コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『トゥルー・グリット』 グッジョブ、コーエン兄弟!

2011年04月12日 | わくわくした映画

原題:TRUE GRIT(PG-12)
2010年・アメリカ(110分)
               
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
監督・脚色・製作:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演:ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、
   ヘイリー・スタインフェルド  ほか


鑑賞日:2011年4月1日 (新百合ヶ丘)

鑑賞前の期待度:★★★☆


「随分と、久しぶりに西部劇を観たな~!」という印象でした。

良い!
じつに良い!

さすが、コーエン兄弟!
やれば出来るじゃないか、分かりやすい映画を撮ること。
“コーエン兄弟の最高傑作”との声もあるけど、
やっぱり、S・スピルバーグが製作総指揮にかかわると、
老若男女、万人に受け入れられる映画になるんだね。
Good Job!

キャスティングもグッド!!
昨年度、
念願のアカデミー主演男優賞を受賞したジェフ・ブリッジスの良さは、
語るまでもありません。
一目瞭然。
じつに男くさい!! じつに渋い!

マット・デイモンも、スバラしい!
この人は、やすやすと役柄の垣根を越えて演じることが出来る俳優なんだなぁ~。
体重落としたり、髪の毛抜かなくたって、
揉み上げと口髭だけで、もうテキサス・レンジャーにしか見えないんだもの。
劇中、マット・デイモンが演じていることを
、すっかり忘れて見入ってました。
本当に素晴らしい。
(ちなみに5月には、
 フィリップ・K・ディック原案の『アジャストメント』が公開予定。
 今度は、自分の運命を操作されている若手政治家という役柄。
 どんなエンターテインメイトに仕上がっているのか楽しみ。)

そして、14歳の少女マティ役を演じたヘイリー・スタインフェルド
なんだろう?この堂々たる演じっぷりは!!
映画初主演だというのに、
ジェフやマットたち相手に、一歩も引けをとらない説得力ある演技。
長ゼリフだって、もう完璧!
すごい。
映画評論でも絶賛なのに、チラシには名前が大きく載ってないのが不思議。

 

それにしても、なぜ娯楽としての西部劇は製作されなくなったのか?
理由のひとつに、
時代とともにアメリカの価値観や歴史観が変り、
ネイティヴ・アメリカン(=インディアン)を、
かつてのようには描けなくなったこともあるのではないだろうか?

では、本作ではどう描かれたのか?
そこは、コーエン兄弟だけあって、上手い!!
偏見と道理の違いを明確にした上で、
たとえ相手が子供であっても情け容赦なく蹴り飛ばす。
その突き抜けた演出に笑ってしまいました。

文句なし。
“スクリーンで観る価値あり”の映画でした。


久しぶりの西部劇を堪能:★★★★★★★★★★
少女の一途さにハラハラ:★★★★★★★★★★★★★
本物の男の強さを知る:★★★★★★★★★★★★★★★★
真の勇気度:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

鑑賞後の総合評価:

                   


追記:
ネタバレにしたくないので、手短かに書きます。
名作『シェーン』(1953)を例にするまでもなく、
良い西部劇は、ラストの余韻
こそ命。

では、本作のラスト・シーンは、どうだったか。
ぼくは、
観客のイマジネーションを喚起する、
余韻溢れる見事なエンディングだと感じました。


『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 『ザ・ファイター』 シャー... | トップ | 『わたしを離さないで』 残... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい (まさみ)
2011-04-24 20:55:32
観たい観たい!
心がはやります。
マット・ディモンの口ひげと聞いただけで
ぞくっとします。

楽しみで仕方ありません。

MR.コナのこのエキサイティングな文章を読んで沢山の人がこの映画を観に
足を運ぶことでしょう。
素晴らしいです!


ありがとうございます (コナ)
2011-04-27 09:52:48
>まさみさん
いつも、コメントありがとうございます。

この作品は、ほんと面白かったですよ。
ぜひ、マット・デイモンの口ひげに痺れてください。(笑)
ヘイリー・スタインフェルドの飾らないまっすぐな演技にも注目ですよ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

わくわくした映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

監督ジョエル&イーサン・コーエン兄弟 「トゥルー・グリット」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
えぇ~~西部劇なんか観たのは何年ぶりだろうか? 確か学生時代にサム・ペキンパー監督の「ワイルド・バンチ」と「ビリー・ザ・キッド 21歳の生涯」の2本立てを文芸座で観て以来かも(^。^:) そんな私でもジョン・ウェインと言えば西部劇で有名な名優と言われてる...
トゥルー・グリット (だらだら無気力ブログ)
69年のジョン・ウェイン主演西部劇「勇気ある追跡」の原作ともなった チャールズ・ポーティスの同名小説を、「ファーゴ」「ノーカントリー」の コーエン兄弟が「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスを主演に 迎えて再映画化。 父を殺した犯人への復讐を誓い、2人...
「トゥルー・グリット」 見方を間違えた・・・ (はらやんの映画徒然草)
「バートン・フィンク」、「ノーカントリー」などの奇才コーエン兄弟の西部劇です。
トゥルー・グリット (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョン・ウェインがオスカーを受賞した「勇気ある追跡」のオリジナル原作を、「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエンが新たに映画化。父親を殺された少女が、二人の男 ...
トゥルー・グリット (as soon as)
劇中にも何度か出てくる真の勇気 正しいと信じるものを貫き行動する 死の谷を歩こうともわたしは恐れない この少女、マティの鉄の意志 これは、掲げる正義が正しいかどうかということよりも 正し...
■映画『トゥルー・グリット』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
でっぷりと膨らんだお腹をさらけ出し、いぎたなく眠りこけたりしてしまうジェフ・ブリッジスの演技がなんとも素晴らしい、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作『トゥルー・グリット』。 ジェフ・ブリッジス演じる酔いどれ保安官、コグバーンだけじゃなく、頑なで...
トゥルー・グリット (True Grit) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 主演 ジェフ・ブリッジス 2010年 アメリカ映画 110分 西部劇 採点★★★ 批評家やマニアの受けはすこぶる良いコーエン兄弟。何かしらの映画祭で話題になりますよねぇ。「映画祭向けに作ってんじゃないのか?」って思...