しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【東大門・焼き魚横丁】韓国旅行⑬2013/6/5

2013年07月31日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『アックジョン・ポンヌンコピ』 でおいしいスムージーをいただいて、階下に降りてきました。

この辺りに漂う焼き魚のにおい…

お腹が空いているときなら、たまりませんね。(笑)

      

お店のあったビルの向かいは、焼き魚横丁と呼ばれている通りです。



その焼き魚横丁の並びにこんな路地がありました。

方角的には清渓川方面だけれど、どこに続いているのかなぁ…

韓国人のお食事場所を探しているカップルが上まできょろきょろしながら登って行って、

すぐ引き返してきたのでピンとくるお店が見つからなかったのかも。

あまりの暑さに私は上っていくのをやめて、傍観していました。

でもこんな雰囲気の路地は大好きです。

      

いつもタッカンマリのお店へ一直線に向かうので、周りをよく見ていませんでしたが、

こうやって画像をじっと見ていると、いろんな食べ物やさんがありますね。



そうこうしているうちに 『鍾路シンジン市場』 に到着。



この辺りにはモルモン焼き屋さんや、生けすに魚を泳がせているお店が多く見受けられます。

テーブルの鉄板でジュージューと焼くホルモンからいいニオイが漂ってきます。

ちょうどお仕事も終わった夕方の時間帯でしたから。



私たちは、遅くにボリュームいっぱいのタッカンマリ (麺を2人分も) をいただいたので、

お腹は、まだまだよくて、散歩がてら鍾閣方面にぶらぶらと歩き出しました。

      

お天気がいいのは嬉しいけれど、それにしても暑い。

まだ6月が始まったばかりだというのに…


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【アックジョン・ポンヌンコピ・東大門店】韓国旅行⑫2013/6/5

2013年07月30日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『東大門総合市場』 のビルを出ると、いつも大勢の人でごった返しています。



額から汗がじわ~っと出てくるほど気温は高いのに、屋台のお店は営業中。



いろんな食べ物から出てくるニオイとむ~んとした湿度で、この辺りは覆われていました。

その昔、昭和の時代に母に手を引かれて行った公設市場の裏路地を通るときのにおい。

懐かしいというか、アジアならではというか…

韓国は、私が忘れかけている昔の昭和時代の記憶を甦らせてくれる不思議な国でもあります。



屋台を通り抜けて、焼き魚横丁まできたら、目的のお店はすぐそこ。

      

『アックジョン・ポンヌンコピ』 です。

写真を撮っていたら、通りがかったおじさんに 「何か珍しいものがあるのか?」 と聞かれました。

「このお店でコーヒーを飲むんです」 と答えると

へぇ~といった顔をしてにこやかに笑いながら右手を挙げて去っていかれました。

おばさんが必死で写真を撮っていれば不思議な光景かもしれませんね。



お店は、2階になるので階段を上がっていきます。



はい、到着!

取っ手に手を触れない開かないタイプの自動ドアだということに気付かず、

最初に来たときは、ドアの前でじっと立っていましたっけ。

「こんなに体が重いのに、なぜ開かない?」と。

      

カウンターで注文します。



奥のガラスの向こうのお部屋は喫煙室。



「窓側が明るくて、景色も見えていいかもね~」 とやって来ましたが、



見えるのは、焼き魚屋さんの屋根とダクトからでる煙。

でも韓国らしいごちゃごちゃの配線やら割れた窓ガラスを段ボールで塞いであったりと、

突っ込みどころ満載の景色で見飽きませんでした。



暑い日だったので、キューッと冷たいものが飲みたくて

ブルーベリースムージー  5500ウォン (489円)

キウイスムージー  5500ウォン (489円)

ガラスに入っているのは、ポリ茶 (麦茶) です。   セルフで、お代わり自由。



火照っていた体が、冷たいスムージーのお陰で芯から冷えてきました。

ソウルのこういったセルフ方式のチェーン店は、飲み物のカップ (量) が日本に比べて大きいですよね。

いつもなら途中で飽きてくるのに、暑い日はそれも別。

最後までおいしくいただきました。

麦茶も、日本ほど濃く煮出したものではありませんでしたが、香りもしておいしくいただきました。

休憩をしたので、次はどこへ行きますか?


2号が出入り口を通る若者がしゃれた感じのおしゃれな人ばかりなので、

目の前のディープな雰囲気をかもし出している焼き魚横丁に似合わないと大笑いしています。

店内はコーヒーのいい香りが漂っているのに、1枚のガラスドアを出たら

焼き鯖のにおいがする方が私には笑えるツボでしたが…


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【東大門総合市場】韓国旅行⑪2013/6/5

2013年07月29日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

「東大門総合市場」 のA館5階にやって来ました。



お店があちこちにあって、どこをどう見ていいのやら…



最初はこちらのお店から。



誰の紹介でもなく、ぶらぶら歩いていて、2号が見てみたいと立ち寄ったお店です。



パーツを選んだり、ブレスレットやネックレス用の紐や鎖などを探しています。

まとめていろいろと買ったので、こちらが交渉しなくても

お店のおじさんが端数をおまけしてくれました。   ありがとう。



購入したものの一部です。



次は、こちらのお店。



ペンダントトップを購入。



「ここの通路は通ったっけ?」

「まだじゃない  こんなお店は見てないよ」



「こっち、見てもいい?」

「おじさん、これはいくらですか?」

と5階をぐるぐる歩き回る二人。



買い物にも市場見学にも満足して、階下へ下りてきました。

生地屋さんが並ぶフロア。



生地の見本がたくさん置いてありました。

ここは、建物内すべてが手芸に関するもので埋め尽くされていますね。



一番下まで下りてきて、ビルの外に出たなら、たくましいお姉さんに遭遇しました。

どこまで荷物を運ばれるのか分かりませんが、底がすり切れてしまうのも時間の問題?

と、いらぬ心配をするおばさん (私) です。



見るだけも楽しく、2号は欲しいものが手に入ってご満悦。

でも喉が渇いたよね、足も少し疲れたし…

そうとなったら、「お茶休憩でもしていく?」

と、カフェがないかとキョロキョロ辺りを探す母娘でした。


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【市内バスで鍾路6街へ】韓国旅行⑩2013/6/5

2013年07月28日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『ペップジャンチッ』 で大満足なランチをいただいた後は、鍾閣の交差点まで歩きます。

      

ワンブロック歩くだけなので、鍾閣はすぐそこ。

そびえ立つ鍾路タワーを見上げるほどの位置です。

「普信閣」 も見えてきました。

さらりと外から見学して道なりに鍾路2街方向へ…



「鍾路2街」 のバス停から 「ブルー 721」 番のバスに乗車。

バス停に着いた途端、バスがやって来たので、バス停の写真を撮っている暇はありませんでした。



で、下車したのは 「鍾路6街」 です。

      

バス停からは、目的地までぶらぶら歩いていきます。

目の前に鮮やかな衣装をまとったご婦人が…

なかなか日本ではお目にかかれないお洋服かと。

いくつになっても自分の好きな色のお洋服を着られるっていいですね~



そのご婦人が入っていった化粧品屋さんの店の前で、「マニキュアが安い」 と2号も立ち止まりました。

好きな色味が見つかったので、2号がマニキュアをお買い上げ。



こうやって鍾路沿いのお店をちらちらと見ながら、目的地に到着。

ここは 「東大門総合市場」 です。

2号がアクセサリーのパーツを見たいということでやって来ました。



A館の5階が目的の場所。



さぁ、欲しいものが見つかるかな?


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【鍾路・ペップジャンチッでお昼】韓国旅行⑨2013/6/5

2013年07月27日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

お昼がまだだったので、2号に何が食べたいのか聞いたところ、

「タッカンマリがいいなっ!」 の答え。

ここから東大門のタッカンマリ横丁まで行くには、お腹がすいているのに、

また余分な時間がかかるし、手っ取り早く近所で済ませることに…

ホテルから徒歩で10分も掛からない 『ペップジャンチッ』 です。

      

こちらのお店は、実は数年前に一度訪れているのですが、

定休日が日曜日と知らずに来てしまい、いただくことなく退散したお店でもあります。

なのに今回もなんの下調べもせず、お昼休憩があったらどうしよう…と内心思いながらの訪問。

      

「アンニョンハセヨ~」 とお店の中に入っていくと、従業員のおばさんが

「オソオセヨ」 とにこやかに迎えてくれたので、内心ほっとしました。

もし、お昼の休憩があり入店を断られたら、次にどこのお店に行くのかを決めていませんでしたから。



お昼の時間をとっくに過ぎていましたから、お客さんは、

韓国人のおじさん2人組と日本人のお姉さん2人組と、私たちのみです。

おばさん、私が汗かきだということを知ってか知らずか、クーラーの一番よくきく席に案内してくれました。

心から感謝!

東大門のタッカンマリ横丁では、クーラーなどなく、窓を全開にして所々扇風機が回る下で

汗をだらだら流していただくのが普通ですよね。

こんなに涼しいお部屋でいただけるとは、夢のようです。

      

「タッカンマリ?」 と聞かれて 「はい」 と返事をしたら

すぐに運ばれてきましたよ~

手前の冷たいポットに入った麦茶は、何よりのご馳走です。

もう暑がりの私に至れり尽くせりで、おばさん大~好き!



タッカンマリ (鶏1羽で2人分) 17000ウォン (1513円) です。

      

こちらのタッカンマリは、最初から鶏1羽そのままではなく、カットして提供されます。

他には、じゃがいも・お餅・ねぎが入っていました。

上の画像で分かるように、お鍋には最初蓋が付いてきました。

煮えた頃に、おばさんがやって来て様子を何度か見てくれ、



「お餅から食べなさい」 とお皿に入れてくれました。

こちらのつけダレは、色だけ見ていると とても辛そうですが、そんなことはなく

ほどよい辛さと酸味があって、なかなかいい塩梅のタレでした。



おいしくタッカンマリをいただいていると、

従業員の方たちもお昼のようで…    賑やかに和気あいあいとお食事中です。  

日本のおばさんも元気ですが、韓国のおばさんの方がよりパワフルですね~  

笑う声の大きいこと、大きいこと。



最後に〆で麺を注文しました。

「クッスサリ 2人分くださ~い」 と言うと

おばさんが 「えっ、2人分?」 と聞き返しました。

たぶん1人分でも結構量があるのに、私が2人分を注文したので確認されたんでしょうね。

普段は小食の2号も、おいしいものに出会ったら食べる、食べる~っ。

多いと思われた麺もきれいにんくなりました。  スープもほぼなくなりました。

こちらのスープは、煮込めば煮込むほどおいしくなっていきました。

煮詰まりそうになると、おばさんがスープを継ぎ足してくれましたよ。



とってもおいしくて、尚且つ涼しい場所でいただけて、大満足です。

お会計のレジに座られていたのは、社長さんかな?

お客さんも一段落した午後の昼下がり、気持ちよさそうにウトウトとお昼寝をされていましたが、

私たちがレジの前に立つと、むっくり顔を上げてにっこり笑い、

日本語で 「おいしかった?」 と聞いてくれました。

「はい、とってもおいしかったです。 また来ますね。 ごちそうさま」

ソウル到着、第1食目は大変満足のいく食事になりました。


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

【仁寺洞到着・ホテルへ】韓国旅行⑧2013/6/5

2013年07月26日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

「安国駅・鍾路警察署・仁寺洞」 と書かれたバス停で下車し、

      

仁寺洞キルを通ってホテルへ向かいます。

トルハルバン? (帽子がないから違うかも) がお出迎えしてくれます。



仁寺洞キルは、平日も歩行者天国になったのかしら…

歩道側は、地面がぼこぼこしてトランクを押しづらいので、車道を通れるのは有り難いです。



バス停から歩いてすぐ、仁寺洞キルを少し入ったところにある…

今回お世話になるのは 『世林ホテル』

私がよく利用させてもらうホテルです。

      

フロントで、バウチャーを見せてお部屋のキーを受け取りました。

エレベーターで3階まで上がり、お部屋へ…

通路とのドア、玄関・ユニットバスとお部屋を仕切るドアが2つ付いています。

なので、うるさくて眠れないという経験は今までなし。

      

少し手を加えたというか、リフォームした感じです。

床も壁紙も新しいものでした。

壁紙は以前のように派手でなく、私的には韓国チックな壁紙が好きだったりするので少々残念。(笑)



壁には、大きなテレビも付いています。

ベッドに座ったり、横になって見るのにちょうどいい位置ですね。



運がいいことにパソコンもありました。 (パソコンがない部屋もあるとか…)



更に運がいいことに、浴槽が付いている~っ!

実は、このホテルを予約したときに

浴槽付きと、なしでは料金が違いました。  で、ケチな私は浴槽なしを選択したのです。

わ~い、グレードUPしてもらえたわっ。

何度かこちらに泊めてもらっているので、その記録が残っていたのかしら?

とにかく嬉しい出来事でした。

そうそう、このユニットバスには、シャワーカーテンが付いていません。

でも向きを考えてシャワーを浴びれば、トイレ方面がびしょびしょになるということはありませんよ。

      

水回りは、こんな感じです。

共用のリンスインシャンプー・ボディーソープ・石けん・歯磨き粉・あかすりタオルがあり。

      

冷蔵庫には、無料のペットボトルのお水が2本とジュースが2本入っています。

飲めば、新しいものが毎日補充されます。

      

浴槽付き、パソコン付きで、幸先がいいスタートだと2人で喜びました。

お昼がまだだったので、トランクを置いたら、すぐ出発です!

お腹空いたね~


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【路線バスでソウル市内へ】韓国旅行⑦2013/6/5

2013年07月25日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

一番近かったゲート1から外に出ました。



キョロキョロして案内板を見つけ、バス停の 「4」 番乗り場まで移動。

      

私たちが乗車したいのは 「ブルー 601」 番のバスです。

でもね、このバスは気をつけなければならないことが1つあります。

以前 「漢南洞」 のバス停で乗り間違いをしたときのように、

この同じ 「601」 の看板を上げて 経路の違うバスが2台バス停にやって来ます。

途中で経路が分かれていくので厄介ですね。

最初に来たバスの運転手さんに 「景福宮へは行きますか?」 と聞くと 「行かないよ」

次に来たバスの運転手さんに同じ質問をすると 乗れ乗れと手で合図してくれました。

バスは頻繁に出ているようで、待ち時間はほとんどなし。

Tマネーで料金を支払えば、1050ウォン (93円) です。

※ 降りたいバス停は 「安国駅」、ではなぜ 「景福宮」 と運転手さんに聞いたのか?
  答えは簡単! 「安国駅」 の発音が難しく1回では通じないことが多々あるからです
  私の場合 「景福宮」 は必ず通じます   「景福宮」 の次のバス停が 「安国駅」 だったと思います




そう、私たちが乗車したのは空港のリムジンバスではなく、路線バスです。

トランクはどうするか?

座席まで持っていくしかありません。

幸い二人で一つのトランクで、しかも薄型だったためにまったく問題はありませんでした。

時間もラッシュ時ではないので、車内も空いていましたし運がよかったかも。

アシアナのCAの方も小型トランクを持って乗車されました。

実は、トランクを持って乗車することに運転手さんからクレームがつくかもと思って、

内心ヒヤヒヤしていたんです。  ダメなら地下鉄に変更しようとも思ったりしていました。



隣を水を積んだトラックが走っていきます。

韓国は水道水を飲みませんから、韓国ならではの光景かも。



マクドナルドもありますが、デリバリー用のバイクが止まっているところが

日本とは違う光景。



漢江を渡っています。



乗車時間約45分。

私たちの降車場所である 「安国駅・鍾路警察署・仁寺洞」 と書かれたバス停です。

他にも地下鉄や空港鉄道で市内に出る方法もありますが、空港から改札口までが遠い、遠い…

乗り換えもなく、空港の出口を出たらすぐのバス停のため、トランクを押して歩く負担もなく、

市内の路線バスが時間的にも体力的にも私の中では一番いい方法です。

但し、荷物が少ないときに限るかも…  

大きいトランクを持ってのバスの乗降はかなり大変で、混んでいるときは他の方の迷惑かも。

(私たちが乗ったのは、ノンステップバスでななかったので、乗降口が小さく段差もありました)

ここでバスを降り、ホテルまで仁寺洞キルを通って向かいます。

      

名古屋は梅雨に入っていましたが、韓国は日本より入梅時期が遅いので

お天気にも恵まれ、汗がたらたら出るほど暑かったです。

※ ここに書かれていることは、あくまで私たちが体験した時点のことなので、
  バスの種類や乗り場、料金、乗車時間等は、参考程度に読んで下さるようにお願いします
  必ず、ご自身で確認を!


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (6)

【金浦空港到着】韓国旅行⑥2013/6/5

2013年07月24日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

チェ・ジウさんに迎えられて金浦空港に到着しました。



みなさんに続いてエスカレーターを下ります。

いつからこうやって右側 (場所によっては左側) を開けるルールができたのでしょう?

これって、日本人だけ?   それとも国際的に?

だけど、エスカレーターって、そもそも歩きながら乗るものではありませんよね。



この大きな団扇を見ると、金浦空港に来たんだな~と思えます。

      

「ペキン、ペキン、ナゴヤ、ペキン」

中国からもたくさんの飛行機が来るんですね。



飛行機からは、乗せたときと同じようにほぼ人力でトランクを搬出しているので

少々時間が掛かり、ターンテーブルの前で待つより、ベンチに腰を下ろしていた方が賢いかも。



税関も通過して、外に出てきました。

さて、お昼ご飯をどうするか2号に聞いてみました。 

ちょうどお昼ご飯の時間帯でしたからね。

「あまりお腹は空いていない」 が2号の答え。

では、お昼は後にして、とにかくホテルまでトランクを置きに行こうということになりました。



以前、金浦空港に来たときは、地下鉄5号線で鍾路3街まで移動しましたが、

今回はバスに乗ります。    あのときから随分成長したものです。(笑)

下手な鉄砲も数打ちゃ当たるじゃないですが、失敗してもくじけずにバスの乗車を繰り返すうちに

だんだんコツを掴んできました。  何事も経験ですね。

路線バスの乗り方のコツを質問される方がいらっしゃいますが、最初から上手くはいきませんね。

私自身、名古屋市内のバスだってどんな路線があるのか、未だに把握はできていませんから。  

失敗しながら、親切な方に教えてもらいながら覚えていくものだと思います。

その過程が楽しかったりするんですけれど。

でも最低限、ハングルが読めないとバス停に書かれた路線図が理解できないかも。  



空港の出口を出たら、目の前にたくさんのバス停がずら~り。

私たちが乗りたいバスが停まるバス停は…   どこかなぁ~


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

【チェジュ航空1681便】韓国旅行⑤2013/6/5

2013年07月23日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

まだ乗り込んでこられるお客さんがいらっしゃるようで、待機中… だと思っていたら、

この飛行機は、午前11時20分発 金浦空港行きの便ですが、

お客さんの集まりがよく、さっさと飛行機のドアを閉めて離陸体制に入り、

予定よりも10分早く離陸できました。   これはラッキー!



そうそう、今回はチケットを予約した時点で席がたくさん残っていたので、

行きは金浦空港へ、帰国は仁川国際空港からの便を押さえることができました。

こうすることで、ソウルの滞在時間が少しでも延びることになります。

LCCならではですね~、片道ずつ購入できるのは。  割高にならずチケット代金はそのままでしたよ。

安定飛行に入り、カメラの許可も出たので 日本上空で1枚!



この日は、それほど揺れた記憶がありません。

チェジュは小さいからよく揺れるとも聞きますが、大きな飛行機でも揺れるときは揺れるので、

季節ごとに流れる気流の関係でしょうか…

今までソウル便で、冬のハワイ便ほど揺れを感じたことはありません。



すぐに機内サービスの 飲み物と “JJナッツ” が配られました。

先ほどまでラウンジでジュースやコーヒーをしっかりいただいたのに、

私ったら、また…



“JJナッツ” の中味はこんな感じです。

バナナチップスも入っていますよ~

でも、このサービスは今ではなくなり、有料で実施されているようです。

この “JJナッツ” も100円するんだとか。



と、もう韓国上空に来ていました。



予定では、13時20分でしたが、12時53分着陸。  早いです!

なんだか得した気分~♪

離陸も早かったですが、パイロットさんもスピードを上げて飛んだのか、

気流が安定していて、難なく飛べたのか?



パイロットさん、安全に運んでくださって、ありがとうございます。



早速チェ・ジウさんにお迎えいただきました。



わ~い、韓国に到着したよ~っ!

焦る気持ちを抑えながら、入国審査所に向かいます。


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント (2)

【チェジュ航空搭乗】韓国旅行④2013/6/5

2013年07月22日 | 2013/6韓国旅行4日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

保安検査所、出国審査とも無事通過して、搭乗口に向かいます。

その前に免税店へ…

免税店といってもブランド物ではなく、

こちらには娘たちが大好きな 『無印良品』 のお店が入っています。

2号が寄っていきたいそうなので、見て行きます。



そして、いよいよ搭乗口へ…

搭乗前にお手洗いに行ったら、洗面所にこんなかわいらしいプレートが置いてありました。

ほんのちょっとしたことだけれど、嬉しいですね。

「はい、気をつけていってきま~す!」



これから搭乗する飛行機がガラス窓越しに見えています。



搭乗口前の待合場所の雰囲気からして、

今日は、お客さんが少なさそうなので座席はゆったりと座っていけそうです。



飛行機に向かうにつれて、テンションが徐々に上がっていきます。



コックピットがちらりと見えるので、

パイロットさんに 「安全運航でお願いしますね」 といつも通りのおまじないをして、

飛行機に乗り込みます。



座席に座ると、ちょうど預け荷物の搬入中でした。

ほぼ人力ですね~、お疲れ様です。



まだ搭乗していないお客さんがいらっしゃるので、しばし待っています。



前回の帰国便では、搭乗時間を過ぎても着席されないお客さんがいらして、

離陸が遅れましたが、今日はどうでしょう…

乗客も少なめだし、ほぼみなさん席に着かれている感じです。

予定の出発時間までは、まだしばらくあります。


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント