武雄嬉野jogtripへ(3)

2020-11-24 22:24:25 | 日記
③第3オアシス(32km)へ。
塩田宿を出て、武雄へ北に進路を変える。

長崎街道塩田道を淡々と走る。
 路傍には、あちこちに苔むした石碑や、道標や、お地蔵さん。なぁ~んにも無い風景の様だが、日本中、至る所、なんにもない所なんて無いのだと思う。おそらく吉野ケ里遺跡の頃から、いやもっと前か、切り開かれて水田が作られ、何代もの人々が汗を流し今の景観がある。知床だって、白神山地だって、人の歴史があるのだ。自分の脚で走るということは、この歴史を感じること。
 オアシスは、麦茶1杯おいなりさん2個。(9,50 1;10;10 7;22/㎞)

④ゴール武雄中央公園(42km)へ。
 第3オアシスをpm12;44発。想定外に脚が保っている。22kmオアシスまでは、なんとか走れても後は歩きでpm17;00ゴールして、今日はしぶりのベストジョグトリッパーかな、という思惑ももはや残念無理か。
 しかし、塩田宿からトイレが無いのには参った。なんとか持ちこたえたが、武雄北方体育館横の公園でほっと一息。武雄市街に入ると、道がわからん。微妙な上り下りが脚に来る。武雄温泉には、車が入りきれず路上待ちしている。昨年9月には大雨で浸かったのだ。復興してよかった。
 pm14;11ゴール。休憩を入れて、5時間45分。嬉しいね。2022へ持ち越しになった「姫路城マラソ」。制限時間6時間に間に合うではないか。『生涯現役賞』が貰えるではないか!(10,47 1;20;44 7;42/㎞)

 アミリン「5時に帰るのでは、なかったんかい?」 爺さん「う~む、、はやまった。

 武雄温泉には入らず、すぐ駐車場へ。長崎道で帰路へ。車中、長崎のもちもちさんお薦めの「ファストウオーター」をちびりちびり飲みながら運転する。三瀬または東背振経由が近いのだけど、雨模様だし疲れてもいるし高速利用。案の定、鳥栖から渋滞気味。でも結局、こちらが安全なのだ。スーパーに寄って、お刺身、ビールを仕入れて帰宅。
あ~あ、きつかった! 楽しかった! 芋羊羹うまかった!

 あの、、ここまでは紀行文で、書きたいことは続きます。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 武雄嬉野jogtripへ(2) | トップ | 『おでん、くれ~、ワン』 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たにざき)
2020-11-25 07:49:45
さすが遠藤さん、余裕の走りですね。
武雄の町も大雨の被災から復興して良かったです。
これからも生涯現役賞を目指してご活躍されることを楽しみにしています。
私は右膝が「障害現役」のためランオフして大人しくしています
Unknown (ほそはぎ)
2020-11-26 11:21:03
谷崎さん。平戸八十八か所を満願した暁には、必ず全快するものと思われます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事