PDFとたわむれる

PDFとたわむれる感じで飽きるまで不定期更新blog

Bullzip PDFでVBScriptによるイベント処理が可能になったようです

2009-01-27 | Weblog
どうも気まぐれに更新です。
今回は、PrimoPDFから離れてBullzip PDFです。

http://www.bullzip.com/products/pdf/info.php#Introduction

これを見ると

>2008-10-21 (6.0.0.695)
>* VBScript macros and events are now supported. This extends the >programmatic control you have over the PDF Writer.

という事でイベント処理で、色々任意の処理を追加したり出来るように
なったんですね。昨日まで気付きませんでした。

元々bullzipはCOMのオートメーションオブジェクトをサポートしてい
たんですが、あくまで設定ファイルをVBScriptで書き換えて
Runでプリンタを起動するという感じでしか使えませんでした。

今回新たにサポートしたというのは、PDF生成中にイベントを発生させて
VBScriptで独自の処理を組み込むことが可能になったということです。

以前提供していたPrimoreは、PrimoPDFのPDF生成中に無理やり割って入って
PDFの元になるPS(PostScript)を書き換えてあげる事で色々実現していましたが
今回のBullZipの機能は、Primoreのような無理やりな方法を採らなくても
独自のAddinを実現できるようになったという事です。

ただBullZipはPrimoPDF程は結構単純な動きでは無いので
どんな動きをしているかや各種設定項目の意味、優先順位
永続的なのか一時的なのかを理解しないとAddin作成は
難しいかもしれません。

リファレンス(とは呼べない気もするが)を見ると
http://www.biopdf.com/guide/vbscript_events_and_macros.php

イベントは
OnConfigLoaded(設定読み込み後)
OnPreprocessText(抽出テキスト作成後)
OnMacrosApplied(?)
OnAfterGUI(ダイアログ出現後)
OnSuccess(処理成功後)
OnError(処理失敗後)
OnAfterPrint(処理後)

の7種類あり上記の順番でイベントを拾うことが出来る。
"OnMacrosApplied"は今のところどんな風に使う為のイベントなのか
分からない・・・

早速サンプルを見ると
http://www.biopdf.com/guide/examples/vbscript%20-%20keywords/

PDF化しようとしているドキュメントからテキスト情報を抽出する
設定をOnConfigLoaded時に行い、OnPreprocessText(抽出テキスト作成後)時に
そのテキストからPDFのキーワードとなる情報を選択し
PDFのKeywords情報に設定してからPDFを生成する・・・という感じの処理です。

確かに、Keywordなんて一々設定するのは面倒くさいんですが、
後で検索する際に便利だったりするので自動で付けてくれるAddinは
便利ですね。Dictionaryでソートまでするなんて手が込んでますね。

基本的にBullzip独自の機構はContext("xxx")で
これで処理中

とりあえず自分でもなんか作ってみているんですが
Context("Config")("keywords")と同様に
Context("Config")("Title")も使えるのかと思ったら
使えない・・・

OnAfterGUIでやっても使えないからバグなのかな・・・

そんな感じで・・では~

■追記
チャンと一番最後の"Important Note:"書いてありますね
>all configuration names must be written in lower case.

元のiniファイルとは関係なく必ず小文字にしなきゃいけないんですね。
Context("Config")("title")にすればいいんですね

最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Postscriptオプション"自動" を "アウトライン"に (MCDST)
2009-05-09 13:58:54
はじめまして Bullzip使っていますが

http://sakurapc.blog89.fc2.com/blog-entry-78.html に記載したように 変換漏れが起きます

もし デフォルトの
Postscriptオプション¥TrueTypeフォントD/Lオプションの
"自動" を "アウトライン" または "ビットマップ"に変更できると うれしいのですが いかがでしょう
 
これは
札幌 パソコン サポート データ復旧 修理 フリースカイブログへのコメントと重複します
返信する
調べてみます (komikoni)
2009-05-12 02:31:37
どうもです。
英字が化けるという事ですよね。
うまくこちらで再現出来ないんですが、

gswin32cの起動オプションだと
思うんですが、そこ変えても特に変わらない

今度調べてみます。
返信する
Postscriptオプション (MCDST)
2009-05-12 18:23:18
PowerPointのTest用Fileを送りましょうか?
上記Blogに管理者向けコメントでMailアドレスお知らせください
返信する
永続的に設定値を保存する方法 (komikoni)
2009-05-12 23:32:06
どうもkomikoniです。

化ける原因は再現出来ていないのでよくわかりませんが設定を永続化する方法は以下の通りです。

スタート→設定→プリンタとFAX→Bullzip PDF Printer 
でメニューから
プリンタ→プロパティ→全般タブ→印刷設定→詳細設定
から設定すればたぶん常にその設定となる筈です。
返信する
永続的に設定値を保存する方法 (MCDST)
2009-05-13 13:12:50
[スタート→設定→プリンタとFAX→Bullzip PDF Printer 
でメニューから
プリンタ→プロパティ→全般タブ→印刷設定→詳細設定]

これが実際は保存されないので困っているのです
つづけて印刷する間は一見保持されますが
アプリから印刷すると元の木阿弥です
[再起動はしていません再起動で保持される場合は再度コメントします]
返信する
永続的に設定値を保存する方法 (MCDST)
2009-07-19 23:20:30
2009-05-13 13:12:50 の記述は確認されましたでしょうか? うまい手があるといいんですがね
返信する
Unknown (komikoni)
2009-08-03 00:54:01
すいません
途中まで調査した記憶は有るんですが
完全に忘れていました。

うまい手が有ればご報告します。
返信する
永続的に設定値を保存する方法 (MCDST)
2010-03-14 20:42:07
20100314に
BullzipPDFPrinter_7_1_0_1159.zip
をD/L インストールしたら

Postscriptオプション¥TrueTypeフォントD/Lオプションの これまで
"自動" が "アウトライン" に変わっていました 
一件落着です
返信する

コメントを投稿