しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【4日目のスタート・迷子になってダンキンドーナツ】韓国旅行①2014/3/14

2014年06月30日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

4日目がスタートしました。 今日の朝ご飯は 「忠武路 クルマウル」 と決めてホテルを出発!

みーちゃんが何回か来店したことがあるとかで先頭を歩いてくれます。

近くまで来たのにお店が見つからない…  思い違いかもしれないと、その近辺を歩くもお店は見つかれません。

大きなビルの前で朝の清掃中だと思われる背広を着たおじさんに

「クルマウルというお店を知りませんか?」 とインチキ韓国語で尋ねたら

「えっ、聞いたことがありませんね」 と日本語で答えてくれ、周りの社員の人達にも聞いてくれました。

その中の若い社員の人がすぐに携帯で 『クルマウル』 を調べてくれました。

どんなお仕事をされているのか分かりませんが、みなさん日本語が話せるのに驚きました。

先の路地を入って、大きなビルの向えにお店があると地図を見ながら教えていただきました。

今回の旅は目的のお店が見つからず、何度となく韓国の人に尋ねましたが、

みなさん親身になって携帯で調べたり、付近まで連れていってくださり、

その優しさがとても有り難く、嬉しかったです。

で、結局教えてもらった場所に 『クルマウル』 は見つからず、キツネにつままれた気分で

仕方がなく明洞に向かうことになりました。

帰国後調べてみたら 『クルマウル』 は、私たちが訪韓する少し前に閉店したようです。

だから地図にも反映されていなかったんですね~   残念でした。


朝食会場は明洞の 『ダンキンドーナツ』 に変更になりました。

      

しばらく工事をしていて、新装開店したようですね。

このときは、“くまのがっこう” フェア開催中でした。



かわいらしいドーナツもたくさんあります。



でも、私たちが惹かれたのはこちら。

      

グッドモーニングブレッド  3200ウォン (320円)

飲み物も付いていて、アメリカーノ or オレンジジュースが選べます。



3号が “くまのがっこう” ドーナツと、母がベーグルを追加しました。

“くまのがっこう” ドーナツ 1600ウォン (160円)  ベーグルは詳細不明



後から入れ立て熱々のコーヒーがきました。

      

明洞のメインストリートにお店があるので、街ゆく人々を見ることができて楽しいです。



辛いものが続いて、胃が疲れてきたら、こんな朝食もいいですね。

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

【3日目の終了と買ったもの・食べたもの】韓国旅行2014/3/13〔26〕

2014年06月29日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

3月13日 (木) 3日目が終了しました。

楽しいウォーキングツアーで、充実した1日でした。

曇っていたけれど、傘をさすほどの雨にならずなによりでした。

【3日目に使ったお金】

・ 『カメゴル・イェンナル・ソンワンマンドゥ』

  マンドゥ  4ヶ  3000ウォン (300円)



  カルグクス  4000ウォン (400円)



・ 南大門市場の露店

  ゆでとうもろこし 1本 1000ウォン (100円)  2本買いました



・ 南大門市場の洋服屋さん

  綿の長袖シャツ  5000ウォン (500円)

      

・ 『BEANS BINS COFFEE・明洞店』

  フルーツワッフル + アメリカーノ2杯 Sセット 18300ウォン (1830円)

  生マンゴージュース  7000ウォン (700円)



・ 『鶏熱社・ケヨルサ』

  フライドチキン 20000ウォン



  社長さんの計らいでサイダー4本をサービスしてもらいました



・ 『トラックの移動販売』

  いちご1パック  3000ウォン (300円)

  おじさんの名誉の為に言っておきますが、ちょっと少ないのはつまんだ後だから… (汗)



・ 『キムPDカフェ&ギャラリー』

  ホットアメリカーノ  3500ウォン (350円)

      

  生パイナップルジュース  6000ウォン (600円)

      

・ 『八色サムギョプサル』

  八色セット  30000ウォン (3000円)



  海鮮鍋、包み野菜、サラダ、キムチなども付いてきます



  クーポン券で、ポックンパ無料



 ・ 『地下鉄・東大門歴史文化公園駅ナカのお店』

  大判のスカーフが2枚で5000ウォン  (500円)



 ・ 『地下鉄・東大門歴史文化公園駅ナカのマフィン屋さん』

  4つで、8800ウォン (880円)



 ・ 『GS25』

  ヨーグルトドリンク 2+1 3240ウォン (324円)

  いちご牛乳 1300ウォン (130円)



【3日目の行動】

 ・ ホテル近くからタクシーで『新世界百貨店・本店』 前まで
 ・ 南大門市場 『カメゴル・イェンナル・ソンワンマンドゥ』 で朝食
 ・ 南大門市場を散策&買い物
 ・ 明洞の両替所で両替
 ・ 『BEANS BINS COFFEE・明洞店』 でお茶休憩 
 ・ 明洞散策
 ・ 「ロッテヤングプラザ」のバス停から「グリーン 7022」番のバスに乗車
 ・ 「付岩洞住民センター」のバス停で下車
 ・ 『鶏熱社』 で昼食
 ・ 徒歩にて「彰義門 (チャンウィムン)」 を見学
 ・ 「付岩洞住民センター」のバス停から「グリーン 1020」番のバスに乗車
 ・ 「景福宮駅」のバス停で下車
 ・ 『世宗村飲食文化街』の下見と散策
 ・ 徒歩にて地下鉄3号線 「景福宮」 駅の3番出入り口の前へ
 ・ 『ソウルウォーキングツアー・西村韓屋村コース』 に参加  担当はソウル文化観光解説士のキムさん
 ・ 『社稷公園』 にてウォーキングツアーは終了  ソウル文化観光解説士のキムさんと別れる  
 ・ 徒歩にて『キムPDカフェ&ギャラリー』でお茶休憩
 ・ 景福宮辺りからタクシーに乗車し、東大門『doota!』前で下車
 ・ 『hello apM』で買い物
 ・ 徒歩にて『八色サムギョプサル』で夕食
 ・ 徒歩にて『LOTTE FITIN』内 『Klive』 を見学
 ・ 東大門・卸ビル群散策
 ・ 母&みーちゃんチームと別行動開始!
 ・ 『ミリオレ・東大門』散策
 ・ 徒歩で地下鉄「東大門歴史文化公園」駅へ
 ・ 駅ナカでお買い物
 ・ 地下鉄「東大門歴史文化公園」駅から2号線に乗車し、「乙支路3街」駅で乗り換え
 ・ 地下鉄「乙支路3街」駅から3号線に乗り換え、「忠武路駅」駅で下車
 ・ コンビニで買い物 
 ・ 徒歩でホテルへ帰る

(今回の旅行は、1000ウォン = 100円で計算しています)

この日の為替レートは 1万円 = 103600ウォン でした

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

【東大門からの帰り道】韓国旅行〔25〕2014/3/13

2014年06月28日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

どこかでお茶でも飲もうかと思いましたが、そこまでお腹が減っておらず…

地下鉄 「東大門歴史文化公園」 駅まで来ました。

駅ナカにもお店はありますね~

そのお店を見るのも地下鉄を利用する楽しみだったりします。

大判のスカーフが2枚で5000ウォンとは、嬉しいお値段。

3号にアドバイスをしてもらいながら2枚購入。



お茶を飲まなかった代わりに、駅ナカのお店でマフィンを買います。



こちらのお店のマフィンは、お値段お手頃。



4つで、8800ウォン (880円) でした。



地下鉄 「東大門歴史文化公園」 駅からは2号線に乗り、「乙支路3街」 で下車。



「乙支路3街」 で3号線に乗り換えます。



「忠武路」 で下車しました。

今から考えると 「東大門歴史文化公園」 駅からだと4号線に乗車すれば

乗り換えなしで1本で帰ってこられたのに、なぜ2号線を選択したのか、謎です。

どこかに寄ろうと思ったのかな…



駅からホテルまで帰ってくる途中のコンビニで飲み物も買いました。

TマネーのPOPカードを使って支払うと、

ヨーグルトドリンクは更に値引きしてもらえるとかでTマネーで支払いました。

ヨーグルトドリンク 2+1 3240ウォン (324円)

いちご牛乳 1300ウォン (130円)



もう先にみーちゃんたちはホテルに戻っていて、

ホテルの部屋で先ほど買ったマフィンと、



夕方トラックの移動販売のおじさんから買ったイチゴを洗って、おやつ兼お夜食です。



旅先では、いつもの倍の食欲が出ます。(笑)

いちごもマフィンもおいしかったぁ~

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【東大門・Klive】韓国旅行〔24〕2014/3/13

2014年06月27日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

昨日このブログを訪ねて下さる方がいつもより多いと思っていたら、
「韓国観光公社 東京支社」 さんのフェイスブックで、紹介してくださっていました。   ありがとうございます。


夕食も終わり、大通りに出てみれば、そこにあるのは

『LOTTE FITIN』

      

ここには、K-POPの好きな3号が喜ぶ施設があります。

ビルの9階・10階の 『Klive

以前、仁川FAMツアーのときに案内していただいて、次は3号を連れてきてあげようと思っていた場所。

予約はしていませんが、ダメ元で突入!

      

やはり事前にちゃんと公演時間を調べ、予約しておくべきでした。

私たちが行ったときは、ちょうど最終公演が始まった頃…



仕方がないので、くるりと館内を見学させてもらい、グッズショップでお買い物をして、



また1階まで下りることにしました。



エレベーターに乗ると、キム・スヒョンくんがお出迎え。

      

地上に戻り、オープン間近の 『東大門デザインプラザ』 を見学。



まだオープンしていないので、ロープが張ってあり 「立ち入り禁止」 の札が掛けてありました。



『東大門デザインプラザ』 の奥にある卸専門のビル街をうろうろして、



ここからお買い物で見るものが違うみーちゃん&母チームと別れました。

この荷物は、地方に送られていく買い付けした洋服などでしょうね。

卸のビルの前によく見られる光景ですね。



さて、3号と私は卸のビルとは反対側の誰でもお買い物ができる地域に来ました。

      

まだ見ていなかった 『ミリオレ・東大門』 へ。

      

くるりと館内をみましたが、心に響く品物はなく、何も買うことはありませんでした。

ここでも円安の影響ですね~



遅くなったので、ホテルに戻ることにします。

【Klive】 ソウル特別市 中区 乙支路6街 21-31  LOTTE FITIN9階

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【東大門・八色サムギョプサル】韓国旅行〔23〕2014/3/13

2014年06月26日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

夕飯は、みーちゃんがクーポン券を持っているお店に行くことになりました。

『hello apM』 の裏の飲食店が集合しているビルが立ち並ぶ場所にある

『八色サムギョプサル』

本店は新村にあり、8種類の味付けのサムギョプサルが楽しめるお店です。

      

ちょうど夕飯時ということもあってか、並んでいる?

店員さんに名前を告げて、並ぶことにしました。

回転は早いものの、店員さんの後片付けが追いつかず、

更に予約の団体さんやアジア系の観光客の団体さんと、次から次へとお客さんが来店。

      

ようやく席につけました。

座席の上に番号の付いた豚さんがぶら下がっています。

これは飾りではなく、会計のときに申告する番号です。

椅子の座る部分が蓋になっていて、中に上着やカバンを入れられるようになっています。

においが付かず、いいアイディアですね~



席に着くと、流れ作業のように、

次から次へと品物が並び始めました。

“八色セット” を注文しました。  セットには包み野菜や海鮮鍋なども付いてきます。

八色セットは、30000ウォン (3000円)



八色サムギョプサルの写真を撮ろうとしていたら、あっという間に鉄板に並べられてしましました。

店内満員御礼、立って順番を待つお客さんもいる状況で、店員さんたちも半ば殺気立ってて、

写真を撮りたいなどという要望は聞き入れてもらえない雰囲気でした。 (笑)



八色サムギョプサルを一気には焼くことができないので、まず半分。

8つの味は、手前からコチュジャン 、 味噌 、カレー、ハーブ

ニンニク、松の葉、ワイン 、朝鮮人参の順に並んでいました。

どのお肉が、何味なのか表記してあるので、後からでも何味をいただいているのか分かっていいですね~

      

忙しい店員さんですが、お肉の面倒はすべてお店の人がいてくれました。



包み用野菜の他、サラダもありました。



スッカラとチョッカラは、テーブル下の引き出しにあります。



サムギョプサルの脂で焼けたキムチは、最高です。

お代わり自由なので、何度かお代わりをいただきました。



店内は、そこそこ広いです。



残りの4種類を焼いてもらっています。



海鮮鍋もいい感じで煮えてきたので、いただきま~す!

とても辛いけれど、ついつい手が伸びてしまうクセになる味。

「辛い~っ、でも食べたい!」 と3号が頑張っていました。



みーちゃんが持っていたクーポン券は、ポックンパ無料券。

それを提示して、ポックンパを注文しました。



中国語も話せるおじさんが、豪快にバチャンバッチャン音を立てながら

ポックンパを目の前で作ってくれました。

サムギョプサルの鉄板ではなく、海鮮鍋で作るんですね~



はい、ポックンパの出来上がり!



ちょっと焦げたところがおいしいな。

デザートの別腹と同じで、ポックンパも別腹~

【八色サムギョプサル・東大門店】 ソウル特別市 中区 乙支路6街 18-84  ミジンビル 2F

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【景福宮→東大門へ】韓国旅行〔22〕2014/3/13

2014年06月25日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『キムPDカフェ&ギャラリー』 でお茶をいただいた後、

地下鉄3号線 「景福宮」 駅まで戻ってきました。



ここから次の目的地に移動します。

移動手段はタクシー。

どちら側の道からタクシーに乗った方が都合がいいのかしばし考えて… タクシー乗車。



景福宮 「光化門」 の横を過ぎていきます。

日没になり、ライトアップも始まりました。



で、タクシーを降りたのは…



東大門 『doota!』 前です。

      

夕飯の時間には少し早いので、お買い物タイム~!

『hello apM』

『doota!』 より 『ミリオレ・東大門』 より 『hello apM』 が3号はお気に入りです。



いつも見るお店をつらつらつら~っと見て回るも、心に響く商品はなく、



早々と1階まで下りてきました。

そりゃそうかも… 1月に来たばかりだし。

安さだけで買い物をすると、安物買いの銭失いになりませんからね。



夕食会場をどこにするか、しばし協議の結果、ここ東大門で済ませることになりました。

だから今から徒歩で移動します。

それにしてもウォーキングツアーで、あれだけ歩いて、カフェに行くまでまた歩いて、

お買い物をするためにビルの中をうろうろして、

それなのに、なんの弱音も吐かない母は立派なものです。

1番つまらない旅は、同行者との体力差が激しいとき。

病気をしない、ケガをしない、たくさん歩いてもぶつぶつ言わない。  そして、遅く寝ても早く起きる!

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【キムPDカフェ&ギャラリー】韓国旅行〔21〕2014/3/13

2014年06月24日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

楽しいウォーキングツアーが終了して、お茶をどこかでいただこうとお店を探す私たち。

このウォーキングツアーで見つけたカフェは山のようにありますが、

遠い場所までまた再び歩いて戻る気持はみんな皆無のようです。



ウォーキングツアーが始まって、すぐに見つけたカフェなら近いかも…

と、地図なき道を勘で戻りました。

ありました、ありました! 『キムPDカフェ&ギャラリー』



“PD” とは、プロデューサーのことですね~

韓国のドラマを見ているとよく “PD” が登場します。

みーちゃんは、この  “PD” の意味を知らなかったようで、聞いた途端大笑い。

「何でも短縮形にすればいいものじゃあない! はっはっはっは~」 と

このあと笑い袋のように笑い続けました。

      

こちらはカフェというよりバーの方に力を入れているのかな…



横には、ギャラリーも併設されていました。



このときは、ひまわりの絵がたくさん展示されていましたよ。



“PD” らしく、カチンコも飾ってありました。

      

お店は、韓屋の内部を改装したこぢんまりとした造り。



カフェのメニューはこんな感じ。

思ったよりお手頃値段です。

      

ホットアメリカーノ  3500ウォン (350円)

テイクアウトにすれば 2500ウォンになりますよ~

      

生パイナップルジュース  6000ウォン (600円)

      

先ほどから写真の隅にお祝いのお花や植物が映り込んでいますが、

なんと、キムPDのお店は、この日がオープンの日だったんですって。

      

私たちがコーヒーをいただいている間も、仕事を終えたキムPDのお仲間が

次々と来店されていました。

韓国の方も欧米人のようにハグして挨拶されるのね~

オープン記念の飲み会があるようで、ワインのビンが何本も開いていました。

      

お店の外の黒板にランチがあることや、トースト、ピラフの文字が見えていたので

食事もできるようです。



キムPD直々に名刺もいただきました。

“キムPDの通義洞ストーリー”



キムPDは、私たちがお向かいのゲストハウスに泊まっていると思われたらしく、

みーちゃんと英語でいろいろと会話をしていました。

そう、お向かいには確かにゲストハウスの 『コウンダン』 があるんです。

ソウル特別市 鍾路区 通義洞 18 (私が地図から調べたので番地が少し違うかもしれません)



細い裏路地でみつけたカフェ…

しかもオープン当日にお邪魔することができたのも何かのご縁かもしれませんね。

お茶をいただいて一息付けたので、次の目的地へ行きましょうか。

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (4)

【社稷公園・ウォーキングツアー最終回】韓国旅行⑳2014/3/13

2014年06月23日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

長々と続いた ソウルウォーキングツアー 「西村韓屋村コース」 のお話でしが、

今回が最後です。  飽きずに読んで下さって、ありがとうございました。

おしゃべりが楽しかったのと、歩くのが遅かったので、もうとっくに予定到着時間を過ぎていました。

だから本来なら 『培花女子高生活館』 にも寄る予定でしたが、今回は端折りました。

私たちの 「西村韓屋村コース」 の最後の目的地は 『社稷公園』 です。

こちらが入り口前の 「社稷壇正門」 です。



朝鮮建国の王の太祖である李成桂 (イ・ソンゲ) が1395年に漢陽へ遷都した後、

景福宮の東に宗廟 (チョンミョ)  、西側に社稷壇 (サジクタン) を造ったそうです。

その社稷壇があるから 『社稷公園』 なんだとか。



ぐるっと回り込んで社稷壇を見ることに…



「社稷壇正門」 の脇から公園に入ることができます。

公園になっているので、もちろん入場無料。



立派な門を前に、その昔ここで祈りが捧げられていたのかと思うと、とても不思議な気持になります。

社稷壇は4つの土地と穀物の神に奉る大祭のほか、豊年・祈穀祭、祈雨祭などを行った場所なんだとか。

朱塗りのホンサル門が威厳を放つたたずまい。



朝鮮王朝時代、ひどい凶作に見舞われると、

王が社稷壇で地と五穀の神に神事を捧げ、豊年を祈ったそうです。

この石道の真ん中は、神の道なんだとか。

      

社稷壇は四角く二重の垣根で囲まれ、

東西南北の方角にそれぞれ4つの朱塗りのホンサル門が設置されています。

最後に社稷壇の 「社」 は土地の神であり、「稷」 はと穀物の神だと聞きました。



ここからバス通りまで出て、ソウル文化観光解説士のキムさんとはお別れしました。

「私は、ここからバスに乗って帰ります  この道をまっすぐ歩けば景福宮の駅に出ますよ」 とキムさん。

ウォーキングツアーの所要時間のところに2時間~3時間 とありましたが、

とても丁寧に案内していただけたので、時間オーバー。

ボランティアガイドさんなのに、とても気さくで勉強熱心な方で、楽しく充実した時間を過ごせました。

時間をオーバーしてしまったので、バス停まで小走りで帰っていかれました。

主婦でもあるので、夕飯の支度に間に合うかな… と同じ立場で心配したりして。

ガイドさんは、こちらからリクエストはできません。

今回は、ほんとうにいい方に恵まれ期待以上のウォーキングツアーでした。

楽しかったウォーキングツアーの余韻に浸りながら、景福宮方向に歩き出すと…



いちごを売っているトラックに遭遇。

1パック 3000ウォンのものと、2パック 5000ウォンのものとあったようですが、

食べきれないと困るので、3000ウォンのパックを購入しました。



さっきから 「お茶を飲もうよ~」 と声が上がっています。

母も長時間歩き続けたから疲れているかも。

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【西村で見つけたかわいいカフェ】韓国旅行⑲2014/3/13

2014年06月22日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

ソウルウォーキングツアー 「西村韓屋村コース」 は続いています。

先ほどから ソウル文化観光解説士の キムさんに案内をいただいて、

ここ西村界隈を歩いて見学させていただいていますが、その途中で気になったことが1つ。

バス通りのような大通りではなく、1本、2本入った裏道に

それはそれはかわいいカフェがいっぱい建ち並んでいるのです。

たぶんガイドブックにも載らない、ブログにもあまり登場しないような地域密着型のカフェ。



キムさんがスタスタと先を歩いていかれるので、写真だけ慌てて撮ってみました。



だから店名や住所を確認する時間もなく…



そうそうカフェだけでなく、雑貨屋さんも点在していましたよ。



こちらのカフェは2階の看板に 「ピアノ」 と書かれてある通り、

2階にピアノ教室があるのか、ピアノのレッスンの音が聞こえてきていました。



こんなにカフェが乱立していると、どこに入ろうか迷いますね~



蒼いカフェ、入ってみたかったなぁ。



こちらのカフェは、何度か韓国人の方が書かれているブログで見掛けました。



「パスタ」 という文字が見えるので、イタリアンかな?

      

『テオ書店』 の隣のカフェです。

店主のおばあちゃんのお孫さんにあたる方が経営されていらっしゃるとか。



こぢんまりとしていて、ふらっと入ってみたくなりますね。



こんなときに、もっと韓国語が話せたら、いろんな情報も伺えそうなのに…

店主さんと距離の近いお店が好きです。



通仁市場から歩いて近くのお店です。



レストランでもありますが、お茶もできるようです。



どのお店も、とても魅力がありました。

早く行かないと、韓国はお店の入れ替わりが激しいので、お店がなくなりそう。

このウォーキングツアー中にも 「Coming Soon」 と貼り紙が貼られたお店がいくつかありました。

辞めてしまうお店も多い中、オープンを待っているお店も多いのが韓国ですね。



ピンク色で囲った地区にカフェが点在していました。

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (4)

【テオ書店・ウォーキングツアー(11)】韓国旅行⑱2014/3/13

2014年06月21日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

ソウルウォーキングツアー 「西村韓屋村コース」 は続いています。

『鐘路区立 朴魯寿美術館』 を後にして、

      

更に南下しています。



この頃、ぱらぱらっと雨が降り出しましたが、知らぬうちにやんで

大事に至らずよかったです。



しばらく道を南下すると、通仁市場のバス通りとは反対側の入り口に出ました。

「へぇ~、こんなところに出てきたのね」 と、

私の頭の中の地図の道がつながりました。



道を右に折れ、地下鉄 「景福宮」 駅の方向に進みます。

大通りから1本入った道なので、移動販売のトラックが停車中でした。

私の子どもの頃は、豆腐屋さんがよくラッパを鳴らして路地をバイクで通過していったものでした。

今住んでいるところには、わらび餅屋さんしか来てくれません。



『テオ書店』

ソン・イェジンとキム・ナムギル主演のドラマ 「鮫」 のロケ地としても有名なので、

ご存じの方も多いかも。

こちらは建てられてから100年近く、お店としては60年間同じ場所で経営を続けてる古い書店です。

韓国では珍しいことですよね~

ご主人のおじいさんとおばあさんの名前の一文字を取って、『テオ書店』 だそうです。

おじいさんは、もうすでに亡くなられているそうです。



私たちが外でキョロキョロしていると、お隣のカフェから男性が出てきて、

「カフェを利用すると、書店の内部が見られますよ」 と。

おばあちゃんのお孫さんにあたる方だそうです。

お茶をしたいのは山々でしたが、ガイドのキムさんが先を急いでいらっしゃるようだったので、

外からの見学のみで終了。  いつかは、お邪魔したいお店です。

お店の名物のおばあちゃんは、高齢になったので、もうここにはお住まいではないそうです。



また細い路地を通って、



次は 『李象範の家屋』 へ。

      

ただの観光客なら、素通りしてしまいそうな場所です。

キムさんはインターホンを鳴らして 「こんにちは 見せてください」 と声を掛け

重そうな扉を開けてもらいました。



李象範 (イ・サンボム) さんは、韓国においての伝統絵画の近代化を進めた画家で、

この建物が住居であり画室である青硯山房 (チョンヨンサンバン) と呼ばれていたところだそうです。



号は “青田” といい、「青年の心田」という意味で、

心田の画法を受け継ぎ発展するようにと、師匠にあたる安中植が付けてくれたものだそう。



李象範さんが、ここで生活していたそのままが残されているそうです。

      

1番左のオンギの上に乗っているヤカンのような形をした容器は、

「チャングムによく登場した薬草や漢方を煎じる道具ですよ」 とキムさん。

はい、はい、上の口の部分に紙をのせて煎じている光景をドラマで見ました。



昔のそのままが残されているので、珍しい道具や家具もありました。

ここだけ時間がとまっているような気がしました。



もう予定の時間を過ぎようとしていますが、ゴールはまだ見えてきません。

よく歩きましたが、ガイドさんがいろいろと説明や世間話をしてくれるお陰で

とても楽しいウォーキングツアーです。

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント