ち解けた会になりました。

そしてその後は、狭いホテルにの部屋に近藤家が集まり、
お医者様の次女の旦那さんのお父さんを囲んで、健康についてそれぞれに伝授され、
それに興味を持った長女の旦那さんに、触診の講習がはじまり、
三か国の言葉が飛び交い、通訳の通訳と三段階で質疑応答が始まる。
昔から、動きや体の事になると皆興味が一緒なので話が絶えなかったが、
またまた、新たな領域の話の中で、新たな家族との絆が生まれた日でした。

人の縁とは、国境も言葉も越えてしまうのですね!

本当に素敵な1日、ありがとうございました!!
コメント (2)

❤️娘たちの結婚

2014-07-09 00:14:29 | Weblog

次女が帰国しました。
長女が結婚したので、そのお祝いのため。
次女は3年前にすでにアメリカで式をあげていますが、
日本ではまだ親戚にお披露目をしていなかったので、姉妹合同でお披露目会を行なう事になりました。

姉妹がこれからも離れて暮らしていく事を考えると、2人にとってきっと素敵な思い出になると思います。
私にとっては、2倍の喜びです!

さらに動流夢の仲間たちが、「祝宴」を踊りに近くの公園に来てくれることになりました!
またまた喜びは3倍です!

2人の娘たちは、生まれた時から私の仕事と共にありました。
家ではもちろん、レッスンでもイベントでも常に一緒にいましたので、
その時々、多くのメンバーの皆さんの中で見守られ、育ってきました。

そんな子どもたちが成長し巣立っていった時、
私は寂しくてしかたがありませんでした。
でも今度はたくさんの周りの人々に見守られて、そして育てていただきました。
本当にありがたいことです。

そんな大人に成長した子どもたち、
長女は、鍼灸あん摩マッサージ指圧師でスポーツトレーナーしていたが、私が苦しい時期には一緒に寄り添ってサポートしてくれました。
そして夫が独立したのを機に、今度は父親の仕事を手伝いながら、今は治療院経営のご主人の仕事のパートナーとして頑張っています。
次女は、大学進学を機に渡米したので、日本を離れてもう9年にもなる。
大学ではダンス芸術学科で学び、多くの友人と先生に恵まれ、良き伴侶にも出会い、
現在は目標だった「LEVY DANCE」の一員として活動しています。

2人が、人生にチャレンジしていく姿は頼もしい限りです。
今度も、2人がそれぞれの道で、自分たちらしく生きていくことができたらと願っています。
7/12(土)が結婚のお披露目会!

台風が心配ですが、今から楽しみです!
コメント (2)

横浜よさこいチーム合同企画春の第二弾

2014-06-01 09:33:27 | Weblog
書きたい事が、山のようにあるけれど、またまた間が空いてしまいました。

今年の春は、合同チーム企画が3つ続き
5/3ザよこはまパレード
6/1横浜開港祭
6/7,8YOSAKOIソーラン祭り

5/3ザよこはまパレードでは、3,4Kmという長さを皆で踊りきって、何て!よさこい参加者の皆さんの顔はとても晴れやかな事!まだまだ踊れる!そんな踊るの大好きなみんなでの参加はとても楽しいものでした!
来年もぜひ参加するぞ!と考えていますが、

そんなこんな色々、今年頭からの慣れない事務仕事は私の体を虫喰み、白血球が極端に少ない抵抗力内のない状態へ落入ってしまいました。
ザよこはまパレードの日は、そんな最悪の体調の日!
点滴を打っての参加でした。。。

でも、もう大丈夫!
まず寝る事に心がけることで、持ち直してきました!
という事で・・・。。。



今日は開港祭の当日です!!
昨日はすべてのリハを行ない、あとはやるだけという清々しい気分で書いています。



今年も、横浜開港祭をよさこいで盛り上げる機会をいただきました!

毎年思います。イエ回を重ねる事に思います。地元の祭りで地元市民が舞台を飾れる事の喜び!
目の前がすぐが海で近づけばしぶきが飛んできて、波のうねりが心地よく気持ちをリラックスさせてくれます。
横浜の港がぐるっと一望でき、ベイブリッジはもちろん目の前に見えます。
行き交うフェリーの波音まで感じられます。
海の前で育った私にはとても心地よい空間です!

そんな臨港パークに出来る巨大ステージが、今日の私たち279名の舞台です!

横浜開港祭ならではのコラボレーション演舞も練習の回を重ねるごとにチーム同士の輪が広がり、
横浜開港祭でなければ実現できないステージをお届けします。

また第31回横浜開港祭2012で生まれた横浜オリジナルよさこい踊り「横浜い~じゃん」が、
この4月に横浜市立334校の小学校に教材の一つとして配布され、運動会で踊ってくれる学校が続々と出てきました。
今年から、一般学校の横浜い~じゃんチームの演舞発表も行ないます。

横浜のチームが一同が介し各チームの気合いの入った演舞で、横浜らしいよさこい舞台を繰り広げます!
今日は夕方も心地よい海風が感じられるでしょう!

ぜひみなとみらい臨港パークへ
19:00~20:30です。

みなさん、横浜の港のお誕生日をお祝いしましょう!
コメント

YOSAKOIソーラン祭りガイダンス広告

2014-04-08 22:08:30 | Weblog
札幌のガイダンスに行ってきました。
抽選結果の詳しい内容は▶️


札幌に参加するチームの意気込みやよさこい(YOSAKOI)に対する半端ない愛情を感じられるガイダンスです。
今年も横浜合同横浜い~じゃんチームで参加しま~す。

地域を背負ったり、自分たちの個性の発揮したり、入賞を狙って必死だったり、観客を巻き込み楽しむパワーだったりと、それぞれのチームの目的は違っていても、練習の成果を思う存分発揮しようとするその意気込みは、皆一緒です!
私は、そんなよさこい祭りの空気が、「大好き」です。

特にソーランのガイダンスは、気持ちがいい。
実行委員会の方々、皆が一つの方向に向いていて、今までの経過も踏まえてまだまだ改良していく姿勢が感じられて、良い祭りを目指していることが、学生実行委員の一人ひとりからもそれが感じられる。
これって、凄い事だと思う。
いつも感心するのは学生実行委員長の挨拶。。今年も素晴らしかった!気持ちがよかった。

踊り子として参加する側もスタッフとして参加する側もこんなに一つのことに一生懸命になれる事が、とても素敵!

皆それぞれ、日常の色々な事を抱えていても、祭りの時には心一つに「一心になれる」その姿は、魅力に満ちている。人の魅力がよさこいそのものの魅力だと思う。
必死さも、真剣に思う感情も、演舞の中で垣間みられる表情に象徴され、それがとても生きる力に満ちている。

これを知ったら、人は怖いもの無しではないかと思う。どこへ行っても自分らしく輝けるんではないでしょうか。
札幌に行く目的の一つは、そんなエネルギッシュな人たちが何万人も集まる中に一参加者として、その「渦の中央に立つ」事です。
小さな事に拘り、目先の事しか見えなくなるそんな普段の自分にきっと「活!」が入るでしょう。
とついつい、よさこい談義になると熱が入ってしまいます。

そんな私も、子どもの頃は人前で、声が出せない子でした。
人に言われて、それが克服できるものではない事もよく分かります。
でも気づくチャンスがあれば・・・、その時自分で克服したいと思うかどうか?
または、それよりももっと大事で好きと思う事を見つけられるか?

顔を上げて視野を広げたら、こんなに電波は飛んでいるよ!
キャッチキャッチ・・・!

と、そんな訳でチャンスは多く作りたくなる訳です。

2013横浜い~じゃん合同チーム
昨年は凄かったですね・・・特集番組まで組んでいただいたり、すすきの大関大賞までいただいて!!

でも、合同遠征自体が始めてでしたから、色々準備が大変!
参加する側にできるだけ負担のないように参加しやすい方法で取り組んでしました。でも、今回は昨年よりも挑戦的にいきましょう。

■募集は4/30まで、
申込フォ-ム▶️

■練習日は、5/25(日) 12:00~17:00 (説明会含む)
詳細▶️

■YOSAKOIソーラン2013 横浜い~じゃんSTV放送
https://www.youtube.com/watch?v=UhExZqNMhe0

そして、全体交流会の後に、毎年行なわれる関東参加チームの交流会、これがまた、すばらしいです。
蒼々たるチームさんの代表が集まり、飲み会が行なわれます。
今年は10チームの皆様が集まりました。お陰さまで楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

さあ、いろいろ、がんばるぞ~!
コメント

今だから笑える出来事(- -;)

2014-04-08 12:48:10 | Weblog
土曜日は、地元大倉山桜祭りでした。
微妙なお天気ではありましたが、日頃の「おこない」が良いせいか、みんなの笑顔で雲を蹴散らしてしまったように思います。
地元の皆さんで作られるお祭り!何て素敵なんでしょう~。
・・何となくアバウトなところも、わいわいとして臨機応変がまた素敵!
とても楽しかったな!
地元のお祭りで皆さんが喜んでくれて、盛り上げる事ができてよかったです。

さあ
いよいよっ・・・!
いろいろ・・・
がんばりどころ・・・です。


桜祭りの後、私は札幌のガイダンスに行ってきました。
札幌に参加するチームの意気込みやよさこい(YOSAKOI)に対する半端ない愛情を感じられるガイダンスです。
今年も横浜合同横浜い~じゃんチームで参加します。

到着するまで、色々ありまして・・・
どうしてこうなんでしょう?
上手くスンナリとという事がないんですよね,私。。

動流夢の出番が終わり、急いで着替えて13:30過ぎに車で羽田へ
15:30発には,充分間に合うなあ着いたらお昼食べようなんて考えながら・・・。

でも!羽田に着いたらパーキングに長蛇の列!
この時、出発まであと45分。
パーキングのおじさんは、「並んでもらうしかないけど、間に合わないかもね」って、

それはないでしょ・・・!!」

次のパーキングの方がすいているかも・・という事で行ったら、コチラも同じ状況。。。

「外に出るしかないよ、穴守稲荷とかのパーキングに止めて電車で来た方がいいよ」と言われて、、、、

仕方なく迷っている暇もなく・・・空港の外へ
・・・一番に目に入ったところに止めて、
タクシーで空港へ戻り・・・、チェックインしてターミナルへ。

時間は15:15
間に合いましたああああ・・・

でもね
飛行機の出発遅れてて、整備に時間がかかっているとか?15分遅れ!
ここで余裕あっても、嬉しくない。

変な事は続くと言いますけど、今度千歳空港からのJRに乗ったら、
またまた途中駅で何かあったらしく発車するか分からないなどと・・・車内放送で言ってる。
もうここまで来てるから、いいよいいよ。頑張って。
でも早くね、交流会遅刻だから。

結局30分ちょっとで札幌まで着くはずが、1時間かかりました。
でもバスだったら1時間だから,いい事にしましょう。

そんな出だしの札幌だったのでしたあ。

つづく


コメント