馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

日本政府もこれからはガツーンとね

2019-08-10 04:09:58 | 首都散策・夏季

スカッと

思うように世界は回りませんがスカッとしたいね
雨雲は依然と居座っていますが

世の中は少しづつではあるが動いている
産経新聞社が好い情報を提供している

共同通信・朝日新聞・電通は米国の回しモン
朝鮮人に瓜ふたつ

米国の外交問題評議会上級研究員で米韓政策研究部長である
スコット・スナイダー氏が韓国大統領・文罪寅を酷評した

『日韓対立は文政権に責任ありと』

スコット・スナイダー氏は米韓政策研究では米国の権威者という
その彼が言うには朝鮮半島情勢研究問題でヘリテージ財団による

討論会で日韓貿易紛争問題は馬鹿大統領に問題があると明言した
第一に馬鹿は国際正常化などを取り決めした1965年日韓基本条約を

順守することを怠ったことが最大の原因

第二に馬鹿は慰安婦問題で日韓外相合意に基づく財団を解散させ
さらに元徴用工問題で韓国最高裁判決を放置し対日対策を誤った

  両班が一番のガン病巣

韓国国内で政党思考が違う二党が政権交代しても
前政党が国際基本条約に基づく締結したものを順守できない国家である

これで我が国家は世界の先進国家と嘯く民族が韓国である

 

国民に歴史問題をまともに教育していない事実がある
思い込みで歴史事実を捻じ曲げて教育している

自国に都合の悪い事は事実でない嘘を平気で事実と報道する
各時代で強い国家に『へつらい』『媚』『言いつけ外国』『告げ口』
を行う

朝鮮民族が誕生して以来、5千年の歴史上中国から人間以下の扱いと奴隷で
遺伝子まで異常を起こしている民族

10年前はロシアへ『へつらい』『媚』『言いつけ外国』『告げ口』外交をし

今は又米国に擦り寄り『へつらい』『媚』『言いつけ外国』『告げ口』で外交している

いい加減なトランプ大統領さえ馬鹿の面を見るのも嫌と無視されている
今じゃ北の若造にも虫ケラ扱いされ大統領退任後は如何するんですか

関係ない私でさえ心配しています盧武鉉の所へでも行くんですかね・・イャ行かされる

引っ搔き

  そろそろ満月かなぁ(月見て団子)

日本には日韓基本条約で戦争売春婦問題は当時の外貨ドルで
日本の外貨準備金18億ドルの内8億ドルを韓国復興の為の資金として供出し

当時の大統領だったパククネの親であった朴正煕と合意し
戦争による全ての賠償を8億ドルで全て解決する合意をしている

1965年当時、韓国は世界で一番、最貧国国家といわれ国家行政能力も無く
初代大統領・李承晩という馬鹿は日本と共に戦い敗戦しミズーリー船橋での

敗戦国として日本が調印するに当たり独立承認もしていない韓国が戦勝国家の
一員として参席させてくれと言い張り米国・西欧諸国から恫喝を受けた人物なり

また、朝鮮半島戦争が勃発した時は北朝鮮が首都・ソウルを陥落させた時は
当時、首都市民が南下するため大橋を渡っている時に大橋を市民もろとも

爆破させ多くの避難民を橋と共に爆破し殺戮した張本人
この馬鹿は釜山へイの一番に逃げ去り釜山が危うくなると日本にまで逃げ込んだ

このような人物が終戦直後、『へつらい・媚』行為でトップに立つというのが韓国である
冷静に考えれば朝鮮族とは昔も今も考え方は変わらず現在の大統領とよく似ている

現在のレートと韓国経済を考えれば大した金額ではないが世界最貧国当時では
現在の100兆円に匹敵する金額といっても過言ではない金額なのだ

その金額には戦争売春婦の個人賠償支払いも内規されている
その金額を売春婦に支払わず通知もせず韓国の基本インフラに投資し

漢江の奇跡を起こし経済発展したことも一般市民には事実を知らせていない
この漢江
奇跡といわれる経済問題は日本国だけの問題ではなく

自由国家におけるユーラシア大陸極東地域での自由主義国家の
地政学的問題で西欧諸国と米国が朝鮮半島に経済投資を行っての経済発展でもある

その事を朝鮮民族の韓国が戦後54余年において民族特有遺伝子の影響で
経済発展・教育発展も自らの努力で達成したと考え違いしている事が最大の原因

協力国とスクラム

  英国は怒っているぞ

序に言うなら朝鮮民族は恥とか人前で喚き散らそうが気が狂うような行為すら平気なのである
米国の犬となりベトナム戦争でベトナム人女性を強姦・恥辱行為をしライダイハン問題を起こしている

何年も前から英国では世界機関を通してライダイハン問題を提起しベトナム国家へ謝罪と
戦争孤児問題の賠償問題を解決せよと要求しているが謝罪も賠償も無視して韓国政府は
現在もこの重大問題を黙殺している

イギリスでは今年6月に、市民団体「ジャスティス・フォー・ライダイハン」のライダイハン銅像を
ロンドン中央公園に建立して世界中の人権機関に事実を訴えているが朝鮮族は自分たちの
行った事が理解できないようで黙殺している

この問題は米国がらみの問題だから親分の命令かもしれない

地球から抹殺

  近代国家での野生動物は絶滅危惧種となる

如何でもいいが日本国も隣国や遥かかなたの国から何か言われりゃ
ベトナム国のように強い国であろうと無かろうと『引かぬベトナム国家』でありたい

この頃は産経新聞社がもろもろの情報を小出しであるが提供してくれるのは
愛国の私には心強い味方である(感謝)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
« 車検場へ | トップ | 藪蚊と元美女と誰何 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・夏季」カテゴリの最新記事