こもれびの日記

日々の暮らしをつづります。コモちゃんは夫です。コメントは管理人の判断で削除する場合があります。ご了承下さい。

男木島の瀬戸芸は坂道多し@高松

2019-10-12 | 高松ぶらり

12日は台風の余波を受けそうだったので11日に男木島へ行ってきました。

高松のフェリー乗り場にはたくさんのボランティアガイドがいて迷うことなく切符を買って乗れました。

男木島は女木島経由で、高松から8時、10時、12時・・・・と小さいフェリーめおん号が出てます。

屋島、五剣山、小豆島。瀬戸芸って若い人や外国の人が多いねえ~~5分くらい前に乗ったら座るところはいっぱいで、もたれている手すりもほぼいっぱい。

8時に乗って8時20分には女木島、40分に男木島に着きます。アート作品のog2「タコツボル」がもう見えてます。

 

0g01「男木島の魂」 トイレや案内所があります。

 

順番に見て行きましょ。島って猫が多いのかな。

og03「生成するウォールドローイング・日本家屋のために」

鶴に見えたわ~

2階はこれ、途中なのかな?

 

標示がしっかりあるので迷いません。

 

島では荷物を運ぶのにオンバと呼ばれるこんな手押し車が使われています。

 

これがアートになったりしてます。壁面もアート。ここは民家なので立ち入り禁止。

 

壁面アートのカフェ。昔は無かったカフェ。瀬戸芸のおかげね。

 

ここもカフェ。。

 

og07「宇宙華・舞・環」by川島猛とドリームフレンズ。9時半オープンなのでは入れない。

 

坂道と壁面アート。

 

突然暗黒の世界が出現!家も木も真っ黒け。木などは焼いて、家は塗ったのかなあ。周囲の緑との対比がすごい。生と死?

og09「未知の作品2019」でした。

ここもまだ時間になってなくて入れません。

 

先へ行きます。女木島や高松の山が見えてます。

 

og10「波打ち際にて」 

土日などは並ぶんでしょうね。今日はどこも並びませんでした。

 

花は磁器製。はかなげです。波に見えるねえ~~

 

og11「Trieb-家」の家も朽ち果てる寸前。

どーっという音にびっくり。家の中に滝?ショッキングな展開。

 

og12「自転ー公転」  どこも靴を脱がないといけなくて、・・・簡単な靴を履いて行けばよかったわ。

回ってます~

これも回ってます。

 

結構な坂道で、お天気も良くなって汗びっしょり。

 

og13「記憶のボトル」の会場は蔵だったのでしょうね。

これが一番面白かった気がする。面白いって・・・・だってアートってアトラクションみたいでしょう?

 

og14「漆の家」は漆芸家大谷早人さんの実家です。漆製品も売ってます。なのでここは無料。

 

この向かいに大岩オスカールの作品「部屋の中の部屋」があったらしいけど見過ごしてしまった。

 

豊玉姫神社に寄ってみた。安産の神様です。

亡くなった同級生M君の描いた絵がここからの絵でした。いい景色です。

 

17番に行こうとして下っていく。島のセトゲイは景色が素晴らしい。

17番は学校で、この日はクローズでした。

 

港に戻ると「男木島の魂」の表情が違って見えました。

 

11時のめおん号で帰りました。途中の女木島のカモメ(アート)。讃岐のぽこぽこ里山が近い~

 

高松港に着いたのは11時40分。歩いて丸亀町商店街のアインシュタインのグァルネリに。

ローストビーフを頂きました。柔らかくておいしかった~~たれもみそ味で、合うのねえ。

ドリンクはビールとあるけどノンアルです。食事に合うドリンクです。

チキンとトマトの煮込み。優しい味です。おいしい。

フランスパンとオリーブオイル。上手に焼いてます。

豚肉と野菜のハーブ煮込み。レモンも一緒に煮込んでさわやかです。

鯛のカルパッチョ。やはりここはどの料理もハーブなど香りを上手に使ってます。塩加減も絶妙においしいです。

コーヒーはモカ。マダムお手製のパウンドケーキもおいしかったです。ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 中土佐町久礼の温泉宿 黒潮... | トップ | 岩本寺門前は魅力的スイーツ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高松ぶらり」カテゴリの最新記事