こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

塩豚マイブームも続いているなか、ねぎ豚やっちゃいました。

2015-10-03 | ETC・・・


塩豚は、毎週欠かさず仕込んでます。

ももブロックでチャーシューも作ったし、肩ロースブロックをハーブ塩で塩豚にしてローストポークにするのも、バラブロックの茹で豚もすっかり手馴れたもんです。

が、豚ブロックでまたひとつレシピを会得しました!!


川津幸子さんのねぎ豚。

dancyuのムック本の「日本一のレシピ」で、編集部支持率ナンバーワンだというこのねぎ豚。

ヤバイです。

シンプルな材料に、下ごしらえなしで鍋にポン!の作り方。

これで、めちゃくちゃ美味しいトロトロ角煮のできあがり♪


【用意するもの】
豚バラブロック1キロ
長ネギ6本
紹興酒100cc
醤油100cc
水200cc

これだけ。
紹興酒は日本酒にすると和風になるそうです。


【作り方】
鍋に合わせて切った長ネギを敷き詰める。
白いとこだけいれることをおすすめします。
私は緑の部分も入れましたが、最終的に見た目と固さが気になりました。
これはこれで、茹で豚に使えるし(笑)

バラブロックを6センチ×3センチに切る。
私は買ったバラブロックの縦が約12センチだったので、「まず半分に切ってから、3センチ幅に切ってください」と依頼しました。
カットしますと書いてある売り場だとありがたいですね。
でも、4~5センチ幅になってたんだよね(笑)
角煮用ね(^^)って言ってたからなー。
家で半分にするか悩みつつ、結局そのままねぎの上に敷き詰めました。

紹興酒を回しかけます。
醤油を回しかけます。
最後に、お水を回しかけます。

鍋に蓋をして、着火。
沸騰したら、弱火にして90分。
ちなみに、ビタクラフトのステンレス鍋です。

45分くらいで、一度お肉をひっくり返しました。

ねぎからも水分が出るので、最終的には調度いい感じに。




火曜日のブロック肉特売日に買って、紹興酒を探し求めながら帰宅。
そのあと90分かけて作ったので、夜ご飯がだいぶ遅くなりましたが、美味しかった~(*´∇`*)
箸で切れるほど柔らかいし、お肉はこの厚さでよかったわ~。
私は、6センチ×4~5センチを定番にしますo(*⌒O⌒)b

残りは、翌日にゆで卵も投入して美味しくいただきました。
翌日、冷えると恐ろしい量のラードが固まっていたので、これはぽいっとな。

ただねー、ちょっとしょっぱいの。
お肉は調度いいけど、ねぎは翌日食べられないほどにしょっぱかった。
次回は醤油少な目でやってみます。

できたての角煮の美味しさは格別!!
ただし、上顎を火傷しました(笑)

そして、ちょっといい紹興酒を買ったので、お肉にかけたとたん素晴らしい香りがしました。
シンプルなだけに、紹興酒も醤油もちょっといいものを使うといいかも。

紹興酒ロックとねぎ豚の相性もバッチリ!!

旦那ちゃんにも好評で、うちの定番になりそうです。

日本酒バージョンも気になるけど、生姜や八角をいれたらどうなるのかなあ。
アレンジもしてみたいと思います。

皆様もぜひ!!
コメント   この記事についてブログを書く
« 塩豚にハマりました。 | トップ | ソーヴィニヨン・ブランが好き »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ETC・・・」カテゴリの最新記事