津軽三味線 小森高正 民進党 熱海 市議会議員 ブログ

津軽三味線プロ奏者が市議会議員に当選 !今日も明日も全力投球!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コンクリート蓋からグレーチングへ完了

2011-11-30 21:29:46 | 政治
以前から住民の方々から要望がありました側溝のコンクリート蓋もグレーチングとなりました。以前よりコンクリート蓋が重たく、清掃時に大変不便だったので 私に連絡が来ました。

建設課の職員さんと立ち会いのもと、改善をして頂き、担当者の職員さんには感謝申し上げます。

これからも現場第一主義の活動をして参ります!

建設課の皆さん、ありがとうございました!
コメント

伊豆大島町議会議員との懇談会

2011-11-30 06:18:20 | 政治
午前10時からの総務福祉教育委員会、午後1時からの庁舎建設等特別委員会を終え、午後3時からは伊豆大島の大島町議会議員の皆さんが熱海市に来られ、熱海市役所会議室にて熱海市議会議員と大島町議会議員の皆さんと議員懇談会を開きました。

これまでにも両市町の議員間にて懇談会などの交流を通し、隣同士でありながら、議員間の交流が今まではかられなかったのが不思議だと思っていました。

私が以前、広域行政の委員だった時、当時の当局担当者に伊豆大島町と広域行政の協議会を結ぶべきだと要望をしてきた経緯がありましたが、その考えは今は無いとの答えでした。

しかし、どちらも観光が伸び悩んでおり、防災や観光、医療文化などの連携をはかることも重要なことだと思います。

私の夢は大島町と合併をし、(伊豆諸島)東京都に編入し東京都熱海市大島町と
なることは両市町の発展につながるのではないかと思います。

そんな夢を描くのもたまには良いもんですが…

大島町の方々は熱海市に宿泊されるようです。

歓迎!伊豆大島ご一行様
コメント

庁舎建設等特別委員会

2011-11-30 05:11:26 | 政治
午前中からの総務福祉教育委員会を終え、午後1時からは私が副委員長を拝命する庁舎建設等特別委員会が開かれました。

文化会館耐震化の工事により5千万円の補正には正直、大変驚いております。

当初、5百万円と勘違いした程で、改めて補正予算書を見直すと大きな金額だと思います。

市民からの声には議場や議員控室の移転先なので、議員があれこれと贅沢な追加注文をつけたので5千万円の補正となったのでは?と事実と違うことを問われたことがあります。

その辺りを踏まえ、当局には、内装費の5千万円の補正には 議場や議員控室などの部分に対する補正分の内訳資料を求めました。

政調会でも感じたことは、入札時に安く落札し、後から追加金額を出してくるようなことが常識になったら大変なことになると…

多少の誤差などは有りうると思いますが 今後は神経質に見積りを出して頂きたいと思います。

コメント

総務福祉教育委員会

2011-11-30 04:55:45 | 政治
平成23年12月定例会に向けた総務福祉教育委員会が午前10時より、熱海市役所の会議室にて開かれました。

平成23年度熱海市一般会計補正予算(第5号)の中から市民の皆さんが関心事になっているものとしては、大規模地震対策等総合支援事業費補助金があり、補正の60万円は電柱等への海抜表示板の設置費用で津波対策の一環であり、市内60箇所分であります。

また、東日本大震災にて多くの消防団員の方々が犠牲となり、この死傷者の方々に対する共済費を今回に限り負担するもので1千25万4千円です。

小学校の管理経費として182万7千円中学校の管理経費は272万9千円となっており、これは先般の台風による学校の修繕費であります。

自治振興費として141万4千円は集会所(公民館)の修繕費の補助金であります。

私から当局への質問は市内の小学校、中学校では未だに雨漏りをしたままの校舎もあり、早期の改善が求められております。

子育て支援の観点からも、子ども達のために予算を使うことは当然だと思うので、市長と教育長には要望をさせて頂きました。

また公民館などの修繕費補助金でありますが、宝くじの自治コミュニティー基金を受けた町内会などはダブルで補助金などを受けられないなど、全ての町内会に公平に修繕費などが行き渡るようにするべきと要望させて頂きました。

また、津波対策である海抜表示板の設置場所は当局だけで決定せず、該当する地域の住民の方々の意見も尊重するべきだと要望させて頂きました。

今定例会に向け、しっかりと審議したいと思います。
コメント

民主党、国政、県政、市政報告会

2011-11-29 14:52:02 | 政治
民主党熱海支部の総会を終え、総会と同じ、熱海市いきいきプラザ7階多目的ホールにて、民主党熱海支部主催による、国政、県政、市政合同報告会が開催されました。

現在、私は民主党熱海支部の相談役を拝命しておりますが、市議会議員として市政報告をさせて頂きました。

まず、公務多忙の中、渡辺防衛副大臣にお越し頂き、国政報告を、次に橋本県議から県政報告がありました。

最後に金森、小森、鎌田各議員から市政報告となり、私は防災の観点から、全く迂回路が無い区間が国道135号線に二ヶ所存在している現状を説明させて頂きました。

このことは議会でも私は取り上げさせて頂き、防災の観点からも、生活、観光の観点からも、出来るだけ早急に対策をするべきと強く求めております。

問題の2区間は、長浜の伊豆多賀駅へ登る所から熱海高校へ登る所までの区間、そして中野ガストから南熱海支所付近までの区間であります。

この区間では市内地に迂回路が全く無いため、交通事故やその他の災害、道路工事などにて通行止になると大渋滞となり、人命救助や消火活動、犯罪捜査のための緊急車両も阻害されてしまいます。

また、日々の生活道路としての熱海市唯一の国道であり、物流や産業にも大きく関わり、東の伊豆の玄関である観光にとっても大変重要性の高い国道であると、私は認識しており、地域住民の皆さんとも何度も、この問題について話し合い、重要性を再確認しております。

6月には長浜地区にて松並木の老木が突然倒れ、一人の犠牲者も出なかったことは不幸中の幸いでしたが、三時間余りの通行止には、地域住民を始め、通行する市内外の方々に多大な迷惑をかけてしまい、伊豆へ訪れた観光客の方々にも不快な思いをさせてしまいました。

この2区間は小、中、高校生達、所謂子ども達の通学路にもなっており、通行止となると登下校にも支障が出てしまい、この問題は熱海市と静岡県が真剣に早期の対策をする必要があると思います。

以上を短い時間ではありましたが市政報告とさせて頂きました。

質疑応答では、私から熱海高校の通学路問題と図書館の賃借問題についてお答え致しました。

熱海高校の通学路問題は長年の懸案であり、県下で最も劣悪な通学路コースを生徒達のために、改善したいと思います。

ご多忙の中、ご来場下さいました皆様と準備をして頂いた熱海支部の皆様には心より、御礼申し上げます。

ありがとうございました! 小森高正
コメント