こもれびの日記

日々の暮らしをつづります。コモちゃんは夫です。コメントは管理人の判断で削除する場合があります。ご了承下さい。

カフェにがり衛門でオリーブ車エビを食べる@香川県

2018-11-27 | 食べ歩き(県内ランチ+夕食+おやつ)
塩田忠左衛門さんの仁尾興産はにがりも作ってるけど塩田跡地で早くから車エビの養殖もしていました。
以前にがりも車エビも頂いたことがありました。

昨日はそこへ行ってみました。父母ヶ浜から車で5分くらい。仁尾町。

入ってすぐ右側に事務所をリノベーションしたカフェがあります。

おおっ、塩田忠左衛門さんの銅像がある! 昭和10年から20年まで仁尾町長でした。初代町長は大正時代、新家の塩田正太郎さんです。


奥に工場があります。にがり生産日本一!

カフェ用駐車場は最近作られたのね。


古い事務所と思えない~
   

食事はこれだけです。  カフェメニューはこちら。
  
もちろんランチに。車エビは追加できるのでコモちゃんは1匹追加。蓋のあるガラスの容器に入ってるのは正解ね。ふたを開けたら飛び出しましたもん。

1匹は皮をむいて生で。メチャおいしい~
  
剥き方の写真。


冷ややっこには玉ねぎスライスが乗ってて、ロースト車エビやバジルのフレーバーオイルをかけて食べます。イタリアンになる~。あと、きんぴらごぼうもついてます。

お鍋を火にかけて~      もう一匹のエビを投入。
  

楽しいセルフ鍋料理。

最後にご飯を入れて卵も入れておじやに。

満腹です。ついてるみたらしとうふ白玉もおいしかった~
テレビにも出たのね。


塩やフレーバーオイルやいろいろ売ってるのでちょっと買ってみました。
  

外の車エビが気になります。コモちゃんが買うというので・・・お店の方がすくってくれますが、飛び出して大変です。
  
200g買いました。

保冷材無くて大丈夫です。生きてるので車の中で時折ごそごそいってました。



塩焼きにして冷凍しておいてお正月に。
    





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 三角寺→父母ヶ浜(ちちぶがは... | トップ | ベトナムフレンチをカサブラ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
腰が曲がるまで (和三郎)
2018-11-28 13:11:36
串は尻尾の付根から口の辺りに向かって打った方が、打ちやすい
焼くよりも煮ておいた方が冷凍しやすいと思います
焼くと、冷凍庫の中ですれたり解凍時にすれたりして
足が折れる
お節では、腰が曲がるまでという縁起ものなので
串を打たない方がいいと思います
料理屋では、曲がった状態に数匹ずつ串を打って煮ます
Unknown (こもれび)
2018-11-29 19:01:13
和三郎さん、いつもプロのアドバイスありがとうございます。
なるほど!と、後から思いました〜。
お正月までに食べてしまいそうですが・・・

コメントを投稿

食べ歩き(県内ランチ+夕食+おやつ)」カテゴリの最新記事