馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

酒が飲めるよのクリスマス

2019-12-26 13:32:56 | 首都散策・冬季

黒煙

グレタちゃんには悪いが強い寒気団が来て
座り込んでいる(ロシアン太郎です)

化石燃料である石炭をボウボウと燃やして首都は暖を取っています
昔は山の生木を伐採し暖や夕餉の燃料にしていました

お陰で連峰は禿げ頭になっているモンゴルの山並み

大人の世界にはえも言われぬ理由があるんです
簡単に解きほぐせず解決できない事が多々有る

ああ言えばこう言う上祐君みたいな人が世界中に多くいる
そういやグレタちゃんも上祐君に似ているなぁ

今日のニュースにロシアに現在もシベリア(監獄)送りと言う
夢のような現実の話があることに驚愕する

現在、ロシアは自由主義国家になっているが現実は
中国と同じでガチガチの共産主義国家ですよ

トルストイの時代なんですよ

露反体制団体幹部が“北極送り” 政権側の報復か

題名で検索すれば記事を読めます(朝日じゃなく産経です)

三日後以降には日本へ行き悪さをするシベリア寒気団太郎です
初日の出とか初山登りとかで命を落とさないでください

モンゴルは昨夜からマイナス35度と言う寒さ太郎が来ています
クリスマスだから酒飲ませろと五月蝿くて仕方ない

誰も取り合わないから今朝までキンキンに冷やして
おもてなしの国・日本へ年越しとお屠蘇を頂きに行く予定です

ロシアへトランプの経済封鎖でモンゴルも青息吐息です
日本の皆さんよくない酒をしこたま飲ませ歩けないようにしてやって下さい

モンゴルでよくない酒とは乳牛で作る8度から12度くらいの牛酒です
日本酒と同じで上膳水の如しの酒をロシア人に飲ませたら奴ら馬鹿だから

度数が低いからがぶ飲みして腰抜けてしまった話です
それだけロシア・中国民族は欲深いと言うことです

  青い空と灰色の黒煙

泥棒坂の真横に権力者が立てたマンションが立ち並ぶ
其処には住民が利用する階段があり垂直に作られている

一切の無駄を排除した作りであるから
老人には足腰の鍛錬には打って付け(キツイです)

手すりに掴まり一歩一歩慎重に下り上りする
私は付いて後をつけると待ち草臥れるので老人たちが

消えるまで上りません下りません
歩く時まで規制されたくない(私も老人だけど)

対岸に霊山が見えます
空の上には青空も見えます

如何に人間は地球を汚しているか目に見える現実です

動きません

  鉢も頑固鳥

ビール工場の小麦搬入口には雀とハトが群れを作ります
此処で働く従業員は仏教徒だからハトや雀を食べません

それどころか小麦を好きなだけ与えるんです
経営者が見ると怒りますよ

現地人は獰猛だけど変な所に優しさがある?
空腹じゃなけりゃ寛容なだけか

何せ獰猛です
危ないです

老人に優しい国

  年寄りに優しい国

この急な階段を見てください
息が上がります

私も疲れた時にこの階段を登ると泣きます
男だって泣く事は有ります

膝が上がらないんです
普段は二段跳びで駆け上がります

三浦老人は日常から足首に5kgのダンベル付けて
10km20km歩くそうですよ(90歳越えているんでしょう)

私も元気だが彼に比べりゃ雛っ子です

エベレスト心臓が悪くなり断念したんでしょう
それにしても強靭な身体をお持ちで羨ましいです

元気が一番!

延々と

  行政はいないに等しい

幅12m程の産業土手道路に帰宅の会社員や公務員の車で渋滞中
日本時間で午後9時過ぎの話です(此処から2km離れた信号機まで)

狭い道路の傍に集合住宅ビルを建てまくる権力者たち
一つのビルに140世帯の家族が入居する(車も140台以上増える)

この道路を挟んで40棟以上の高層ビルが立ち並んでいる
これから倍以上(40棟)増える空き地がある

これが日本ODA太陽橋を作ったお陰で集合住宅ビルの建設ラッシュ)
現在は朝・昼・晩といわず渋滞を引き起こしています

誰か如何にかしてください
欲のある人と話し合いをしても解決はしません

今年一年を振り返った感想です

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« イブの夜は銀河鉄道の旅へ | トップ | 地球の中で次元が違う民族の... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (akagera63363556)
2019-12-26 19:31:47
こんばんは。
ウイットも文書も最高です。
一日遅れの、心へのクリスマスプレゼントでした。
楽しさ、100倍で元気が出ました。
ノー天気ですから、落ち込んでは居ませんでしたが。
ウキウキです。
何とか太郎が来そうなのがきになりますが。
一日遅れの、メリークリスマスです。(クリスチャンでなくても受けて下さい。気は心です。)
心がほっこり (馬とモンゴル)
2019-12-31 02:05:26
原村さん

こんばんは!

コメントが着ていたのが分からず申し訳ありませんでした

ここ4・5年、滞在許可をいただくのが難しくなり帰国を覚悟しています

毎年、12月に更新しますので本来であれば認可され清々しい気持ちでブログ記事を書いている時期ですが今年は昨日、認可は一ヶ月再審査し判定すると言うことで審査期間が1月末まで延びてしまいました。

と言うことでブログどころじゃないのが本音です

また、昨日(30日)は私の車が運転できない曜日だったんです

こういう時に深夜マイナス43度というありえない気温低下の中、早朝、入国管理局事務所(10km)までバスに乗り行きました

私が出掛けた時は早朝ですがマイナス32度くらいで寒さを通り越し息をするのが難しくなるほどの冷たさでした

口で息をすると肺をやられますので鼻で息をしなくてはなりません

どうなるかと言うと鼻空(小鼻)が寒さで溶けるんじゃないかと言う火傷の様な感じを受けます

返事を書いている今、鼻全体が火傷状態で触ると痛く火照っています

昨日、滞在結果は出ませんでしたが決定まで1月末まで滞在できるので昼頃、自宅に戻り寝込んでいました

深夜に起き出しコメントの着ているのを知り返事を書いている次第です

昨夜、原村さんの別荘利用論を読ましていただき経験された人にしか理解できない贅沢理論です

読みながらコメントしようとしていたところです

まったく原村さんが言われる体験してみなけりゃ分からない事が別荘利用と無駄で贅沢な遊びと言うことです

多くの人が思い描く理想の生活ですが、現実に持つと贅沢と無駄と言う事が分かるのが持ち家と別荘です(自家用車もです)

理想な自宅・別荘・自家用車等は持つ事による自己満足でしかないということですね

大半の方は維持・保守管理費と税金と保険と使用する費用に振り回され維持できなくなる事を悟る事です

原村さんの言われる年取ると上げ膳据え膳の保養地利用が最高ですは言いえています

モンゴルは来年の1月までクリスマスシーズンです

原村さんのクリスマスプレゼントは私の心をほっこりさせてくれました

感謝しています!

明日は2020年東京オリンピックの年です

心に残るよい年にしてください

お体を大切に奥様とななちゃんにもよい年でありますように

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・冬季」カテゴリの最新記事