馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

再挑戦

2019-01-14 02:09:55 | 首都散策・風景・冬期

再度アタック

風邪も治りそうでまた、悪くなるという塩梅
繰り返しが続いている

お婆婆ぁの風邪は質ワルです

    

昨日に続き再アタックを試みる
一昨日オロオロしながら歩いた20mの倍の40mまで

勇気を出して!

氷上に霜の花が咲き乱れているから大丈夫とばかり
ところが何だか微妙に怪しい気配

動物的第六感というか皮膚感覚

20mでアップ

    

動画か何かで写していると私のヘッピリ腰姿の方が
絵になるのではないかと思う

5㎝から10㎝の氷の割れに恐怖を覚える私が面白い
正常な判断が出来なくなるというのは此の事かと思う

雑草の有る場所を目安に歩くが何だか怪しいよ

対岸の土手を

  

土手にコンクリートの破片が置かれている
其処へ蟹歩きで土手へと向かう

我乍ら情けない姿で土手へ這いあがる
口じゃ一人前の強気な発言も実は弱虫なんです

口とは裏腹な奴とは私の事である

一度、ドボンと氷を割り水浸しになれば
いい年こいて
馬鹿な行動も控えるのではないかと思うが何時も単独だから

何が真実で何がフェイクか分からない

テクテク歩く

  

恐怖と弱い心で鉄橋まで対岸の凸凹道を歩く
馬鹿運転手はわざと私の傍でスピードを上げ走り去る

土埃を巻き上げての悪さである
底意地の悪い現地人

根性の無い私への罰ゲーム

水深は10㎝

  

枯草を折りシャーベット状の氷に突き刺すと
柔らかいから簡単に刺さります

抜いてデジカメで証拠写真
約10㎝の水深である

この10㎝の深みに落ちる恐怖なんです

水の最先端

  

鉄橋まで20m程の場所を水が静かに流れている
外気は寒いんですマイナス16度くらいですか

二三日前から寒さが緩んでいるんです
そのせいか水が急激に凍らない

作業中

  

線路内を歩いていたら背後から無言で機関車が迫って来た
客車と貨物貨車が行違う

河川敷で恐怖を味わってきた分、気分が最低
何時もの愛嬌が私から消える

帰りは昔の散歩コースを歩いて帰宅する

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
びっくり
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 恐怖で足が竦む | トップ | 寒さ襲来 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
寒いですね (sake)
2019-01-14 22:35:54
こちらも寒いですが、モンゴルとは比べ物にならないでしょう。川も凍るのでしょうか?
モンゴルさんは氷の上も歩かれるんですか?!
でも凍っても、水の色がきれいなものですね。

今日は前にモンゴルさんに教えていただいた「川和富士」を見てきました。
写真も撮ってきて、先ほどブログにアップしてみました。(^o^)
山の手前にもう一つ小さい山があるんですね。上まで登れるようなので、登ってもみました。
故郷は遠きに有りて (馬とモンゴル)
2019-01-15 00:00:59
sakeさん

こんばんは!

先ほどブログを拝見し涙しました

あまりの懐かしさに涙が出ました

山頂には御影石で地図コンパスが描かれ360度大パノラマです

車は何処彼処に止められ時間の許す限りボーッと時間の過ぎるのも忘れ富士を眺めていました

此処には川和富士と勝田富士と何とか富士という三富士(都筑区資源回収センター裏にニ富士が)が有るんです

昔の古墳跡地が有り昔から富士講参りで有名で地区ごとに金を出し合い代表が富士山参りをし、残された人たちはミニ富士で五穀豊穣・無病息災・家内安全等を願っていたようです

三富士の内、川和富士(一番よく見える)だけ区が整備したようです

正月早々、好いものを見せていただき感謝します

横浜に来たら横浜ラーメンを食べて帰らなきゃ横浜へ来た意味がないでしょ

職場の馬鹿社員に下ネタ話をされても老後の事を考え馬鹿は馬鹿なりに使えばよく働きます

退職金の増額や年金割り増しを頂く働き方辞め方、退職後の再雇用対策を考えるのが賢い女の仕事でしょう

下ネタしか話題がない相手に本気で喧嘩したり気まずい思いをしていたら満期円満退職できなくなりますよ(注意を!)

彼らが一生懸命働いてくれるから退職金がいくらかでも頂けると思えば可愛い働き者のパトラッシュのような忠犬じゃないですかジャーキーでもビールのつまみにプレゼントするくらいの大らかさを養いましょう

sakeさんが二次会・三次会を期待するからパトラッシュたちは仲間と勘違いし妄想を口にするんですよ

彼方の退職はもう直ぐ眼の前の出来事ですよ

第二の職場探しに突き進め電波乙女!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・風景・冬期」カテゴリの最新記事