こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「タッチ」

2005-08-17 | MOVIE(JAPAN)
試写会「タッチ」開映18:30@イイノホール
GTF トーキョーシネマショー

「タッチ」 2005年 日本
配給:東宝
監督:犬童一心
製作:本間英行
プロデューサー:山中和成
原作:あだち充
脚本:山室有紀子
撮影:蔦井孝洋
視覚効果プロデュース:小川利弘
美術:小川富美夫
編集:普嶋信一
音楽:松谷卓
VFXスーパーバイザー:坂美佐子、荒木史生
VFXディレクター:太田垣香織
照明:疋田ヨシタケ
製作統括:島谷能成、亀井修、奥野敏聡、平井文宏
録音:矢野正人
助監督:熊澤誓人
出演:長澤まさみ、斉藤祥太、斉藤慶太、RIKIYA、平塚真介、上原風馬、
   安藤希、福士誠治、風吹ジュン、若槻千夏、徳井優、山崎一、
   高杉亘、渡辺哲、生田智子、本田博太郎、小日向文世、宅麻伸
上映時間=1時間56分


一度感想を書きあげようとしていて、ふいにどっか押しちゃったみたいで・・・。
投稿されたのかと思って(よくある)見てみても下書きしたところまでしか残っていなくて。
で、すっかりくじけて寝ちゃったんですが、気を取り直してもう一度・・・。


今回は、うちらの世代では当たり前の知識でも「タッチ」の原作もアニメも知らない人にはネタバレレビューとなっています。
知らないほうがいいことも思いっきり書いてますので、ご注意ください。


コミックスとして、アニメーションとして懐かしい「タッチ」の実写版映画です。
みなみは新体操してないし、孝太郎は太ってないし、パンチまで太ってないし、明青高校のチアリーディングはイマイチ可愛くないし、カッちゃんとタッちゃんの区別が分かりにくいし・・・とこまごまとした気になるところはあるものの、長澤まさみと斉藤兄弟の爽やかな魅力で作品を盛り立てています。
3人のファンは必見でしょうね。

私が今回いちおし!なのは、新田を演じる福士誠治クン。きりっとしたお顔立ちでバッターボックスに立つ姿には見惚れちゃうほど。
韓国俳優を思わせるすーっとしたりりしい風情はおばさまたちに人気出るかも。
すでにおばちゃん一人(=こまったちゃん)の心を奪ってますし(笑)
今後、大注目したい俳優さんです。

ストーリー的にはすっかり先が読めちゃうので、新しい発見はありません。
府中市に住んでて西調布行きのバスに乗ってたのに、渋滞でバスを降りて走って神宮球場に行ったのには笑えました。間に合わないって(笑)
府中市民球場くらいにしてください。
母校の応援しに行ったなー。懐かしい。

あと、ひとつだけ大不満が残ってた!
カッちゃんが死んだ後のシーンは、何週にも渡ってセリフのない悲しいコマが連載されていたのが印象的。
だから映画でもあのシーンには声はいらなかったと思う。
みなみの泣きのアングルがよかっただけに、「声はいらねーんだよ」とずーーーーっと思ってしまいました。
あそこにはセミの声でも大音響で入れたらどう?

挿入歌「タッチ」を歌うのは韓国出身の歌手ユンナ。
悪くはないけど、やはりここは岩崎良美のパンチの効いた(死語)歌声が欲しいな。エンディングは元ジュディマリのYUKI。こっちはなかなかよい。


今日のいくらなら出しても惜しくない   ¥300(DVDかビデオ(しかも旧作になってから)でいいかも)
実際に出したお金            ¥360(ネット当選+交通費)


☆本日のおみやげ☆
本日もおみやげはありませんでした。
土日だけの大盤振る舞いだったのかな。

☆ こぼれ話 ☆
今日は「旦那にはヒ・ミ・ツ(☆o☆)」のあーちゃんと待ち合わせ。
私は「炎のメモリアル」のTVCMで一方的にあーちゃんの顔を知ってるけど、実は初対面。年甲斐もなくドキドキしちゃいました(笑)
あーちゃんが香港で買ってきたというドライマンゴーと、記事でも書いたミニマンゴーとの物々交換のための待ち合わせだったんですが、あーちゃんはTVCMよりもずっとずっと可愛らしいお嬢さんでした。
これからもよろしくね(^_^)v

人と人の繋がりって不思議ですね~。
・・・・・・延々と続く
コメント (14)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試写会「ファンタスティック... | トップ | ダンスライブ「WONDER... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
福士誠治さん (ペンシルスカート)
2005-08-20 07:43:14
はじめまして。

福士誠治さんは、佐々部監督の映画「チルソクの夏」にも出演されていたんですよ~。もしまだ未見なら、DVDも出てますので、ぜひ、ご覧くださいませ!
府中市内からバス。 (えい)
2005-08-20 17:10:21
こんにちは。



ぼくも府中市内から神宮は絶対無理と、思って観ていました。

試合終わってしまう(笑)。

もちろん、映画ですから

こんなことでリアルである必要はないのですが(^^; ....。
こんばんわ (やっぱり邦画好き…)
2005-08-20 21:04:06
たくさんのTB&コメントありがとうございます。

タッチはネタがわかっているので、どういう脚本で役者がどう演じるかが楽しみです。



これからもよろしくお願い致します。

こちらからもTBつけさせていただきました。
コメントありがとうございます (こまったちゃん)
2005-08-23 02:04:32
ペンシルスカートさま

「チルソクの夏」は未見です。ぜひDVD借りて観てみます。情報をありがとうございました(^_^)v



えいさま

ドラマとかではムリな場所設定だと思っても許せるんですが、あそこまで行き先がハッキリしていることに突っ込みたかったので・・・(笑)

同じように思ってくださっていて嬉しいです♪



やっぱり邦画好き・・・さま

原作を知っていると突っ込みどころ満載だと思いますよ(笑)

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m
同感 (xina-shin)
2005-08-23 09:32:38
>だから映画でもあのシーンには声はいらなかったと思う。

同感です。DVDでも見ると思うのでその場所だけ音を消してみようかしら・・・

ですよねー。 (こまったちゃん)
2005-08-23 09:43:53
原作を読んだ人だけの思いかもしれませんが、私はあのシーンに声はいらないとしみじみ思います。

音消してみるのは試す価値ありますね!

何ヶ月か後に試したら、感想教えてくださいね(^_^)v
死んでんだぜ (kossy)
2005-09-12 01:24:46
原作知らず、アニメ知らず。

やはり俺がジャンプ派だったためでしょうか、

サンデーにはそれほど思い入れがなかった。

部屋に少年サンデーがいっぱいありましたね~
私もどっちかというと (こまったちゃん)
2005-09-12 22:40:27
ジャンプ派でした。

妹がコミックスを持ってたんですよね「タッチ」。



懐かしいなぁ(遠い目)
新田くんも (にゃんこ)
2005-09-15 20:42:16
こんにちは

新田くん演じた福士誠治も素敵でしたね~

>セミの声でも大音響

結構、同意しちゃうかも(笑)

アングルは漫画のイメージどおりでしたものね

府中市内から神宮は、地理弱いので、あんまり気にならなかったけど(笑)

シチュエーション的に間に合うのかなぁ?っと微妙な疑問も抱いてました^^;;;

何も前提はないんですけど・・・

結果的には、当たってたんですねぇ~・・・びっくり

福士くん (こまったちゃん)
2005-09-15 23:32:16
いいですよねぇ。

出演作探さねば・・・。



泣きシーンはホント残念だったです。



府中は実家に近いので、こだわってみました(笑)



またよろしくお願いします(^_^)v

コメントを投稿

MOVIE(JAPAN)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

『タッチ』 (ラムの大通り)
-----『ウォーターボーイズ』に始まり『ロボコン』 『スウィングガールズ』、そして『タッチ』。 秋の東宝の青春映画って、すっかり根づいたよね。 「うん。でも今回は原作もの。 しかも80年代に連載されたコミックの映画化。 一見、過去の作品のように見えるけどアニメにも
『 タッチ 』 (やっぱり邦画好き…)
『 タッチ  』 [ 試写会鑑賞予定 ] 2005年:日  本 【9月10日ロードショー】 監 督:犬童一心 原 作:あだち充(「タッチ」小学館) 脚 本:山室有紀子 製 作:本間英行 音 楽:松谷 卓 主題歌:「歓びの種」YUKI 挿入歌:「タッチ」「夢
「タッチ」試写会にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
FMとやま主催のシークレット試写会に行ってきました。てっきりシークレットという映画の試写会と勘違いしていたんですが、何を上映するか知らされていない意味のシークレットでした。{/hiyo_shock2/} 上映されたのは9月公開の『タッチ』でした。 何故今頃『タッチ』の映画化
「タッチ」@イイノホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
小学生の頃、コミックにテレビアニメにどっぷりつかり、小学校高学年の頃にクラスの男の子にレコード(CDではありません)を借りてテープに録音したなぁ…懐かしい。 {/hiyo_cry1/}STORY オフィシャルサイト 上杉達也(斉藤祥太)と和也(斉藤慶太)は双子の兄弟。
あだち充原作「タッチ」長澤まさみ、斉藤祥太、斉藤慶太出演 映画公開間近! (Blogleアフィリエイト)
あだち充原作「タッチ」長澤まさみ、斉藤祥太、斉藤慶太出演 映画公開間近! 本日のキーワードは 「タッチ」  ご存知?あだち充の人気コミック「タッチ」が キーワードランクでも上位の「長澤まさみ」 あとは斉藤祥太、斉藤慶太兄弟が出演。 明青高校 COFFEE南風 など.
タッチ (酔いどれ小僧のバックドロップ)
?タッチ 犬童一心監督でなければおそらく見なかったと思う。『メゾン・ド・ヒミコ』に続いての犬童作品2連戦。 長澤まさみ演じる朝倉南と、双子の兄弟和也と達也の青春アイドル映画。 80年代の角川アイドル映画を見ているような感覚に陥る。 秀逸だったのは
原作の持つテイストと異なる「タッチ」 (わたしの見た(モノ))
「タッチ」 あだち充のコミックを実写版で映画されたが、 原作の持つテイストとあまりに異なる作品となっていた。   春の日差しのような原作、秋の夕暮れのような映画。 岩崎良美の主題歌が、ユンナに変わったどころではなかった。   「ジョゼと虎と魚たち」は素晴
タッチ (ネタバレ映画館)
 世の中には二通りの人間がいる。『タッチ』を観た者と観ない者だ。  少年サンデーに連載されているとき、双子の上杉兄弟の弟和也が交通事故で亡くなったシーンの辺りまで読んでいた。その後、コミックス、TVアニメと大ヒットしたにもかかわらず、アマノジャクな性格のた
タッチ (欧風)
「呼吸を止めて 一秒あなた 真剣な目をしたから♪ そこから何も 聞けなくなるの 星屑ロンリネス♪(カキーン←ここ重要。テストに出るよ)」(byララバイ宏美の方じゃなくて良美)って事で、ここ最近の映画で一番観たかったのが、この「タッチ」なんですっ! 「タッ
『タッチ』を観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
2005年9月13日 『タッチ』 初めての恋の切なさも、キラキラ輝く 2005年9月10日(土) 全国東宝洋画系ロードショー 2005/日本 監督:犬童一心 製作:「タッチ」製作委員会 配給:東宝 ★キャスト★ 浅倉南:長澤まさみ 上杉達也:斉藤祥太 上
タッチ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
うーーん、観ようかなぁ・・・どうしようかなぁ~^^;;;; 観るなら安く観たいよなぁ~ 『タッチ』観に行きました(笑)けして東宝の罠にはまったわけじゃありませんが(ぉぃぉぃ) あだち充の原作漫画も読んでるし、アニメも観ていたし・・・なんかちょっと懐か...
タッチ (ドリアンいいたい放題)
以前、泣けるもの という記事を書きました。 別に、自分自身が高校野球をやっていたわけではないのですが、 甲子園もの、箱根駅伝ものは泣いてしまいます。 実は予告編でうるうるしてました。。。 というわけで、 決勝戦の間ず~っと泣いてました。 映画館とい
タッチ (any\'s cinediary)
いつでも一緒だった… 三人で描いた夢―― 届けたい、この想い。 <ストーリー>
1クールのドラマとして観たかった◆『タッチ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月15日(木) TOHOシネマズ木曽川にて 私が初めて『タッチ』を知ったのは、テレビ放映が始まる前のコミック版だった。当時高校生だった私は、中学生の妹が学校の友達から1冊ずつ借りてきたものを、又借りして読ませてもらっていたのだった。双子の男の子と二人が恋する女
タッチ (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 お客さんは「タッチ」の原作を知らない世代がほとんど・・・ 私は原作の「タッチ」全巻持ってます! 大好きです{/hearts_red/} ちなみに、カッちゃん派です。 配役は、やっぱり原作と比べてしまいました。 浅倉南(長沢まさみ)は、イメージとちがっ
『タッチ』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
白球を追いかけるのも青春、三角関係に悩むのも青春、キラキラと眩しい季節それが青春。(*⌒ー⌒*) そんな青春をそのまま切り取った、代名詞の様な物語『タッチ』。皆絶対に読んだことがあるよね!(^_‐) ラストシーンを迎える頃には、ちょっぴり目じりに涙が浮かびました
『タッチ』 (京の昼寝~♪)
いつでも一緒だった・・・三人で描いた夢届けたい、この想い。 ■監督 犬童一心■脚本 山室有紀子■原作 あだち充■キャスト 長澤まさみ、斉藤祥太・慶太、風吹ジュン、本田博太郎、小日向文世、宅麻 伸、RIKIYA、平塚真介、福士誠治□オフィシャルHP  http://touc
双子のチカラ《タッチ》 (アロハ坊主の日がな一日)
あだち充には、昔ハマっていた。 子どもの恋愛感をうまくくすぐり、その気にさせる。 つきあってはいないが両思いの男女を、同じ屋根の下で住 まわせた「陽あたり良好」。隣同士の幼なじみが恋仲にな る「タッチ」とか。ありそうでない微妙な男女の関係をつ くり、幼気
タッチ (In my opinion・・・)
原作の頃からの大ファンですごく期待して臨んだ「タッチ」です。 原作が世に出たのはボクが小学校2年?1年?確かそんな年代だった。あの頃子供達が読む雑誌といえば「週間少年ジャンプ」でキン肉マンが異様に流行っていた時代だったような気がする。そんな中、ませガキな.
映画館「タッチ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
人気漫画の映画化。 ただ、私は漫画もアニメも見たことがありません。よくTVでやっている「懐かしのアニメ」とかで見て知っているくらいでした。人物設定など大体分かるくらい。しかも私は野球が好きじゃない。。。というか嫌い。「じゃあ、観るなよ」って思われそうで...
「タッチ」 長澤まさみを甲子園に連れて行きたい? (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
泣き倒しました。 だって、カッチャンが死ぬの知ってるもん。 カッチャンが南にキスしてというところも、「おい!口にしたれよ~。後悔すんで~」とか、カッチャンが「ゼッタイ甲子園に連れて行く」とできもしない(結果的に)約束をするところなんか、思春期の途中で「タッ
タッチ (いつか深夜特急に乗って)
「タッチ」★★★★(中劇3) 2005年日本 監督:犬童一心
映画版「タッチ」見てきましたよ。 (かなやす日記)
 今日、映画版の「タッチ」見てきました。アニメ版と比べると、結構面白かったですし、私、アニメ版、あまり見てないのですが、結構ストーリーもわかり、いい映画でしたよ。  双子の兄弟が野球が大好きで、隣にすんでる「みなみ」さんと甲子園にいく約束をして、双子の弟
映画「タッチ」 (solaのえそらごと)
あだち充原作の青春ラブストーリー 和也は野球部のエースとして活躍し、甲子園を目指していたが…。 ぜったいつまらないだろうとは予想しながらも、もしかしてと淡い期待を抱いてしまいました。 長澤まさみが可愛い。見所は長澤まさみ。 主役は誰やねんという気にはなるが
その笑顔のために~「タッチ」~ (ペパーミントの魔術師)
ホントはこれ見るつもりはなかった。 これも家族のリクエスト第2弾。 ・・ってかWBCの試合のおかげでみ~んなテレビを見てたせいか かろうじてレンタルDVDが残ってたのを やっとおさえられてコレを逃す手はないなと。 これは今借りるしかないでしょうって、21日レン.
B3.5:タッチ (~勝手に映画評価~)
性格正反対な双子の兄弟達也と和也、隣の家に住み二人の幼馴染の南の三人は小さなころからいつも一緒だった。南のことが好きで“南を甲子園に連れて行く”という約束を果たすために和也は野球に打ち込んでいた、しかし、南は和也の想いを知りながらも達也のことを好きになっ
タッチ・・・・・ (サクサクっと・・・)
タッチ スタンダード・エディション 原作も大好きだった 「タッチ」 長澤まさみちゃんの南ちゃんちょっと期待しています・・・
タッチ(DVD) (ひるめし。)
CAST:長澤まさみ/斉藤祥太/斉藤慶太/RIKIYA 他 ■日本産 116分 別に原作のファンじゃないし、ストーリーも完璧にわかっているワケでもなかったから変な先入観なく、普通の青春映画として観れたかな。 それでもちこっと気になったのは・・・ 南ちゃん ...
【邦画】タッチ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響2/音楽3/美術3/衣装3/配役2/魅力2/テンポ2/合計27) 『評論』 ついに
映画:タッチ (新・ぴゅあの部屋)
2005年 犬童一心監督 「タッチ」(★★★☆☆) 「南を甲子園に連れてって!」 あだち充の有名なマンガの映画化ですねー アレンジされた主題歌が懐かしい~w わたしの世代のハートに直撃です! 原作のファンで、 今でも思い出深い作品なので、 ...
金曜ロードショー「タッチ」 (勝弘ブログ)
タッチはあだち充の漫画長澤まさみさん主演で映画化。原作は全部読んだような気がするけど和也が交通事故で死んでしまうことしか覚えていない・・・映画の方ですが何か違和感が・・・原作の南は新体操部じゃなかったっけ?映