馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

祭りの後の空しさに似て

2014-12-16 02:15:22 | 選挙速報・政治等

疲れと虚脱感が

戦後50年間、自民党一党で作り上げてきた日本国家の政治経済も経済世界第二位
の地位を築いて来た頃、社会党の崩壊がやってきた、言うまでもなく村山爺と土井
婆ァー
コンビで社会党を崩壊させた時代である、確か!長良川堰建設反対等や何やらで

日本中の自然を守ってきたような威勢のいい反対運動も自民党に踊らされて共闘を組んだ!
あの時の敵は今や党員議員4人になってしまった生活の党・小沢率いる自由党の時代だった

社会党の村山・土井婆ァーは何だったんだろう!村山は首相になったら首相印を
ポンポンと押し捲った!自然破壊も自然を守る側の人間が自然破壊側になり押し捲った

自民党首相でさえ自然破壊の建設決済を躊躇った予算計画案にポンポンポンと威勢よく!

首相を引退した後、地元で人身事故を起こしても首相の力は強い!有耶無耶にした
今でも日本を売国するような発言をしたり態々、中国まで出向き主席に膝を曲げに
中国まで出かける始末! 

     

昨夜から一睡もせず見守った選挙も自民・公明党の圧勝に終わり、今は野党勢力の
党首も首が落ち群雄割拠の小党の党首は見るも無残な姿となり戦場を彷徨するだけ

党首を守るはずの家老たちは無残にも自民党の荒武者に党首の首を掻き切られ残った
残党は着の身着のままで落ち延びる惨状である、

前党首に至っては肥溜めに隠れ比例で助けられる惨状!
こ奴は二度も戦場で肥溜めに隠れ家来に助けられる悪運の強い男でもある

栃木の渡辺城も落城し党首は行方不明!何処かへ落ち延び再起を喫するしかない

それにしても昔然の金使いも地元じゃ禊どころか当然のようにダントツの当選をした
小渕女城主の底力!東京下町のウチワ・オバさんもしっかり下町情緒に力を貰い
堂々の当選!

それにしても野党第一党を歌う民主は先の党首選の遺恨が有るのか党員を微弱ながら
増やしたものの党首を斬首させられてしもうた!守る家老も家来もいなかったのか、
16世紀戦国時代の石田三成の如く有様で可哀想というか空気を読めない党首であった
 

      

此処二ヶ月近く郊外へ出かけなくなり牧場の愛馬はどうなっただろう!
行こう行こうと思いながら二の足を踏んでいる・・もう少しすればトーラ川も全面凍結し

氷上遊びも出来る楽しい郊外が出現する!今しばらく空気の悪い首都でグダグダ
生きるしかないか!

写真は郊外のテレルジに似た風景画を展示しているギャラリーから拝借! 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




コメント   この記事についてブログを書く
« 腹八分の意味を理解できない | トップ | この国の政治家は何を考えて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

選挙速報・政治等」カテゴリの最新記事