しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【海雲台でキム先生のキンパ】総領事館FAMツアー⑳2015/7/14

2015年07月31日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

8月の頭に出る予定だと聞いていたMERS終息宣言…  本当に出るのかな? それとももう少し先になるのかな?
お父さんに許可を得て、夏休み中に訪韓できるようエアーチケット+ホテルを押さえました
あまりに旅行代金が安く、北海道や沖縄に出掛ける1人分でお土産代を付けても2人行けます
この夏の韓国への短期留学が中止になった3号のリベンジ旅行です


楽しかった釜山での自由時間も終わり、バスでシークラウドホテルまで送り届けてもらいました。

ホテルの玄関前で解散です。

私たちは夕食がまだだったので、どこかで食事をしようかとホテルには入らず、

近くの 「海雲台市場」 をうろうろ…

でもお腹がなかなか空かず、結局お昼の散策のときにみつけておいたお店に行くことにしました。



お店は 正しいキンパ食堂 『パルダ キムソンセン』 です。

最近、あちらこちらに支店ができていますね。  おいしい証拠かしら…



以前からここのキンパが食べてみたかったんです。

とても食材にこだわっていると聞いていたので…



カウンターで注文すると、さっそく調理台でおばさんがキンパを作り始めてくれました。



「そんなにご飯の上に具材をのせたら巻けないでしょ~」 と、見学しながら思いましたが、

私の心配もよそに、おばさんは巻き簀も使わず器用にくるくるくる~っと、キンパを完成させました。

拍手~!



お友達は、パルン キムパ (正しいキンパ)  3200ウォン (345円)

私は、クリムチジュホドキンパ (クリームチーズ・くるみキンパ)  4500ウォン (486円)



お部屋に帰ってからお風呂に入り、ゆっくりテレビを鑑賞しながらいただきました。

クリームチーズは濃厚でおいしかったのですが、私的にはくるみは入ってない方がよかったかも…

具沢山で、お店の評判もよくあちこちに支店ができているキンパをようやくいただくことができました。



満足~!

こうして2日目の夜が更けていきました。

【パルダキムソンセン・海雲台ビーチ店】
釜山広域市 海雲台区 中洞 1391-42 マドリード第1階 第104号
(부산광역시 해운대구 중동 1391-42 마드리드 제1층 제104호)
地下鉄海雲台駅から海雲台ビーチにのびるクナム路沿い、「海雲台市場」の道を挟んで向かい
10:00~22:00

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

「旅行の達人」で紹介されました(12)

2015年07月31日 | 旅行の達人
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

ご縁があって 「旅行の達人」 というサイトで記事を書かせていただいています。

12本目の投稿が公開されましたのでお知らせします。

今回は、先日お邪魔した 「仁川」 のおいしいものについてです。

韓国旅行の熟練が仁川観光で外せないおすすめグルメを紹介 厳選6選



⑪ 「ソウル観光を最大限に満足できるグリーンバスの乗り方とおすすめ観光地

⑩ 「松月洞童話村?メルヘン好きにおすすめ! 今韓国で最も穴場な観光地

⑨ 「韓国旅行24回の私がおすすめする女子が喜ぶお土産 厳選10選

⑧ 「濃いソウル観光をお望みの旅行者にはブルーバス143番がおすすめ

⑦ 「ソウル旅行初心者も安心!マウルバス鍾路11番で三清洞の行き方説明します

⑥ 「韓国旅行の熟練が教えるソウルの市バス・マウルバスの乗り方と降り方

⑤ 「韓国旅行の熟練が教える1度は食べるべきおすすめ屋台グルメ 厳選7選

④ 「2015韓国ソウルの美味しかったおすすめスイーツショップ 厳選7選

③ 「韓国ソウルでチェロスが大流行!味比べしたいおすすめ人気店厳選5選

② 「韓国旅行の熟練が持ち物リストに絶対入れる便利グッズ厳選10選

① 「韓国旅行23回した私がオススメする韓国の人気お土産ランキング厳選5選


読んでくださって、ありがとうございます。 

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【釜山の夜の屋台を満喫】総領事館FAMツアー⑲2015/7/14

2015年07月30日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『ソルビン 釜山本店』 で、ゆっくり休憩をし、

国際市場をぶ~らぶら… して、



再び 『BIFF広場』 に戻って来ました。

夕方なので、食べ物屋さんの屋台がたくさん出ています。



その中でもガイドさんがお勧めだという “ホットク屋さん” は長い行列ができていました。



その列を整理しているおばちゃんに欲しい個数を言って、代金を払いました。

釜山の “ホットク” には、特徴があるそうです。

その① マーガリンを使って揚げ焼きしているので、香りがよくカリッとしています。

その② ホットクの中にナッツが入っていたり、まぶしてあったり。

こちらでは、7種類のナッツをホットクの中にはさみでカットしてから詰め込んでくれます。

その試食まで用意されていました。

1ヶ  1000ウォン (108円)



このときトースト&パッピンスがお腹にいっぱいで、食べられそうにもなかったため

お持ち帰りにしてもらい、その後ホテルでいただきました。

少し冷めてはいましたが、外の皮がカリッカリで、香ばしく、



ホットクに中には、ナッツが山盛りで、最後までおいしくいただきました。

そうそう、黒砂糖を入れて焼いてあるので、それが溶けてナッツと絡まり

ソウルでは味わえないホットクでした。

ガイドさんがお勧めしてくれた理由も分かります。



この 『BIFF広場』 の辺りには、B級グルメの屋台があちこちに広がっています。

しかも、ソウルの中心部のそれらに比べるとお値段も控えめで嬉しいです。

いいにおいに釣られて “チュロス屋さん” の前で足が止まりました。



前回ソウルを旅行したとき、チュロスブームで、あちこちのお店で食べ比べをしたことを

思い出し、買ってみることにしました。

チュロスにかけるパウダーの味は3種類。

私はシナモンシュガーを選びました。  1本  1000ウォン (108円)

やはり、釜山は物価が安いですね。

熱々だったので、お行儀が悪いですが、食べ歩きであっという間になくなりました。

このお値段なら充分に満足できる味でした。



いよいよ約束の集合時間になり、そちらに向かっているとき見つけた靴下屋さん。

1足 500ウォン (54円) だというので、ちゃちゃっと買い物です。



自宅にまだ予備があったので、少しだけにしておきました。

500 × 5 = 2500ウォン (270円)



集合場所で、みなさんと再会し、バスはシークラウドホテルまで、

私たちを無事に送り届けてくれました。

【BIFF広場】   ※ 釜山広域市 中区のホームページ → こちら  
釜山広域市 中区 BIFF広場  (부산광역시 중구 비프광장)

赤丸 : 地下鉄チャガルチ駅    ピンク丸 : 地下鉄南浦駅    黄色丸 : 釜山タワー
水色矢印A : BIFF広場    水色矢印C : ソルビン釜山本店 2Fにあります


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

【ソルビン釜山本店】総領事館FAMツアー⑱2015/7/14

2015年07月30日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

私たちが行きたかったお店は 『ソルビン 釜山本店』 でした。

この前までガイドさんが連れてきてくださいました。  お世話になりました。

集合時間までに各自夕飯も済ませることになっていましたが、

それより涼しいところで涼みながら冷たいものがいただきたかったので、こちらに直行です。

      

『ソルビン 釜山本店』 は、階段を上がった2階にありました。

お店は、2階~4階までです。



カウンターで注文して、呼び出しブザーをもらいました。



2階は手狭そうだったので、3階に上がってきました。

若い人ばかりです。



呼び出しブザーが鳴ったので、商品を受け取りに2階まで降りてきました。

カウンターの横に、2つの甕があります。

右は、お茶が入っており、



左の甕には、練乳が入っていました。

つまり練乳がかけ放題ということですが、そんなにかけてもねぇ~

どんなものでもほどほどがいいですね。



さあ、いただきましょう。

インジョルミトストゥ  4500ウォン (486円)

ベリーヨーグルトソルビン  9000ウォン (972円)

ヨーグルト味が爽やかで、夏にぴったりな味でした。



汗もかいて、喉が渇いていたので、なによりのご馳走でした。

でも本店だからと特別なことはなく、ここで 『설빙』  第一号店が誕生したんだな~と、

感慨にふけるだけです。

窓際に座っていたので、景色を楽しみ、会話を楽しみ、ここで随分ゆっくりさせてもらいました。

【ソルビン 釜山本店】
釜山広域市 中区 昌善洞1街 37-2 2F~4F  (부산광역시 중구 창선동1가 37-2 2F~4F)
日~木 10:30~22:00  金土 10:30~22:30

赤丸 : 地下鉄チャガルチ駅   ピンク丸 : 地下鉄南浦駅   黄色丸 : 釜山タワー
水色矢印A : BIFF広場    水色矢印C : ソルビン釜山本店 2Fにあります


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【釜山・国際市場のあの店】総領事館FAMツアー⑰2015/7/14

2015年07月30日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『チャガルチ市場』 から歩いて移動してきました。



ここは、『釜山国際映画広場』

釜山国際映画祭 (Busan International Film Festival) の頭文字をとって、



『BIFF広場』 と呼ばれています。



その広場にある映画館の前の通りには、釜山国際映画祭を訪れたゲストが残していった手形が

埋められていました。   

ガイドさんが案内して下さった場所には、映画監督の今村昌平さんと



ビートたけしさんのものが飾られていました。

もちろん知り合いではないですが、同じ日本人ということで、なんだか嬉しくなります。



この後、集合場所を決めて解散となりました。

釜山は初めて訪れる場所であり、右も左も分かりません。

個人で来たならば、もっとしっかり下調べをしてきたでしょうが、ツアーということで安心しきっていました。

そこで希望者のみガイドさんが引率して、

あの映画 「国際市場で逢いましょう」 でも登場した

ファン・ジョンミンさん扮する主人公のトクスが経営する店 “コップニネ” へ連れていって

くれることになりました。   やった~! ここにも行きたかったんですよね。



しばらく歩いていくと、見えてきました、横断幕が…

「映画 国際市場」 と書かれてあります。



ありました、ありました!

“コップニネ” がっ



でも私が思い描いていたお店と、この場所が少しばかりイメージと違いました。

でも、こうしてお店の前に立つことができて感謝です。



ファン・ジョンミンさんの笑顔を見ると、映画の一場面が思い出されます。

彼の演技が大好きです。



そこでまた解散となりましたが、



私とお友達が行きたいといっていたお店まで

ガイドさんが付き添ってくださるそうで、ラッキー! です。

この自由時間を参加者のみなさんは、

思い思いに上手に使ってらっしゃってブログを見せていただくのも楽しいですよ~

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【釜山・チャガルチ市場】総領事館FAMツアー⑯2015/7/14

2015年07月29日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

バスは 『チャガルチ市場』 で停まりました。

私が想像していたところとは違う…  ビルばかりだぁ~と見とれていたら、



ガイドさんは、道を折れて進みます。



そうそう、こんな感じです、私が想像していた 『チャガルチ市場』 は。



珍しい魚介類も売られています。

画像中央の “ユムシ”

刺身にしたり、串焼きにしたりして食べられているそうです。

コリコリした食感だそうですよ~   でも、食べる気がしないなぁ。



あっちを見ても、こっちを見てもお魚屋さんばかりです。



干物を扱うお店もあれば、



生魚を扱うお店もあります。



韓国では、タチウオをよく見掛けますね。



エイもありますね。



「新東亜水産市場」 は定休日でお休みだったので見学はできず、

そうそう、こちらでは市場で買ったお魚を上の食堂で調理してもらい食事ができると聞きました。



きれいなビルになった 『チャガルチ市場』 へ潜入です。

欲しい物がたくさん売られています。

自宅が近かったら、あれもこれも交渉しておまけを付けてもらって買うのにな…



『チャガルチ市場』 を抜けて海側に出たら、カモメがたくさん飛んでいました。

海~、しかも漁港の雰囲気たっぷりです。

釜山にいるんだなぁ~としみじみ思いました。



立派な漁船も停泊中。

但し、この日は朝から靄がかかっていて、遠くまできれいに見渡すことができず残念!



しばらく、ここで海を眺めながらぼーっとしていたかったけれど、

次の場所へ移動だそうです。

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【釜山・甘川文化村(4)】総領事館FAMツアー⑮2015/7/14

2015年07月29日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『甘川文化村』 に来ています。

この文化村の1番外の外周をある程度回ったので、元の場所へ戻ることになりました。

「来た道を戻られてもいいですよ~  近道したい方は私に付いてきてくださ~い」

と、ガイドさん。

      

一度通った道をまた戻ってもおもしろくないので、慌ててガイドさんの後に続きます。



行き止まりのような道を、私有地ではなかろうか…と思われるような路地を

ガイドさんは、ずんずん歩いていかれます。



えっ、こんなところにお店がある~っ。



ひとりで、またこの道を歩く自信がありません。

ほんとうに迷路です。



写真を撮っていると置いてかれそうになります。



待って~

でもどんな道を通って来たのか、振り返ってもう1枚、パシャ。

      

確実に私たちは、道を下っています。  それもかなり…



「甘川博物館」 のあった場所は、こんなに低いところだったけ? と思った瞬間、



今度は上り階段になりました。

      

上っても上っても階段です。 あれだけ降りてきたのだから仕方ないですね。

      

こんなに細い路地にもお店はあるんですよ~

目的地が見えてきたようです。  まもなく到着です。

      

「甘川博物館」 の前に出て、そこから駐車場になっているの小学校まで来ました。

坂を上れば、バスはすぐそこです。

旅には丈夫な足が必要ですね。  普段から鍛えておかないと、ここぞというときに楽しめません。



バスにみんなが乗車して、次の目的地に向かいます。



また来てみたい 『甘川文化村』 です。

まだまだ完全には見きれていないので、いつかリベンジですね。

今すぐにでも行きたいなぁ♪

【甘川文化村】
釜山広域市 沙下区 甘川洞 10-13 (부산광역시 사하구 감천동 10-13)

赤丸 : 駐車場の小学校   水色丸 : 甘川文化村 入り口   矢印B : コミュニティセンター

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

【釜山・甘川文化村(3)】総領事館FAMツアー⑭2015/7/14

2015年07月29日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

再び釜山を訪ねたくって、夏休みに安いエアーチケットがとれないかどうか探してみましたが、
セントレアからは、1日1便しか飛んでいない関係上安くはありません。
仁川行きやソウル市内のホテルは随分値段が下がってきているので、行くなら今!
釜山に行きたいけれど、ソウルにするかな…

『甘川文化村』 に来ています。

『甘川文化村』 のシンボル的存在の星の王子様の像です。

ここで記念撮影をしようと、それはそれは長い列ができているんですよ~

私は人が入れ替わる瞬間に1枚撮らせてもらいました。



この灯台もおもしろい造りになっていました。

遠近法を使い、目の錯覚で、奥行きがかなりあるように見えますが、そうでもないです。

横の通路から裏に回って、窓から顔を出して記念写真を撮ってもらいました。

      

暑い日だったので、嬉しいアイスの差し入れ~

「ピングレ メロナ」 と書いてありますね。



とてもよく気が付くR氏、いつもありがとうございます。

火照った体に冷たいアイスは、最高においしかったです。



ガイドさんが、またまた細い路地の階段を進み始めました。

ここには、何があるんだろう…



この町は、まるで迷路のよう。

どこにいるのか、さっぱり分かりません。

ガイドさんの後を付いていくと、階段に壁にと絵が描かれてある階段に出ました。



その先にあったものは、昔の生活が描かれた一面の壁でした。

懐かしい井戸もありましたよ。



ここには、まだ実際に生活されている方がいらっしゃるので、

庭先でお仕事をされていたり、お孫さんと遊ばれていたりと、

ごく普通の日常生活が垣間見られ、自然に 「お邪魔しま~す」 という気持ちになりますよ。

      

階段を下りてくる途中にあった、チャップリンが描かれたお家。

印象に残ったのか、カメラに納められていました。

      

人気がじわじわと出てきて、平日にもかかわらずこの日もかなりの観光客が出て賑わっていました。



写真を撮るにも順番待ちだったり、人が写り込んでしまったりと大変な部分もありますが、

それもすべて釜山を旅行した記念になるでしょうね。

【甘川文化村】
釜山広域市 沙下区 甘川洞 10-13 (부산광역시 사하구 감천동 10-13)

赤丸 : 公営駐車場の甘川小学校   水色丸 : 甘川文化村 入り口   矢印B : コミュニティセンター

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

【釜山・甘川文化村(2)】総領事館FAMツアー⑬2015/7/14

2015年07月28日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『甘川文化村』 に来ています。

山肌に張り付くようにびっしり家屋が並んでいます。

先ほどから、「ここは私有地でしょ?」 と思われる一人が通るのがやっとの細い階段を

上ったり、下ったり…

ガイドさんがいてくださるから、後から付いていきますが、

一人だったらたどり着けていないかも…



『ハヌルマル』 に到着。

大韓民国 第18代大統領 朴 槿惠(パク・クネ) さんもこちらにいらしたんですね。



階段を上ったお陰で、見晴らしがとてもいいです。

ただ、この日は朝から靄がかかっていたので、少し霞んでいるのが残念でした。



私たちは、ここに来るためにこんなに細い路地や階段を上がってきたんですよ~

1人じゃ来られなかったかも。

      

「ペンギンの階段」

おうちへ行く目印になりますね~

      

途中で、とてもかわいいお土産屋さんを見つけましたよ。

韓紙を使った記念になりそうなお土産や日常使いにいい小物がたくさんあって、

予定になかったのに、ここでみなさんお買い物タイム~♪

      

私が選んだ記念の品です。

キーケース 10000ウォン (1080円) と ポーチ 7000ウォン (756円)



一般のおうちも町おこしプロジェクトに協力ですね。

一度見たらなかなか忘れないほどのカラフルな星の王子様の壁画です。



その横の建物の壁の隅から、カラフルなおうちが見え隠れしています。

      

「もっとカラフルな色を塗ると楽しいでしょうけれど、最近は青い屋根が多いんですよ」

と、ガイドさんが教えてくれました。



確かにそう言われてみれば、青色が目立つかな…



観光客の私たちは眺めて 「きれいね~」 で済みますが、

こんな急階段を上り下りして生活されるみなさんは、さぞかし大変だろうな~とふと思いました。

ここに来られてよかったぁ。

【甘川文化村】
釜山広域市 沙下区 甘川洞 10-13 (부산광역시 사하구 감천동 10-13)

赤丸 : 甘川小学校の公営駐車場   水色丸 : 甘川文化村 入り口   矢印B : コミュニティセンター

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (5)

【釜山のマチュピチュ・甘川文化村】総領事館FAMツアー⑫2015/7/14

2015年07月28日 | 2015/7総領事館FAMツアー6日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

今は、近くの甘川小学校の敷地が観光バスなのど駐車場になっているらしく、

その道を挟んだ向かえに 『甘川文化村』 と書かれたアーチがありました。

ガイドさんは、そちらに案内してくださいました。



その門をくぐって路地に入るとすぐに観光案内所はありました。

ガイドマップは、ここで2000ウォン (216円) で売られていましたよ。

そのマップではスタンプラリーもできるんですって。

スタンプが貯まると、絵はがきのプレゼントがあるそうですよ~

個人で行かれる方は、1冊あると便利だと思います。



ガイドさんが 『甘川文化村』 について説明してくださいました。

ここは元々観光地ではなく、朝鮮戦争の際に戦争を逃れるために逃げてきた避難民たちが住みつき

集落を作ったそうです。  そして、時代は流れ住む人がだんだんと減ってきた不便なこの場所は

町を挙げてアートを取り入れた町おこしに取り組み、家屋はカラフルにカラーリングされたり、

路地のあちこちにはオブジェが並んだりと、見所満載の観光地として生まれ変わりました。



だから、今でも住民のみなさんが車で路地を行き来するので、

狭い路地にもかかわらず、かなり交通量が多く驚きました。

まずは、博物館にお邪魔することに…



ここには、その昔朝鮮戦争直後の避難民生活をしていたころの様子が

パネルにして展示してありました。



この石臼の隣にあるロケットのような形をしたものは、

おねしょをしたときに、罰として頭からかぶって町内を歩かされた道具ですって。



私が知らないくらい昔の歌手のポスターが貼ってありました。

こんな粗末な家屋に住み、堪え忍びながら生き延びてきた先人たち…



博物館から出て来ると、カラフルなオブジェやきれいな壁画が迎えてくれました。



この日は平日でしたが、とにかく若い人であふれていました。

釜山では、もう夏休みに入っていたのかしら…

小さな魚が集まって、大きな魚を作っていますが、これは道しるべ。

魚が矢印になっていますよ。



山肌にへばり付くように家屋が並んでいるので、ここは民家に続く私有地かと思いきや、

ガイドさんは、道なき道、坂とも階段とも区別がつかないような路地をどんどん前に進み、そこにあったのは、



黒のビニルホースで作った暗闇のおうちでした。

何とも不思議な空間でしたよ~



まだまだ 『甘川文化村』 の散策は続きます。

【甘川文化村】
釜山広域市 沙下区 甘川洞 10-13 (부산광역시 사하구 감천동 10-13)

赤丸 : 公営駐車場の甘川小学校   水色丸 : 甘川文化村 入り口   矢印B : コミュニティセンター 

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント