馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

終末の余暇

2016-07-04 16:08:56 | 河川・中洲

家族で川遊び

規則正しい生活をしている爺さんは時計と同じである
朝方に寝て昼過ぎに起き散歩する!

一般市民は一日の仕事を終え帰宅準備中
そこへ爺さんが訪ねて来て終業を邪魔する

そこへ10何年前の知り合いから声を掛けられ立ち話
分かれて誰だっけ?・・顔も思い出せない

友達の友達は親友という事か?

自宅に戻ると電話に着信記録が有る
先ほどの友人の友人は親友からのもの

折り返しをすると遊びに行こうという誘い
夕日が落ちるのも10時頃だから付き合うか

 トーラ川じゃ人ヒト人

首都から東に向かうこと20㎞のトーラ川での一コマ
日曜日の夕方というにまだ、川の中で遊んでいる

これが一般市民家族の週末の過ごし方

荒れ道の土埃も何のその!
子供も奥さんも喜べばそれが最高の幸せさ!

これがモンゴル

   

以前は川沿いに立ち入りが出来たが欲深い一部の権力者が
川沿いと川岸を私有地にして柵を張り巡らしたから

最高の避暑地で余暇を過ごすことはできない

首都の一般市民は川沿いの土手や川岸でご覧の余暇!

爺さんたちは無遠慮に埃を撒き散らしながら激走!

連峰が北西に連なる沢道を埃を巻き上げながら別荘地帯へ

別荘組はBBQ

   

昨日は突然の誘いだったので別荘組はBBQも終わらせ
家族で首都の自宅へ戻る途中で帰宅組

爺さんは山奥へ柴刈りに向かう

太陽が落ちる二時間までに思い切り初夏の
柴刈りを楽しむことにする

爺さんは天国へ

 牛が自宅へ戻るのは有るが

馬が牧場へ戻る姿は久しぶり・・人が居なくても帰るんだ?
牛みたいな馬?

何となく爺さんまで心配する
山奥には狼がいるのか?

行くのを躊躇う気持ちと三週間前とは違う花が咲き乱れて
爺さんを喜ばせるだろうとアクセルを思い切り押し続ける

これが金曜日・土曜日の夕方じゃ様相が違う!
川も草原も山も人ヒトひとで煩いくらいである

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
« 想定外の工事 | トップ | 天国好いとこ一度はおいで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

河川・中洲」カテゴリの最新記事