中部地方精子提供ボランティア【個人精子バンクnaoki】AB型

名古屋を中心に愛知県、三重県、岐阜県エリアで精子提供ボランティアを個人でしています。

人工授精・体外受精の提供方法について #82

2018年05月08日 | 精子提供の流れ
人工授精・体外受精の依頼が数件ありましたので、提供方法と受け渡しについて案内します。

人工授精・体外受精は夫婦でなければ対応してくれる病院はほとんどないと言われています。シングルマザーや同性カップルだと基本的に断られると思います。旦那様がFTMで結婚されているれば戸籍上男性なので対応可能となります。ただ、第3者の精子提供による受け入れをしてくれる病院は多くはないので、予め病院に対応可能かどうか問い合わせるか旦那様の精子として提出することになります。

ご存じの方も多いと思いますが、旦那様に意思確認せず体外受精を行い出産したことによる裁判の判決がでました。この件で人工授精・体外受精を行っている病院は、対応がより慎重になっていくと思われます。今後は規制が厳しくなったり対応できる病院が少なくなる可能性があります。人工授精・体外受精を検討されている方は決断を早くされた方が良いかもしれません。

人工授精・体外受精の提供方法はシリンジ法と同じく、直前に採取したものをお渡しするだけとなります。お渡し後、病院へ直接持ち込みください。院内で採取する予定はございません。基本的に土曜日の提供をお願いしています。平日は早朝の対応になるので、採取や鮮度の問題があり責任を持てないため行っていません。その他質問があればご連絡ください。

お問い合わせ方法はこちら

愛知県精子提供ボランティア
近藤直樹
ブログを最初から見るならこちら
『ベビー』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 副業の成果が出始めました #81 | トップ | 精液の採取量について #83 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

精子提供の流れ」カテゴリの最新記事