しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【蓮の葉ご飯♪】忠清南道視察旅行⑩2018/4/23

2018年05月04日 | 忠清南道 視察旅行
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

団扇作り体験をさせてもらった 『百済文化体験場』 からバスで少し移動した場所に

今晩の夕食をいただくお店がありました。   『황턔골 (ファンテゴル)』

帰国後地図で調べてみると、お店は 「宮南池」 のすぐ近くでした。

もしかしたら、今までもう何度もこのお店の前を通っているかもしれません。



忠清南道観光マーケティング課のチーム長 韓さんのご挨拶から食事はスタートしました。



そして、いろんな意味を込めての乾杯!

毎回、素敵な人たちとの出会いに感謝です。

韓国のビールは飲みやすいですね~



早速お料理が並びました。

この食堂の名前にあるように 「ファンテ(황태) = 干した鱈」 だそうです。 → 右上

そして、こちらの地域の名物でもある蓮を使ったお料理の数々。

カレー味のチヂミや燻製の鴨? アヒル?もありましたよ~



辛いものがあまり得意ではないので、この右下のつるにんじんの甘露煮やサラダで口の中を休めてみたり…

 

ナムルやキムチ類も美味しかった~

韓国に来ると、いつも以上に野菜を食べているような気がします…



で、メインは “蓮の葉ご飯” です!

蓮の花は極楽世界を象徴しており、蓮の葉ご飯はお寺の代表的な食べ物だそうです。

ご飯を包む蓮の葉は、若い葉よりも生えてしばらく経った蓮の葉にすると良い味が出ていいそうです。

よく蒸れた蓮の葉をはがし、湯気の立つご飯を一口噛みしめると、ほんのりとした香りが口の中いっぱいに広がります

蓮の葉ご飯は、雑穀のおこわ、松の実、ナツメ、ぎんなんなどの材料を入れてご飯を炊いた後、

蓮の葉で包んで蒸して完成します。

同時に提供された干しタラのスープは青唐辛子入りでちょっとピリ辛な味でアクセントになりました。



韓国には、その土地、土地だけで販売しているマッコリがありますが、こちらではグリーンのラベルの

“한산모시” がありました。

モシ (모시) は、大麻や荢麻 (からむし) から剥がした繊維を糸にして織った布地のことを言うそうです。

で、そのモシの生産地として韓国国内で有名なのは忠清南道の韓山という地方で、“한산모시” と呼ばれています。

スッキリした飲み口のマッコリでした。



私たちがいただいたのは、左の上から2番目の 「연잎밥정식 (蓮の葉ご飯定食)」 でした。



どれもとても手の込んだ真心のこもったお料理の数々でした。

「宮南池」 近くのお店ならではの、蓮のお料理も食べられて、大満足!

ごちそうさま♪

【황태골 (ファンテゴル)】
충청남도 부여군 부여읍 동남리 185-3 (忠清南道 扶余郡 扶余邑 東南里 185-3)
営業時間 : 11:00~21:00
休業日 : 日曜日
※ 扶余郡ホームページ : こちら

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント