津軽三味線 小森高正 民進党 熱海 市議会議員 ブログ

津軽三味線プロ奏者が市議会議員に当選 !今日も明日も全力投球!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旭町太鼓練習と笛の指導

2012-07-13 03:25:35 | 日記
熱海高校での模擬面接官役を終え、午後7時からは旭町の太鼓の練習に息子と出向きました。

息子は東町の山車に乗りますが、ビデオカメラを持参して私と岡ひろみの笛を吹くのを録画していました。

私が息子に常々教えていることは小田原囃子の笛の吹き方を完全にマスターすること、音に対して絶対に妥協してはならないこと、笛吹は冷静沈着でいることなどを伝えています。

私もまだまだ修業中ですが、死ぬまでに一度でいいから完璧な笛を吹き、神憑り的に笛を究めたいと思っています。

旭町の子ども達も日増しに上達しています。

今年は祭典日が日曜日と祝祭日に当たりますので多くの観覧客が、こがし祭りを見物致しますので、子ども達も熱海の伝統文化の祭り囃子を楽しく真剣に奏でてもらいたいと思います!

練習もあと少しですので、チームワークを大切に頑張ろう!
コメント

熱海高校・模擬面接官役

2012-07-13 03:15:14 | 日記
夏の交通安全週間県民運動を終えると、熱海高校での模擬面接官役を致しました。

これは、熱海高校3年生の就職を希望する生徒を対象に行われ、熱海高校PTAから代表して会長の私も面接官役になり、対象する生徒に質問を投げ掛け、挨拶や身だしなみなどを審査チェック致しました。

本番さながらの面接で、生徒も大変緊張して、お辞儀を忘れてしまったり、私の質問に答えられなかったり、しどろもどろになってしまったりと可哀想になりましたが、社会では学校卒業者の就職難が続いており、進学より就職の方が難しくなっているようです。

印象的だったのは、どうして就職を希望したのかと理由を聞くと、ほとんどの生徒が家庭の経済的理由ですと答えました… 担任の先生に生徒の成績を尋ねると、大学に行ける成績ですと教えて下さいました。

大学へ行きたい生徒達が家庭の経済的な理由で勉強が出来ないことは、非常に残念で仕方ありません!

あらゆる奨学金制度を利用し、大学などへ行って頂きたいと思いました。

このような状況が実際に全国的な問題になっており、家庭の経済的理由で勉強したい者が勉強出来ないのは絶対におかしく、これこそ国が全面的な支援をするべきではないのか!と思います!

才能がある優秀なヤル気ある若者を国が支援し、未来の日本を背負って行く人材を育てるのが真の教育ではないのか!と思えてなりません。

また、面接時に私から「今一番気になるニュースは?」と尋ねると… 「民主党が消費税を上げ、マニフェストを平気で破り、国民を騙し、仲間割れをしたことです。」と面接官の私に答えてくれました。

この生徒はしっかりニュースや新聞を読み、社会勉強をしているなと感心致しました。

全体的には声が小さいのが気になりますが熱海高校の生徒が全員就職できるよう保護者のひとりとして応援したいと思います!
コメント