KONASUKEの部屋

笠間での日々と風景
出会った生き物
映画やテレビの感想など
時々政治

フジロアツバ♀20200814

2020年10月26日 | チョウ目
フジロアツバ。

下唇鬚が長く上向きなので、クルマアツバ亜科の仲間だと見当がつきます。

前翅頂付近外縁の紋は純白で明瞭。
これが薄く、青鉛色だとニセフジロアツバ。
シラナミクロアツバでは、普通、3つほどにばらける。

白斑付近の縁毛は白くて、ゾウやサイの爪みたい(笑)

触角が糸状で、頭も黄色くないので、♀だと思われます。

①下唇鬚は長く、上向き(クルマアツバ亜科の特徴)
②前翅頂付近、外縁の紋は純白で明瞭
(ニセフジロアツバでは薄く青鉛色、シラナミクロアツバでは普通3つ)
③触角は♂が単櫛歯状、♀は糸状
④♂は頭部が黄色
⑤内横線は不明瞭
⑥外横線は強い鋸歯状で、前翅では比較的不明瞭
(シラナミクロアツバではやや浅い鋸歯状)
⑦亜外横線は白い点状で縁取られる
⑧縁毛。白斑付近は白い
⑨前翅中央付近に小さい白斑
(シラナミクロアツバでは比較的大きく明瞭)

分類:チョウ目ヤガ科クルマアツバ亜科
翅を広げた長さ:26~35mm
前翅の長さ:15~17mm
分布:本州(関東以西)、四国、九州
   平地~丘陵
成虫の見られる時期:6~8月(年2化)
          幼虫で冬越し
エサ:成虫・・・クヌギ、コナラ、ヤナギ類などの樹液、腐った果実など
   幼虫・・・広葉樹の枯葉
その他:前翅の地色は暗褐色で、翅頂付近、外縁の紋が純白で明瞭。
    (ニセフジロアツバだと薄く青鉛色、シラナミクロアツバでは普通3つにばらける。)
    外横線は白色で鋸歯状で、前翅では比較的不明瞭。
    前翅中央付近に小さい白斑がある。
    (シラナミクロアツバでは、外横線の切れ込みがやや浅く、白斑はより大きく明瞭。)
    触角は♂が単櫛歯状、♀は糸状。
    ♂は頭部が黄色。
    広葉樹を中心とする樹林と林縁、公園、寺社境内などで見られる。
    夜行性で、灯火に飛来することも多い。
参考:ポケット図鑑日本の昆虫1400①(文一総合出版)
   List-MJ日本産蛾類総目録
   みんなで作る日本産蛾類図鑑V2
   かたつむりの自然観撮記
   虫ナビ
   渓舟の昆虫図鑑
   北茨城周辺の生き物

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴマケンモン20200814 | トップ | クロハナボタル20200814 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

チョウ目」カテゴリの最新記事