こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「クローサー」

2005-04-28 | MOVIE(AMERICA)
試写会「クローサー」開映19:00@ガスホール

「クローサー」CLOSER 2004年 アメリカ

配給:ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント
監督:マイク・ニコルズ
製作:ケイリー・ブロコウ、ジョン・コーリー、ロバート・フォックス、
   マイク・ニコルズ、スコット・ルーディン
製作総指揮:セリア・D・コスタス
原作:パトリック・マーバー
脚本:パトリック・マーバー
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
衣装:アン・ロス
出演:ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、
   クライヴ・オーウェン、スティーヴ・ベンハム、マイケル・ハーレイ、
   ジャクリン・ティファニー・ブラウン
上映時間=1時間44分 R-15


とにかく豪華なキャスト。
ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェンが三角関係ならぬ四角関係を演じると聞いた瞬間から、観たくてしょうがなくなってしまった作品です。

とはいえ、最近は試写会応募もネットで少~しやってるだけなので、当たりのない日々・・・。
こんなときは某試写状交換サイトかヤフーオークションで手に入れるこまったちゃん。
ヤフオクで結構な高値で買ってしまったけど、会社のM先輩も行くって言うからまぁいいや。
そう思っていました・・・。
ところが昨日、M先輩が「やっぱり行けない」と。しょうがないんだけどさ、もちっと早めに言って欲しかった・・・。
どうにか同行者を見つけ(でも半額負担はムリだった)、行ってまいりました。

時の流れが早いんすよ、この映画。ふと気がつくと数ヶ月とか1年たってんの。
その間に状況がコロコロ変わるから、気をつけて見ていなければなりません。
あれ、こっちとくっついてる!
今度はこの人とこの人が!!
というようなことが、しばし続きます。
それはそれで面白いけど、頭の切り替えの遅い人はお気をつけあそばせ(^^♪

ゴールデン・グローブ賞で最優秀助演男優賞を獲得したクライヴ・オーウェンと、同じく最優秀助演女優賞を獲得したナタリー・ポートマン。じつにこの二人がいい。
主演の二人は、完全に喰われちゃってます。

ナタリー・ポートマンはストリッパー役なのでいろんな衣装や体勢を魅せてくれます。オールヌードシーンもあったけど本人の希望でカットしたとか・・・。少女っぽいところが残っていて、それでいてばりばり女なんですよね。これは男性必見かも(笑)
ただ、この映画は男女関係が乱れているわりには直接的なセックスシーンはありません。
そういうシーンを期待しちゃダメよー(笑)

クライヴ・オーウェンはエロじじいなんですわ。これがまたハマってるんですよね。そしてひげもじゃだらしない系も、きりっとスーツ系もよくお似合い。なんたって「キング・アーサー」だからなぁ。かっこいいっす。タイプかと言われると、全然タイプではありません(爆)

さすがのW助演賞といったところです。
私はとりあえず満足しましたが、ジュリア・ロバーツとジュード・ロウには、もう少し頑張って欲しかった気がします。役のせいもあるけどね。

そうそう、ジュリア・ロバーツのやった役は、最初はケイト・ブランシェットに決まっていたらしいです。出産のために降りたそうです。
ケイト・ブランシェットよりは、ジュリア・ロバーツの方がいいと思うので、ケイトの出産時期に拍手!!(なんのこっちゃ)


今日のいくらなら出しても惜しくない ¥1000(レディースデーにいいかも)
実際に出したお金           ¥1058(ヤフオク手数料混み988円-同行者に300円分のハガキをもらう+交通費)

ちょっと超えちゃった・・・。
でも帰りに「ハナマサ」でトマト缶やらベーコンやら買い込んだのでOKとしよう。


★ 追 記 ★
日本でも芝居として上演したことがあると聞き、調べました。

キャスター・ウエストエンド・シアター第5回公演
「クローサー CLOSER」
渋谷 PARCO劇場 (1999/7/21-8/1)
作:P・マーバー 翻訳・演出:鵜山仁  翻訳:鴇澤麻由子 美術:堀尾幸男
照明:勝柴次朗 音響:深沢定次    衣装:前田文子  ヘアメイク:林裕子
コーディネイター:マーチン・ネイラー 舞台監督:加藤高
プロデューサー:中谷友和       芸術監督:山崎正和
制作:R・U・Pほか

出演:高橋ひとみ=アンナ
   宮本裕子=アリス
   石田圭祐(文学座)=ラリー
   増沢望(俳優座)=ダン


へぇ・・・って感じですか・・・。
コメント (17)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
« 試写会「プライド 栄光への絆」 | トップ | 閉じこもり »
最新の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (あやこ)
2005-04-29 16:21:32
TBありがとうございます!

クライブ・オーウェンさん、私は好きです!(笑)ほんとにハマってましたね。

ジュリアロバーツは好きな女優さんなんですけど、ここではちょっと印象が薄かった気がします。

また遊びに来させて下さい♪
コメントありがとうございました(^^♪ (こまったちゃん)
2005-04-29 16:24:43
私もジュリア・ロバーツは好きなんですが、

彼女のファンは今回ちょっとばかりがっかりかも・・・。

TBありがとうございました。 (るー)
2005-04-29 17:13:35
あんまり日本人受けしない脚本かなあ、と思いました。セリフとかはよく出来てるんですが(少なくとも英語は)、芝居の脚本をそのまま持ってきた感じがしますね。時間の経過とか…。映画向けにその辺は練り直してほしかったような。

なんだか不思議な余韻の残る映画でありました。

なるほど (こまったちゃん)
2005-04-29 19:17:55
もとが芝居ならば、過激なセリフがポンポン出てくるのも納得。

映画向けにする必要・・・。うーん。今思えばあーいう演出&脚本だったのがいいような気もします。
こんにちは! (bakabros)
2005-04-30 16:35:27
今朝5時過ぎに何故かアクセス集中エラーでTB出来ずにいましたが、反映されていたのですね。TBしっぱなしですみませんでした。

ジュリア・ロバーツが出ているだけで勝手にラブコメディか王道ラブストーリーを想像してしまいがちですが、全く違う作品に嬉しい期待はずれでした。

見ている時や見終わった時は、う~ん、という感じでしたが、ストーリーやセリフなど思い出してみると、案外面白かったような気がしてきました。

会話劇は面白かったのですが、シーンの繋ぎ方とか回想の仕方に問題があったのかな?と思います。
50円で☆ (あーちゃん)
2005-04-30 23:21:49
こんばんは。あーちゃんです。

「クローサー」すごく見たいと思っていてなかなか当選しなくて。

なので、50円でも探し続けていたのですが交換してもらえなくて・・・

しかし!本日やっと交換してくださる方を見つけて交渉成立☆

5/10に見に行ける事になりました。うれしいです。

↑を読んでマスマス楽しみになりました。

コメントありがとうございました(^^♪ (こまったちゃん)
2005-05-01 20:09:04
bakabrosさま

たしかに、演出次第ではもっと面白くできたような気がします。っていうか、面白かったんだけど、このキャストならもっと!っていう期待かなぁ。

会話の過激さは観ていて面白かったですね。ジュリア・ロバーツにこんなことまで!というセリフがポンポンでてましたもんね。



あーちゃんさま

試写会はかすりもしないし、上映館も遠いし、フンパツしました。

でも、観てよかったと思いますよ。

楽しんできてくださいね(^^♪
TBありがとうございます (ルーシー)
2005-05-15 11:06:23
そっか~、考えてみたら、舞台だったら、時間が変わるところで、ひょっとしたら、一度幕が閉じるとか、暗くなるとかのワンクッションがあったのかもしれないですね。

映画だと、そのまま続いちゃうから、時間が経過したのがわかり辛くて、ついていくのに大変な場面も結構ありましたもんね。

あとからゆっくり思い出して納得する映画のような気がします。

終わった時点では頭の中、???だらけでしたけど。

試写会で見れてラッキーでした 

ルーシーさま (こまったちゃん)
2005-05-15 18:27:14
展開が急すぎましたよね。

最初に年月がたってたときは、しばらく「?」って感じでした。その後は慣れましたけど(笑)

日本でも舞台化したらおもしろいかなと思います。

出演者にもよるけど(爆)
主題歌 (ココ)
2005-05-20 01:37:39
毎度TBお世話になります~m(__)m



ジュリアさんとジュードさん、ホント食われちゃってましたね

と言うか、ジュリアさん、最近輝きがないですね

どうしちゃったんでしょうか、赤ちゃんにエネルギー吸われちゃったかな、双子だし(笑)



この映画で一番よかったのが主題歌でした(笑)

STは出てないようですが、この曲を歌ったアーティストのアルバムは手に入れたいです♪

コメントを投稿

MOVIE(AMERICA)」カテゴリの最新記事

54 トラックバック

『クローサー』 (ラムの大通り)
-----『クローサー』って、ナタリー・ポートマンが アカデミー助演女優賞にノミネートされてた映画だよね。 「うん。まずその前に今日発表のアカデミー賞。 いやあ、思ってたのとは大違い。 ここでアカデミー予想、喋らなくてよかった。 『アビエイター』がここまで冷遇され
映画「クローサー」 (Still Life---極東喫茶室より)
先週アメリカから届いたDVDを、一本だけですが、ようやく今日見ることが出来ました。 リージョンコードの問題もあったけど、パソコンで再生したら、なんとかなったよ。ホッ。 \"Closer\"は、思っていたよりドロドロの恋愛ものでした。 そこを淡々と描いているんですが、
映画感想>Closer クローサー (音楽/映画/小説/メディア全般ブログ 「Cut the Kids in Half」)
Closer(2004) ジュリア・ロバーツ、ナタリー・ポートマンときて男性陣にジュード・ロウとクライヴ・オーウェン。この四人が織り成すファックされただのしただのという痴話映画、と切り捨ててもいいけれどナタリー・ポートマンがやっぱり重層的可愛さを放射線状にぴっ
「クローサー」 (試写会帰りに。)
スペースFS汐留。クローサー試写会。 ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライブ・オーウェン。マイク・ニコルズ監督。 基はイギリスの舞台劇。映画を観た後に知って、納得。 セリフのある役はこの四人だけ。出て来るのは本当に四人だけで、その四
クローサー CLOSER (My favorite movie illustration book)
{/apples/} \"カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる\" 2005年5月21日公開♪ マイク・ニコルズ監督 出演 ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライブ・オーウェン ナタリー・ポートマンがストリッパーの役で出演って ちょっとびっくりし
クローサー (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:マイク・ニコルズ 原題:Closer キャスト:ナタリー・ポートマン、ジュ
「クローサー」試写会行って来ました ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
{/kaeru_fuku/} 映画「クローサー」の試写会に行って来ました。{/kaeru_fuku/} {/heart_pink/}アンナはフォトグラファー : ジュリア・ロバーツ {/heart_orange/}ダンは小説家 : ジュード・ロウ {/heart_orange/}ラリーは医師 : クライブ・オーウェン {/heart_
クローサー (Aloha Days)
こちらも試写会で鑑賞 感想は手っ取り早く・・・・・「試写会でよかった」 でも決してつまらないって意味ではないんですよ。 ただ千円以上出さなくても&大画面で見なくても&今見なくてもいいよな、と思ったんですね。 かえってこの作品は、1人でしんみりとDVD鑑賞した
クローサー (Black Pepper\'s Blog)
今日公開の「クローサー」を観てきました。 キャストと予告編だけで「観たいな~」と
「 クローサー 」 (MoonDreamWorks)
監督 : マイク・ニコルズ主演 : クライブ・オーウェン /ジュリア・ロバーツ /      / ジュード・ロウ / ナタリー・ポートマン / 公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/closer/site/  クローサー 1997年5月英国国立劇場で初演されたマトリック...
映画: クローサー (Pocket Warmer)
邦題:クローサー 原題:CLOSER 監督:マイク・ニコルズ 出演:ジュリア・ロ
嫉妬描写が凹むほど上手い超ドロドロ愛憎劇 「クローサー」 (平気の平左 Blogの巻)
クローサー 評価:70点 この映画は正直微妙なところが多く、評価もあまりよくないかも知れません。 が、私は個人的に感情移入しまくってしまったので、なかなかいい映画ではないかと思いました。 この映画のすごい点は、なんと言っても嫉妬・浮気などの人間の恋愛心理
●クローサー(新作情報) (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
{/usagi/}クローサー(新作情報) 名作『卒業』でアカデミー賞に輝いたマイク・ニコルズ監督の最新作。4人の愛を描いた大人の恋の物語。ゴールデン・グローブ賞ではドラマ部門の男女の助演女優賞(ナタリー・ポートマン)、助演男優賞(クライヴ・オーエン) ロンドンの街
クローサー (ヲイラのだいあり?)
■ クローサー ( 2004 ) CLOSER  カラダを重ねるたび…        唇が嘘を重ねる。 ロンドンで出逢った男女4人の複雑に絡み合う恋愛模様を描いた大人のラブストーリー。マイク・ニコルズ監督が、ジュリア・ロバーツ、ジュード・
荒地を彷徨う寂しいカケラ達/「クローサー」評 (I N T R O+blog)
『クローサー』(2004 / アメリカ / マイク・ニコルズ ) Text By 仙道 勇人  「愛してる」「愛してる!」「愛してる……」この作品ほど「愛してる」という言葉が頻出する映画はそうはないのではないだろうか。そしてこの作品ほど「愛してる」という言葉が空々しく響く映画も
クローサー鑑賞 (Cafeアリス)
クローサー本日鑑賞してきました。 R15指定の大人の恋愛。名前のある登場人物は、4人だけ。 テレビ番組の試写会のインタビューで、「あなたは、アリス派? アンヌ派?」と聞いてたのが、アリス派が58%だそう。 聞かれたら、とっても迷うんだけど・・・...
クローサー (tsublog@theatre)
Closer 女は理性、男は本能…子孫繁栄のために男はバラまき、女は選別する。 この映画の凄いところは、ストリップ以外では裸がないのに言葉攻めでR15指定なところでしょうか(笑)むしろ成人指定でもいいんじゃない?大人の世界ってこんなもんよね。いや~ホントも~胸
映画「クローサー」 (ミチの雑記帳)
映画「クローサー」 ★★★★☆ 「カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる」なんていうドキドキの謳い文句で宣伝され、しかもR-15。 地元では「イン・ザ・プール」が公開されないので、悔しさを紛らすために2番目に好きなジュード・ロウの出ている新作を公開初日・初回で
「クローサー」 (花太郎♀の日常)
観てきました。(2004年 アメリカ) すごく好みの映画でした。 脚本もよかったし、4人の演技が素晴らしかったです。 特にクライヴ・オーウェンが凄い。 彼の作品は2本しかみたことありませんがこれからも注目したいですね。 ジュリア・ロバーツ、こんな役やるなんて
『クローサー』大人すぎる恋愛映画 (コウの鑑賞人blog)
『closer / クローサー』2005年5月21日(土)全国公開 豪華な4人のキャストアンナ(ジュリア・ロバーツ)写真
クローサー (或る日の出来事)
(c) 2004 Sony Pictures. All rights reserved.CLOSER2004年 アメリカ作品監督 マイク・ニコルズ出演 ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、クライブ・オーウェン、ジュリア・ロバーツどうしてこんなに恋愛は難しいんだろう。晴れてカップルになっても、浮気、嫉妬
ナタリー・ポートマンに魅せられた『クローサー』 (いっちにぃさんぽ)
観てきました。本日公開『クローサー(CLOSER)』。 今回も全く調べずに何とな
「クローサー」Closer (俺の明日はどっちだ)
作家志望の新聞記者ダン(ジュード・ロウ)と若いストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)。そして女性写真家アンナ(ジュリア・ロバーツ)と医師のラリー(クライブ・オーウェン)。豪華キャスト演じる2組の男女が織り成す複雑な関係を描いたこの作品、そのあまりとも言える
ジュード・ロウ様のクローサー (麻布十番CA日記)
今日はお気に入り枕とベッドのおかげでぐっすり眠れて疲れが取れたので、ご近所さんの先輩と映画「クローサー」を観てきました。 イギリス人俳優、ジュード・ロウのファンなんです! 「クローサー」は舞台を元に作成された映画らしいです。 名優たちがかもし出す雰囲気
クローサー (5/21 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『リアルなセリフに新鮮味を感じる、舞台でみたい映画』  本日、2本目は、以前から観たいと思っていた作品。  キャストはジュード・ロウ(新聞記者兼売れない小説家?:ダン)、ナタリー・ポートマン(ストリッパー:アリス)、ジュリア・ロバーツ(カメラマン:アンナ)
クローサー・・・・どろどろですよ~。 (ぷち てんてん)
この映画、一緒に行った人(女性)が途中で帰りたくなったという映画(笑)ロマンティックな映画を予想すると、みれないかもね。しかし私は、密かに面白かった(笑)☆クローサー☆(2004)マイク・ニコルズ監督ジュード・ロウ・・・・・ダンクライヴ・オーウェン・・ラリージュリ...
■ クローサー (Moovle)
【クローサー】大人のラブストーリー☆映画をご覧になった方は、是非ご感想をお聞かせください
★「クローサー」 (ひらりん的映画ブログ)
チネチッタのスタンプ・ポイントが貯まって無料券二枚ゲットしたので3本レンチャンで観てきました。 あーーーーっ、疲れた・・・記事書くのも大変だよっ。 まずは、1本目。 出演はジュリア・ロバーツ/ジュード・ロウ/ナタリー・ポートマン/クライヴ・オーウェン・・。
写真家、作家、ストリッパー、医師 (soramove)
「クローサー」★★★ ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン主演 雑踏の中 道路を挟んで 向かい合う2人 しかしまだ 2人は出会っていない。 ネットの出会い系で 知り合うことになった2人 しかしこの出会いは 単なる悪戯から始まった。 ...
クローサー (ネタバレ映画館)
 ネカマでストーカー男vs変態医師。更に嘘つき女が加わって壮絶なバトルを繰り広げる!  「カラダを重ねるたびに、唇が嘘を重ねる」などというコピーのため、一体どれだけの嘘をつくのか?と身構えて注意深く観察した(つもり)。し、し、しかし、カラダを重ねないではな
Close★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:クローサー 『ダンは街で偶然出会ったアリスと恋に落ち、同棲を始めるが、フォトグラファーのアンナに一目惚れしてしまう。 アンナはダンのいたずらによってラリーと出会い結婚するが、アンナとダンは惹かれあっていた。』 director ...Mike Nichols(Primary Co...
制作裏話「クローサー」 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
劇作家パトリック・マーバーの2作目の戯曲“CLOSER”が1997年5月、 英国国立劇場で初演されています。 イギリス演劇界久々の大ヒット作となり、数々の演劇賞を受賞。 現在までに30ヶ国語に翻訳され、 ブロードウェイや東京など世界中の100都市以上で上演されています。 舞台
クローサー0522 (M’s Jumble-grumble)
小説家、フォトグラファー、医者、ストリッパー・・・・、見知らぬ男女4人が出会い、恋し、絡まり、複雑な関係へと発展していく、ロンドンを舞台にしたお話。
「クローサー」 (Cherry)
カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる… いいキャッチだ。キャッチコピーってすごい大事だと思うんだよね。「青の炎」の「こんなにもせつない殺人者がかつていただろうか」だっけ?とか、そのキャッチ読んだだけで観たくなる映画ってあるもん! で、この「クローサー
写真家、作家、ストリッパー、医師 (soramove)
「クローサー」★★★ ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン主演 雑踏の中 道路を挟んで 向かい合う2人 しかしまだ 2人は出会っていない。 ネットの出会い系で 知り合うことになった2人 しかしこの出会いは 単なる悪戯から始まった。 ...
クローサー (KINOKANAL)
監督:マイク・ニコルズ 脚本・原作:パトリック・マーバー 出演:ジュリア・ロバーツ,ジュード・ロウ,ナタリー・ポートマン,クライヴ・オーウェン 通勤者であふれる朝のロンドン。新聞記者のダンは、車と接触事故を起こした女性を助ける。彼女の名はアリス。ニューヨ
クローサー (壺のある生活)
クローサー Closer (2004/アメリカ)自制心崩壊物語監督マイク・ニコルズ Mike Nichols脚本パトリック・マーバー Patrick Marber出演ナタリー・ポートマン Natalie Portman (Alice)ジュード・ロウ Jude Law (Dan)ジュリア・ロバーツ Julia Roberts (Anna)クライヴ
クローサー (まつさんの映画伝道師)
第104回 ★★★(劇場)  君の近くへ。  見つめあう目と目。  もっと近くへ、僕の傍へ。  視線が交錯し、君の香りが僕を包み込む。  君が目を閉じると、まぶたにある小さなほくろが見える。ねぇ、君はこんな所にほくろがあるのを知ってるかい?
クローサー(映画館) (ひるめし。)
カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる。 本当は連れと観に行く予定だったんだけど急遽ひとりで観にいくはめに。恋愛映画をひとりで観るのってちょっと気が引けるのよね。「なんだこいつ、ひとりで淋しく観にきてんのかよ」って思われるの嫌じゃん?でも何故か前から観たかった
クローサー (利用価値のない日々の雑学)
この作品はもともとは「戯曲」であり、日本でも日本の俳優が日本語で舞台作品になっていたようだが、残念ながら筆者は見たことがない。作品評では男女間の性行為描写の台詞が卑猥だという話であったが、思ったほどではなかった。又、映画のコピーにはかなり騙された。 そ
クローサー (まきまきにっき)
今日は今年29本目の映画「クローサー」を見に行った。 今日は水曜でレディースデーだしね、と思って映画館に着いたら、男性も妙に多い。 よく考えてみたら、今日は1日だから男性も安い日なのであった。 ロンドンの新聞記者のダンは、ある朝、車と接触事故を起こした...
クローサー (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ネットの掲示板などでいきなり過激で大胆な書き込みを連発する女性は、ほぼネカマか名簿業者・・・( ̄▽ ̄;) 登場人物の台詞がやたら浮世離れしてて、長台詞で持って回った言いまわしの連発だなあと思ってたら、何のことはない舞台戯曲が原作なんですね。 
クローサー CLOSER ★★★☆ (おのぺりの映画鑑賞会★)
久々にひとりで映画。Tが観たがらなそうなものでセレクト。といっても自分もどういう映画なのか知らずにチケット購入。 どっぷりとした恋愛モノは、ひとりで観て正解。恋愛の制御不能なパワーと、それに振り回されて自分も他人もボロボロになる様は、今となっては懐かしい?
「クローサー」 (ミチミチ)
「クローサー」 監督  マイク・ニコルズ 脚本  パトリック・マーバー  CAST  ジュリア・ロバーツ/ジュード・ロウ/ナタリー・ポートマン/クライブ・オーウェン・・・ ダン(ジュード・ロウ)は運命的にアリス(ナタリー・ポートマン)とアンナ(ジュリア・ロ.
クローサー(マイク・ニコルズ監督) (シネクリシェ)
 三角関係の恋愛ものというと派手な反目や諍いがつきものなので、四角関係ともなるとさぞ派手な愛憎が繰り広げられる映画が多いものと想像してしまい
34-クローサー (徒然日誌)
時間の都合で「クローサー」を見てきた。 結構美しいイメージの映画って思ってたんだけど。 ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライブ・オーウェン。 4人の豪華キャストが描く男女の恋愛模様…といったところか。 前日夜中の2時半まで起きていた
#23:クローサー ((売れないシナリオライター)KAZZの呟き!)
KAZZのこの映画の評価   今、話題の純愛ラブストーリー”電車男”とは、 対極の感じの映画かな 恋愛偏差値かなり高い人向けです 大人向けのぐちゃぐちゃした恋の話が好きな人には◎  男の気持ちが、凄く良く現れてる ジュード・ロウのだめっぷりには脱帽 ナ...
クローサー ((ほとんど)シネマ日記)
ストーリーは今ひとつ感心できないけれど、この映画は画面が綺麗ですね。美男美女が出てくるということもあるけれど、それ以上に絵作りのセンスがいい。どの場面を切り取ってもスチールになるという感じがします。 ロンドンの街角、ニューヨークから付いたばかりのアリス(
クローサー (Imagination From The Other Side)
4人の男女が織り成す4角関係をスタイリッシュに描いた恋愛ドラマ。 出演は「プリティ・ウーマン」「オーシャンズ12」のジュリア・ロバーツ、「スカイ・キャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー」「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」のジュード・ロウ、「レオン...
映画「クローサー」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
■邦題:クローサー■原題:CLOSER■上映時間:103分■ジャンル:ドラマ・ロマンス■製作国:アメリカ■配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント■提供:パラマウントピクチャーズ■公開:2005/05/21 ■監督:マイク・ニコルズ■製作:ケイリー・ブロコウ、ジョン・
クローサー closer (Dazzling M)
クローサー closer観た 様々な街並みが見れて 素敵なポートレートを眺めるような そしてそこで描かれる 人間関係が綺麗なという印象の スマートな映画でしたそして、何よりも印象的なのはキスの美しさ 何度もあるキスシーンですが、そのどれもがキスに至るまでが綺麗
映画『クローサー』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Closer 訳の分からない、理解しがたい人々だ。英国発、30ヶ国語に翻訳されたP・マーバー戯曲の映画化、恋と不倫と浮気と嘘と真実に翻弄される物語。 最初の出会いはニューヨークから遊びにやってきたストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン ...
【洋画】クローサー (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B (演技4/演出1/脚本1/撮影3/音響3/音楽3/配役3/魅力1/テンポ2/合計21) 『評論』 この作品、ナタリ
映画vol.74『クローサー』*TV (Cold in Summer)
 『クローサー』  closer / クローサー 監督: 出演: ナタリー・ポートマン 公式HP 『クローサー』を観ました。豪華キャストです。 ◇ストーリー ストリッパーをしていた「アリス」(ナタリー・ポートマン)と同棲し ...