馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

煙り立たぬ間に

2018-11-13 03:49:02 | 首都散策・風景・冬期

私はタカ?

雑用の合間に散歩をした
愛車で橋を渡り首都へ出るか手前で車を止めて歩くか

悩んだ末、手前で車を止め
歩いて散歩することにした

  遠目美女がいるんです

世田谷と川崎市の間に多摩川が流れ
246号線で川渡りをしていた時代のはなし

この多摩川を渡り長津田方面へ行くのが苦痛だった
なんだろうと考えるには渡るというのは

三途の川に通じるのか
其処を渡りたくない私がいた

昔の話だからハイカラな横浜市など存在しない
田園都市なく最もハイカラな新住宅地は鷺沼駅が終点の頃

東京は二子玉川駅・川崎は溝の口駅(南武線交差)
たかが百㍍ほどの川幅・多摩川を渡りたくないのである

今も渡るものは違うが何かを越えるというのが嫌いなのである
でも跨いだり高い所から眺めるのが好きなんだが

線路内を歩いている美人を目ざとくゲット
猛禽類と同じである

太陽橋を

  

田舎区から首都中心へ高架橋から見る
日に日に変化する首都中心地

目敏く

  他国と唯一、繋がっている物流の道(鉄道)

田舎区に林立する住宅街ビル群
東京と同じくらい渋滞が時間に関係なく発生している

役所で働いている奴は馬鹿ばかり
都市計画という概念がすっぽり頭にない連中ばかり

自国の民で高架橋も地下道も自前で作れない(発想が出来ない)
ロシアや日本からの援助でしか作れない脳

難しい場所・物は馬を使えば解決するという考え

ブツブツ言いながら3地区へ散歩に向かう
高架橋はストレス発散の場所でもある

漫画です

  人は不思議な生き物を創作する

3地区を散策して帰り道・バヤンズル区裏道で
存在そのものが漫画な動物と遭遇
生後半年のフレンチブル

子供には見せられない
触らせられない動く縫ぐるみ

触らせたら最後、子供は離さない生き物
可愛くて笑っちゃいます

トボケタ顔

持主はドヤ顔してました

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

首都は煤煙発生中

2018-11-12 03:08:28 | 首都散策・風景・冬期

月と煙突

秋の収穫(小麦工場)物を保管するサイロの上に月と煙突煙が
満月より掛けた月の方が何かと風情が有る

      

冬の落陽は煤煙とのバランスにある

家でボヤっとしているより散歩でものを考える
過ごし方が面白い

身体には悪い煤煙だが

弱者保護

    

先日の記事で幼児の事故防止を憂いた
此処は新興住宅街、狭い場所を効率的に活用して

子供や幼児の遊び場を確保・通り抜け通路に
多目的遊び遊戯施設を設置

場所はUBパレスの裏道である
通路の上にバスケとコート(此処でサッカーのキック練習)

3m段差の下に幼児遊び遊技場有り
コートの網がボールで破壊されている

此処をヨチヨチ歩きの幼児が行き来して遊んでいるのだ
少年が蹴るボールの威力は怖さを感じる

幼児に直撃すると脳振とうじゃすまされない

煤煙と

    

昨日も早めに出かけたのだが陽が落ちて煤煙が発生するのが早い
記事書き込み中の現在(月曜日午前5時)でマイナス10度である

散歩時は零度くらいだと思われるが北のスラム街から
下りてくる煤煙(夕餉や暖房用)は凄まじい速さである

街灯の光りに微粉が舞っているのが見える
これが肺に入り悪さをする

早く出かけ早く帰宅するという生活習慣が必要

都市機能

  

帰り道、ビール工場の裏手に強烈なライトが設置された
デジカメでメニューはお任せモードのみだが明るい

石炭泥棒用に設置されたように思う

背後からのライトで煙突が美しく写っているが
本当は煤煙で空気は汚れている

一日の散歩でハンカチが目で確認できるほど汚れてしまう

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

逃げられました

2018-11-11 12:51:53 | 首都散策・風景・冬期

おかしな娘

首都中心地から4年前に現在地へ引っ越しして
親木から挿し木で分けたハイビスカス?

一年中花を咲かせております
南国の樹木だけあり室温を一定にすれば花芽を

絶やさずつけ花を咲かせ続ける

    

挿し木ですから小鉢で育てていたが樹勢が早く頭でっかちになる
今年は秋前に隣の大部屋へ引っ越しさせ樹木を休ませることにした

ところが人間と違い花芽が急に休眠する訳ではない
花芽が少なくなった分、花は大きくなる

休もうとしない花です

餌探し

  

ロシアのバカ娘・ナターシャは半野生の娘に
なっております

散歩させたり体を洗ったりする習慣のない
モンゴル人が飼育しているから可哀想でもある

日本の愛犬家が見ると虐待に見えるかもしれない
鎖につなぎっぱなしで鎖の範囲内で

食事・健康維持・おしっこ・排便をするだけ
はっきり言って汚いロシア娘である

見知らぬ人を見ると凄い
唸り声・獰猛な目で睨みつける

そんな愛しい犬と別れ
鉄橋傍でポプラの木に群がるすずめ

餌が無くなり新芽を食べているの?

鞘月

  

月の移り変わりが早い鞘月です
それだけ時間が早くなっているという事である

満月より細い月が私は好きである
眺めていると( ^ω^)・・・(* ´艸`)クスクス

心の底から吠えたくなる

機関車と

    

散歩時間が早くなった分、同じ場所で石炭貨車とよく出会う
昨夜も帰り道鉄橋へ向かっていると威嚇警笛

振り返ると重い足取りで此方へ向かってきている
ヤバいじゃなくチャンスという言葉が出てくる

仕事している鉄道員とお友達になりましたから
表紙の写真は後押しをしている機関車を正面後ろから写す

バトル?

  

貨車を数えたら49貨車を引っ張っている
上の写真は補助機関車で鉄橋を渡り踏切手前まで

押して、連結器を外し戻って行く

高校生と私

機関車を追って昨夜も走りました
老人スタイルで走る私は完璧な老人です

若いころの走りが出来なくなっている
軽快にスタスタと走れない

要するに老人が
駆け足している姿なのである

本人は走っているつもりですが
傍目には遅い早足に見えるんじゃないかなぁ

鉄橋の手前で後押ししてくる機関車を待っている
女学生は後押し機関車を理解していないようである

鉄橋を機関車が渡り終えると
その子も鉄橋を渡りだした

  

老人走りでやっと鉄橋手前まで来て
女学生に鉄橋を渡っちゃいけないと

大声出しても女学生は無反応
イヤホンで音楽でも聴きながら渡っている

本能的にヤバいと感じ私も後ろから全力で走りながら渡る
鉄橋の半分くらいで追いつき大声で罵声を放つ

はしれ!馬鹿女!
私の声が聞こえたらしく馬鹿が振り向く

機関車が戻って来るぞ!
何を勘違いしたか私の血相を見て悲鳴を上げる

痴漢かレイプ魔と勘違いをしたようである
あの顔といい恐怖の顔を見たのは初めて

鉄橋には40㎝幅くらい走るには要領が必要な板が張ってある
後ろからレイプ魔が追いかける

いたいけな少女は恐怖で一目散にかける
やっと鉄橋を渡り終え少女は鉄道から離れ

土の道を一目散に走り消えてしまった
機関車を見ないで私を後ろ振りむきながら消えた

きっと彼女は家に帰り着き親に今、遭遇した事を
泣きながら恐怖を語っている事だろ

私も渡り終えるとビール会社の方から
物凄い顔して機関車が軽くなった機体を現し

軽快にやって来た

私が黙って見過ごせば鉄橋の真ん中で
遭遇し如何なっていたか見てみたかった

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

煤煙が酷い

2018-11-10 06:06:47 | 首都散策・風景・冬期

食らう娘

餌を持ち散歩に出かけた
早い時間だが陽が落ちるのが早く

3地区に着いた頃は北の連峰で生活している
貧乏人が夕餉や暖房で熾すストーブの煤煙が

急加速で3地区を煤煙の町と化する

    

餌を食らう可愛いロシア娘のナターシャです
昨日も管理人の若奥さんが食事中来て談議しました

勝手に私がナターシャと付けたのが面白いのか
小学6年生の娘どうよう笑ころげていました

食べている時も凄い顔して食べ終わると尚恐ろし屋娘顔
私はこれがロシア国の本当の顔(本心)だと思っています

餌を持ってきてタダで食べるのを当たり前と思い込んでいる
その心根が貧しく三流国家の素顔でもある

約束事は平気で反故にし先端技術もタダで受けとりゃ
チンピラ・やくざと同様で因縁付けて国から追い出す

文句を言おうものならお前らが約束・契約した人間は
現在、国家の重要人間じゃないとばかり跳ね返す

これが恐ろしいロシアの遣り口ですぞ

昨日、食後に私はナターシャを蹴とばしました
こんな顔しているけど反抗しないんですね

可愛いです

3階建て

  

三年前から我が家の階下で建設していたコンテナビルディンぐグ
完成したようです(半地下3階建て)

重量物を持ち上げる機械はレール付きです
軌道幅が鉄道レールの3倍ほど広い

バランスを失わないための広軌なんです
我が家の景観
は保たれました

凍結速報

    

鉄橋下の川が凍結中です
昨日より凍結が進行しています

上流から流れる川は3本に分かれていましたが
1本は完全に水が無くなり2本目も氷で閉ざされ中です

最後の1本の本流も時間の問題と思われます

貨物車交錯

    

線路内を歩き高架橋へ向かう途中、貨物車と離合しました
此の頃運転手と顔見知りになり私が居ても警笛も鳴らさなくなりました

私が安全行動をするのを知ったからかもしれません
すぐそばで写していても何事もないかのような時間どうりの運行です

煤煙が酷い

  

日本時間6時半に陽が落ち
2時間後に戻ってきたときには

煤煙でハンカチが鼻から離せません
見てくださいTVタワーがボンヤリにしか見えない有様です

煙突からの煙は南から北へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

カヤの外の人

2018-11-09 03:27:36 | 首都散策・風景・冬期

祝日

昨日も通常通りお役目を果たしに
早朝から出かけた

  

悪い癖でギリギリで目的地へ着くような
行動を行うわたしである

エレベーターが来るまで窓から煙突を写す
手前の植物は我が家の花を挿し木で寄付した物

ホールが華やかになる様にと

寄付金

  

ギリギリだから渋滞や事故に遭遇するとアウト
そこで間に合うように特殊能力を発揮したら

そこには恐ろしい顔したヒマワリさんが二人
停止命令で御用となり

極悪組織に違反切符を切られ
多額の寄付を課せられる羽目になる

私は日本でも同じような事をしていた
如何もその組織の人達とウマが合わない人間のようである

早朝から悪の組織に寄付行為をする私は偉い
急いでいる・慌てて目的地へ行こうとしている人を待ち受ける罠

そこへ飛び込む虫といった構図である

高架橋を渡り

  

目的地に着くとそこは真っ暗で誰のいない
あの寄付金は何だったのか

そこへ1時間ほど経過してニタニタしながら
やってきたカウンターパンチ君

何と今日はテロ組織・大ボスの生誕日で祝日だそうだ
気が短い私で瞬間湯沸かし器です

パンチ君に一発!
今までの不満を大爆発してしまった

そういえば国会議事堂前の広場名・スフバートル広場が
いつからか知らんがチンギスハーン広場という名前に変更したらしい

好きなんだね( ^ω^)・・・(* ´艸`)クスクス・・テロリストが
韓国の英雄・安重根と同じだね

国際空港名も観光地・テレルジにも英雄記念館が有る
モンゴル国・建国の父・スフバートルも形無しである

やけくそで太陽橋の下に車を止め
買い物と散歩に出かけた

子供達は

  

UBパレス裏にある広場で子供達が
寒風の中、サッカーをしていた

本来はバスケットコートなのだが
サッカー少年が占拠して我が物顔

網で作られた囲い塀は網が破れ穴だらけ
そこへ物凄いスピードでシュートしてくる

囲い塀の側は人様の通行道である
私も毎日、歩いていて危険と恐怖を感じる

餓鬼どもがシュートゲームをしている時は
ボール蹴りをしていない間合いを見て

小走りで駆け抜ける
側面からもろにボールが頭を直撃したら一発アウトである

私が心配しているのは其処は幼児たちの
遊技場が有る場所と隣接していることである

幼い二三歳の赤ちゃんがヨチヨチ歩きで遊ぶ場所でもある
いつも不安です

囲い網も破るシュートの凄まじさ
蹴り込んでいる餓鬼には不安・事故の概念がないのである

事故が起きない事を願い祈るしかない

校庭から

    

そんな事を考えながらパンチ君を思い出した
私が嫌いなようで私を困らせて喜んでいる

第54学校の校庭を横切っていると
炎に光る太陽が西の彼方へ向かっている

煙突からは灰色の煙が南東へたなびく
その後ろで霊山が静かに佇んでみえる

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

川の凍結が始まりだした

2018-11-08 04:32:46 | 首都散策・風景・冬期

花を楽しみ

花芽が以前より少なくなった
少なくなった分、栄養が良くいきわたるのか

花が大きくなっている

  

色っぽい娘です

ロシア娘を愛で

犬は寒いのに強いのか
可愛い時も有るんだがロシア娘は力強い

  大型トラックの重油タンクに繋がれています

餌の食い方もダイナミック
餌の周りが涎で濡れています

唾液なんです(ヨダレ)
栄養バランスがいいので

管理人の残り物よりはいいと思っている
私はメッシーですからお好みの餌を提供しています

餌代が馬鹿になりません

踏切で

  

近頃、ロシア娘がつれない
餌を持ち込めば恥じらいも遠慮もない

ガツガツ食って
私に愛想すらしない

直ぐに散歩へ向かうと踏切で機関車と遭遇
今日は重油タンクを運んでいます

重油タンクを

  

運転手とも機関車誘導員とも顔見知りになり
お互いに挨拶と手を振ります

火力発電所へ向かうタンクローリー
後姿も様になっている

鉄橋で

  

機関車を見送り鉄橋へ向かう
寒いんですが慣れました

完璧に現地民に成りつつある
怖い事です

鉄橋を渡りだすと白いものが目に飛び込む
川では凍結が始まりだした

例年、12月末なんだけど
支流で水量が少ないので凍結は時間の問題

凍結を見る

  

両岸から始まりだんだん中央へと向かう
これが一級河川だと凍結は簡単ではない

流れが澱みザラメ上の氷が表面を流れ出す
何処か水の流れが澱んだ場所で氷の結晶が集まりだし

時間をかけてザラメ上の氷がくっ付く出して凍結しだす
これの繰り返しを行い最後は流れている氷が何かに引っ掛かり

全面凍結になる

夜の機関車

  

鉄橋を渡り終え鉄道本線へと向かう
本線を短期の機関車が行ったり来たりしている

夜景が美しい

問題の場所

    

帰りは泥棒集落の場所まで来た隣にはビール酒造工場が有り

以前(つい最近まで)は明るい電気がついてなかった
私の記事で取り付けたのではないでしょうが

石炭を路肩へ落とす場所が煌々と明るい
鉄道会社がビール会社の敷地に電気設置をさせてもらった

それでも昨日は石炭が落ちていたので
電気が付こうが関係ないのか

私にとっては👀が悪いので
明るい光は大助かりです

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

何も起こらない事の幸せな

2018-11-07 15:15:04 | 首都散策・風景・冬期

霊山を見れば

九月から生活リズムが変わり
首都中心地には行かなくなった

散歩の距離数も半分になり
6kmぐらいになる

  

考えれば今まで無理していたのか
気分的なものか、以前の方が自由だったはずなのに

九月からは籠の鳥?
入り口のドアーは開放のまま(出入りはご自由に

しかし、決められた時間は有る
これが厄介なのだ

馬鹿な現地人の考えた時間だから
中途半端な時間である

3地区を午後一番で歩く真白な煙がたなびく
深夜の煙は真っ黒です

裏道を歩き

  

バヤンズル区の裏道をクネクネと歩く
そういや癇癪病持ちの国の元大統領は

まだ刑務所生活中?

あの半島は国家じゃないね
今、一番力の強い国にクネクネと添い寝する民族

住宅街の中にある広場の置物
よく見ると水牛である、後ろから見たら滑り台

区のシンボルという事は元は地方出身者と
国鉄職員・低層住居地区だったんだ

区役所前

    

区役所通りを横断し愛車を置いている場所へ出る
この当たりはまだ、駐車スペースが有る

車を出して中央駅前から太陽橋を渡り
我が家へと向かう

何事も起こらなかった一番幸せな一日でした

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

バタバタした一日でした

2018-11-06 00:25:06 | 首都散策・風景・冬期

花を写し

週の始まりは野暮用で忙しくなり
若かりし頃の生活を経験している

午後3時~5時まで拘束されるので
拘束後、ブログ記事を書き散歩に出かけていると

煤煙を肺に取り入れるようなものだから
昨夜のうちに記事を書きお昼頃に

散歩を済ませ野暮用に全力投球

    

早く出かけなきゃ間に合わなくなると
お花ちゃんだけ写して家を飛び出しました

相変わらずうちの娘たちは綺麗だ

第51学校生徒

  

鉄道大学の側にある第51学校の生徒たち
午前中組が12時に終わり午後からの組が12時から入れ替わり始まる

子供達は校庭を走りながら教室へ向かう
何と1時間半も遅刻しての登校なんです

要領がいいというか腹の座った餓鬼どもである
こんな餓鬼が大人になって我が儘をしだすと始末に悪い

5分とか10分の遅れじゃない1時間半ですよ
日本の子供達だとこれだけ遅れると休みますよね

教室に堂々と入り授業を受ける猛者たちです

私はというと相変わらず時間を気にしながらの生き方です
明日も早朝から野暮用で忙しい一日です

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

はやすぎるんじゃあーりませんか

2018-11-05 01:58:05 | 首都散策・風景・冬期

兎にも角にも寒い

例年、この月になるとマイナスになります
寒くなります( ^ω^)・・・

でも猫の肉球で押されるような柔らかい寒さです

少しづつマイナス寒さが低くなっていき
12月になり本格的な寒さが到来し

12月末にはトーラ川も凍結する寒さになります
それがですよ・・いきなりブチューですよ

若い子からのキッスだと喜びますが
身も凍るほどの寒さですよ( ^ω^)・・・(* ´艸`)クスクス

心の準備がまだできていないんですよ

    

先週から深夜は毎日、マイナス10度以下です
記事を書いている今もマイナス15度を通過しています

おかしいですよ

これで生活苦だと遣り切れません
私ですか心がポカホカですから幸せです

寒さだけです

冬景色

  

鉄橋を渡るとき本流が凍結しだした川を見て
心寒くなって悲しいです

後ろを振り向き煙突を見ると南東に煙が流れている
線路を歩いていると黄昏時の映画シーンに見える

未来が明るい散歩じゃないね

夕陽と

  

気を取り直して高架橋を渡り3地区へ向かいます
今日は色々あってカメラのシャッターを沢山切りました

余りの寒さでデジカメのフレームが凍り
指先が痺れジンジンしています

暖かい場所で指先をフーフー吹いて
血液循環を良くすると指先が痛痒いんです

あの太陽の夕陽とは違う環境です
それでも散歩する私は病気?強さ?

機関車

  

歩け歩けデス
歩く健康に勝るものはなし

医者いらず

寝んねんコロリか
ピンピンコロリか

貴方はどちらを選択しますか

帰り道は

    

早い時間の散歩で3地区の煤煙が降り注がないうちに
3地区を後にしました

高架橋に来ると少し煤煙で周りが煙ってきましたが
自宅まで15分の場所です

後ろから火力発電所へ行く石炭貨車がやってきました
貨車を数えました50車両です

何時もの様に最後尾から機関車が押しています
今日は絶対!( ^ω^)・・・(* ´艸`)クスクス

鉄橋を渡ると確信した

走りました

  

貨車が走っている時は私も線路の端により
貨車を数え機関車の邪魔にならないように避けています

後ろから押している機関車が前方へ行くと
私は二足歩行で後を追いかけます

久し振り老人スタイルで駆けました
メタボだから膝に来ます( ^ω^)・・・(* ´艸`)クスクス

息も上がりました
矢張り鉄橋を渡り終えたところで機関車が

貨車との連結器を切りました(音がするんです
機関車はライトを煌々と光らせ単機で鉄橋を渡ってきました

私は川の土手へ走り下り
土手下から機関車を待ち受けます

石炭車

  

デジカメの防水レンズにウイルスカビが付着しております
フラッシュが光り汚いものが写り込みます

今回で二度目のチャンスでした
散歩にはこういう喜びも有るんです

こういう時だけ寒さを忘れちゃんです

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (3)

明るい日中に散歩

2018-11-04 13:26:25 | 首都散策・風景・冬期

昨夜、現地人に週末土日の自動車規制は有るのか確認
早朝に調べ連絡するとのこと、午前11時頃、電話が掛って来た(規制なし

起こされたわけだが老人が長い時間、眠るのは好くないのかも
寝たのが午前5時、夜が明けて眠ったから6時間ぐらい

午後1時に待ち合わせした場所へ愛車で飛ばす
24年前に新車の車だから外観も内臓も私と同じ

待ち合わせした人物がペット同伴で待ち合わせ場所で待っていてくれた
私は一人で来るものと思ったが私と二人になるのが怖かったか

老人の癖に(粗賃ぶら提げた奴)ペット同伴でいた

その連れのペットが私の愛車を見るなり
漢人・朝鮮人の様な騒ぎようで暴れ出し私の車に乗らないと大騒ぎ

日本人の皆さん漢族朝鮮族も見た目や身なりを重要視するんですよ
棺桶に片足を入れたような愛車を見て乗車拒否(家畜分際の癖に)

私は冷静に観察していました
現地人に成りすましているがまさに漢人特有の動作や暴れようで

容貌も漢人特有の臭いがしている
タクシーを拾い後から追尾してくると大騒ぎ

しかし、待ち合わせ場所には白タクも田舎迄行ってくれる車も無し
そこで妥協案で近場の喫茶店で話をしましょうという事に相成った

ところが待ち合わせ場所には車を止める場所もなく
駐車違反最重要拠点地区、仮に5分も止めりゃ

レッカー車で引っ張られるような場所
車を止めるふりし乍ら愛車から粗賃に電話を入れ

後日、漢族ペット抜きでユックリ珈琲でもと逃げて帰ってきました
いい齢こいて苦労するような高齢ペットを掴まされ嬉しいのかねぇ

日本に妻がいるというに(不幸だぜアンタの生き方は)

なんだ

  瓜を半分にして捨て置いた干カラび物

折角、愛車で首都まで出てきたので中央駅前に愛車を止め
散歩に出かけることにした

待ち合わせ時間に遅れないように靴を突っ掛けたまま出てきたので
駐車した傍の塀に足を掛け靴紐を結んでいると不思議な物、発見!

お化け茸?

明るいうちに散歩すると面白い物が見える

日向ぼっこ

  

その隣で日向ぼっこを貪っている野良ちゃんがいた
私の靴紐結びを不思議そうに観察していた

話しかけても逃げようとしない
野良も分かるのか私が無害だという事が

野生動物は相手の心理を読むのが神業だから
普通、カメラを出しゴチャゴチャしだすと逃げるんだが逃げない

お陰様でいい写真が写せました

おお騒ぎする中国産の飼いペットより可愛いぜ!

3地区でも

  

明るい日差しの中で散歩するのは気持ちいい
いつも大勢の子供達で賑わう広場には数えるほどの子しかいない

そんな土手・草むらで猫ちゃんが日向ぼっこ中
メタボの子が上から見ているが素知らぬ態度で動かない

カメラを向けても先ほどの猫と同じで
薄目を開けて私が観察される立場で動かない

ベランダから

      

明るいうちに自宅へ帰り今日の出来事を反省中
私にはなにかあれば大袈裟に大騒ぎし暴れまくる民族は性に合わない

そのような友達も身を寄せ合うような気持ちもさらさらない
傍にも置きたくない見たくもない

先日、漢族国でバスから降りるのを忘れ海峡大橋のど真ん中で運転手を殴る婆ぁと
それに応対する運転手が車載カメラで写されバスは欄干から海中へドボン

憐れ18名の人命がお陀仏になりました
暴れた婆ぁと運転手二名を除き16名の憐れな命は如何するの

もしかして18名の中に婆ぁと運転手は含まれていないとはないだろうが
生きていたら朝鮮族・安田のように英雄扱いになるんだろうか

これが中国漢族の一般社会の習性・慣習なんです
日本国政府はこんな凶暴で自分の事しか考えない

民族を大量に受け入れて帰化させるつもりでいる
朝鮮族も然りです

モンゴルで現地民族が何千年と培った肉食生活の主食である肉を
旧ソビエト連邦国諸国の西側の貧しい国から輸入してきて肉を高価な値段で売りつける朝鮮族

国名は忘れたがルーマニア・スロベニア等西側方面の肉だと思うが不味い肉だった
朝鮮人はスーパーマーケットを他国で開店するのが上手である

以前は美味しい肉を販売していたが現在は現地人が無知だと分かると何をしでかすか
分からない民族である(私はそれ以降、買い物しない)

いつも散歩道にしているから眺めているが繁盛しているようには見かけられない
近いうちに閉店するだろう(他国に来てやりたい放題してりゃしっぺ返しをされる)

そういうことが学べないのが漢族と朝鮮族である

そんな事を反省しながら老後になって極悪ペットを養う
価値が有るのだろうかと反芻作用をしてみた

私にはロシア娘だけで充分である

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

モンゴルは今月から冬です

2018-11-03 04:01:46 | 首都散策・風景・冬期

冬宣言

明け方の午前5時過ぎに記事を書き始めました
屋外の気温はマイナス10度です

二重窓も薄っすらと結露が付き来年5月まで
開けられずの窓になります

勝手に私が厳寒期突入宣言をします

  北風が吹いて寒い

現在、机から離れ窓から煙突を見ると
煙突から出る煤煙は北風で来たから南へ煙が流れている

昨日も散歩に出かける前、ロシア娘に餌を持って生きました
管理人の娘さんが久しぶり戻ってきて会話しました

ロシア娘に名前を私は付けました
名前はナターシャと命名しました

管理人の娘さんが大笑いしていましたが可愛いと
名前を呼ばれてもナターシャは知らん顔です

急に勝手にナターシャなんて言われても
分からないみたいです

出かけた時、野球帽に手袋なしで出かけたが
ナターシャに餌を上げ3地区へ行こうとしたが

寒くて散歩どころじゃない
自宅へ戻り耳まで隠せるニット帽子と皮手袋にし

出かけ直しです

我が家は夏

  

我が家の室温は+27度で植物たちは真夏を満喫中
三種類の植物が花芽を交互の咲かせ夏本番中

屋外と室内の温度差37度です

寒々しい

    

厳寒期スタイルで散歩に出かけ鉄橋を渡ると無人踏切
此処は未歩同道路が土手で其処を近道と多くの車が行き交う

埃と排気ガスでハンカチが外せない
無法な車と突然現れる機関車に気をつけ

散歩をするのが快感?

頑張る機関車

  

高架橋を渡っていると貨物貨車を引っ張って
猛烈な速さで西へ向かう機関車を写す

陽が落ち強力ライトを光らせながら
走る機関車は迫力満点

デパートは冬物

  

3地区で徘徊を済ませデパートへ立ち寄る
目的は我が家で使用しているケーブルTV受信料に支払い

モンゴル最大の一流デパートの3階にケーブルTV局の
受信料窓口事務所が有るからである

私は几帳面というか支払い日の初日に支払うようにしている
ギリギリで支払うとケーブルを切られることが起きるからである

デパートは厳寒期用のダウンジャケットをセールしている最中
20%引きなんて、モンゴルじゃ50%・60%ディスカウントは当たり前

それだけ普段は顧客からそれだけボッタクリしているという証拠
私が泥棒市場までわざわざ買い物しているのを理解してください

権力者のやることはエゲツナイですよ
奴隷化されている中間者層・低所得者層の一般国民は

高い買い物させられて喜んで高い・割高な店で買い物する
私は馬鹿々々しいから泥棒市場で買い物する

泥棒市場は歩いているだけで面白い
泥棒と買い物客が見分けられるから尚更面白い

美しい

  

エスカレーターの隣に美人の女の子の写真が飾られていた
美しく綺麗だなぁと見とれていたら清掃の婆ぁが文句を言ってきた

左奥で牛のような尻をつき出し掃除している婆ぁである
普段は縁の下の働き者に汚い言葉を吐かない私も今日は違います

看板を見ていただけなのに何してるんだと文句を言ったから
俺様が何しようとアンタに関係ないだろうと言い返した

私の見なりが浮浪者と見えたのか
私はロシア娘の写真を見ながらをうっとりしながら

ため息をついてボンヤリ眺めていたのである
欲しいなぁ・・こんな女がと思ひ乍ら

婆ぁに因縁付けられよくよく見ていたら
子供のようである未成年者には興味のない私である

年齢から言うと14・5・6歳の少女のようである
私は未成年の少女に興味はない

二十歳過ぎで25歳までと決めている
恐ロシア娘がモデル?怖いね!

少女が大人の服を着ると様になっている
犯罪だね

石炭客車

  

気分が悪くなったのと寒さでデパートを後にした
寒さであれがも用してきたのである

近場にトイレがない現地人のように
人通りのど真ん中で用をたす度胸もない

知り合いの事務所まで我慢直行である
帰りも線路内を歩いて帰る

傍を客車が中央駅に向かい走っている

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

平穏な一日が普通

2018-11-02 12:47:43 | 首都散策・秋季

花を愛で

昨日も平和で何事もなく過ぎた

    

一昨夜の美しいほどの花も昨夜には憐れな姿になり
花の命の短さに何とも言えない寂しさを感じる

せめて生きていた証を残してやりたや

夕陽を眺め

  

昨日の煤煙を吸いたくない一心で
早めの散歩に出かけた

姫にも餌を持参し飲料水まで持ち込む
私が勝手にやりだした事、管理人たちは

エサ代が節約できると大喜び
昨日も秋の夕暮れで夕陽が綺麗

散歩に出掛け

  

散歩の時間帯が違うので変化もなく
機関車さえ見かけない

中央駅も時間帯によっては長閑な佇まい
高架橋から眺める霊山には残雪が残り

表紙の写真のように仕事帰りの
サラリーマン姿も何処か寒そうに見える

事実を記事にする

  

矢張りモンゴルで一番、働いている人たちは国鉄マン
列車で荷下ろしが出来ない場所の交換用枕木の積み込み作業

枕木が腐らないようにコールタールと防腐剤を塗り込んでいるのか
タールを薄くした新しい枕木をトラックに積み込んでいる

重いのか二人で声を合わせ投げ上げている
受け取る方もタイミングよく受け取り

トラックの片側へ積み上げている
写している

私は心の中で早く枕木を交換しないと

土がコンクリート状になり
交換出来ませんよと叫んでいる

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

早出の散歩

2018-11-01 15:03:33 | 首都散策・秋季

ある問題

私には他人に知られたくない恥ずかしく愚かな悩みが
存在している

東京や百万都市といわれる大都市で起きている問題だ
迷惑条例で社会問題を起こしているスケベ男たちの問題だ

私も如何しても見たい欲望に駆られる

  見えそうで見えな陰

私は私の中にいる神に感謝している
よくぞ異国のモンゴルへ押しやってくれたかを

東京にいれば確実に私は罪人になったやも
それほど勇気も度胸も実行力もない?

でも好きなんです

見えないものに執着するあの気持ちが
神は私に植物を与えてくれた

デジカメも序に与えてくれた
見えそうで見えない陰を好きなだけ写してみて見なさいと

愚かな君が家の中で君が愛する植物を下から写そうと
デジカメを樹木の葉陰から写そうと罰したり捕まえたりはしない

気が済むまで写しまくりなさいと

好奇心の塊ですから見えそうで見えない陰への執着心
写しまくります何十枚何百枚とメモリーという有難いもので

昔では考えられない有難い奴です
周りの目を心配することなく上から下までまた、寝転びながら写す

力作は一枚とありません

まして、これをエスカレーターや階段・歩道橋・電車内等で写したとなると
御用!御用!でお縄頂戴することになります

表紙の写真は何千枚と写したうちの一枚です
力作です( ^ω^)・・・フラッシュを光らせての力作です

屋外でやっちゃいけないものを対象物に
フラッシュが光りゃドンピカで即、逮捕です

写した力作を眺めると
何でもないツマラヌものです

先ずこれだけの力作を写せるはずがない
写せません

私もこれを写すに我が家で試行錯誤しながら
裸電球しかない部屋で被写体の服や体を触りあっち捻り

こっち向かせ、床に寝ころびデジカメを向けて
嫌になるくらいの数だけ写した力作です

出来上がりを見ればなんてことはない中身
何で愚かな男性は見えそうで見えないものに

欲望を掻き立てるのだろう

お馬鹿な老人より

ロシア娘と

    

昨日は明るいうちにロシア娘の所へ会いに行きました
この子は食べる事か薄汚い若い猛々しいオスが好きなようである

私をメッシ・・と思い込んでいる
違うぞ!

俺も若いロシア娘が好きなんだ
それでも何時かは私の事を好きになるんじゃないかという

一縷の望みを抱き今日も餌を持参して逢いに行く

夕陽を愛で

  

鉄橋を渡る手前でゴビ・カシミア工場にレンズを向ける
西に落ちる夕陽を写す

夕陽が燃えている

川の凍結

  

鉄橋の真ん中で本人と影の二人と対話をした
影一に向かいこんにちはと挨拶をする

影一が手を振ってこたえてくれた
真ん中に居る陰二が影一に何で手を振るんじゃと威嚇する

あ奴は怪しからん奴だから無視しろという
影一がそうだなと手を振るのを止める

影二は怪しからん奴である
本人のワシに向かって無礼千万な奴である

二連機関車

  

不快な影二の事を考えながら鉄橋を渡り終え
本線へ続く線路内を歩くと本線を二連結機関車が走っている

早く散歩に出かければ煤煙に遭遇しない事が分かった
明日(今日)も早く出かけることにしよう

煤煙がない首都は綺麗で気持ちい

鉄橋を渡る

      

1時間だけ早く散歩に出ただけだから帰りは御覧の通り真っ暗
煤煙は少なかったが鉄橋手前で火力発電所から戻ってきた機関車と遭遇

私は土手下からデジカメを向け鉄橋を渡る機関車を写す
先頭には監視・保線区員が立ち辺りを睥睨している

鉄の塊である機関車はやはり凄い
子供や赤ちゃんが尊敬するのが理解できる

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

夕陽赤く煤煙黒く

2018-10-31 11:53:34 | 首都散策・秋季

食料調達

午後二時頃、車で買い物に出かける
家には食料が何もない

冷凍庫には肉が有るが肉を食べない日がない
日本でいえば酒断ちのようなもの

一週間に二日ほど肉を食べない日を作りましょう

  

先日は飲料水会社の社長が我が家まで
飲料水を大量に持ち込んできてくれた

昨日は食料品をまとめ買いの為
久し振り愛車で出かける

相変わらず渋滞で道路は動かない
歩いて30分ほどの場所だが買い物後の荷物は

重労働である・両手に10㎏以上の
買い物袋を提げて30分歩くのは辛い

太陽橋の傍にある高架橋下に愛車を駐車し
歩いて高架橋を渡り市場へ

この簡単な作業(歩く)をするのが辛い(何回も往復するのが嫌で)
一度で済むように簡単な買い物をした

本来はこの際とばかり主婦のように大量買しない
卵30個・牡蠣ソース瓶2個・野菜・パンだけ

一人生活ですから健康は度外視
簡単料理と偏食食材購入だけ

肉ばかり食べていると顔から料理用油が摂れる
料理用オイルが無くなるとペーパーを顔に当て

油を吸い取りフライパンに乗せる
卵も野菜炒めを作れる(大袈裟に言えば)

毎日、風呂に入り垢を流す
その垢が曲者・湯船に油がベットリこびり付く

風呂上り湯舟の栓を抜いてそのままにすれば
二度と人様に見せられない湯舟になってしまう

他人が脂性かどうかは風呂に入れればわかる
私は物ぐさ爺さんだが風呂上りイの一番にすることは

洗剤で湯舟をピカピカに垢(油)落とし(洗浄)することです
一人暮らしで何が変わったかといえば

トイレと湯舟掃除は生活習慣病になるくらい欠かせません
それと散歩・外出時の前には髭剃りは欠かせない

この三つをしなくなった時、私は老人になったと
自己判断する覚悟です

夕陽を

  

ベランダから夕陽を眺めています
本当は朝陽も眺めたいが朝陽を拝むことが出来ない

我が家は西向き家
以前は東と西に窓が有る部屋に住んでいた

あの時は当たり前と思っていたから
感謝など感じなかった

夕陽が落ちると

  

煙突といい連峰に落ちる夕陽は美しい
私の人生もあのくらい落ちているんだろうと

思うと考え深いものを感じます

煤煙が発生

    

健康・健康といいながら生活習慣は怖いものです
夕方にならないと散歩へ出かけない

分かっちゃいるけど止められない
スイスイスーラダ節ではないが不健康な夜が好きなんです

煤煙が北の峰から寒気団に押さえ付けられて
悪魔のように流れ落ちてくる

陽が落ちた途端
目に見える速さで落ちて来るんです( ^ω^)・・・煤煙が

煤煙の恐怖

    

表紙の機関車が証明しています
強いライトに煤煙が何重もの輪を描き出され見えます

馬鹿爺さんだが馬鹿なりに一応、木綿のハンカチを
口と鼻に当てて歩きます

その日だけで木綿のハンカチは真っ黒になるんです
他人も馬鹿と簡単に記事に書き貶しますが

一番の馬鹿は私である爺さんです
一晩で汚れたハンカチを洗濯するのは勿体ないと

そこで次の日は反対側を口と鼻に当てます
その次の日は半分に折りたたんだ方を開き綺麗な面を

口と鼻に当てます、四日間、使用できます
やることは完璧な馬鹿爺さんです

世の中の馬鹿でも分かります
汚れた面の煤煙を爺さんは三日間、口と鼻で吸い続け
肺の中を汚しているんです

馬鹿爺さんは防塵対策をしているつもりなんです
こうして記事を書いていて自分の馬鹿さ加減に

情けなるやら悲しい馬鹿を通り越し
話しにならない馬鹿なんです(* ´艸`)クスクスわたすは

いっその事、ハンカチでマスクなどの真似しないで
堂々と煤煙を吸い込んだ方が健康と思うんですが

皆さんはどう思われますか

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

花 華やか 花芽 はなやか 枯れぉ花

2018-10-30 16:46:52 | 首都散策・秋季

野望用の為

個人的問題も一段落し野暮用が忙しい
仕方ない、やれる範囲で貢献している

    

我が家の花たちも親分が安心したのを察したのか
この期に及んで花盛りである

外は昼間でもマイナスになるときが出てきた
寒さ真っ盛りになりそうな季節です

野暮用前に散歩をしてユックリ野暮用に
精を出すとしますか

壁画観賞

    

昨日は驚異的な散歩時間になって愛車で出かけた
愛車を止めた場所の壁にバンクシーの壁画が?

モンゴルは壁画が多い国なんです
来蒙、当初はチエゲバラの壁画や
政治スローガン壁画が多かった

近頃は芸術的な壁画が多く楽しみにしている
ところがである

この国にも馬鹿がいて

素晴らしい壁画アーチの上からスプレーで
悪戯する馬鹿が多い

焼餅・妬み・嫉みだろうが馬鹿だね!

若芽を

  

第54学校を横切っていたら最初は餓鬼集団が走ってきた
次に惚れ惚れするような新芽の乙女たちが4人来るじゃないですか

止まれ!( ^ω^)・・・ストップ!(* ´艸`)クスクス
写真を撮るぞというとVサインをしてくれた

あぁいいなぁ私もあの頃に帰りたい
猫まで抱いた可愛い子ニャーンたちです

はなやかな

  

夜目遠目傘の内という
遠くで群れる人の美しさ

遠目の霊山も煤煙で煙り雲霞み?

〆は枯れ尾花

  

我が家の裏にある霊山もとデジカメを向けると
写してはならぬものを写し込んでしまった

誰にも邪魔されない空を飛ぶ勝手な鳥のような方
此の齢になると必ず映り込む枯れ尾花

何もない景色には賑わいのものと喜ぶか

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント