越後長尾・上杉氏雑考

主に戦国期の越後長尾・上杉氏についての考えを記述していきます。

追加【2】

2018-10-30 17:34:00 | 雑考

 片桐昭彦氏の論考である「春日社越後御師と上杉氏・直江氏 -「大宮家文書」所収文書の紹介-」で取り上げられた永禄2年6月28日付野田宮内大輔宛村山善左衛門尉慶綱書状(史料5)により、越後国上杉謙信の最晩年の天正5年に所見される村山善左衛門尉慶綱(譜代衆・山岸隼人佑の次男)という人物が、越後国長尾景虎による永禄2年夏から秋にかけて挙行された上洛の折に越後国長尾家の重臣として現れるため、すでに長尾景虎期から活動を始めていた人物であることが分かりましたので、当ブログにおける「長尾景虎(号宗心)期の越後衆一覧【2】」に追加します。


『上越市史 別編1 上杉氏文書集一』1330号 上杉謙信書状、1369号 上杉家家中名字尽手本 ◆ 片桐昭彦「春日社越後御師と上杉氏・直江氏-「大宮家文書」所収文書の紹介」(『新潟史学 第75号』新潟史学会)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 追加【1】 | トップ | 長尾景虎~上杉輝虎期に発給... »

コメントを投稿

雑考」カテゴリの最新記事