元ちょっと違う風景

京阪神の神社を中心に散策して、ちょっと普通と違うと思う風景を紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

熊野神社(尼崎市 難波)

2008-03-20 21:24:19 | 神社まいり
住所 尼崎市西難波5-9-22
尼崎神社案内によると
当社は、「史跡 伝 難波の梅」の宮として、応神天皇の旧き御世よりの
梅の名所といわれる。三月の第一日曜日には、「梅まつり」が行なわれ、
お茶会なども開かれて賑わう。境内にはそれにちなんだ石碑も建っている。
また、末社の摂津難波稲荷大社は、通称「がんのいなり、がんかけいなり」
として親しまれている。
とあります。
神奈備によると http://kamnavi.jp/en/settu/amakumano.htm
社頭掲示
創立年月は不詳。
第十五代応神天皇・第十六代仁徳天皇の御代に度々行幸あらせられて、御歌を詠まれたる梅林・当祝津宮跡社。天平年中に熊野大権現社と称し、後に熊野神社と称す。
『摂陽群談』には「権現社。天平年中、行基僧正所祭之也 土俗難波権現と称す。
熊野詣でで海路に依る場合、尼崎経由のルートが取られることがあり、その場合には当社は第一の王子社だったのかも知れない。紀伊水道の潮流に乗って北上してくると容易に尼崎に着岸できるとのこと。そういう意味でも尼崎の尼は海であり、海人族の拠点の一つとなったのであろう。
とあります。


いろりろな石碑があります。昨秋に写真を撮ったので梅の花は写っていません。
「史跡 難波の梅」「難波の梅 前内閣総理大臣 佐藤栄作」

「祝津宮古路」「伝 史跡 難波の梅」

今年2月に撮った写真です。


この昭和狛犬は昨年の写真です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 熊野大神社(尼崎市) | トップ | 熊野神社(尼崎市 杭瀬) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神社まいり」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事