こもれび徒然日記

カフェめぐりとインテリア

母の手作り和食

2013-10-31 | うちごはん

母がおかずを作って、持ってきてくれました。

私や夫が好きなメニューばかり。

しじみの味噌汁  カレイの煮つけ  出汁巻き玉子  きゅうりとタコの酢の物

これに、あとグリーンサラダを作って、いただきました。

かれいは脂がのっていて、美味しかったです。

夫もとっても喜んでいました。

お母さん、ありがとう♪

 

翌日のお弁当は、

お母さんが作ってくれたものを詰めただけ。

あっ、私が朝作ったものも一つあります。

「レンコンの梅肉あえ」は、ケンタロウさんのレシピ本から拝借してみました。

レンコンって、ゴマ油で揚げ焼きすると、かりっと香ばしいですね。

お砂糖も少しふったので、甘酸っぱくてお弁当のアクセントになると思います。

 

コメント

「秘密」 東野圭吾

2013-10-30 | 本の感想

ネットで「おすすめの小説」を検索して見つけた本です。

早速図書館で予約をして、読んでみました。

東野圭吾さんといえば、ミステリーという印象ですが、

この本はミステリーの分類には入らないのではないかな?と思います。

では、どのジャンルかと問われても答えるのが難しい、不思議な感じの本です。

さすが、東野圭吾さん、文体にクセや無駄がなく読みやすい。

さらさら~とページをめくり、あっというまに読み終えました。

妻と娘が事故に遭い、妻は死亡。娘は奇跡的に生還。

しかし、娘の意識は妻のものに代わっていた・・・というあらすじです。

何が『秘密』だったのか、は最後を読んで納得。

夫婦のあり方を、今まで考えたこともない視点から見直す機会になりました。

私はすきな本だなあ。

また、読んでみたい本に出会えました(#^.^#)

 

コメント (2)

静岡市葵区鷹匠「un doex」

2013-10-29 | 静岡のおいしいお店

静岡市の代官山的な存在、鷹匠町の大好きなお店。

ランチを楽しむときは、そのとき食べたいものだけでなく、

お店の雰囲気も大切に思っています。

こちらのお店は、フランスの小料理店といったかわいらしい内装です。

お味は本格的なのに、

ほっこりと家庭的な感じで、おしゃべりもすすみます。

(夫と行くと、そんなにはずみませんが(@_@;)

まずは、ゴボウのポタージュと、サラダ。

ごぼうってアクが強い野菜ですが、そのアクがいい意味でアクセントになっています。

少し冷えてくる秋には、あったかいスープがいただけると嬉しい♪

私は、デミグラスハンバーグ。

ストウブの平らなプレートでおしゃれに、あつあつで提供されます。

ハンバーグは、レバーが入っているのかな、脂っこくなく

コクがあるのにさっぱり。

いっしょに出てきたライ麦パンがほんと~に美味しくって、

ハンバーグによく合いました。

てっきりどちらかのパン屋さんのものかと思って聞いてみると、

自家製なのだそう。

お店でこんなに美味しいパンが焼けるなんて、と感動しました。

夫は、中にチーズが入った「何か」を注文。

何だっけかなあ、『食』に関しては驚異的に記憶力がいい私なのに、

何のお肉だったか思い出せない。。

一口もらったら、美味しかったです。

(もらったくせに覚えていない・・・)

+300円くらいでデザートセットにもできるのですが、

この日は、キャトルエピスの栗のタルトがどうしても食べたくって、

デザートは頼みませんでした。

鷹匠町は、ちょっと散歩するだけでもかわいいお店ばかりで、

るんるんします☆

 

コメント

うち焼肉

2013-10-21 | うちごはん

昨日はおうちで焼肉会を開きました。

スーパーで買ってきた、スパークリングの白。

きりっとした辛口で美味しかった!これはリピートしたい!

キリコのワイングラスは、職場の先輩に結婚祝いにいただいたもの。

あまり話したことのない先輩だったのですが、

心をこめて選んでくださったことが嬉しくて、このワイングラスを出すたびに

お顔を思い出して感謝しています。

私も相手の喜んでくれるこういう贈りものをしていきたいな。

夫がアサリとキャベツのぺペロンチーノを作ってくれました。

きざんだアンチョビが入っていて、味わいが豊かです。

メインは、お肉やさんで買ってきたカルビ肉。

友達の二次会のゲームで勝ち取ったミニホットプレートで、

じゅーじゅー焼いていただきました。

お肉はパワーがつきますね。

疲れがふっとびました~!

コメント

女子会♪

2013-10-21 | 今日のできごと

三連休には、同期の友達と集まって女子会を開きました。

ついこの間まで、お互い新人!って感じで悩み相談をしていたのに、

近年は責任のある仕事を任され、中堅の貫録が出てきました。

20代のころは、北海道や伊勢に旅行に行ったり、しょっちゅう飲みに行っていたのに、

もう赤ちゃんを抱えている子もいて、なかなかお出かけはできません。

それぞれの人生があって、集まって話を聞くのが楽しみです。

今回は、友達のおうちを使わせてもらってランチ会です。

(いつも旦那さんに外で時間をつぶしてもらっていて申し訳ない・・)

↑私はデザート担当だったので、清水区の「シェヒロ」に寄って、シュークリームを。

店内もハロウィン仕様になっていて可愛かった!

食卓には、友達が作ってくれたパンや、スーパーのお惣菜を並べて。

ぺちゃくちゃお喋りは止まらず、

結構長い時間過ごさせてもらいました(●^o^●)

コメント

ソファ

2013-10-14 | 家づくり

新しい家で使うソファ探しに苦戦しています。

今まで私たちがソファ選びの条件として、

・ファブリックでないもの

・シンプルですっきりしたデザイン

を挙げていました。

まず、「ファブリックではない」がなかなか曲者です。

私も夫もハウスダストアレルギーなので、

布製であると、ダニ・ほこり・汚れがとても気になります。

取り外し式のカバーにすればいいと言っても、

中のクッションにダニが入り込んでいたらどうしようもないし、と。。

そうなると、合皮か本革かのどちらかになるのですが、

皮製品で気に入った風合いのものが、まず見つからないのです(;_;)

白と黒→モダンすぎるから△

茶色→高級なもの(布より30万近くアップ!)なら、いい感じのものがある

といった具合で、悩んでいます。

設計士の杉山さんからも、初めに「作りつけのソファはどうですか?」と

提案してもらったのですが、

クッション類が布製でないとなると、難しいようです。

そんな中、昨日ワールドポーターズのショップで、

このソファを見つけました。

もちろん、ファブリック製品。

座った感じが奥行きが広くてゆったりしているし、

高さが低いので、床に座った人との距離が近いし、

クッションをいろいろ置いて楽しめそうだし、

なんか、すご~~~~~く心惹かれてしまいました。

試しに座ったら、ほどよくふかふか。

しかも、布の色のバリエーションが豊富で、

見せてもらったら、グレー系が充実しています☆

もうこうなったら布製でもいいのかも!

今、ろぼコップとか何とかいう、ダニも吸い取れる掃除機もでているし。

今まで視野に入れていなかったファブリックなので、

再度BO COMCEPTなどを中心に、見て回ろうかと思っています。

PS 家づくりが始まって以来、最初に話していたこだわりポイントが

どんどんくつがえることがあり、

杉山さんに申し訳ないという気持ちと同時に、恥ずかしい・・・。

「これは大切にしたいポイントです」とかえらそうに言っていた癖に、

「やっぱりこっちにします」的な。

しかも、こういうことがまだまだ出てきそうな予感(@_@;)

 

 

 

コメント

2013 秋・横浜へ日帰り旅行

2013-10-14 | 旅行

9月の三連休に行くはずだった横浜。

あいにくの台風で、延期になっていたので、10月の三連休中日に行ってきました。

まず向かったのはIKEA港北。

私は二回目の来店です。

着いたのが11時になってしまったので、先にランチをとりました。

超なが~い行列を待ち、席もなんとか確保。

私はローストビーフ、夫はチーズハンバーグカレーとフライドポテト、

あとボウルに乗せ放題のサラダを注文しました。

美味しいけれど、こんなに混むのであれば、

横浜駅で食べてこればよかったのかもしれません。

お腹が満たされてからは、

IKEAの店内めぐりへ。

この、フクロウ柄のランプシェードかわいい!

子ども部屋とかにぴったりだと思います。

ほかにもいいなあと思うものがありましたが、

また「家づくりの」カテゴリー内に書いていこうと思います。

次に向かったのは、みなとみらいの「ワールドポーターズ」。

たくさん歩いたため、とにかくお腹がへってきてしまったので、

まずは4階にある「ガトー横浜」というカフェに入りました。

チーズケーキ専門店のようで、プレーンの定番もの以外にもいろいろありました。

私がオーダーしたのは、ラムレーズンチーズと、カプチーノ。

プレーンにした夫いわく「今まで食べたチーズケーキの中で、3本の指に入る」

とのこと。

その割には、「おいしい!」とか言わないし、リアクションが薄い。

3本の指に入るくらいなら、もっと表情に表れそうなものなのに。。。

疲れからか、いつも以上に無表情で食べていました(@_@;)

このあと、ワールドポーターズ内のインテリアショップを巡り、

次はランドマークへ。

前回、素晴らしいみなとみらいの夜景を見ることができた、

7/24(トゥエンティーセブン)カフェで、ディナーをしようと思っていたのに、

今夜は貸切営業です、、とのこと。

そのあと、景色が見られそうなお店を何件も回ったのですが、

予約でいっぱいとか、景色が見られない、とかであきらめることになりました。

だんだん疲れ果ててきたので、「もう景色はあきらめる!」となり、

ランドマークタワーにある『やまと』さんに入ることにしました。

豚肉料理専門店のようです。

店内は落ちついた雰囲気で、窓側の席でなくても

夜景がちょこっと見える席になりました。

私は一杯目から白ワインを(●^o^●)

サラダに、つくね。

豚の角煮が入ったグラタンは、美味しかった!

豚肉で巻いてあるエビかつも、ジューシーでした。

 

 

 

 

コメント

ブログ開設50日目

2013-10-13 | 静岡のおいしいお店

ブログを開設して、50日が経過しました。

日記を書くことが好きなので、続けていけそうです。

自分で振り返って読んでいても、

「ああ、こんなことあったなあ」とか、「あれ、また食べたいなあ」とか、

いい思い出になっています。

先週の日曜日のランチ。

またまた、駿河区の「キッチンYUKI」さんへ。

こちらのお店は常連さんが多いようです。

ランチセットで選べるパスタのメニューが豊富です。

前菜はカルパッチョとミニオムレツがついたサラダ。

パスタは、

前回いただいたサーモンとかぼちゃのトマトクリームが美味しかったので、

私は同じものを注文。

かぼちゃがほくほくして甘く、少し酸味があるトマトクリームとよく合います。

主人は、またもアラビアータ。

ブラッドオレンジジュースも、かなり美味しい!

デザートには、柿が下にちょこんと隠れていました。

熟していて、とっても甘く秋を感じました。

柿って自分では買わないけれど、食べられるとうれしいものです(●^o^●)

今日は、これから横浜のIKEAやみなとみらいへ日帰り旅行に行ってきます♪

 

 

コメント

小川 糸 「食堂かたつむり」

2013-10-12 | 本の感想

大好きな本のご紹介。

「食堂かたつむり」

この本は、図書館で借りてみてとても気に入ったので、購入しました。

丁寧にお料理をすることの素晴らしさを感じます。

エルメスという豚に作ってあげるクルミの天然酵母パン。

ザクロを使った真っ赤なカレー。

心と体をあっためるスープ。

など、読んでいると私もいっしょに食べているような

そんな気持ちになります。

先日図書館で「食堂かたつむりのレシピ」という、

本の中のメニューを再現した本がありました。

材料が揃えられそうもないので、作ることは難しいけれど、

こんな感じになるんだ~と写真を見ながら楽しかったです。

コメント

ひさしぶりの手作り

2013-10-12 | うちごはん

今週は今までにないほど、忙しい毎日を送りました。

やっておきたい仕事が山のようにあります。

6時すぎに家を出て、6時半から勤務開始、休憩なしで18時までという日は、

家に帰って、「もう目玉焼きすら作りたくない!」という気持ちになりました。

そんなときは、作り置きしておいた冷凍のお惣菜や、

さんまのかば焼き缶詰(なんて、怠惰・・)を夕飯にしていました。

カフェKISUIに行った日は、久しぶりに夕飯も手作り。

茹で卵いりのポテトサラダに、

大根や黒はんぺんのおでん。

珍しく夫も早く帰ってきたので、一緒にいただくことができました。

実は、この日ものすごくショックなことが。。。

私が宝物にしていたお茶碗を割ってしまいました。

maduで購入したもので、岐阜県の作家さんが作った薄い口当たりの

すてきなお茶碗。

日ごろから夫にも「このお茶碗はていね~~いに扱ってね」

と釘をさしていたのに、私がうっかりおとしてしまいました。

砕け散った破片を見ながら、しばし呆然。

できれば一生大事に使っていこうと思っていたものなのに、

改めてとても大切なものだったなあと実感しました。

かわいそうな破片を、今日だけは箸置き代わりに。

昨日まではごはんを受けて止めていたのに、こんな姿になってしまって(;_;)

新しいお茶碗はすぐには買わず、

喪に服すことにしました。。

コメント (4)

静岡市駿河区「CAFE KISUI」

2013-10-10 | 静岡のおいしいお店

ずっと行きたかったカフェに、ついに行くことができました☆

日本平動物園の近くにある、「KISUI」さん。

茶畑が広がる丘の上のカフェです。

お店の窓から見える景色もすてき。

眺めの良いお店って、ありそうでなかなかないんですよね。

この景色をのんびり珈琲飲みながら眺められるなんて、幸せ。

ランチには、カレーやピザもあるようです。

今度は食事もいただいてみたい!

ギャラリーも併設しているのですが、

またと~ってもセンスがいいです♪

白山陶器、工房アイザワなどの人気メーカーはもちろんのこと、

陶芸作家さんの作品もたくさん。

私のうちで愛用しているマグカップを作っている方のものも、

展示してありました。

また、じっくり見にいこうっと(*^_^*)

 

コメント

静岡市清水区「おいげん家」

2013-10-09 | 静岡のおいしいお店

清水区には、美味しくて雰囲気もよい居酒屋がたくさんあります。

静岡の街中心部よりも、お手頃なお店が多いので、

清水の友達と飲むときには、静岡に行かず清水で済ませます。

お気に入りのお店№1は、

新清水駅前にある「おいげん家」さん。

いつもほどよくがやがや、活気があって、それが落ち着きます。

夫とは3回ほど、友達や先輩・後輩とも3,4回通っています。

キンキンに冷えたビールグラスに入った生ビールは、

泡の部分がしゃりしゃりと凍っています。冷えていて、おいしい!

お通しも美味しい。

この日は、レンコンのフライ(サラダが付いてきます)に、

メニューにはないけれど、注文できるポテトフライ。

焼き鳥も炭火で焼いてくれて、あつあつで提供してくれます。

あと、さすが港町。刺身の盛り合わせが、また絶品。

鮮度が抜群のものが用意されています。

ブログで記事にしていたら、すご~く行きたくなってきました・・・(*^_^*)

 

 

コメント

朝食用のパン

2013-10-08 | うちごはん

朝食はいつも決まったメニューです。

目玉焼き ・ サラダ ・ ウインナー は欠かさず、

それに夕飯の残りや、たまにチーズがついたり。。

パンは、主人の分についてはスーパーやパン屋で買ったもの。

今週は、フィセルの「湯種パン」です。

お湯で捏ねるらしく、とてももっちりとした食感になっています。

私はパンdeスマートという粉を使って、

ブランパンを作っています。

↑一斤用の型で焼いてみたり、

↑ 丸パンにしてみたり。

発酵が足りないのか、

たま~に焼成後にしぼんでしまい、がっかりすることがあります。

今回は、まんまるで大成功。

ブランパンは、糖質が低いものはもちろんのこと、

香ばしい風味、食物繊維が豊富と、いいところがいっぱいあります。

 

 

コメント

「永遠の0」

2013-10-07 | 本の感想

雑誌、エッセイ、小説、絵本など、

種類は問わず、文字を目で追うことが好きなので、

朝ごはんのあとの30分くらい、寝る前の少しの時間、

毎日本を読む時間は欠かさずとっています。

図書館でもいろいろな本を借りてくるのですが、

印象の薄い作品だと、読んだことすら忘れてしまうこともしばしば。。

これから、持っている本、借りている本、どちらの感想も

ちょっとずつ記録していこうと思います。

まず、一番初めに取り上げたいのは、

「永遠の0」です。

10回以上読みましたが、毎回号泣してしまう。

私の祖父母も体験している第二次世界大戦のことなのに、

何も知らなかったことを恥ずかしく思いました。

小学生のころ、祖父から

「中国に戦争にいっているときに、弾丸が頭をかすめた。

あとちょっとでもずれていたら、生きていなかっただろう。」という話を

聞いた覚えがあります。

そんな祖父の話を思い出しながら、

宮部久蔵と重ねながら読んでいます。

一番心にずしんと響く場面に、

『いつか自分がおじいちゃんになって、孫に戦争に行った話をせがまれてきかせる。

遠い昔のおとぎ話のように感じられるくらい、平和な日本になっていてほしい。』

と、宮部久蔵が特攻に行く前に話しているところです。

大切な人がすぐそばにいて、

ずっと一緒にいられるということがどんなに幸せなことか、

改めて考えさせられる作品です。

コメント

和田島の野菜でおかず作り

2013-10-07 | うちごはん

清水区の和田島の無人販売で購入した野菜を使って、

夕飯のおかずを作りました。

なすは、皮をむいて蒸すことで甘みが倍増します。

ツナとめんつゆとあえるだけで、かんたん温サラダが完成。

大量のエンドウ豆は、茹でてゴマ味噌とあえました。

夫の実家からいただいた「ゴーヤのつくだ煮」もみじん切りにして、

いっしょに混ぜることで、味のアクセントになりました。

俵型のコロッケは、和田島のおばさまたち手作りのもの。

「家で作る味だ~!」と素朴な甘みを楽しみました。

食卓に写っている、しょうゆさし。

これは、大のお気に入りの白山陶器のものです。

白や茶色は、雑貨屋さんに置いてあるのを目にすることも多いけれど、

この色は、ネットで発見した「瑠璃色」です。

青と緑の中間色、マットな質感と、好みどんぴしゃ。

醤油は空気に触れないタイプのものを使用しているので容器には移さず、

我が家ではソースを入れています。

 

 

 

 

コメント