津軽三味線 小森高正 民進党 熱海 市議会議員 ブログ

津軽三味線プロ奏者が市議会議員に当選 !今日も明日も全力投球!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成29年熱海市議会9月定例会最終日。

2017-09-27 21:00:39 | 政治
熱海市議会の9月定例会も最終日を迎えました。

初日は現議長から議長、副議長への感謝状が贈呈され私も副議長を退任し、感謝状を戴いたことに対し御礼のご挨拶をさせて頂きました。

2日目に約1年ぶりの質問登壇をさせて頂き、災害後の熱海市の被災者、避難者への対応について質問をさせて頂きました。

遺体安置所については、仮にどこかの体育館を遺体安置所とした場合には、その体育館には避難者の生活場所を他の場所へ移動しなくてはなりません。

残念ながら御遺体は災害発生後に検死や身元確認が終了後に熱海市の想定死者数の約1900人は時間差にて安置所に運ばれますので、仮に1900人分の遺体安置所は本当に屋内に全て安置できるのでしょうか?

また体育館が遺体安置所となると避難者は体育館以外の教室などに分散して生活をしなければならないと思います。

しかしながら、現在熱海市の各種避難訓練や防災訓練では教室に分散した訓練などは実施していません。

私はできるだけ実際上に近く想定された訓練をするべきだと思い、遺体安置所となる体育館での生活訓練は意味が無くなってしまうと思ったからです。

教室を避難生活の場所にする場合、机や椅子は寝床として使用できるのか?、家族単位で生活するのか?、男女別か、年齢別、地域別か?などなどを予め想定される対象者の地域市民や自主防災会などと学校にて実際に現場を見ながら協議をするべきと思います。

その他ペットとの同行避難についても熱海市は何も前へは進んでいないように思えてなりません。

このペットとの避難所での共同生活についても議会で更に問題提起をしたいと思います。

伊豆多賀駅のバリアフリー問題は利用者のためにもホームへのスロープを設置をすれば約2千万円もかかるエレベーターを2基設置しなくても済みますので、引き続きJR側と粘り強く交渉を重ねて頂きたいと思います。

議案に対する採決ではすべてが可決されました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平成29年第3回目の熱海稽... | トップ | 平成29年9月第3回目の西... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事