中部地方精子提供ボランティア【個人精子バンクnaoki】AB型

名古屋を中心に愛知県、三重県、岐阜県エリアで精子提供ボランティアを個人でしています。

パートナーがいる依頼者様へのお願い #80

2018年04月20日 | 問い合わせ
パートナーさんがいる依頼者様に問い合わせ前のお願いがあります。この願いは私への依頼じゃなくても検討してみたほうが良いかもしれません。

すべての提供方法について可能性を話し合ってみてください。シリンジ法、タイミング法、人工授精、体外受精それぞれの提供方法の可能性の可否をお二人で必ず確認して欲しいのです。提供方法によって肉体面・精神面・金銭面の負担の問題が出てきます。また、負担が掛かることでパートナーに相談しにくかったり、聞きづらい面があります。

例えばシリンジ法は容易ではありますが、依頼者の身体や年齢によっては時間が掛かったり妊娠に至ることが難しい場合があります。タイミング法は妊娠の確率が高まり金銭的に負担があまり掛かりませんが、依頼者・パートナー双方の考え方にズレがあるとトライ後に関係性が崩れる恐れがあります。人工授精・体外受精は妊娠の確率は高いですが、費用がかさみます。

これ以外にもそれぞれメリット・デメリットがあるので各提供方法についてお二人で話し合い、それぞれの提供方法の考え方を一度まとめてください。パートナーがいる依頼者にはタイミング法を提案することはありませんし勧めすることはありませんが、もし時間の余裕があまりないのに話し合わないのは選択肢を失うことになります。また、人工授精・体外受精を試したいのに金銭的負担が大きくパートナーに相談できていないとそれも選択肢を失うことになります。

お互い相談できてないことがあると時期を逃してしまい妊娠の可能性を失ってしまうことになるかもしれません。そのことでお二人にわだかまりができないようにするために、それぞれの提供方法の可否を話し合い納得したうえで依頼をすることがとても重要だと感じ始めました。

話し合った結果シリンジ法のみで依頼し、もし妊娠に至ることができない場合は諦めることも選択の一つだと思います。また、費用の負担が大きくても人工授精・体外受精を試してみるのも一つです。結論は様々です。

各提供方法について面会時にお伺いするようにしますので、この件に関してパートナーさんがいる依頼者様には各提供方法の可能性の可否を必ず話し合ってもらいたいです。話し合うことはお二人の考え方を確認し合う前向きな機会だと思っていただけると幸いです。

お問い合わせ方法はこちら

愛知県精子提供ボランティア
近藤直樹
ブログを最初から見るならこちら
『ベビー』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 依頼の受け入れ制限のご案内 #79 | トップ | 副業の成果が出始めました #81 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

問い合わせ」カテゴリの最新記事