日々のつぶやき

言いたいことを言いたいだけ言うブログ。
詩っぽいものを載せてます。

1212

2017-12-12 03:36:51 | 日記

最近、自分がどうしたいのか分からなくて。
突き刺すような寒さのせいか、心の奥が冷たくて仕方がないんだ。

漠然と、ただ、自分自身と向き合うタイミングなんじゃないかと思っている。
人生の節目と呼ばれる時期に足を踏み入れたからなのか。
過去から現在。そして現状。
とてつもない後悔。そして不安。

生きている事が悲しくて仕方がない。
生かされている事が怖くて仕方がない。
そんな感情の渦に飲み込まれる日が増えている。

自分自身を許せる日なんて来るのだろうか。
私ほど、私が嫌いな人も居ないだろう。
私ほど、私を愛している奴もいないだろう。
私は私が一番、信用ならないと思っている。

そんな中でも、何をしなくとも。
呼吸は続き、心臓は止まってはくれない。
他人の脳から消え去る事も出来ないし。
こんなに技術が進歩しているのに未だ
過去に戻って生まれなかった事にする事も出来やしない。

鬱なのか?再発したのか?
いやいや、よく考えてみて。
病名なんてただの生きづらさや抱えた絶望感の代名詞でしかないだろう。

睡眠が3日に一度になったのは、小学5年の時だった。
初めて死を考えたのはその1年後で、更にまたその1年後に、自殺未遂を図って、自分が消えようとすれば人が悲しむと言うことを知ったんだっけ。

生きているってなんだか分からなくなってから
一体何年経ったのだろう。
自分を誤魔化し誤魔化し、人生を歩んできている。

それはとても面の皮の厚い、いつ死んだって構わない自殺志願者が何事もなかったかのように微笑みを堪えて暮らしている。
実に滑稽で、歪だと感じるのに。それが正解だと感じる自分もいるのが事実。

自分の本性を探すには、薄れていく過去から探してみるしかないのだろうか。
向き合うのは怖い。忘れたい事だらけの道。
己の足跡なのに振り向きたくない。

死ぬ事よりも怖い事が沢山あったの。
でもこのままふらりと死んでしまうかも知れないなら。
過去の自分を抱きしめておきたいなって。
思えるだけ、強くなったのかも知れない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1102 | トップ | 0121 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事