柿元愛里(33)「わたしだって普通に生まれたかったんですよーーーー!」

 大阪府寝屋川市の民家で33歳の女性が亡くなっているのが見つかる事件があり、この女性が両親に長期間監禁されていたとみられることが25日、府警への取材で分かった。死因は凍死で、府警捜査1課は監禁が死亡につながった可能性もあるとみて、死体遺棄容疑で逮捕した両親から詳しい経緯を聴いている。
 死亡したのは同市秦町の柿元愛里さん(33)。23日に父親の会社員泰孝(55)、母親の由加里(53)両容疑者が寝屋川署に死体遺棄容疑で逮捕された。
 同課によると、愛里さんは2人の長女で、死因は低栄養などによる凍死と判明。2人は「長女には精神疾患があり、16、7歳から自宅の一室に監禁して療養していた」と供述している。
 目立った外傷はなかったが、体重は19キロしかなく衰弱していたとみられる。室内に2畳ほどのトイレ付きのプレハブ小屋を設け、外から二重扉で施錠。タンクからチューブを伸ばし水分を取らせるなどしていたという。
 18日朝、動かなくなっている愛里さんに気付いたが5日間放置し、23日になって同署へ届け出た。

どのような精神疾患なのかはわからないんですが、一般に一定以上の精神病の人の面倒を看るというのは普通の人には難しいんじゃないんでしょうか?
しかも自分の子供なので、自分より長生きするわけだし仕事や家事などで付きっ切りでの面倒見てられない状態です。
愛理さんは子供のころから精神疾患があったとすれば、中学校までは学校に行ってたとしても、そこからずっと監禁状態だったのかもしれません。
きっと、どうして私はこんなに苦しまなければならないのだろう?って考えてばかりいたんでしょうね。
この場合の精神疾患というのは自分でもわからない状態になってしまうのだと思うのです。
酒を大量に飲んで自分がわからなくなってしまってる状態に似てるんじゃないかと。

他にも周りの人がみな高学歴なのに自分は中卒並みの学力しか無くて、まわりから「お前はどうしてこんなこともわからないんだ!」って責められる。
これが周りの人は普通の高卒レベルで自分は、それと比べて明らかに劣る思考能力しかないのに、みんなから非難されてしまう・・・
そんな感じなのかもしれないなと思うのですよ。

そういうのは一般人との厚い壁がどうにも理解され辛く、結果的に孤立したり今回のような事件になってしまうのではないのかと思います。
基本的に健常者の人は精神異常者の人に歩み寄ることはありません。
必要が無いからです。
もし、面倒を見てくれるとしたら金銭関係があるばあいでしょうか。
なんとも厳しいことですが、それが精神病患者の人の置かれてる立場です。

愛理さんもずっと2畳のプレバブ小屋で自由もなく食べ物も満足に与えられず、風呂も入れてもらえなかったであろう起きて寝るだけの生活をしてるよりは亡くなった方が幸せだったのかもしれませんね。

このことは動物などにも言えます。
狭いカゴに入ったウサギや犬ネコ、鳥などが同じような環境で死ぬのを待つだけの人生を送ってることもあるかも。

そういう動物の立場になって考えてあげてください。
また、精神病の人は人一倍苦労して悩んでるということも頭の片隅に入れておいてください。
お願いいたします。

愛梨さんに思うことを書いたので、こちらも読んでいただけると嬉しいです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 愛車が値落ち... 望月理絵容疑... »


 
コメント
 
 
 
愛里ちゃん転校前の学校は? (中3いじめ不登校児の母)
2018-02-07 17:44:19
死人に口無しとはいえ情報が無さ過ぎ…転校前の学校の様子を知る人はいないのですか?親戚は?あの家は借り物だとしたら大家さんは?かなり怪しい作りなのに警察は何故怪しまなかったの?17・8年は長過ぎ…親も、愛里ちゃんと同じように、同じ状況で・同じ空間で・同じ年数同じ思いしてみろ。刑罰として容疑者には被害者とおなじ思いをして償ってほしい。
 
 
 
その通りです (こんだて)
2018-02-09 15:17:52
本当にそう思います。
自分がやられないとわからないでしょうか?

俺自身が、そちら側なので腹立たしいです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。