しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【通義洞界隈・ウォーキングツアー(2)】韓国旅行⑨2014/3/13

2014年06月10日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

ソウル文化観光解説士のキムさんは、細い路地をすいすいと進みます。

「え~っ、こんなところに道があるの?」

「ここは私有地じゃないかしら?」

と思っても、以外に公道なんですね~

この路地の奥にギャラリーがあるそうで、少し寄っていくことになりました。



この辺りには、こういった無料で見せてもらえる小規模なギャラリーが点在していましたよ。

こちらは 『流歌軒』

写真家イ・ハングさんの自宅を改装し、アトリエ・ブックカフェ・オフィス・デザインスタジオ

として使っているそうですよ。

      

カフェも併設されているようでしたが、人影はなし。

お客さんの多い、休日だけ営業されるのでしょうか…

キムさんは、大きな声で 「アンニョンハセヨ~」 と挨拶をされ、中にずんずんと。



ギャラリーの中では、子ども達の写真展が開催中でした。

      

写真展も素敵ですが、私はこの建物の方に興味が湧きます。

伝統的な韓屋を間近で見られるいいチャンスですから。

この立派な梁を見ていたら、岐阜県の高山市にある 『日下部民藝館』 で見た梁を思い出しました。

お隣の国だけあって、この景色、この光景、どこかで見たことがあると

デジャブのように蘇ってくるときがあります。



この縁台に腰掛けて、しばらくぼーっとしていたいのは山々ですが、

只今ウォーキングツアーに参加中の身。

そのお楽しみは、今度まで取っておきましょう。

      

路地裏のギャラリー、私たちだけで来ることは困難だったでしょう。

キムさんに案内していただけて、よかったです。



まだウォーキングツアーはスタートしたばかり。

この後、山あり坂あり、市場ありと続きます。

【流歌軒】 ソウル市鍾路区通義洞7-10  10時30分-~18時  月曜休み

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント

【ウォーキングツアー開始!】韓国旅行⑧2014/3/13

2014年06月10日 | 2014/3韓国旅行5日
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

13日の午後2時に地下鉄3号線 「景福宮」 駅で待ち合わせをしたのは

ソウル文化観光解説士の方です。

こちらに来る前に自宅のパソコンから予約をしておきました。

私たちがこれから参加しようとしているのは 『ソウルウォーキングツアー』 です。



この 『ウォーキングツアー』 は、ソウルの主な観光スポットを

ボランティアのソウル文化観光解説士の方の解説を聞きながら巡る観光プログラムです。

素晴らしいことに、参加費は無料です。

以前には 「駱山城郭コース」 に参加し、お世話になりました。

そのときもいろんなお話が聞け、機会があればまた参加したいと思っていました。

今回は 「西村韓屋村コース」 をお願いしてあります。

以前から、この西村地区に興味があったんですよね~

どんな解説士の方が来て下さるかは、当日のお楽しみ。

そして、同じ日時に他の方も申し込んでいらっしゃる場合は、団体行動になります。



待ち合わせの場所にやって来て下さったのは、ソウル文化観光解説士の キムさん。

私と年格好が同じくらいの女性の方です。

明るくて、お話好きで人懐っこい感じが、このお仕事にとても向いてらっしゃると思います。

高齢の母も一緒だったので、「お母さん、お母さん」 と手を取ってとても気遣って下さいました。

今日のウォーキングツアーの参加者は、私たち4人だけだそうで、早速

これから2時間半のウォーキングツアーが始まります。

普段からよく運動している母ですが、疲れたら途中で棄権することにしていました。

まず、最初に案内されたのは 『通義洞の白松跡』 です。

実は、以前にここへは偶然1度来たことがあります。  そのときはカフェ目当てでしたが…

・ 【カフェ spring (2)】韓国旅行⑧2012/3/27

・ 【通義洞白松跡】韓国旅行⑨2012/3/27



こちらの白松は、韓国の白松の中で最も大きく樹形が美しいとして天然記念物に指定されたそうです。

しかし、1990年の台風によって枯れてしまい、

現在は指定文化財から外され、枯死した幹の下部分だけが残っていますよ。



そこから細い裏路地を通って、キムさんはどんどん進みます。

今から、どこをどう通ったのか地図を見て思い出そうとするのですが、定かではない…

韓国の路地裏は、ほんとうに複雑ですね。



日本家屋が残っている地区に来ました。

三角の瓦屋根のお家、まさしく日本家屋ですね。

狭い路地ですが、いろんな趣の家屋が建っていて、建物を見させてもらって歩くのも楽しい。

      

まだまだウォーキングツアーは続きます。

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
コメント