馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

賢者の言葉四日目

2019-09-22 12:23:25 | 首都散策・秋季

愚かな民族

霊長類も住む場所で何千年と虐げられた
生活を送らされると遺伝子まで進化してしまう

端的な例が隣国・朝鮮民族だろう
朝鮮族の血と漢族の間には切っても切れない血が交わっている

長い歴史の中で朝鮮族女性と漢族権力者との混血
虐げている女性と権力者の癒し妾としての交わり文化

何千年と脈々と繋がり続ける婚姻関係(漢族と朝鮮族の関係)
これは漢族だけではないユーラシア大陸全土の話である

  中曽根という場かな首相がいた

日本国である大和民族も例外ではない
馬鹿な首相が言い放った日本国は大和民族単一民族であると

馬鹿なことを言う人ほど大和民族より他民族の事が多々ある
日本国民も他民族との混血で成り立っている国家と考えたほうが理論的である

他国家と日本国との違いは海洋を行き来しないと交流できない難しさが
日本国という他国とは相容れない日本独自の文化を作り上げたと考えられる

簡単に他民族が土足で国土を踏みにじるような環境であったならば
日本も非常に難しい国家に成り下がっていた可能性が大きい

人間以下

  朝鮮族は米国と似たもの同

韓国の経済を観察すると特徴的なものが見えてくる
地政学上から韓国半島は自由主義国家の橋頭ほうとなった

しかし、漢族・中国が共産国家として成立してしまい
血が同じ集団と虐げられた恨み集団とが相反する集団とに分かれた

賢明な企業の商品をデザインだけ変え商品化し販売して金儲けする方法
国家や組織を優先させるより個人を優先させる家族主義商売方法

基本は何もない無だから商売が成り立たなくなれば集団には何も残らない
今回の半導体問題でも一部分の製品を立たれると産業自体が機能しなくなる組織

時間(歴史的)という長いスパンで地球を見れば
いずれ両国は歴史上から消えさてなくなる国家といえる

第45学校

  奴隷義務教育施設

首都に用事ができ車で出掛けた
駐車する場所がないので裏道に駐車し

20分ほど歩いて首都中心地まで行く
途中に第45学校があり下校途中の生徒たち

真夏?

  親の心子知らず

首都で一番人通りが激しい国営デパート前の噴水広場
昨日は蒸し暑く現地人には真夏日だったのだろう

大きく上がる噴水にびしょ濡れで通り過ぎる遊びをする子供たち
英雄気取りなんでしょう・・何度も繰り返して元気溌剌

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 賢者の忠告を無視したツケ | トップ | 賢者の言・五(一国内に二国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・秋季」カテゴリの最新記事