コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 ヤマトの諸君。また会えて光栄の至り。

2010年12月01日 | 派手だった映画

タイトル:SPACE BATTLESHIP ヤマト    (G)
2010年・日本(138分)
               
原作:西崎義展
監督:山崎貴
脚本:佐藤嗣麻子
音楽:佐藤直紀
出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、マイコ、西田敏行、高島礼子、
    堤真一、 橋爪功、池内博之、山崎努 ほか


鑑賞日:2010年12月1日 (川崎)

鑑賞前の期待度:★★☆


期待するつもりはなかったのに、「映画の日」だったので、
初日に行って来てしまいました。


最初に、お断りしておきます。
木村拓哉が古代進として適役かどうかは、抜きにします。
木村拓哉は何を演じても、キムタクになってしまうのですから。
だから、
キムタクがヤマトに乗り込んでいると思って、観ることにしました。
(結局、あの長髪が似合うのは、キムタクしか思いつかないし。)

それから、ストーリー展開の甘さにも、
ある程度目をつぶって観ることにしました。
そもそも地球からマゼラン星雲まで、
ガミラスと戦いながら行って帰ってくるという設定だけでも、
とても2時間程度でまとまる話ではないのですから。

以上の点に留意して観た感想は・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・、はっきり言って、

良かった! すっごく良く出来てた!!

制作に携わったスタッフの、「宇宙戦艦ヤマト」への愛が、
この作品『SPACE BATTLESHIP ヤマト 』にも、十二分に注ぎ込まれていました。

僕自身も、「宇宙戦艦ヤマト」を見て育った世代。
彼らが実写版の制作にかけた熱い思いを、スクリーンから感じ取ることができました。

波動エンジンの始動、ヤマトの発進、波動砲にワープ航法、
そしてガミラス艦隊との戦闘と、・・・迫力のVFXに感嘆。

主要キャラクター(ヤマト側もガミラス側も)の登場や、
名シーン、名セリフの再現は、
何十回と繰り返し見て、各シーンのセリフのタイミングや間まで覚えている身にとって、
ラスト1時間は、特に涙ものでした。

ネタバレで書きたくないので伏せておきますが、(本当は書きたいけど)
「ささきいさおさ~ん!」
「なるほど、そういうことにしたのか!」
「おっと、緒方賢一さ~ん!」
「ちゃんと出ているじゃないか!」
「い、伊武雅刀さ~~~ん!」
「そうか、そうか。なるほどね~。」
「うおおおおお、すげ~~~~!」
「おっと、スター・ウォーズへのオマージュか?!」
「のああああ!バージョン・アップだ~~~!!!」
「う、上田みゆきさ~ん!!」
「そうか!そうなってるんだ!!」
「なにもかもみな、懐かしい~~~~~!!!」
「うがが???
 デ、デ、デ、デス、デス、ラ~~~~~~~~がぁ!!!!」
と、それはもう驚愕と歓喜に打ち震えるアイディアが満載でした。

山崎監督、スタッフに大拍手!

キャスティングに関しては、
役の性別も変更されていたりするので判断が難しいところですが、
地球防衛軍司令長官・藤堂平九郎役の橋爪功さん、
徳川彦左衛門役の西田敏行さん、
古代守役の堤真一さんは、オリジナル・イメージを大事に演じていた印象です。
中でも、柳葉敏郎さんが演じた真田志郎は秀逸。
アニメで青野武さんが演じた真田をベースにして、
かなり思い入れを持って演じているのが、こちらにも伝わって来て嬉しくなりました。

木村拓哉演じる古代進は、やはりキムタクでしたが、
ラストの左目に浮かぶ血涙には、古代進の覚悟が現れていて、
胸に迫りました。


果たして、
“日本人が初めて世界に挑むSFエンターテインメント”として、
外国人に通じるのかどうかは判断しかねますが、
日本でもここまで作れる時代になったんだという意味で、
劇場で見て損はないと言えるSFエンターテインメントでした。


戦闘シーンの迫力度:★★★★★★★★★★★★★★★★
VFXの完成度:★★★★★★★★★★★★★★★★
かなり作りこんでる度:★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ギバちゃんグッジョブ度:★★★★★★★★★★★★★★★★
キムタクだからネ度:★★★★★★★★

鑑賞後の総合評価:


個人的には、80%の満足度。
それから、やはりヤマトには、宮川泰さんの曲あってこそでした。

                           

小ネタも沢山あり、
観終わったあと、いろいろと語らずにはいられない作品です。


コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 『かもめ食堂』 本日オープン! | トップ | 『ディセント』 『ディセン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (まさみ)
2010-12-04 09:42:06
「宇宙戦艦ヤマト」リアルタイムエイジなので
今回の実写はどうかな・・・と思っていました。
大好きなアニメで思い入れもあるし。
でも
この評価で決めました。

行って来ます(笑)
ぜひ、感想を。 (コナ)
2010-12-04 15:53:24
まさみさん、コメントどうもです。

「宇宙戦艦ヤマト」ファンにとって、100%満足できる作品だとは言いませんが、
ファンの気持ちも充分に汲み取った作りになっていたと、ぼくは思いました。

みんな、それぞれの視点で様々な感想を語っていますが、
まさみさんも、ぜひ正直な感想を聞かせてください。

賛否どちらでも、長文でも構いませんよ。(笑)
お待ちしてます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

派手だった映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」観に行ってきました。 言わずと知れた、キムタクこと木村拓哉主演による、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画版。 ちょうど映画の日の初日だったこともあってか、スクリーンは満席とは言わないまでも結構客で埋まっていました。 スト...
山崎貴監督 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
12月1日、映画の日。 尚且つレディースデーの水曜日。 普通の土曜日じゃなく、この日に公開って事は安い料金でも、やっぱ多くの人に観て貰いたいって思ってたのかな?(^m^)b 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイト⇒http://yamato-movie.net/index.html 【...
SPACE BATTLESHIP ヤマト (だらだら無気力ブログ)
1974年の放送以来、国民的アニメとして長きに渡り人気のあるテレビアニメ 『宇宙戦艦ヤマト』を実写映画化したSFアドベンチャー。 正体不明の地球外生命体によって地球が汚染され、人類滅亡の危機に陥った 地球を救うべく、わずかな希望を胸にはるか彼方のイスカンダ...
SPACE BATTLESHIP ヤマト (Akira's VOICE)
VFX映像と黒木メイサの森雪だけが見どころ。  
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 | 邦画史上最高レベルのVFX。いろいろな意味で必見 (23:30の雑記帳)
まずはよかったところから。 VFXは宣伝に偽りなしの素晴らしさです。 私がいちばん感動したのは、 波動砲を発射する直前のエネルギー充填で、 発射口に粒子が吸い込まれていく ...
SPACE BATTLESHIP ヤマト あ~あかんやん!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=54 -15-】 「ぜ~ったいに観ないっ!」って宣言しまくっていたのに、やはり怖いもの見たさで、ついつい観てしまった。 12月1日は映画の日、しかもどっちにしろ意味がないが水曜日はレディースディ、映画館に足を向けさせるには絶好の日で、まだ忘年会シーズ...
[映画『SPACE BATTLE SHIP ヤマト』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆<MOVIX昭島>に行くと、チケット売り場の女の子たちが、全員、「ヤマト」のユニフォームを着ていたので、かなり度肝を抜かれた^^;    ◇  「ヤマト」実写版が撮られると聞いて最初に起こった懸念などは全くない、映像技術的には海外SF作...
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』・・・波動砲発射シークエンス (SOARのパストラーレ♪)
第一艦橋や機関室の各クルーたちがコールしながら進んでいく波動砲の発射シークエンス。原作アニメ放映当時小学生だった私はとにかくヤマトが大好きで、特に波動砲の発射シーンには毎回胸を躍らせたものだ。古代や徳川が発する発射までの一連のセリフを真似てのヤマトごっ...
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきました (ネタバレなしだと思います) (国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ)
実写版『宇宙戦艦ヤマト』こと『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきた。 劇場は満員御礼、原作ファンとキムタクファンが多い感じで、男性同士、女性同士、男女ともおひとり様のお客さんが多かった。 原作ヤマトのTシャツを着て気合いたっぷりで臨んでいた若い男子もい...
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」わずかな希望の光の先にみた散った者たちの愛する想い (オールマイティにコメンテート)
12月1日公開の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を鑑賞した。 この映画は人気アニメ宇宙戦艦ヤマトを実写化した作品で 2199年地球は人類滅亡まで1年となっていた。 そんな中遥か ...
ヤマト・・・・・ 。地球か、何もかもみな懐かしい・・・・。ヤマトへの複雑な想い・・・・(再追記) (取手物語~取手より愛をこめて)
もろ、ヤマト世代の私。
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を惑わせる3つの「原作」 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  その惹句を目にしたとき、作り手の並々ならぬ想いを感じた。  それは、どこまでをヤマトと考えるのか、という大問題だ。  「必ず、生きて還る。」  それが、『SPACE BATTLE...
SPACE BATTLESHIP ヤマト (せるふぉん☆こだわりの日記 )
月末締めの真っ只中、12月1日公開という、わたしにとってはありえない過酷な日程で
「SPACE BATTLESHIPヤマト... (狂人ブログ ~旅立ち~)
 第1次アニメブームの火付け役となったSFアニメの金字塔を、「ALWAYS」の山崎貴監督・VFX、木村拓哉主演で実写映画化。  今なお多くの根強いファンを持つ作品だけに...
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ヤマト、発進!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[宇宙戦艦ヤマト] ブログ村キーワード  プロジェクトの始動が発表されて以来、様々な方面で賛否の物議を醸してきた、あの名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の“キムタク版”…もとい、“実写版”映画が遂に完成、そして公開!「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝)。アニメ版「...
SPACE BATTLESHIP ヤマト と ぷぁイオリズム (ハクナマタタ)
ヤマト予告を劇場でみて→「ヤマト実写版の予告が案外イケてた件 」 そう わたしは敬礼をみにきた 以下、観賞中の「ぷさんゲージ」のアップダウンをご覧ください その前に登場人物 GO引にMY CAPTAIN 沖田にが虫 君はキムのま...
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 (FREE TIME)
先日、話題の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を鑑賞。
SPACE BATTLESHIP ヤマト (★YUKAの気ままな有閑日記★)
あまり観る気もなかったんだけど、家の息子の一人が黒木メイサの大ファンで(笑)、、、「メイサメイサ」と五月蠅いものだから連れて行ってやることに―【story】2194年、外宇宙に突如として現れたガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。5年後、地...
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」□監督 山崎貴 □脚本 佐藤嗣麻子□原作 西崎義展 □キャスト 木村拓哉、黒木メイサ、山崎 努、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、       西田敏行、高島礼子、マイコ、橋爪 功...
SPACE BATTLESHIP ヤマト (C'est joli~ここちいい毎日を~)
SPACE BATTLESHIP ヤマト’10:日本◆監督:山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ◆出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、 橋爪功、池内博之、 ...
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 ファンとして堪能させていただきました (はらやんの映画徒然草)
昨年末よりずっと完成を待ちわびていた「ヤマト」の実写版、ようやく観てきました。
SPACE BATTLESHIP ヤマト (単館系)
宇宙戦艦ヤマトの実写版 ある意味40代、50代の人で宇宙戦艦ヤマトを知らない人は いないと思う。 とはいえ、自分は幼い頃見たような気がするんだけど あまり覚えていない。 確か海用の戦艦を宇宙か...
SPACE BATTLESHIP ヤマト (人にやさしく自分にもやさしく)
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 年末年始は実家(山形)で過ごさせていただきました。1月7日が仕事初めでありましたが、正月ボケに足を引っ張られたり、年末から持ち越した仕事に尻を叩かれたりしてヨロヨロしながら、今日10日になってようやく...