津軽三味線 小森高正 民進党 熱海 市議会議員 ブログ

津軽三味線プロ奏者が市議会議員に当選 !今日も明日も全力投球!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

政調会の事前勉強会

2013-08-30 04:03:10 | 政治
熱海市議会の民主党・市民クラブ会派にて午後1時より9月定例会に向けた政調会前の勉強会がありました。

この9月定例会には決算委員会も開会される予定となっており、30日にある政調会は朝9時から夕方まで、ビッシリ~タップリと実施される私の予測から、事前の勉強会となりました。

この勉強会もタップリと時間をかけ、勉強をしております!
1に勉強~2に勉強~ 3、4も勉強~5に勉強~ の民主党・市民クラブです!

コメント

カスカイ市の皆さんへ!

2013-08-30 03:40:41 | 政治
熱海市と友好都市であるポルトガルのカスカイ市から留学生など6名の皆さんが、熱海市へ滞在しておりました。

このことを知った私の仲人でもある、熱海楠木細工の伝承者でもある『内野正男』氏から、私のもとへ連絡が入り、カスカイ市からお越しの方々へ熱海市の伝統工芸である熱海楠木細工の工法で手作りされた楠木の2種類のストラップを私に託されましたので、担当者の職員さんに預けて参りました。
ウサギやネコの動物を型どったものと、この度世界文化遺産に登録された富士山を型どったものをカスカイ市の方々に市長を通じ、熱海滞在最後の夜となった日のお別れ会に贈呈して頂きました。

熱海唯一の伝統工芸である熱海楠木細工をこれからも是非守っていき、伝承されることを私も心から願っております!

このストラップを熱海市の滞在の記念や思い出の1ページとなれば幸いであります。

内野正男氏は熱海屋台囃子保存をしている熱海笛伶会の創始者であり、私の横笛の師であり、師弟にて伊豆毎日新聞社から市民文化賞を受賞しております!

内野さんお心遣い誠にありがとうございました!

カスカイ市の皆さんお疲れ様でした!
コメント

8月第3回目の西湘地区火曜稽古へ

2013-08-29 16:03:00 | 日記 津軽三味線
網代多賀ロータリークラブの例会後は、津軽三味線小森会の西湘地区火曜教室へ向かいました。

青森民謡のコンクールを終え、出場した門下生や応援に行ってくれた門下生と顔を合わせ、お互いに健闘を讃えると共に、お疲れ様の挨拶を交わしました。

コンクールが終わると、次は来月のイベントと発表会が迫っており、まったく気の抜けない日々に私も少し疲労が蓄積していますが、師匠として門下生やファンの皆さんに弱音は吐けませんので、元気いっぱいに指導をさせて頂きました。

また、門下生の身内が他界された報告が二件あり、謹んでお悔やみを申し上げます。

この日の指導曲は、津軽じょんから新旧節、津軽じょんから新節、津軽たんと節、津軽三下り、津軽よされ節、本荘追分、津軽あいや節陽律です。

津軽三味線小森会西湘地区火曜教室では生徒を募集しております!

お問い合わせ先は、090.8139.1413 小森まで!
コメント

網代多賀ロータリークラブ8月最終例会

2013-08-29 15:51:53 | 日記
熱海市役所にて2つの会議を終えると、次は私が所属する網代多賀ロータリークラブの8月最終例会に出席致しました。
8月は殆どの例会が移動例会となっておりましたが、今回はいつもの例会場所である『中華やまとや』さんにて開会されました。

議題は9月日程と地元の多賀・網代の各小学校にて実施した古代米のバケツ栽培の稲刈り作業日の日程について話し合われ、昨年同様に10月の中旬頃に予定し、学校側と日程を調整することになりました。

午後2時に終了し、この後は西湘地区の稽古に出向きます。
コメント

耐震改修促進法の現況説明会

2013-08-29 15:37:45 | 政治
耐震改修促進法の改定に伴い熱海市内の対象となる建物についての現況説明が田邊副市長や担当する当局側より実施され、出席を致しました。

対象となるのは5000平米以上の建物や緊急輸送道路に側した建物も追加で対象となるようで、5000平米以上の建物は熱海市内で24軒あり、その内18軒とは既にヒアリングが終了し、残りは6軒となっているようです。

この問題は大震災を受け、緊急的な処置だと思われますが、要点を掻い摘まんで言うと、多くの方々が集うホテルやマンション、病院、学校などの耐震診断を実施し、耐震性に問題がある危険な建物は耐震工事を完了しなければ、ペナルティーを与えるとなっており、民間の宿泊施設などは耐震診断や、そのための図面作成、そして耐震工事費用を捻出しなければならなず、熱海温泉から宿泊施設が更に廃業に追い込まれてしまう可能性があると感じました。

国、県、市からの補助金があるとは言え、民間業者にも限界があり、安全性を確保するには多額の費用が見込まれます。
行政側にも補助金の限度もあり、難しい問題が突如湧き上がってしまったと思います!
コメント