しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【元祖ウォンハルメ・ソムンナン・タッカンマリ】韓国旅行⑦2012/11/13

2012年12月30日 | 2012/11韓国旅行5日
人気ブログランキングへ ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

ホテルからのんびり歩いて昼食会場に到着しました。

この通りは “タッカンマリ横丁” と呼ばれるほどたくさんのタッカンマリ屋さんが並んでいます。

今回お邪魔するのは 『元祖ウォンハルメ・ソムンナン・タッカンマリ』



こちらのお店が、他のタッカンマリ屋さんと違うところは鶏一羽をお水ではなく、

キバナオギ、紅蔘、トウキなどの漢方を煮込んだ出汁で煮てあるところです。

お店の外にも、そのことについて書かれた雑誌の切り抜きが展示されていますよ。



この時点で、午後1時30分過ぎ。

なので、店内はそんなに混んでいませんでした。



私は、このタッカンマリ横丁にあるタッカンマリのお店の中では、こちらのお店が1番好きです。

それは、出汁がおいしいことと、付けダレ (酢と醤油が合わせてある) が用意されている、

付けダレに入れる野菜 (にら・キャベツ) がある、お店の人が鶏をカットしてくれるから。

店主のおばさん自ら鶏をカットしてくれています。

そのおばちゃんは、お店にお邪魔する度に日本語が上達されている気がします。



4人なので、鶏2羽分をすべてカットしてくれました。

このお店は、必ずお店の人がカットしてくれます。

素人では、このカットがなかなか難しいんですよ~



「10分まって~」 と言い残してカットを終えたおばちゃんが去っていったので、

4人で10分待ちました。   そろそろかな?



食べてよし! の合図をいただいたので、いただきま~す!



付けだれに入れる野菜は食べ放題なので、途中でお代わりもして、鶏はあっという間になくなりました。

鶏を食べ終えた後は、おいしいスープに麺を入れます。



母は辛いものが大好きなので、付けダレが赤いでしょ。



こんなに山盛りに麺を入れたのは誰?    はい、私です。

私は優しい味わいのスープを楽しみたいので、タデギ (唐辛子やニンニクや酢を混ぜたもの) は入れません。



お昼のピークを過ぎていたので、のんびりいただくことができました。



奥から白菜と唐辛子を出してきて、おばちゃんがタッカンマリに入れる用のキムチを作り始めました。

白菜を塩で漬ける代わりに、お湯にさっとくぐらせていました。



私たちが ごちそうさまをしてお店を出ると、働いている従業員のみなさんの昼食が始まりました。

和気あいあいと笑いながら鍋を囲んでいました。

それにしてもみなさん丼ご飯で、韓国の人たちはよく働くけれど、ご飯もしっかり食べられるのには感心します。



あ~、おいしかった。

韓国でいただく鶏は、ほんとうにおいしいです。

4人前のセット (タッカンマリ ・ 麺 ・ トッ ・ じゃがいも ・ エリンギ)  45000ウォン (3240円)

※ タッカンマリのみも注文可です    セットにすると若干お得    お腹と相談して下さい


ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【ホテル→昼食会場へ】韓国旅... | トップ | 【東大門タッカンマリ横丁】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2012/11韓国旅行5日」カテゴリの最新記事