こもれび徒然日記

カフェめぐりとインテリア

宮崎牛のステーキと🍷

2018-04-09 | カフェめぐり
待ちに待った土曜日の夕飯。

夕方からピアノのジャズの演奏をかけながら(by金宇館セレクトのCD)のんびーり準備する時間が好きです。

この日は昼過ぎまでおでかけしていたから、いつも以上に手抜きごはん。



何だか無性にステーキが食べたくて、宮崎牛肩ロースを買ってきました。

ミスジという一頭で2キロしか取れない部位だとか。
赤身と脂身のバランスが良さそうでした。

前回ローストビーフで火を入れ過ぎた経験を生かして、焼く前にじっくり本で研究。
(そういう手間は全くもって惜しくない)

焼く3時間以上前に常温にもどす
塩は焼く5分ほど前にふる
焼いた後、フライパンの縁に5分寝かせる

…とananの料理特集号に書いてありました🍽

忠実に守って焼くと、ちゃんとミディアムレアに!

自己流のバルサミコソースと共に。

絶妙な焼き加減で、噛み締めるごとにじわわ〜と肉の旨味があふれてくる。

酸味のあるランブルスコセッコとまたよく合う(o^^o)



簡単におつまみで作ったブルスケッタ。

ブレッフィストアの四種のドライフルーツのカンパーニュを薄切りにして、
かぼちゃのマッシュとブルーチーズをのせて、トースト。

これがまた、甘じょっぱくて、ブルーチーズの風味がクセになる感じ。

うまーい!!と絶賛しながらいただきました。

夫は、青カビ系だめなんですよね💦
ブルーチーズの中でもドルチェという臭みが少ないタイプで、苦手な人もイケるって思ったけど、試してもくれなかった…笑

ブレッフィさんのカンパーニュは、イチジクとオレンジピールとレーズン二種で、そのまま焼くだけで美味しいので、ビールと一緒にばっくばっく頬張ってました。

それ、なかなか高級なパンなの…
むさぼって食べるタイプのものじゃないよ…
って思いながら見てましたが。
(口に出してたかも)

ステーキはらくちん、しかも気持ちは贅沢になれる、素敵なお料理です✨




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 春の静岡手創り市 2018 | トップ | スマッチネゴでランチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カフェめぐり」カテゴリの最新記事